2017年03月11日

2017年3月11日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 関西地区大会@元町 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:311(10:0016:30 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:兵庫県民会館 9 902  住所:兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 
2017/18年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  

 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ 
にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
じゃんけん大会 の景品を募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物
をぜひお持ち込み下さい! 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2017年03月04日

2017年3月4日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 表定例会@水道橋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:34日( 10:0016:55 開場9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:内海 2F教室(東京学院ビル) 住所:東京都千代田区三崎町3丁目615
2017/18
年の予定  ここ を押して! 名札
をお持ちの方はお忘れなく!

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ 
にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


泉筆五宝展・・・のアイデアをミニ講演会で披露します。ご意見をお聞かせください! 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(1)

2017年02月19日

クラシック(古典)ブルーブラック・インク比較 WAGNER 赤黒 vs  プラチナ カシス / ベンダー(古典)

1今回のインク比較はWAGNERの赤黒と、プラチナのクラシック・インク。いずれも古典ブルーブラックの処方で作られたもの。

ただ大きな違いは、製品化して国際的に流通させるメーカー製か、狭い愛好家の間でだけ流通する品(生け贄 / 自己責任)かということ。
 
前者は(萬年筆に詳しくない人が)世界のあらゆる気候の中で使うことを前提に配合し、後者は冒険/実験として作ってある。

また前者は販売店の利益や品質問題での無償交換?が発生するケースも含めた価格設定で、後者はインクと瓶とラベルの値段が販売価格とほぼ等しい。

前者は60ccで2000円(税抜き)、後者は50ccで1500円。早い話が後者の方が遙かに贅沢なインクなのじゃ。
ただし高価で豪華な配合にしてあるだけに、リスクも大きい。

WAGNER 赤黒は塩酸ベースの配合で、プラチナ・クラシックは硫酸ベースらしい。実は硫酸の方が萬年筆には優しい。
たしかWAGNERの古典ブルーブラックは、ピンクゴールド鍍金を溶かす?リスクがあるらしい。ピンクゴールド鍍金液に含まれる胴を溶かすのかもしれないな。

ただ、紙に優しいのは塩酸だったはず?うろ覚えだが・・・

要するに、同じクラシック(古典)ブルーブラックであっても、力点がまったく違うのじゃ。
 
2三色の似たようなインクを比較してみた。
これまでに比較されているものは、ほとんどが萬年筆やガラスペンで書いていろ比較をしている。

しかし、色味を正確に把握するには綿棒で書くに限る。
最初?の大がかりなインク比較本である ”Fountain Pen Inks A Sampler”でも色味比較には綿棒を使っていた。

綿棒で書いた線を比較すると、色味がすぐにわかる。プラチナは、まさにカシスとかラベンダーといった色味じゃ。
それに対して、WAGNERの赤黒は、かなり濃厚な、茶色に近い小豆色だ。そしてなにより、インクの濃度がいかにも高そう。 

まったくの想像だが、赤黒には市販インクよりも相当多い染料が使われているのではないだろうか?
また、インクを作るには贅沢すぎるような水や薬剤を遠慮無く入れているのではないだろうか?

Garyさんが趣味で作っていたインクをお願いして原価でわけてもらい、会員頒布していたのがWAGNERの古典インク。青黒、茶黒、赤黒、緑黒、黄黒の5種類が過去に製造されたはず。

プラチナでは今回6色の古典ブルーブラックを出したので、従来のブルーブラックと含めると7色となる。

けっこうWAGNERの5色とかぶるのかなぁ?と考えていたが、実はまったく色味が違うことがわかった。

同じ濃度の色合いを出すのに、赤の染料はごくわずかで良いが、青の染料はたっぷりと入れないといけないと聞いた。(どーむさんより先日の名古屋大会の宴会中に)

インクの世界(沼)も深いなぁ・・・。単に煩悩の深みにはまるだけではなく、科学的に見て奥が深そうじゃ。

萬年筆は高みに堕ちるが、インクは沼に沈む・・・という表現の方が良さそうですな(笑   
Posted by pelikan_1931 at 22:50Comments(0)

2017年02月18日

萬年筆研究会【WAGNER】中部地区大会@名古屋を盛り上げた(残念な)景品

実はWAGNERの名古屋大会は不思議な位置づけにある。
参加者の30%以上が、関西地区大会と中部地区大会の両方に参加されている。
従って雰囲気も関西地区大会と非常に似ている。
先週開催された岡山大会も参加者の半数程度が、関西地区大会とかぶっていた。

