2018年02月10日

2018年2月10日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 九州地区大会@博多 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:210日(  10:3016:30 開場10:00  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:アクロス福岡 5F 501会議室 住所:福岡市中央区天神1丁目1番1号

2018/19年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2018年02月03日

2018年2月3日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 裏定例会@横浜 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:23日(  10:0016:30 開場9:00  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:横浜情報文化センター 7F会議室 住所:横浜市中区日本大通11番地

2018/19年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2018年01月20日

2018年1月20日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 関西地区大会@元町 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:120(10:0016:30 解錠9:00  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:兵庫県民会館 12 1202  住所:兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 

2018/19
年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  

 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
じゃんけん大会 の景品を募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物
をぜひお持ち込み下さい! 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2018年01月16日

奥様の元へお嫁に逝ったクリスチャン・ディオールのボールペン

1小さなペンシルやボールペンを48本入りの萬年筆用のペンケースに入れて机の上に置いていたら、ゴムが緩く、下のクロスのペンシルが床に転がっていた。

それを見つけた奥様が【カワイイからこれ頂戴!】とおっしゃる。

【いいですけど、それはシャープ・ペンシルですよ】とお答えすると・・・

あら、そうなの、残念ねぇ。諦めるわ!】と珍しく殊勝な顔で残念がるので、

上のクリスチャン・ディオールのボールペンを同じケースから出してお奨めした。

2あら綺麗ねぇ!】とおっしゃってキャップを外して試し書きされたのだが・・・

ボールペンの芯が青色で油に粘りが出てきているので、書き味が堅いようだった。

かなり不なんそうなお顔だったので【少々お待ち下さいね】といって各社の替え芯を引っ張り出して比較してみると良い物が見つかった。

3上がオリジナルのクリスチャン・ディオールの替え芯だが、4Cの替え芯とは互換性が無い。

また今では新しい芯も見つけるのが大変そう。見つけた頃には奥様はすっかり興味を失われているだろう。

色々試しているうちに、ジェットストリームの4色ペンの替え芯を加工すれば入りそうだと気付いた。

先端部の形状は首の長さが違うが、ジェットストリームの替え芯は樹脂製なので力を加えればなんとか押し込めるだろうと考えた。

まずは後端部を3〜4个曚疋ッターで切って押し込んでみると、最後にグッと力を入れれば、ピッタリと押し込まれることがわかった。

さっそく奥様に使っていただくと【書き味はすごく良いけど、赤は使い道が無い】とおっしゃるので、黒の替え芯を加工してお試しいただいた。

今度はすごく気に入られたようだったが、【このままバッグに入れると捜すのが大変!】ということで、ケースを探さねばならなくなった。

韓国と北朝鮮との交渉のように、先手先手と攻められるとどうしてもリアクティブになってしまうなぁ・・・

ちなみに使った替え芯は1先端部が1.0个里發痢実に書き味が良いので、セーラーの就活ペンにも入れてま〜す!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:33Comments(1)

2018年01月15日

萬年筆研究会【WAGNER】の【修理・調整依頼票】を改訂します!

