2014年09月20日

9月20日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中国地区大会 in 倉敷 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:920日(09:0016:30 (解錠8:50  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:倉敷市民会館 3 第4会議室  住所:岡山県倉敷市本町17番1号 Tel:086-425-1515   
2014/15年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。参加を逡巡されている方は こちら を読んでね!
迷()ビンゴ大会の景品を大募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい! 
★今回の目玉は【
大原美術館見学(入場料別途)】が組み込まれていること!
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2014年09月14日

9月14日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会 in 名古屋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:914日(09:1516:45開場8:45)    ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:名古屋国際センター 3 1研修室   住所:愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1  電話052-581-5679   今回も調理ブースが付いています。ただし、調理するかどうかは不明・・・
2014/15年の予定  ここを押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方はこちらを読んでね!
迷()ビンゴ大会
の景品を大募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい!
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2014年09月06日

9月6日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 裏定例会@横浜 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:96日(09:0016:45 (解錠8:45  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:横浜情報文化センター 7 大会議室  住所:横浜市中区日本大通11番地   
2014/15年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方は こちら を読んでね!
迷()ビンゴ大会の景品を大募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい!★今回は初めての会場です。ご家族、ご友人とお誘い合わせの上おいで下さい。
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(2)

2014年09月02日

火曜日のアンケート調査 【 本日の1本目の萬年筆は何でしたか?】

緊急アンケート前のアンケートは・・・【 軸の素材は何が好き? in 2014であった。


以下の素材で好きなものを記載下さい


重さ/軽さ、手触り、見映え、痩せ具合、耐久性・・・など、数多くの観点が存在しそう・・・


 1:エボナイト(塗り無し)  エボナイトの削りだし。経年変化や温度変化での寸法の狂いが少ないが、日光や蛍光灯、熱で薄茶入りに変色する。

 2
:エボナイト漆塗り     
エボナイトの表面に漆(透明、赤、黒、青、その他)を塗って変色を防ぐ。その分、価格は高くなる。

 3
:木軸           
ブライヤーやカエデ、黒柿、スネークウッドなどで軸の外壁を覆ったり、棒から削りだしたもの。汚れやすい、割れやすい、不潔・・・などの欠点はあるが、温もりがある。

 
4:金属軸          純銀、金貼り、チタンなど。丈夫なのがポイントだが、あたり傷が出来やすいので、Vintageでは完品はほとんどない。

 5:セルロイド
        
綺麗で比較的安価だが、経年変化による寸法変化が激しい。Vintage Montblancのトラブルは素材がセルロイド製であることに起因している。

 6:アクリル
         
マーブル軸は実に綺麗に仕上がる。ただし旋盤を当てると小さな割れが無数に入る可能性が高く、スケルトン軸ではリスクがある。

 7:プラスティック(一般)
  
定番品は金型加工が出来るプラスティック軸を使うケースが多い。軸の製作コストがさげられるので、ペン先に贅沢できる。

 8:蒔絵           金属やエボナイトの軸に漆で下地を塗り、その上に絵柄を各種蒔絵手法で描いたもの。鑑賞・贈答目的の物が多いが、インクを入れて使用している剛の者もいらっしゃる。

であった。上位三つは ・・・・・

1:14票 プラスティック
2:11票 金属
3: 8票 エボナイト(漆塗り)


となった。見栄えよりも、実際の手触りや、清掃のしやすさ等、実用を基準としての評価となったのが、ある意味新鮮!
 

今回の質問は、ちょうど1年ぶりの【本日の1本目の萬年筆】について。

机の上にたくさんの萬年筆が並んでいる場合、本日の最初の一本として何を選んだのかが知りたい。

朝、メモに使った人もいよう
朝はペンケースに4〜5本詰め込んで出かけ、会社での書類にメモを書くときに初めて使う人もいよう
結局ペンケースから出さないで帰宅し、机上でいたずら書きをするときに、別の萬年筆を使う場合もあろう