どうやら関西地区会員の行動範囲は広く、岡山から名古屋あたりまでを勢力圏としている模様。

そういえば、迷惑じゃんけん大会が、もれなく開催されるのも、この3大会の特徴。
この迷惑じゃんけん大会を成功させるには、景品が集まることと、受け取る際にいやがる演技をすることが必要。

1そういう意味では、今回は左の卓上焼き鳥器が、もっとも会場、宴会を盛り上げてくれた。

参加者が少なかったので、当たる確率が高いと緊張感あふれるじゃんけん大会となった。

aurora_88さんと全員でじゃんけんをして、買った人だけが生き残り(負けと引き分けは脱落) 、最後まで残った人が景品をゲットする仕組み。

今回は景品を8つのグループに分けたのだが、この卓上焼鳥器は最初の商品!

通常は一度も勝てないまま会場を後にする【親方】が、この景品をGetしたのだが、一瞥するとすぐにソリトンさんの机の上にポイとおいた。

イヤですよぅ、イヤですよぅ!】 と言いながら、それを闇船さんに押しつける・・・

たった400Wで焼き鳥が出来るのか?むしろ、デラクロさんの(日焼け)直焼き用の方が向いているのでは? などと盛り上がったが、本人はご不在。

結局、しぶしぶ(のように見せかけて嬉々として)受け取った闇船さん。しかし、これだけでは終わらなかった。

やはり使い道の無いLAN ポートをGetした闇船さんの”親しい友人”に、宴会での不始末のペナルティとして卓上焼き鳥器を押しつけてしまった。

宴会ではその後、WAGNERの歴史に残る大失態があったのだが・・・そちらはつきみそうさんのBlogで紹介されるかもしれない。

いずれにせよ、ずーっと笑っていた楽しい宴会であった。   
Posted by pelikan_1931 at 23:04Comments(2)

2017年2月18日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会 in 名古屋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:218(10:0016:30 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:ウィンク あいち【愛知県産業労働センター】9907会議室  住所:愛知県名古屋市中村区名駅 4-4-38 
2017/18年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ 
にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
じゃんけん大会 の景品を募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物
をぜひお持ち込み下さい! 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(5)

2017年02月17日

萬年筆研究会【WAGNER】創立11周年記念萬年筆・・・日曜日にはポスト投函出来そう!

1これは、つい先ほどの我が家のベッド上の状態。

ベッドの上に一畳の段ボールを敷き、その上に萬年筆研究会【WAGNER】創立11周年記念萬年筆とケースを並べたもの。

ケースにはラベルプリンターで印刷した【ペン先のレーザー刻印種類(アポロ/エース】 とペン先の太さ【UEF/C/SM】が貼り付けられている。

本日の18時以降は、ほぼこの作業に費やされた。しかし、まだまだ作業はたくさんある。

(1)萬年筆のペン先を確認しながら、ケースに収めていく。ただし本日の作業は明日受け取る人の分だけ。
   明日の名古屋大会会場で受け取ると指定された方はこの状態で受け取ることになる。
   岡山大会時点ではケースが届いていなかったので、ケース付きでの入手は名古屋大会が最初となる。
   ケースはレターパックで送る際の保護用なので、普通は不要だろう。明日は調整道具の隙間に押し込むのでケース無しでは怖いのでケース付きとした。

(2)残りの萬年筆をケースに入れる。

(3)レターパックに宛先ラベルを貼る。(宛名ラベルには注文内容と電話番号も印刷され、テプラで会員番号も貼ってある)

(4)レターパックに送付元ラベルを貼る。

(5)宛先ラベルを見ながら、該当の萬年筆をレターパックに入れてふたをする。
   一つのレターパックに3本の萬年筆(+ケース)を入れて送る方が4人いらっしゃるが、その場合には間に緩衝材を入れる。
   2本、1本の場合は緩衝材は無しでも大丈夫だろう。

(6)一つのポストに入っても20個程度、かつ、一回の運搬で持ち運べるレターパックが 12個程度なので、6カ所以上のポストを見つけて、12〜15往復程度歩く!
   歩くのには慣れているので問題は無いが、ポストに押し込む姿があまりに怪しいのでまずいなぁ・・・
   前回は口から引っ張り出せるような状態になったので、一度投函したレターパックを再度引き抜いて別のポストに持って行った。
   深夜だったから良かったが、昼間にやったらポスト泥棒と間違われそう。

   いずれにせよ、後は流れ作業なので、なんとか日曜日中には投函出来るだろう!お楽しみにね!   
Posted by pelikan_1931 at 22:54Comments(4)

2017年02月16日

プラチナのクラシックインクが2セットになった!