1左が新しい【修理・調整依頼票】のフォーマット。

このフォーマットは萬年筆研究会【WAGNER】の定例会/裏定例会/地方大会でのみ使用するもの。

萬年筆研究会【WAGNER】では、会員が所有する萬年筆、および会員が修理・調整依託された萬年筆しか修理・調整の対象とはしていない。

すなわち、会員資格のある方が、この【修理・調整依頼票】を添えて調整師に直接提示した萬年筆だけがペン先調整や機構修理の対象となる。

泉筆五宝展やペントレなどのイベントでも修理・調整を行う。PPCIM(のMaintenamce)であるから当たり前。

ただし、泉筆五宝展やペントレで使う【修理・調整依頼票】は今回紹介したものとはフォーマットや内容が異なっているので、そちらは後日紹介しよう。

上記の【修理・調整依頼票】で、今まで使っていたのと異なっている部分は・・・

〔1〕不具合の状況欄とどうして欲しい欄の面積が増えたこと
    不具合の状況欄にどうしてそうなったかの理由を書いていただけるとさらに助かる
    どうして欲しい欄には(書きやすくして欲しい)ではなく(右に少し倒した場合でもインクが途切れないようにして欲しい)とか(逆オブリークに研ぎ出して欲しい)
    などという少し具体的な記述をしてくだされ。その記述内容を読めば依頼者の萬年筆沼への浸り具合がわかるので調整師の心構えが変わるのじゃ。
    また調整師の指名がある場合は、この欄に記入して下され。

〔2〕ペン先改造の例に・・・オブリーク→通常 というのを追加した。けっこう頻繁に依頼されるが具体的な例が書かれていなかったのでな。

〔3〕機構修理を全て持ち帰り修理とした。通常は持ち帰り修理には加算金1,000円追加なのだが、Blogに掲載する価値ありと見なされた場合は、通常の修理・調整料金のみで可とすることにした。
   拙者のBlogで週3回やっていた調整講座の完全復活に向けて、生贄萬年筆を溜め込みたいからというわかりやすい理由・・・
   大抵の修理・調整はBlogの題材となるので、お急ぎで無い方はぜひ生贄として提供下され。きっと期待以上の萬年筆に変身しますぞ!

手順;

(1)受付で
【修理・調整依頼票】を必要枚数だけ貰い、どうして欲しい欄まで記入して受付に戻す

(2)受付では内容を精査し、調整師の指名が無い場合には、担当調整師をアサインするので、依頼者はその調整師のテーブルに調整表を置いて名前が呼ばれるのを待つ。

(3)調整師に名前を呼ばれたら、不具合の内容や希望を伝え、指示に従って書き癖や筆圧を調整師に見せる。

これだけで書き味調整はうまくいくはずじゃよ。

なを、この調整表は週末の神戸大会より使います!同時に生贄預かり→Blog掲載も始まります。どんどん持ってきてね!  
Posted by pelikan_1931 at 23:31Comments(0)

2018年01月14日

新年賀詞交歓会、大忙しで終了!

本日の新年賀詞交歓会は数年ぶりの午後始まり。

13:00から受付が始まり、14:30までが歓談!

その間に130品以上の景品を、3人ほどの会員が54の山に分けてくれた。景品総額はおそらくは50万円近くになったろう。

これを参加者41人で争うわけだが、景品を持参して下さった方にはビンゴカードを2枚お渡しした。

まずは、1〜50と書かれた紙を四つ折りにして抽選箱に入れる。

それを、ビンゴを最初に出した人からひいていく。ビンゴを出した人から景品を取るのではなく、番号札を早くひく権利を得るだけ。

従って残り物に福がある・・・というビンゴ。しかも札をひくと同時に番号を開示するので、まだ良い番号が残っているかどうかを知ることが出来る仕組み。

これならばビンゴに弱い人でもいい景品をゲット出来る可能性がある・・・という苦肉の策。

最初にaurora_88さんに仕組みを会場でお話ししたとき、そんなやり方したら1時間以上かかる!と怒られたのだが・・・

ビンゴと札引き、景品取りまで含めて20分で終わった!

札の番号を呼ばれてから景品を手に取るまで5秒以内というルールをaurora_88さんが急遽作ったおかげで予定よりも大幅に早く終わった。

時間は短かったが、みなさんほくほく顔で帰って行かれたようだった。

可能であれば来年もぜひやってみたいイベントだ。

一番札の人は、ロイヤルドルトンとSheafferが共同で作ったデスクペンセットを持って行かれた。実は最も高価な景品だったのだが、それが理由ではなかった。

デスクセットが大好きで、いっぱい購入されていたデスクセット・ヲタク?の若者だった!