いずれにせよ萬年筆研究会【WAGNER】会員であれば、一日に一本くらいは萬年筆を使うはず。

本日の質問は、その一本に対する質問じゃ。

あなたが本日、最初に使った萬年筆のブランド製品名ペン先購入時期使用開始時期インクのメーカーと色使用頻度本日最初の用途を教えて下さい。


          それでは  Go
  

拙者の場合は・・・・

Pilot ジャスタス  14K-FM で、最も軟らかい設定にしてあるもの。インクフローを良くし、ペンポイントは少しだけ研磨。

インクはパイロットブラック  最近はほとんどの萬年筆に、このインクを入れてます。匂いが良いんだなぁ!
利用頻度:机の上でのメモ取りに利用。インクフローが良く、書き出し筆圧が低くてもインクが途切れないのでつい手が伸びる。 
本日の用途:趣味文Vol.31に掲載する原稿の下書き
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(25)

aurora_88さんの〔 萬年筆研究会【WAGNER】宇都宮【餃子】大会 報告 〕



ワサワサとせからしい大会は活気があって良いのですが、こういうまったりとした大会では会と会員のと絆が深まるような気がしました。
  
Posted by pelikan_1931 at 02:00Comments(1)

2014年09月01日

月曜日の調整報告【 KAWECO Dia 83 Lady Size 14C-B インク漏れ修理 & 書き味改善 】

1今回の依頼品はYAMAMOTOさんからのもの。独逸のKawecoのVintage Diaの軸だが、Lady Sizeと呼ぶ小さなモデルらしい。もっともKawocoの萬年筆は元々小さいのであまり意味はなさそうだ。
何度か調整師や修理人の手を経たものらしいが、首軸付近からのインク漏れと、ペン先の段差による書き味の悪さを解消して欲しいとの依頼じゃ。
プロの調整師の手を経ている以上、段差があれば、それはその後に発生したものか、調整戻りだと断言できる。調整師が段差を残す事は、わざとで無い限りあり得ない。
そしてKAMAMOTOさんの書き癖から考えて、わざと段差を出す必然性が無いので、おそらくは調整戻りだろう。独逸マイナーブランドの薄いペン先は調整戻りが激しいのじゃ。
首軸付近からのインク漏れは、おそらくは首軸と胴軸の間の接着剤の不備だろう。ここに接着剤を使うのは、今となってはあり得ない。新しいウチは良いのだがな。
古くなったセルロイドは脆くなるうえ、多少なりとも縮む。首軸が縮みの少ないエボナイトで出来ている以上、だんだんとはまりが浅くなってしまう。
結論から言えば、接着剤で固定するのではなく、ワセリンやシリコングリースで、ねじ部分を覆い、インクがにじみ出ないようにするのが最良の手段だと思われる。今となっては・・・という条件付きだがな。

23ペン先は非常に柔らかく、しかもKAWECOには珍しくBニブじゃ。拙者の長い間KAWECOを収集した事があるが、Bニブを見た記憶が・・・希薄。(ボケ?)
この固体では、スリットが詰まりすぎの上、左右のペンポイントに大きな段差がある。
先日のアンケートで、柔らかくてインクフローが少ないニブに〇をつける欄が無かったのを覚えているかな?そういうペン先では字を書けないのじゃよ。
インクフローが少ないにもかかわらずペン先がパカっと開けば、インクは一発で途切れてしまう。それを10回繰り返されるとペン先を紙にたたきつけたくなる。
かなり気が短い拙者は、少なくとも10本はこの愚挙を行っているはず。しなやかで柔らかいペン先はインクフローが良くなければ萬年筆として使えないのじゃ。
蛇足ですが、60年代の二桁番台のペン先は、しなやかで柔らかいとは定義してませんからねぇ〜。あの程度なら撓らないという定義ですから。撓る定義のうちで一番撓らないのが#600の淫らな書き味のペン先です。

45このモデルのペン先とペン芯は、ソケットで固定され、首軸にねじ込むタイプ。これは捻ってみて初めて知った。不覚であった。今まで気付かなかったなぁ・・・
こんなに細いペン芯に沿うようにペン先を曲げたら、普通ならペンポイントが背開きになるような気がするのだが、そうはなっていない。
この作り方って、現在の#3776のペン先の作り方に繋がる気がする。公表していない裏技があるはずじゃ。でないと根元を曲げてもペンポイントが背開きにならないペン先を作るのは困難の極み・・・のはず。