1先日の岡山大会でプラチナのクラシックインクを6個(1セット)まとめ買いして悦に入っていたのだが・・・
帰宅してみるともう1セット自宅に到着していた!すっかり忘れていた。

いずれにせよ萬年筆のインクを抜かないといかんなぁ・・・
現在インクを入れて使っている萬年筆は、それぞれ書き味が気に入って使っているのでなぁ。

新たにペン先調整して使い始めるには、今月は忙しすぎる。半分は名古屋大会でバラ売りするかな?

趣味文の原稿は昨晩書き上げたので一つの山は越えた。写真と割り付けが届いたのが先週木曜日!
金曜日から岡山に行って帰宅するのが月曜日。
その状態で火曜日の18時という締切は厳しすぎるので水曜日の24時としてもらった。なんせ今回は文字数が多い。
約束通り昨日24時直前に原稿を送ると、速攻で清水編集長より返事が・・・
どうやら既に校了へ向けてのカウントダウンが始まっているのだろうか?いずれにせよデスクに張り付いている状態のようだな。

本日は、一日がかりで萬年筆研究会【WAGNER】11周年記念萬年筆の送付先ラベルを印刷したのだが・・・
ラベルに相手先電話番号と刻印の種類とペン先太さを暗号で入れたのだが、その確認が大変だった。中には ”文房具(多機能ペン)”と明記してほしいという要望もあった。

ラベル印刷には筆まめを使うのだが、申し込み内容はEXCELで管理しており、送付先は100通以上のメールで到着する。この整合性をとるのが実に大変!
特に住所変更を申告してない人や、局留め、友人宅、会社送り・・・と様々な送付先があるので、印刷してはチェックし、再印刷・・・というのを繰り返した。

この作業が終わったのが20時過ぎ。疲れ果ててPCをいじってたらなんか調子がおかしい!ネットは切れるし、スキャナーはネット接続できなくなった。
おまけに漢字変換の文字パレットが左上に出てくるわ、windows Update が出来なくなるわ・・・もう大変!
この状態が一切解決しないまま、このBlogを書いている。

そして、明日はレターパックに入れる樹脂製ケース(保護用)に萬年筆を詰め込む必要がある。
おっと、その前に、100以上のレターパックに宛名と送付元の住所を貼り付けなければ・・・
どうも拙者はこういう事務作業に向いていないみたい・・・なんとか月曜日までには送付を完了したいものだ。
   
Posted by pelikan_1931 at 23:26Comments(6)

2017年02月15日

キャップを後ろに挿しては書けない萬年筆

現在、火曜日のアンケートで継続中の話題。キャップを後ろに挿して書くかどうか?

拙者は通常はキャップを後ろに挿して書くのだが、キャップの極端に重い萬年筆とPelikan M1000だけはキャップを外して筆記する。

なぜM1000がキャップを後ろに挿すと具合が悪いのかまったくわからない。
M1050というキャップがバーメイル(重いキャップ?)モデルの場合は、キャップを後ろに挿してすらすらと書くことが出来る。
しかし通常のM1000をキャップを後ろに挿して書こうとすると、なぜかペン先が振られるような錯覚に陥ってしまう。
イライラしてどうしてもだめなのじゃ。そのせいで、せっかく特注で作り研いでもらったM1000キングコブラは楽しんで使うことが出来なかった。

12そしてこちらは、キャップが重すぎて筆記できない萬年筆の代表!
ファーバーカステルのPen of The Year 2010というモデル。胴軸に木があしらってあるので一見軽そうだが・・・実は80.3gある。りっぱな文鎮倶楽部員なのじゃ。
そして、キャップ単体の重さが32.7gもある。胴体が47.6gに対してキャップが32,7g。
しかもキャップを挿せる部分は尻軸の部分だけ。筆記姿勢で握ってみると、ものすごくリアヘビーな状態になる。

特にペンをかなり寝かせて書く拙者にとっては、好みの位置にペン先を置くだけでも難しい。
早い話がまったく使い物にならない筆記具なのじゃ。

といってキャップを挿さないで筆記しようとすると、首軸部分のステンレスが重くて、すなわち、フロントヘビーで、こちらもお話にならないくらい使いにくい。

3ペン先もペン芯もPelikanの匂いがプンプンとするほど素敵なのに、筆記には使えない。
ステンレス製の首軸なのでM800のように首軸先端部の金属部分が腐食することも無い。
まさに最強のM800系限定品なのだが、筆記具として機能しないのじゃ、拙者には!
なんでこんな萬年筆を購入していたのだろう?シリーズで何本も・・・アホやぁ〜!