やはり景品は一番欲しがっている人のもとに嫁ぐんだなぁ〜!

このビンゴの前には、本年度の萬年筆研究会【WAGNER】の行事と、各種限定品発売スケジュールを公開した。

また各人の自慢の愛用品を並べて写真を撮ったのだが、まるで自慢大会のような逸品が並び・・・

【おまえらそんなもんインク入れて使ってないだろう!】というツッコミで、すごすごと万年筆を入れ替える人も出て、大笑いの撮影会となった。


1
  
Posted by pelikan_1931 at 23:21Comments(5)

2018年1月14日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 新年賀詞交歓会@両国 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:11413:3016:30 開場13:00
場所:国際ファッションセンター KFC Hall & Rooms 10F Room 100  住所:東京都墨田区横網1-6-1 

2018/19
年の予定  ここ を押して!  今回は名札は不要です  現地で記入していただきます。  


今回は、WAGNER会員以外でも、入場料(1,000円)を払えばどなたでも参加出来ます。
 

入会申込書 V3

新規にWAGNERへの入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を! ご家族や友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


今回は修理・調整は行いません。本年度の方針発表もしますが、何よりも豪華景品が当たるビンゴに命をかけて下さいね!

また使いきれなくなくなった筆記具や文具がありましたらビンゴの景品としてぜひ会場までご持参下さい。
持参いただいた方にはビンゴ券をもう一枚差し上げます!

皆さんがお気に入りの萬年筆を一本だけお持ち下さい。

それをずらりと並べて写真撮影したいと思います。

お忘れなく!
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(4)

2018年01月13日

調整報告番外編 【 ハードボイルド作家のヘミングウェイ 18K-B 】

1こちらはkugel_149さんからお預かりしたヘミングウェイで、あるハードボイルド作家の持ち物だとか。

ひょっとしてガシガシとナイフで削ったような萬年筆かと思ったが非常に状態が良い逸品だった。

難点は尻軸の一部が衝撃の影響か少し欠けていることぐらいかな?それも・・・ハードボイルドならしようがない!と思えるから不思議。

全体的には非常に大切に扱われている物だと思う。またさほど酷使されている物とも思われない。

執筆活動の第一線で酷使されている物なら、人に預けて調整を・・・なんて悠長なことは言ってられないような気がする。

それに、このハードボイルド作家は、ご自分でも調整をされているようだしな。

23当方に預けられた原因はこれ!なんらかの要因でペン先とペン芯とがずれてしまっているのじゃ。

筆圧が強くてずれたものではない。明らかに何かにぶつけたことによってずれたはずだ。

ただ幸いにしてペン先自体にダメージは無い。おおこりゃ簡単!ちょちょいのちょい・・・と思ったのだがkugel_149さんからの伝言にびびった。

インクフローは良く、ただしドバドバはダメ!】こうなるとスリットを開かないままの調整が必要。

しかも大がかりな研磨は出来ない。なんせ書き癖を見ていないからなぁ・・・。ただ【少し立てて書かれます】というkugel_149さんの言葉だけを頼りに調整を行った。

45横から見ると正面右側のペンポイントがずいぶんと下に下がっているが、斜め上から見ると全く目立たない。

従ってルーペで覗かない限りペン芯がずれた程度にしか不具合がわからないだろう。そう、万年筆の調整には性能の良いルーペが必須なのじゃ。

なにも調整師だけではなく、萬年筆を使う人にはすべからく必要なのがよく見えるルーペ!