67依頼人が何とかして欲しいと訴えているのが、この段差じゃ。おそらくは調整師が直した後での調整戻りだろう。ただし、調整師はペン先の小さな曲がりは直していない。
左側画像奥側のペン先は不自然に折れ曲がっている。ペン先表面にヤットコでつまんだ痕があるので、海外の修理人が何か悪さをしているはず。
それを傷を増やさないで直そうとしたので、調整戻りが出たのだろう。やはりペン先修理はペン芯と分離してやらねばな。調整の場面ではOK牧場でも、時間の経過とともの戻ってしまう。
不思議なことにペン先を分離して直した場合には、調整戻りはほとんど無い・・・はずじゃ。

8Kawecoはピストン弁まで完全分解できるが、左画像ではピストンユニットはすでに胴軸に嵌めてある。ピストン弁は交換済みで特に問題は無かった。
問題は首軸からのインク漏れ・・・なので、外した首軸とねじの部分にシリコングリースを塗りたくって胴軸にねじ込んだ。これでインクは漏れなくはなる。
なんせ防水カメラのOリングに使うシリコングリースだからな(Nikon製)

910ペン先表面を胴磨き布に擦りつけ、ペン先表面の傷を目立たなくした。さらにはスリットを拡げ、段差を確認してからソケットに装填し、首軸にねじ込む。
その後、YAMAMOTOさんの書き癖に合わせてペンポイントを研磨し、少しだけ魔法をかかる・・・
と、右側画像のような横顔になる。こういうペンポイントの形状の場合、濃厚な書き味になる事が多い。今回も実にぬらぬら〜っと気持ち良い書き味。
Stub調のBではなく、柔らか丸研ぎ風になった。この研ぎを・・・パロ・スペシャルと命名しよう。にやりと笑ったあなたはプロレス・ヲタクですな(笑
拙者が高校二年生の時に開発した、【人間耕耘機】という技は、このパロ・スペシャルの発展型だった。
ただし、痛くてギブアップさせるのではなく、かけられている姿があまりに情けないので、恥ずかしくてタップするという幻の必殺技。絶対に脱出不可能で、かけている方に負担もダメージもゼロという究極の技であった。

そういえば、インドの調整師、ターガー・ジェット・パコさんも、もうすぐ誕生日だなぁ。おめでとう!
インド風調整術はマスターしたかな?


【 今回執筆時間:3時間 】 画像準備1h 修理調整1h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
     
Posted by pelikan_1931 at 15:30Comments(0)

2014年08月31日

奥様と【下男たこ吉】の素敵な日々 ★ 十番納涼まつり と にゃーにゃー と にゃんにゃん と クロ ★

麻布十番納涼まつりが8月23日と24日に行われた。

たこ吉は黒木香がゲスト出演した十番まつりを最後に参加していないなぁ・・・
それ以前は、ピンクレディの時に行ったくらいかな?
家から徒歩2分だが、お祭りの間じゅう、うるさいわ、混んでるわ、そもそも祭り嫌いなので、家から出なかった。
最近では一日は萬年筆研究会【WAGNER】とかち合うので助かっている。

24日(日)、前日の京都大会の疲れを癒やすべく、お昼寝して目が覚めると奥様がいない・・・
おまつりのジャンクフードをたんまり買って帰った奥様に・・・【遠く行きます捜さないでくださいという手紙が無いか捜しました。】と冗談を言ったら・・
 
遠くへ行きなさい捜しませんからと捨てられるケースは考えていないのね。甘いわ!】と一喝。さすが奥様・・・
 
たこ吉は麺類が好きだからと・・・インド風焼きそば(カレー味)伊太利亜風焼きそば(ミートソース)韓国風焼きそば(冷麺の麺)台湾風焼きそば(ビーフン)がお土産。インド風焼きそば(カレー味)がNo.1!
 