いやいや、コレクターにとっては、インクを入れない萬年筆こそ価値がある・・・ということであきらめよう。今後とも絶対にインクを入れないだろうからな。   
Posted by pelikan_1931 at 22:12Comments(0)

2017年02月14日

火曜日のアンケート調査 【 キャップを尻軸に挿して使いますか? 】

前回の質問は・・・・ あなたは、No.149/146系とM800/M1000系のどちらが好きですか?

であった。結果は・・・

M800/M1000  :  No.149/M146  =  13  : 28 

で、No.149/146に軍配があがった。

昨年のM800 vs N0.149では 21:11のダブルスコアでM800が勝っていた。

どうやら勝利の原因はNo.146系の限定品の魅力だろうな。来年はM800 vs No.146をやらなくちゃな!

さて、今回は究極の対決はお休みで、萬年筆のキャップを尻軸に挿して書くか挿さないで書くかについての質問(定点観測)。

あなたは、筆記する際に萬年筆のキャップを後ろに挿して書きますか?

(1)挿せる物は必ず挿して書く。
(2)挿さないで書く。
(3)萬年筆によって変えている(M800は挿すがM1000では挿さないなど)。
(4)気にしてない。挿すこともあれば挿さない事もある。



 それでは Go


拙者はM1000以外はキャップを挿して筆記する。従って(3)じゃな。

この質問も、メーカーにとっては貴重な資料となるので、積極的に参加してくだされ!
 
  
Posted by pelikan_1931 at 19:37Comments(55)

2017年02月13日

東京に戻ってほっとした・・・

1こちらは愛媛の調整師【ぼっちゃん】が岡山大会で調整に使っていた実体顕微鏡。
自宅ではツァイスの実体顕微鏡を使っているらしい。立体感がまるで違うので非常に見やすいのだとか。
ルーペ関係は日常的に使っているものが一番使いやすい。
同じルーペでも、取り付けているアクセサリー(ストラップや鎖)が違うだけでえらく使いにくくなってしまう。
やはり道具は体になじませるものだなぁ・・・と感じた。
実は、ベロモのルーペを忘れたので、【ぼっちゃん】に借りたのだが、鎖で首に吊すようになっているのを、吊さないで使ったら、鎖が重くてえらく使いにくかった。
首に吊すといつもと同じ感じで使いやすかった。人の体は不思議だが、けっこう変化を嫌うのかもしれない。
あるいは、慣れが早い人と遅い人がいるのかも?日本の硬式球を何年も使っていた投手が、米国で大リーグのボールを使って1年目から活躍できるのって、昔から信じられなかった。
やはり天才児は慣れも早いんだろうな・・・

23本日は、自宅から岡山駅までバスで行き、天神そば(中華そば)を食べてから、バスで岡山空港へ行った。
天神そばは10:30〜14:30しか開いていないラーメン屋だが、拙者が10:23に通りかかったとき入っていく人がいたので入って食べた。
10:29には満席になり、10:40に店を出るときには10人以上が行列してた。
普通のサラリーマンが10:30に行列してラーメン食べるの?と岡山の風習にびっくり!
そういえば、左の写真のように、受けを狙った看板も多い町なのだが・・・いまいちパンチに欠ける。
関西では笑われてしまうレベルだろうが、拙者にはクスリと笑える。やはり根は岡山県人だと悟ったな・・・残念!