6左画像のようにペン先とペン芯とが大きくずれているがペン芯にはダメージが無い。それは良いのだが・・・

ブルーブラックインクを入れたまま長時間経過しているらしく、分解清掃してもペン芯だけはいっこうに綺麗にならなかった。

水洗いしてインク汚れが無くなったペン芯を超濃いアスコルビン酸水溶液(80度)に入れると、モクモクと青黒いインクがあふれ出てきて大きなビーカーがあっというまに青くなった。

この清掃作業を5回ほど繰り返してようやく綺麗になったほど汚れていた。ブルーブラックを愛用するには定期的な洗浄が必要とつくづくわかった。

78このペンポイントの上下のズレは当初、ペン芯のズレによるものだと思っていた。ところが分解してペン芯を外してみても同じようにずれている。

どうやら衝撃の影響でペン先とペン芯とがずれると同時に、片側のペン先が少し上に反ったようだ。

9実はもう一つ不具合があった。左画像は直した後の状態。

実は尻軸を最後まで閉めても少し尻軸がカタカタした。これはインク吸入量を増やそうと尻軸をいじったときに起こりやすい現象。

ハードボイルド作家ならやるかもしれないが、ガニメがないと刃が立たないはず。どうなっているんだろう?

とりあえずは正しい状態に戻しておいた。これで尻軸はピチっと停止し緩まなくなる。

1011こちらは胴軸から分離し、清掃した段階のペン先。まだ段差は直していない。

ヘミングウェイの数ヶ月前からNo.149のペン先にはコストカット穴があくようになった。そしてペン芯は通称【ヘミングウェイ・ペン芯】になった。

この時まではペン先とペン芯との位置関係は自由に変化させられた。良い時代だったなぁ・・・

12で、こちらが段差を直し、ペン芯に乗っけて首軸に納めた状態のペン先。

立てて書くのでどうかなぁ〜と思ったが、インクを入れて書いてみると素晴らしい書き味!

ペンポイント先端部はひっついているので、インクはドバドバとは出ないが、インクフローは潤沢。

ただし滲むほどインクが出るわけではなく、ほどよい字幅の変化がある。

セーラーのブルーインクでこうだから、モンブランのブルーブラックならば、もう少しインクフローが落ち、ええ感じになるだろう。

あとはこの書き味がハードボイルドかどうかだが・・・ずいぶんと軟派な書き味になったがする。まるで石田純一か・・・

さてハードボイルド作家はなんて言われるだろうか?楽しみじゃ!


【 今回執筆時間:5時間 】 画像準備2.5h 修理調整1.5h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャ ナーやマクロ用カメラでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
  
  
Posted by pelikan_1931 at 06:34Comments(0)

2018年01月12日

1月14日(日)の新年賀詞交歓会の景品は?

@01いよいよ明後日は萬年筆研究会【WAGNER】の新年賀詞交歓会

みなさんの愛用の一本をお持ち下さいね。それらをテーブルにずらりと並べて写真を撮ります。よろしくぅ〜!忘れないでね〜 万年筆でなくともかまいません。

15:30からは1時間ほどかけてビンゴを行います。

先ほどiPhoneにビンゴのアプリをダウンロードしました。1〜75までの数字を重複無く出していくので、30回も繰り返せばビンゴは出ます。

商品は拙者だけでも18種類60人分は用意したので、多の方々が持ってきて下さる景品を含めれば十分に一人一品以上は持ち帰ることが出来るであろう。

絶対に元が取れるビンゴなので、外さないようにね!ビンゴが始まってから会場に入っても指をくわえて見ているだけになりますよ〜!

必ず15:30までに会場に入ってくださいね。

今回は萬年筆研究会【WAGNER】会員の方も定例のネームプレートは持って来なくて結構です。

左の三種類の札の内から、ご自分にふさわしいカードを選んで、それに姓名を記入して常時首からぶら下げていてくだされ。

なを、萬年筆研究会【WAGNER】会員で会員番号を忘れた人は、受付に名字(ひらがな)から会員番号を検索できる紙を用意したので、それをお使いください。

特に、今年から会員に復帰した方で、以前の会員番号が既に別の人が使っているような場合は、拙者が適当に番号を割り当てたので、必ず確認してください。
気に入らなければ別の会員番号を選んでいただいてもかまいません。