外人が双子の乳母車に双子の女の子を乗せ、その乳母車に繋がれた犬がノロノロと歩いている。
で、その犬が浴衣を着ている。猫派の奥様から見てもかわいかったとか。
 
時間は前後するが、前日の23日、料金が安いのでひかり号で京都から品川まで帰った。
 
新大坂始発のE席だが、京都で乗ると、E席に荷物を一杯載せたオバハンがD席で既に熟睡中。しかも座席前に置いた荷物の上に足をのせて眠っている。
こちらはリュックと紙袋とおみやげを持っており、とてもオバハンの上を飛び越せては座席に行けない。
そこでオバハンの体を揺すって起こし、怖い顔して荷物をどけて貰う。普通は立ち上がって入れてくれるものだが、ガンとして動かない・・・。なんとかお尻をオバハンの顔面にくっつけるようにして着座。
 
しかし、ガラガラなのになんでEとDにくっつぃて座ってにゃならんの・・・と思いつつ、すぐに深い眠りに落ちた。
 
うとうとしてたら名古屋のアナウンス。ここで少し乗ってきた。

目が覚めたら浜松、なんと乗客のほとんどが降りて社内はガラガラ。
しかし、オバハンと拙者は相変わらず並んで座っている。オバハンは相変わらず荷物の上に足を置いてグーグーと軽いいびきをかきながら寝ている。こっちに顔を向けて・・・
 
その時、気づいた。拙者も十分にじじいだということを。

新たに車内に入ってきた人が見れば、この2人はどう見ても夫婦にしか見えない。だってガラガラの車内でくっついて座っているから!
 
この状態を打破せねば・・・と思ったが、オバハンが熟睡しているので通路側に出て席を替われない。
 
出来ることは、可能な限り体を窓の方に捩って、夫婦ではない!とアピールすることだけ。
 
その姿勢でがんばったが、新横浜の前で眠りから覚めるとオバハンはいなくなっていた。どうやら静岡で降りたらしい。
でも体の筋をおかしくしたらしく、体中がコチコチ!ああ、ひどい旅だった。来年は片道は飛行機にしよう!(ちなみに一週間経過した今でも左横腹と腰が痛い)

我が家では、生鮮食料品とパン以外は、ほぼ全て通販を利用している。ティシュもトイレットペーパーも。
また萬年筆研究会【WAGNER】開催地への荷物送付も毎週のようにある。
そこで、クロネコメンバー割 BIGで、送料を節約しようと考えて手続きをした。

先週、初めてカードで払う時に、5万円をキャッシュで入金した。ただ担当の方も初めてだったらしく、担当者カードを車に置いてきていたとかで、しばらく待って入金・・・・・
と、入金ボタンを押すと同時に、ニャンニャン!と端末から猫の鳴き声がした!なかなかしゃれた確認音だ!

奥様にお話しすると、【そんな馬鹿な!】で終わり・・・

翌日、また出荷があり、今回ははベテランの担当者。今回は入金は無かったが、しばらくバーコードリーダ付き端末を、荷物の上に放置して作業されていたら・・・

ニャーニャーと猫の鳴き声がした。

奥様が奥から出てきて、【今、子猫の鳴き声しなかった?】と我々に聞かれた。

配達員の方は、【すみません、端末から変な音が出るんです】と恐縮。おそらくは端末紛失アラートかなにかだろう。それが猫の鳴き声というのがしゃれている。

あら、そうなの・・・】と拙者の顔を見ながら奥に引っ込む。【たまには本当の事も言うのね】と目で語られていた。

支払時に端末にカードをかざすと、今度はニャンニャン!という確認音。これは昨日と同じ音。こちらも実にカワイイ!