4コインロッカーに荷物を預けてラーメンを食べに行ったのだが、鍵を抜くときにその番号を見て懐かしさがこみ上げてきた。
【3033】 今から40年近く前のIBMの汎用コンピュータのマシンタイプと同じ。
facebookにUpしたら、当時の同僚から他のマシンタイプもあるでしょ!と突っ込みが入った。
この3033には、泣かされたものじゃ。期待よりも処理速度が遅く、夜間バッチが朝までに終わらない事態が頻発していたのを思い出した。
苦い思い出も40年近く経過すると、甘い記憶に変わるという例として掲載した。

56さてこちらは岡山の文房具屋さん。
たしかN御大のお得意様だったはず。
N御大にとって、この甲玉堂には苦い思い出があるのか、楽しい思い出ばかりなのか?
いずれにせよ、今では甘い記憶に変わっていると思うがな・・・ 

http://blog.livedoor.jp/aurora_88/archives/52210373.html   
Posted by pelikan_1931 at 23:22Comments(0)

2017年02月12日

1984年のUWF

6昨日の記事で、時間の関係で取り上げられなかったことがある。それが宴会料理!
実は、前回の岡山大会の宴会で、ありえないことが起こった。
運ばれてきた刺し盛りのマグロがどす黒かった!
また、【サバがぐったりとしているのでしめ鯖かな?と思ったら刺身だった】(ケロリン氏談)というほどむごかった。
ポテトもパリっとしてないし、枝豆は電子レンジで失敗したらしく、冷たかった。
飲み物から食べ物から締めの麺類からアイスまで全部ダメ!
激怒した親方が、今回はうさぎやさんに宴会場を選んでいただいたのだが・・・
(拙者は食べていないが)刺身は 左画像のように美しく盛り付けられアジも良かった!とか。
またハイボールも濃く、ビールは冷えていて、カクテルも美味。またいろいろ頼んだ料理も文句なし!
さらにおいしかった記憶がない宴会屋の蕎麦が、これまたうまかった。うどんもよかったらしい。

終了間際に宴会に参加したたーにーさん(WAGNER会場の下の階で学会の勉強会があったとか)がおなかがすいているだろうと、拙者としょうじさんとたーにーさんとでイタリア料理やでワインとスパゲティたんまりとソーセージとエスカルゴetc.を追加で食べた。

1WAGNER会場で、ドラゴンズ(WAGNER辰年生まれ会)の一員である烏口さん(プロレス博士)からいただいたのが、1884年のUWF。
さっそく、本日、近所のふれあいせんたーのソファーで一気に読んだ。
筆者のプロレス本は【1976年のアントニオ猪木】【1985年のクラッシュギャルズ】【1993年の女子プロレス】【1964年のジャイアント馬場】 も読んでいる。
特に女子プロレス関連の2本は、トイレの書棚に並べてあり、何十回も拾い読みして内容まで暗記している。

徹底的な取材で論旨をまとめ、単行本にする際、読者の意表をつくような再構成をする作家なのでどんどん先が読みたくなる。
そう、一気読みしたくなる作者なのじゃ。

UWFの中では、初代タイガーマスク(佐山聡)を中心とした記述はいいのだが、前田日明へのインタビューを一切行っていないので、かなり話が偏っている気がするなぁ〜!

皆が良かれと思ってやっていることが、ふとした事で疑心暗鬼に陥り友情が崩壊する。このことを端的に説明したサイトがあったので紹介しておく。

ミュニケーションが足りないだけで人間関係は険悪になります。それは、互いの心に知らずに棲みついた「疑心暗鬼」が原因です。
昔はそこそこ仲が良かったけど、今では顔を見るのも嫌な相手。あなたにはそんな相手がいませんか?
何か特定のキッカケがあったという訳ではないけれど、次第にお互い別の人とばかり付き合うようになり、疎遠になり気がつくとこんな関係になっていた。
オンラインでもリアルでも案外そういうことはあるものです。
しかし裏を返せば、わずかなきっかけで人間関係は好転する可能性があるということでもあります。

囚人のジレンマ
凶悪事件の共犯者2人が捕まり留置所に入れられたときのこと。警察は十分な証拠をつかむことができず、2人に自白させようとそれぞれ別々の部屋で次のような司法取引をもちかけました。
「もし、おまえが自白したら本来5年の刑を3ヶ月に減刑してやろう」「ただし、おまえの相棒にも既にこれと同じ話をもちかけている。おまえが黙秘を通して相棒が自白したら、おまえの刑は10年になるぞ?」
共犯者2人は連絡が取れない状況に置かれ、互いに疑心暗鬼に陥ります。