なをビンゴの景品として思い出せる物は・・・

)年筆 11本(全て新品、一本は調整済)限定品もあります!
▲薀漾次Ε汽侫.蠅筌クノの部品詰め合わせ(4本分)
プラチナ製ピンクゴールドコンバーター2本セット × 10セット

ぅ廛薀船福Εぅ鵐クリーニングセット × 2セット
ゥ疋螢襯院璽后No.149用) 4本セット × 8セット
Ε疋螢襯院璽后M800用) 9本セット × 2セット
С銅鏐盖薀痢璽函並真堯
┨掌誉攣夘インク瓶 2個
WAGNER 2017 限定インク(500cc)
インクスタンド 4セット
趣味文 Pelikan記事本 1冊
趣味文 Montblanc記事本 1冊
親方調整シートのセット
川口さんプロデュース ペン先曲げ直しセット
No.146/149&AURORA 尻軸外し用蟹目 (10個)
哀撻鵐院璽后並真堯
吋ぅ鵐マイザー 2個
Sheafferのロイヤル・ドルトンのデスクセット 14金ペン先付き

そのほかにもまだ段ボールに入れて送ったような気がします。

みなさんも、もし景品にふさわしい物があればお持ちください。食べ物は駄目よ!
インクはOK、万年筆以外の筆記具もOK!

十分に楽しんでくださいね。

  
Posted by pelikan_1931 at 20:18Comments(2)

2018年01月11日

WAGNER 2017 14K-C 酉冠 ブラウンマット軸

1左画像は WAGNER 2017 14K-C  酉冠 ブラウンマット軸 じゃ。

WAGNER 2017 は、6種類のペン先を各50本ずつ製作したが、そのうちの一種類。

本当はニースと同じく、軸に掘りを入れたかったのだが、それをやると年内に納品できないと言われ、マットの状態で出荷して貰ったのだが・・・

このマット軸が以外に好評だった。ソウルペンショーでも台南ペンショーでも、多くの人が軸をなで回して感心していた。

最近発売されたプラチナの紫軸や透明軸と同じく、キャップリングはエッチング加工を施している。

また金属部分には全てピンクゴールド鍍金を施し、コンバーターの金属部分にもピンクゴールドを鍍金してある。ここまで徹底しているのは萬年筆研究会【WAGNER】の限定品だけ!

2ペン先は通称【酉冠】(とりかん)と呼んでいるが、ペリカンの古いペン先刻印のパターンの中に鶏を入れたもの。

この図式がバレたらプラチナに製造をやんわりと断られたかもしれないので正式には伝えていなかった。(口頭では伝えてありましたがね)

この模様は日本では大好評だったが、台湾では ”チキン” と呼ばれて笑われてしまった。誰もPelikanに敬意を表した模様だとは気付かなかったようだ・・・

34このプラチナの極太(C)のペンポイントの玉の大きさはすごい!

セーラーのズームやパイロットのコースと同じくらいの大きさ。この3社の大玉は大好物で、シリーズにこれらのラインナップがあれば必ず購入している。

ただ、さほどポピュラーなペンポイントではないので、さほど出荷量は多くないだろう。

しかし、これらを削って削って削って削って・・・を繰り返して自分の書き癖に合わせると、そのここちよさは比類する物が無いほど素晴らしい。

柔らかいペン先はしばらく書いていると疲れてしまうが、ヌルヌルの大玉ならいつまででも書き続けられる。

これからこいつを研磨して・・・明後日の賀詞交歓会のビンゴの景品に仕立て上げる予定。

かくある景品の中でも、もっとも手がかかったブツになるはずじゃ!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:58Comments(1)

2018年01月10日

萬年筆談話室掲示板と萬年筆談話室連絡箱を設けました!