ちなみに、我が家のクロは、ヤマトの人が来たときには、入り口までひょこひょこと出てきて、ニャーニャーと鳴く。

他社ではどうなのかと注意して見ていたら、佐川の時にも出てきていたが、日本郵便の時には出てこない。

奥様、クロは宅配便を聞き分けてますよ、すごいですねぇ!】と言ったら、

ガラガラと押してくる荷車の音に反応してるんじゃないの?日本郵便はいつも小さな物しか持ってこないから】 どうやら咄嗟の分析力も奥様の方が一枚上手だわ・・・  
Posted by pelikan_1931 at 10:00Comments(2)

2014年08月30日

テストの珍回答 その97

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す
                                                              
1:
 
英語 次の英単語を訳しなさい。 (長崎県の中学
       toss

解答: 
放る


wikiによれば、

tossの日本語訳は・・・
名詞 トス toss
動詞 突き上げる push up, toss
    振り立てる toss, wave, stand up energetically, raise one's voice

で、放るという意味合いは感じられないが、

tossの英語訳なら・・・ 
名詞 an action or instance of tossing something.
    "a defiant toss of her head"
動詞 throw (something) somewhere lightly, easily, or casually.
    "Suzy tossed her bag onto the sofa" 

ということで、優しく放るというニュアンスはありそう。 

それにしても、名詞か動詞かも指定せずに訳せ・・・なんて、未だにこういう英語教育が中学校で行われているのか? 
 

2: 英語 次の英文を訳しなさい。(宮城県の中学
      a safe trip

解答: 安全な旅行

a safe trip って、文章ではないよね。形容詞付きの名詞?
a safe trip をGoogle翻訳にかけると、たしかに安全な旅行と訳されるが
【安全な旅行】を英語に翻訳すると、A safe trip と大文字になる。どちらが正しいのだろう?
やはりこれも文章の中で使われて初めて訳す意味が出てくるように思う。
さもなくば、次の英語の意味を下の中から選びなさい・・・という問題で5択くらいにするとか・・・
 
 
3: 歴史 文中の(    )に入る語句を書いて、文章を完成させなさい。(茨城県の小学
      1853年、浦賀湾にペリーが来航し(          )した。

解答:
 開国を要求

wikiによれば、ペリーが開国を要求した目的は、【捕鯨船の物資補給を目的とした寄港地の確保】だったらしい。
今では反捕鯨国の顔をしているがな。
こういうふうに過去を恥じることなく易々と主張を変えても恥じない気持ちを持てることは重要じゃな。
えらそうに世界の警察官・・・と言っても、拙者と50歩百歩じゃな。

ただ、こういう問題だと、(   )の中はなんでも良いのではないか?たとえば、(オシッコ)した・・・でも? 

 
4: 国語 【無】で始まる三字の熟語を答えなさい(香川県の中学

解答: 無意識、無関心、無投票

無鉄砲、無慈悲、無目的、無尽蔵・・・など、いくらでも思いつくが、問題は・・・それを漢字で書けるかどうかじゃ。
拙者の場合、もはや無関心ですら危なく、感心と書きそう。無投票も表と書く可能性がある。無慈悲なんて絶対に書けないわ・・・
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2)

8月30日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 ひょっこり訪問【宇都宮】

日時:830日(09:0016:30 (解錠8:45  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:栃木県総合文化センター 3 第3会議室  住所:栃木県宇都宮市本町1-8   
2014/15年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方は こちら を読んでね!
迷()ビンゴ大会の景品を大募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい!★今回は残暑を吹き飛ばすために餃子を食べようというのが私的目的です・・・
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(3)

2014年08月29日

【万年筆の用途と好みの筆記特性】アンケートへの回答、ありがとうございました!

1【万年筆の用途と好みの筆記特性】アンケートへ回答いただいた皆さん、ありがとうございました。
現在の萬年筆研究会【WAGNER】の会員数は628人ですが、そのうち、377人の方が協力してくださいました。
現存会員の半分以上の方に回答していただきたいとの目標(を持っていましたが、回答率 60.0%! 重ね重ね Thank You! 
昨日までに終了したのは、回答者からのメールやBlogコメントから、回答者の会員番号を割り出し、会員名簿に回答の有無を記入する作業。
これによってメールとBlogコメントとの重複回答や、一人が2回以上メールで回答していただいた場合の重複を削除した。
うれしかったのは、今年、まだ一回もWAGNERに参加出来ていない方が87人も回答して下さったこと。
本日は、回答結果数を地道に左画像のような集計用紙に鉛筆でチェックしていく。1分×364人として約6時間かかる計算になる。