自分が黙秘を通しても、相棒が自白してしまえば自分だけ10年の刑になってしまう
2人ともが同じことを考えて自白してしまえば、犯罪自体を認めることになり2人とも本来の5年の刑を受けることになる。
自分が自白して相棒が黙っていた場合には、自分の刑は軽くなるが、相棒を裏切って警察に「売る」ことになる。
この状況は「囚人のジレンマ」と呼ばれます。もしも相棒への信頼が確固たるものならば、自分も黙秘を貫くのがベストです。
しかし、実際の結果はそうではありませんでした。2人共が自白して、ともに本来の5年の刑を受けることになったのです。
現実の取り調べでも、これと同様のケースでは2人とも自白して「共倒れ」の状況に陥る確率がもっとも高いそうです。
「2人ともが自白してしまう状況が2人にとって一番良くない」。そのことはもちろんお互いが分かっていたはずなのに。
これを避けるベストの選択肢は、「自分が10年の刑をくらう覚悟で相手を信頼して黙秘を通すこと」しかし現実にはリスクを犯さず、自分だけ自白して助かろうとするのです。
さらに、この状況で2人の共犯者が連絡を取り合えるようにすると、今度は話し合いによって一緒に「黙秘する」という傾向が高くなるそうです。
これは、コミュニケーションによって信頼関係が確立されることの裏付けです。

以前は仲の良かった職場の同僚となんとなく気まずい。案外、それもコミュニケーション不足なだけかもしれません。コミュニケーションの頻度で関係性は確実に変わるものです。
「自分がこんなに嫌っているんだから、相手も自分を嫌っているはずだ」。本当は嫌われてなどいないのに、勝手にそう思い込んでいるだけかもしれません。
もしかすると、自分一人で勝手に敵意を育てているだけかもしれません。そういうことは本当によくあることなのです。
でも、自分から歩み寄るのは何となく気まずいし自尊心が許さない。お互いにそう思っているから、互いの関係はいつまでも対立したままなのです。
今度、職場のトイレやエレベーターでバッタリ出会ったときに、軽い声かけからコミュニケーションのキッカケを掴んでみてはどうでしょう。どっちに転んでも、今以上に悪い関係にはもうならないはずです。   
Posted by pelikan_1931 at 20:40Comments(2)

2017年02月11日

萬年筆研究会【WAGNER】中国地区大会@岡山・・・饅頭評価の部屋?

1今朝の岡山市はかなり寒かった。雪が降るという天気予報は天気図から判断した情報だろうが、18年間岡山で暮らした拙者には雪が降るのはありえないと考えていた。
18歳で東京へ行くまで、地元で雪がハラハラと舞い落ちている状況を見た記憶がなかった。見たのは蒜山のスキー場でだけだったからな。
案の定晴天だったが、バス停の前にたまった水は、氷になって光っていた。
そういえば用水路にも薄氷が張っていた。この薄氷を見たのも何十年ぶりのような気がする。

東京都心に住んでいると、そもそも水溜りがないし、小さな流れの遅い用水路もない。
氷を見るとすれば、積もった雪が固まって凍ったものくらい。従って、この水溜りの凍ったものには、いたく懐かしさを覚えたのであった。 

寒いけど、すがすがしい気分で出発したのだが、バスの本数が少ないので、開場の45分前に駅に到着。
会場は15分前にしか開かないので、駅のドトールで時間をつぶそうとするも、あまりに混んでいるので、早々に店を出た。

藤戸まんぢゅうを購入して会場に行くつもりだったが、なんと駅の売店にない!昨日はあったのに・・・
店員さんに聞くと、10:00から11:00ごろに店頭に到着するらしい。工場直送かな?なんせ賞味期間3日という無添加饅頭。

しかたないので、いったん会場に行き、ころあいを見計らって買いに戻ることにした。

2310:45 に売店に戻ると、大手まんぢゅうも工場直送便が到着したところらしく、熱々状態で入手出来た。

さらに会場に戻ると、二右衛門半さんが、大手饅頭と創業年が同じ【うすかわ饅頭】を携えて登場。

そこで、急遽、饅頭評価の部屋を開催することにした。うすかわ饅頭はツブ餡で、他の二つはコシ餡。 
拙者の評価では、薄皮饅頭>藤戸まんぢゅう>大手まんぢゅうの順だったが、他の方々の評価は藤戸まんじゅうが高かったようだ。
ただし、電子レンジで暖めることを前提とすれば、大手まんぢゅうがトップになりそうだと感じた。
暖かいうちは、大手まんぢゅうが圧倒的にうまかったなぁ・・・
ただ、藤戸まんぢゅうと大手まんぢゅうを目隠しテストで100%判別できる人はほとんどいないだろうな。