左列のLinksの一番上に

萬年筆談話室掲示板  こちら

二番目に

萬年筆談話室連絡箱
  こちら

を設けました。

まだSNSが無かった頃にはやった掲示板の古株 teacup の有料掲示板を使っています。

Blogのコメントと違って画像を貼り付けられます。
また投稿者が自分で書いた記事の内容を変更したり削除したり出来ます。

昨日から少しだけ使ってみましたが、さすがにこなれていてtwitterやfacebookよりは投稿はしやすいですね。

またスレッドが少ないうちは見やすい。ただ自分の記事の返答があったことなどを連絡してくれる機能はfecebookの方が上かな?

昔のkiyomiさんの部屋に掲示してあった【万年筆談話室】になぞらえて【萬年筆談話室掲示板】とし、参加者が自由にdiscussion出来る場にしたいと思います。

また【萬年筆談話室連絡箱】は、blogのメッセージが下の方にあって使いにくいので、設定しました。
こちらから拙者にメッセージを送って下さい。可能な限りお答えします。
こちらのやりとりの内容は他の人には見られませんので安心してメッセージをお送り下さい。
回答はメールでやることになりますので、必ずメールアドレスもご記入下さい。

かなり泉筆五宝(Pen,Paper,Case,Ink,Maintenance)を意識した掲示板です。

使い勝手はともかく、知らないこと、知りたいこと、教えてあげたいことなどがありましたら、どんどん投稿して下さい。

荒れないよう、投稿は全てこちらで確認してから公開する形になります。可能な限り誤字脱字もこちらで直します。
気軽に投稿して下さいね。

アンケートなども後で検索しやすいよう、掲示板のスレッドに書き込む形式にするかもしれません。

ぜひ使ってみて、感想をお聞かせ下さい。拙者は懐かしいなぁ・・・この形式!と感慨にふけっているばかりで批判精神が無いのでな・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 22:53Comments(0)

2018年01月09日

萬年筆研究会【WAGNER】新年賀詞交歓会:ビンゴの景品の目玉

12萬年筆研究会【WAGNER】新年賀詞交歓会で開催されるビンゴ大会には、数多くの景品が出るが、その中での目玉景品がこちらの2冊!

年末大バーゲンの際に、ユーロボックスの藤井さんが差し入れして下さったもの。

趣味の文具箱に掲載されたモンブランとペリカンの記事だけを集めて製本したもので、バックナンバーセレクトと呼ばれている。

2016年に発売されたものだが、今まで存在に気付いていなかった・・・不覚!

amazon.comでは紙媒体としてはモンブランが3,888円、ペリカンが3,426円でKindle版は両者とも1,200円で販売されている。キーワード【バックナンバーセレクト】で検索すれば出てきます。

今回の二冊は新年賀詞交歓会の景品なので、自分用はさっそくamazonで注文した、もちろん紙媒体の方。

趣味文本体は実寸大で掲載されているが、こちらはやや小さいサイズとなっている。

しかし、趣味文本誌の何号の何頁に掲載された記事かが書かれているので必要ならば本誌を見れば良い。

拙者は記事のインデックスとして非常に便利だと判断して購入に踏み切った。なんせ拙者のiPadは旧型なのでKindle版が見にくいのでなぁ・・・

眺めていると拙者やらすとるむさん、白星さんが顔出ししている頁もあった!

なをモンブランの方が高いのは・・・価値が高いからでは断じてない!頁数が多いから(モンブラン:実質256頁、ペリカン:実質203頁)じゃ。

Vol.1の記事のNo.149推移表とVol.27の記事のNo.149白星推移表とは雲泥の差があるが、今ではさらに分析が進んでいる。

先日の年末大バーゲンに持参されていたようだが、ぜひ春の泉筆五宝展でも披露していただきたいものだ。
  
Posted by pelikan_1931 at 22:06Comments(0)

2018年01月08日

臨時ニュース! ぱいたんさんは無事で〜す!