1その結果を、左記の解答用紙と同じフォーマットのマトリックス内に転記していく。
最初から、この表に集計しようとしたのだが、とてつもなく時間がかかるので、やめた。
この縦と横との関係については、拙者がふさわしいと思う番号(01〜12)をA〜Yの用途別に、各一つ想定している。
おおまかに言えば、A-01からY-12まで左上から右下へ向かう曲線状になると想定した。
回答結果が、それとどう違うのか?を考察することによって、メーカー、販売店、ユーザのそれぞれに役立つ結果が得られればいいなと考えている。
実際には、最適な組み合わせと、好みの組み合わせとの間には大きなギャップがありそうなので、その当たりが探り出せれば面白いのだがなぁ・・・

いただいた回答を元に、アンケートは年々内容を少しずつ変えながら定点観測していきたいと考えている。
また、今回は集計時間の関係で、回答いただく組み合わせは最高で5個までとさせていただいたが、来年からは、もう少し数を増やすかもしれない。

次回からは、月末締めの最も忙しい時期とアンケートが重ならないようにしま〜す!

分析結果は、趣味の文具箱Vol.31に掲載されますので、お楽しみに!


29日(金)の21:30に集計と分析が終了しました。

タイミングの関係で集計に入れられなかった方も5〜6人ほどいらっしゃいますが、アンケートへは参加として出席簿にはカウントしておきます。
現在までに、2014年度参加の方87人から回答をいただきました。 この方々は2014年度参加となりました。
このアンケートによる参加は、宇都宮大会終了まで受け付けます。最終提出時間は 2014-08-20 16:30 とします。

趣味文Vol.31の記事用のデータには含められませんが、今後追加分析する際に利用させていただきます。   
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(9)

2014年08月28日

【万年筆の用途と好みの筆記特性】アンケート回答の最終プッシュ!

8月26日(火)のBlogで、 緊急アンケート 【万年筆の用途と好みの筆記特性】 対象:全会員 回答期限:8月28日(木)23:50 をお願いした件のプッシュです。

8月28日(木)22:30 時点で、(重複を除いて)331の方々から回答をいただいております。ありがとうございま〜す!
そのうち、71名は2014年にまだ一度も萬年筆研究会【WAGNER】に参加出来ていない方。これで会員資格継続です。こういう形で参加いただくのは非常にうれしいです。ありがとう!

ただ、今回の調査依頼は萬年筆研究会【WAGNER】会員600人以上全員にお送りしています。

メールを日常的にご覧になっていない方や、電話番号で会員登録されている方サーバー上のメール保存場所がパンクしている方 などを考慮しても、 回答の絶対数がもっと欲しい・・・

会員登録された方で、メールアドレスをお持ちの方には全員アンケートをお送りしていますので、もし届いていなければ、迷惑メールに入ってるか、メールシステムのエラーです。

まだ、届いていない場合は、このBlog左下のメッセージ欄か、コメント欄から回答ください。その場合は、会員番号を必ず入力してください。

今回のアンケートへの回答は、特別に萬年筆研究会【WAGNER】の疑似定例会と定義し、アンケートに回答すれば、WAGNERに参加したとカウントします。

すなわち、京都大会宇都宮大会の間に緊急アンケート大会を設けたことになります。

もし、お仕事の都合や体調不良で、今年一回も萬年筆研究会【WAGNER】に参加出来なくとも、今回の緊急アンケートに回答すれば、参加記録が残り、年度末会員継続対象者となります。

【WAGNER】を、萬年筆研究会としたのは、少しは研究活動に近いことをしたいと考えたからですが、出来れば、会員全員研究活動をするか研究活動に協力していただきたいと考えております。

今回のアンケートに関しては、かなり力を入れて開発しました。回答にさほど時間はかかりませんので、ぜひ、会員全員が協力していただけるようにお願いします。

このアンケートへの回答記録は、出席記録にもなりますが、研究活動参加記録としても取り扱います。

ペントレや定例会での研究発表者
と同様に、研究会活動をしたという扱いになります。

今回のアンケートを機に、萬年筆研究会遠隔参加する機会を増やすことを検討中です。e-WAGNERだけではなく、論文参加アンケート参加コメント参加などです。

その第一歩としての、緊急アンケートへのご協力、よろしくお願いします!