4実は、饅頭評価の部屋の前に拙者がいそいそと出かけたのは、前回食べ損ねた【富士屋】の中華ソバ。
左は拙者が食した、チャーシュー麺大盛りだが、岡山風の味付けに大満足!
たしか三回目の訪問だったが、季節にかかわらず味も安定している。ただ・・・岡山市No.1とは言えないかもしれない。あくまでも拙者にとってはだがな。
本当においしいラーメンは大盛りでも物足りないほど、一気にいただいてしまうのだが、今回は最後のほうでのどに押し込む感じが若干あった。
スープの味に食べている途中で飽きてしまうのは、やはりややしつこいスープのせいかもしれない。
ただし、チャーシューは絶品だった。また葱はどれほど入れても無料なのだが、注文する際に【ネギ多め!】とかと伝えなければならないらしい。

もっとも、この直後に饅頭評価があると気づいていれば・・・大盛りにはしなかっただろうな・・・
 
5会場ではうさぎやさんが、倉庫から持ってきてくれた、古典インクがあった。
2セット持ち込んでくれたのだが、拙者が1セットいただいたので、残りは一色ずつ売れていったようだった。 
宅配便で東京に送ったので、雪の影響がなければ明日には試筆できる。楽しみじゃ!
今回の岡山大会は22名中8人が岡山在住ということで、今までにない岡山在住者比率であった。
じわじわと萬年筆人口が岡山でも増えてきているのだろう。今年は岡山大会があと2回、同じ会場で開催される。

今回、ゴミを有料で引き取ってもらう際、初めて会場内でお菓子等を食べてはいけないということを知った。
饅頭評価の部屋なんてとんでもない愚挙だったのじゃ。

従って、次回から岡山大会では、絶対に食料を持って教室内に入らないようにしましょうね!
   
Posted by pelikan_1931 at 23:46Comments(5)

2017年2月11日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中国地区大会 in 岡山 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:211日(  10:0016:50 開場9:50  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:岡山国際交流センター 3階研修室   住所:岡山県岡山市北区奉還町2-2-1
2017/18年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ 
にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
じゃんけん大会 の景品を募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物
をぜひお持ち込み下さい! 
前回の岡山大会は宴会場の選択大失敗しましたが、今回はご安心下さい?

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(1)

2017年02月10日

萬年筆研究会【WAGNER】中国地区大会@岡山 前日は寒かった!

通常のWAGNER地方大会は、日帰りできない地方(松江、松山、秋田、金沢)を除いて、始発の新幹線か飛行機で移動している。
また日帰りではない場合も、ほとんどの場合、始発の飛行機を使うことが多い。
飛行場があまり混んでいないのと、飛行機自体もさほど混んでいないというのがその理由。
【間に合わないかも?】 という不安に苛まれるのが精神的に一番きつい・・・という性格なので、モノレールも4:58浜松町発の始発を使うことが多い。
結果、搭乗口の前のソファーで1時間ほど居眠りをする・・・ことが多い。
大阪までなら、どう考えても飛行機よりも新幹線の方が時間が楽。でもなぜか飛行機を使ってしまう。
座席に縛り付けられている時間が飛行機の方が圧倒的に短いからだろうな。

1今回の岡山行きの便は珍しく14:45発という遅い便。
遅い便は天候不順の影響を受けやすいので、心配していたのだが、案の定、動き出すのは10分遅れ、飛び立つのは30分遅れだった。

羽田空港はみぞれ交じりの雨だったが、名古屋や奈良では雪が降っていた様子。
九州方面行きも雪の影響で、かなりダイヤが乱れていたようだ。
特に、羽田上空に雪雲があり、これが遅延を引き起こしていたらしい。

雪雲の上に上がると空は晴れ、暖かい日差しが飛行機の窓から射し込み、窓際の方はほとんどが居眠りをしていた。

拙者もつられてウトウトし、機内サービスを受けることが出来なかった。もっともここ5年くらいは、国際線以外は一度も着ないサービスを受けていない。
飛行機に乗ると反射的に眠くなってしまうらしいのだが、国際線だけは食べ物にありつくため、目が覚めている。現金なものだ・・・


 23しかし、さすが晴れの国と呼ばれる岡山。駅前はすっきりと晴れていた!