このBlogのLink先にある【道化は踊る】というぱいたんさんのBlogの更新が2017年の11月23日で止まっているのが気になって電話してみたら・・・

ちゃんとご本人が電話に出てくれました。心配した〜ぞぅ!

なんでも無線LANが突然接続しなくなったが、当初設定した際に昔の携帯電話を使っていたので再接続に必要な情報がそろわないのだとか。

大きな(ケツカッチンの)仕事が大詰めでもうすぐ納期なので今PC環境をいじって泥沼にはまりたくない・・・とのことでやむなくBlogのUpdateはお休みしているそうです。

5年、10年規模の仕事の納期寸前となればやむなし・・・ですね。

春ぐらいになったら萬年筆研究会【WAGNER】へも復帰できそうとのことです。しっかり籍は残ってますのでお待ちしています!

思えば、拙者がこのBlogを立ち上げたのはぱいたんさんのBlogで衝撃を受けてから。

拙者よりも数ヶ月前から始め、あまりにQualityの高い内容なのに触発されて当Blogを始めようとした。

アドバイスを貰うために中屋のペンクリで待ち合わせてお話し、kiyomiさんの部屋のオフ会にお誘いしたら・・・

実はドトールの二階の会場に数時間座っていたのだが、オフ会のテンションが高すぎてついに声をかけられないまますごすごと帰った事があるとおっしゃっていた。

そう、ネットでの知り合いがオフ会で会うとテンションMAXになるんですよね。近寄りがたいオーラを出すのも事実!

開始当初から一日も途絶えることなく継続されていたBlogだったので心配したが、ご無事でなによりでした。

元祖アカラーぱいたんさんの伊太利亜赤軸萬年筆コレクションを再見したいものじゃな。

そういえば紫好きん(むらさきずきん)さんも最近会場でお見かけしないがお元気かな?

結婚されてお子様が出来ていらい奥様の監視が厳しくなったのかも?またあのバイオレット・コレクションを見てみたい、そして映像に残しておきたいなぁ〜

なんせ日本では発売しなかった紫軸プラチナ・プレジデントをお持ちなので!最近プレジデントに嵌まっているので見た〜い!  
Posted by pelikan_1931 at 12:07Comments(8)

2018年01月07日

2018年の萬年筆研究会【WAGNER】活動計画を少しいじりました!

12019年の活動計画に続いて、2018年の活動計画も変更します。それが左画像。

クリックすると大きなPDFファイルとなるので、PCで表示し印刷して使って下され。

当初は6月16日(土)開催だった松江大会(島根県)を7月15日(日)に変更した。

2019年と同じく、y.y Dayの前日。前日に行う打ち合わせがあるので関西勢は参加出来ない。

拙者と地元の人を中心とした地方大会となる。お世話になった松江の人々への拙者からの恩返しを主旨とした大会。

ごく少人数でまったりと過ごすことが出来れば良いなぁ〜と考えている。

地元にはパピロ21や中屋万年筆店があり、萬年筆の使い手も多い。そういう萬年筆の年に一回のお手入れの場として毎年開催することにした。

萬年筆研究会【WAGNER】の会員である必要はなく、どなたにでも点検・清掃・調整のサービスを提供する予定じゃ。

萬年筆初心者に対するアドバイスも地元の方が中心となってやってくれるので、安心して参加して下さいね。

一昨年好評だったセルフ・インク工房の機材も持って行きます。お楽しみ下さい。

そして、空いた6月16日には中国地方大会@福山を開催する。地元の方からの強い要望があり開催するのだが、実は拙者にとっても懐かしい場所。

小学校@岡山時代の友達が、広大附属福山高等学校に通っていたので、電車に乗ってよく遊びに行ったものだ。

お互いの高校でどんな教え方をしているのかを情報交換するのが公式な目的だったのだが・・・デートを兼ねていたので何の役にも立たなかったな。

福山でも尾道ラーメンが食べられるので、そちらも楽しみ!会場はそれも考慮に入れて決定した。

8月にの開催が表定例会@水道橋だけとなっているが、この時期を利用して東北地区大会@福島の準備を(地元の方と)する必要があるので、8月の追加開催は(今年に限っては)無理なので悪しからず。
  