本日16:30ごろ、回答いただいていない方々に、回答の督促をお送りしました。入れ違いでお送りいただいていた場合にはゴメン!


なんとなく、選挙に出る人の気持ち(最後のお願いがわかるが・・・ 正しい分析をやるには、まだデータ数がたりないのじゃ・・・  
Posted by pelikan_1931 at 22:30Comments(9)

2014年08月27日

水曜日の調整報告【 Parker Duofold Senior Black & Pearl 14K-F 書き味改善 】

1今回の依頼品はYAMAMOTOさんからの物。2002年に米国のヴィンテージ萬年筆店から購入したらしい。
なんとなく当初から書き味には疑問は持っていたらしいが、最近あることに気づき気になっての調整依頼。
キャップと胴体の色が違うのは、ゴムサックの硫黄分によって軸が変色したから。ジェイドグリーンも変色が激しかったと記憶している。
従って米国のコレクターは、変色の無い軸を入手したら、すぐにゴムサックをはずして収納したと聞いたことがある。

23通常、この時代のDuofoldはペン先はビクともせず、インクフローで書き味を稼ぐ設計で、かなり重厚な書き味が特徴。Bは平凡だがFは実に良い書き味のはず。
ところが、こいつは、YAMAMOTOさんいわく、どことなくよそよそしく書きづらさを感じる・・とのこと。
たしかにペンポイントのすぐ下の部分のスリットが不均等になっており、曲げを直した痕跡が見える。
とりあえず毛細管現象には影響するほどではなく問題は無さそうだが、少しペン先先端部が寄りすぎ。またペンポイントの表面がやけにザラザラ!

45YAMAMOTOさんが最近気づいたあることとは、左画像にあるペン先とペン芯との間の隙間。これではインクの流れが不安定になるのでは?
ただし、これはペン芯がお辞儀をしているのでも、ペン先が反ってるのでもない。あっとおどろく別の原因があったのじゃ。
右側画像はペンポイントの拡大図。うわぁ〜!この表面の粗さはすごい!ただ、これはオリジナルの証でもある。たしかにこういうペンポイントを使った時代もあったらしい。
拙者もなんどか遭遇した。この粒子の粗さはいくら細かいラッピングフィルムで研磨してもツルツルにはならない。素材そのものなのでいくら擦っても変化は無い。
いくらかでも緩和するには、インクフローでカバーするしかない。そこでペン先のスリットを拡げるか・・・とペン先を外してみると・・・

67左側画像のようにハート穴付近に溶接したような痕がある。ただ表面を銅磨き布で擦ったら綺麗にはなったのだが・・・
右側画像のように、ペン先の裏側に金で接いだ痕があった。おそらくはクラックを修理したのだろう。
この盛り上がった部分がペン先をペン芯から押し上げ、結果としてペン先とペン芯が離れてしまったのじゃ。
こういう場合は(通常の場合と違って)ペン芯を反らすのは得策ではない。むしろペン先をお辞儀させて接いだ痕が押し上げた差を吸収した方が良い。

5それは、左画像のように、この個体ではペンポイントの腹が尖って紙の表面を擦るような感じになっているから。
これを緩和するためには、出来るだけペン先をお辞儀させ、腹の部分を使わないですむようにするのが得策と考えたからじゃ。
なんせ、ペンポイントはそれほど多くは残っていないので、むやみに削るのははばかられた。

8で、ペン先のスリットを思いっきり拡げ、そのペン先を裏側から小鎚でコンコンと叩くことによってお辞儀させるという技を使った。
ついでにペン先の横もたたき、ペン先の曲がりも少しだけ矯正しておいた。
ペン先画像で右側の方が赤っぽくなっているのは、ペン先がお辞儀している証拠。これはスキャナーだからわかる事で写真では判別不可能。