右の画像の【もんげー、岡山国際サーキット】 という言葉ににっこり!

もんげー・・・という表現を聞くのは50年ぶりくらいかな? 

実は、今回の帰省には3つの目的がある。WAGNERと田畑の件とラーメン行脚(4軒)。
前回の岡山大会で、ターニーさんと勇んで乗り込んだラーメン店が失敗だったので、今回は慎重に選んだ。 

4最初は、岡山駅の二階にある、名の変哲もないようなラーメン店なのだが、評価が非常に高い店。

名前は【麺屋 匠】。ただし偏屈な親父が作っているわけではなさそう。
元気の良いアルバイト風の店員が数多くいて、挨拶や伝達は完璧。

ラーメンの麺は岡山風で、やや堅くて芯があるような感じ。拙者はこれが大好き。

ただ選んだチャーシュー麺は、とろーり系のスープだったので、口に合わず。もっとあっさりの醤油か塩味の方が良かっただろうな。 

明日は【富士屋】と小豆島ラーメンの【ひしお】。後者は宴会の後に食べる予定なのだが・・・大丈夫かなぁ?
明日の宴会は、地元の美女がセットアップしてくれるらしいので、残すわけにはいかないし(笑
月曜日に帰宅すると、火曜日が趣味文の原稿の締め切りで、水曜日が血液検査と体重測定。

まずいな・・・体重を維持できる要素がないわぃ。 

56岡山の日の入りは東京よりも50分くらいおそいが、さすがに18:30を過ぎると真っ暗。

左側の写真は我が家の所有地(田畑)の上空に見える満月。
実際にはあたりは真っ暗なのだが、暗部を出すように加工した。

右側画像は、用水路の反対側(西)を撮影したもの。18:30ごろ、西の空に奇妙に明るい星があった。
これって金星かな?月は東の空にあった。 だれか教えてね! 

さて明日はWAGNERの岡山大会。創業800年以上と言われている【藤戸まんじゅう】を買って参加しまーす。賞味期限が3日という生饅頭!  
Posted by pelikan_1931 at 23:20Comments(2)

2017年02月09日

萬年筆研究会【WAGNER】11周年記念萬年筆の送付先を早く知らせてね!

1昨日13時ごろ、受取方法(会場 or 自宅 or 職場 etc.)と送付先住所を確認するメールを購入者に送ったのだが、まだ40人ほどからの返信が無い

当方では、会員の住所情報は保存していないので、返信が無いと萬年筆を送れないので、早めに送ってくだされ。

送付先リストがそろえば、レターパックの住所ラベルが印刷できる。
印刷ラベルには、中に入っている萬年筆とペン先が暗号で記入されている。

アポロ(C:1) ならば、ペン先刻印がアポロで、ペン先がC(コース)のものが1本入っていることを示している。

アポロ(UEF:1、C:2)
エース(C:1)

ならば、ペン先刻印がアポロで、ペン先がUEFのものが1本とC(コース)が2本、さらに、ペン先刻印がエースでペン先がC(コース)が1本 の合計4本が入っていることを示している。

本日は、そのラベル印刷の準備に10時間を費やした。

まだレターパックに入れるための樹脂製ケースが届いていないので、送付は来週後半になると予想される。

明日からは岡山の実家に行き、萬年筆研究会【WAGNER】中国地区大会@岡山に参加するのと、農地に関する話し合いを予定している。

実は小作に出している農地をもはや耕作できなくなった隣人が、拙者の小学校の同級生に運営委託したいと申し出たらしい。
小作料は固定資産税の足しにもならないのでお断りしたいな。

また近所の人が、我が家の農地の一部を買い取りたいと申し出たようだ。
先日までは自分の土地を買い取ってほしいと言っていた人が、急に買い取りたいと言ってきた。不思議だ・・・
市街化調整区域が解除されるとか、新産業道路がその部分をかすめるとかの情報を得てのことだろう。こしぃなぁ〜

残念ながら我が家の農地の相続には複雑な事情があり、拙者の都合でなんとかなる話ではない。実際、拙者はいまだ相続していない。まだ亡くなった母の名義・・・
本当は市に献上したいのだが、それも相続してからのこと。ああ面倒だ!   
Posted by pelikan_1931 at 23:48Comments(7)