Posted by pelikan_1931 at 22:48Comments(0)

2018年01月06日

1月14日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】の新年賀詞交歓会@両国 ---- そのビンゴの景品の一部を紹介

萬年筆研究会【WAGNER】の新年賀詞交歓会は、年末大バーゲンの会場と同じ両国のKFCビル!

ただしフロアーは違う。10階の Room 100 という部屋。10階にはラウンジ喫煙スペースもありますよぅ。

部屋が違うだけではなく机の大きさも違う。年末大バーゲン会場の机の幅は180僂世辰燭、こちらは150僉すなわち2人掛け。

奥行きは45僂箸気曚病腓な机ではない。従ってミニ・ペントレをする人もせいぜい〜30本くらいまでにして下さいな。出店は無料です。

部屋は13:00〜17:00まで開いているが、準備が整うのは13:30ごろ。しかしどんどん入場してもかまいませんよ。皆さんと十分会話して下さい。

入場料は年齢に関係なく1,000で〜す。必ず入場料以上の品を持ち帰れます。期待値(総額商品金額 ÷ 参加者数)としては・・・ですがね。

1左は拙者が提供する商品やユーロボックスさんからいただいた商品群。

これに皆さん方が持ってきていただく(迷惑ではない)景品を加えると膨大な数になるはず。

ここに見えている萬年筆はラミー・サファリの輸入バージョンのBニブ付きだけですが、そのほかにも高価な萬年筆が何本も出ます。

また萬年筆の修理・調整道具もいっぱい出ますので、自己調整を志している方には見逃せないイベントになるでしょう。

大きなポリ瓶はWAGNER 2017 黄黒の古典インク500cc。作って忘れていたのが出てきた!
これを勝ち取った方は皆さんに分けてあげて下さいね。欲しい方はインク瓶持参してくださ〜い!

販売価格数百円から3万円くらいまでの萬年筆を10本以上提供します。

勝負は久々のビンゴ!ゆうに60分はかかると思いますので、途中で飽きないでね!

最初にビンゴを出した方からをひいて下さい。その札に選ぶ順番が書いてあります。
ビンゴ終了後、その順でお好きなブツをお受け取り下さい。
最初にビンゴ出した方が得するわけではないという方式です。


萬年筆研究会【WAGNER】への新規入会も受け付けていますし、入会しないでビンゴに参加というのもありです。

例によって休憩スペースも設けてあります。お仲間とそこ(やラウンジ)で談笑して下さい。


賀詞交歓会終了後近所の居酒屋でかるい新年会を開催します。15時までに人数を確定したいので、それまでにホワイトボードに名前を書いて下さい。

会員以外も大歓迎!値段は3,000円〜3,500円程度です。

来場される方々は、ご自宅に眠っている余り物がありましたら、ぜひ持ってきて下さいね。

PPCIM(筆記具、紙、ケース、インク、調整道具)関連なら言うこと無し!
食料品はご勘弁!

インクは大歓迎!壊れた萬年筆や部品は価値があれば買い取る方もたくさんいらっしゃいます。特にモンブランのパーツは貴重!

古いコンバーターも捜している人が多いので喜ばれます。

ビンゴは15:00頃から始めます。それまではミニペントレで楽しんだり、イベントで楽しんだりしたいと思います。

お願いです!みなさんの愛用の一本を必ずお持ち下さい。それを集めて写真に撮りたいと思います。

それを何年か続けていくと萬年筆の流れが歴史に残せると思います。ぜひ2018年初の萬年筆の歴史を一緒につくりませう!  
Posted by pelikan_1931 at 23:20Comments(3)