9こちらが調整後の横顔。お辞儀させた上で、ペンポイント腹の部分の出っ張りもまるめておいた。
これによって以前と同じ握り位置、同じ筆記角度で書いても、ペンポイントの頭の方を使うようになる。
サリサリ感はペンポイントの粒度の問題なので致し方ないが、カリカリ感は完璧に消滅した。
またインクフローが向上したことによって、筆圧をかけないでも紙にインクが盛り上がるような細字を実現出来た。

10吸入機構については、インクサックがいくらなんでも長すぎて、インク漏れのリスクが高いので、20%ほど短く、細いインクサックに交換した。
Vintage萬年筆は、ペン芯性能の問題でインク漏れに弱い。さらにレバーフィラー式は振動やショックで漏れるリスクが高いと勉強会で聞いたので小型化しておいたのじゃ。


【 今回執筆時間:5時間 】 画像準備1.5h 修理調整2.5h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
Posted by pelikan_1931 at 14:00Comments(0)

2014年08月26日

緊急アンケート 【万年筆の用途と好みの筆記特性】 対象:全会員 回答期限:8月28日(木)23:50

先日、万年筆で何を書くのか?のアンケートを実施した。その際は多数のコメントをいただきありがとうございました。

そこで抽出された用途を25個に再整理した。そして今回、 ”その用途に最適” と回答者が考える筆記特性と用途との関係を調査することにした。

この分析結果趣味文紙上で公開されます。ただし分析結果の表が公開されるだけで、個人名個人の趣向が公開されることはありません。

分析結果を見れば、どういう筆記目的に、どのような筆記特性を持つ萬年筆が使われているのかがわかります。

この分析結果の効果として、以下のようなものが考えられます。

★新たに万年筆を購入される方にとっては、筆記目的が明確であれば、間違った書き味の万年筆を選ぶリスクが減る。
★調整師にとっては、筆記目的がわかれば調整の方向性の検討がつきやすい。
★販売店にとっては、お客様の筆記目的にふさわしい万年筆をお奨めするのに役立つ。
★メーカーにとっては、新たに開発する万年筆のターゲット層にふさわしい書き味ラインナップの参考になる。

12左側アンケート用紙で、右側アンケート用紙補足説明です。
まずはクリックして拡大し、それぞれを印刷してください。

回答者は、自分が万年筆を使う用途を、アンケート用紙縦軸の【万年筆の日常的用途】の中から2〜5個選び分類記号をで囲む。

次に、その用途に最適な筆記特性をアンケート用紙横軸の【好みの筆記特性】の中から一個だけ選んで、交差した枠にを書く。
好みの筆記特性の説明】はアンケート用紙補足説明に記載してあるので参考にされたし。

1左は、拙者の例。日常的用途は、アイデアの書き出しと、いたずら書きだけなので、UVで囲んだ。
そして、それぞれの用途に対する好みの筆記特性は・・・
アイデアの書き出しに関しては、アンケート用紙補足説明を読んで、硬いペン先で、インクフロー多めで、太字で、速記するので【07】との交点にを付けた。
いたずら書きに関しては、アンケート用紙補足説明を読んで、硬いペン先で、インクフロー多めで、太字で、ゆっくりと書くので【08】との交点にを付けた。

従って、拙者の回答は・・・  U-07 と V-08 となる。 

これより、萬年筆研究会【WAGNER】会員にメールでアンケートを送るので、必ず回答をお願いします。
数が集まるほど正確な分析になります。回答期限は、今週の木曜日、8月28日の23:50です。

悩まなければ、10分もあれば回答できますのでよろしくお願いします。萬年筆研究会【WAGNER】会員 全員へのお願いです。

なを、アンケートのメールが届かない方や、会員登録されていない方は、左列最下段の【メッセージ欄】から回答ください。

会員の方は、メールではなく、この記事のコメント欄から返答いただいてもかまいませんが、その際にはコメント欄の【名前】のところに会員番号を入力してください。

初めての?萬年筆研究会らしいアンケートなので、ご協力よろしくお願いします。

質問はコメント欄からお願いします。質問の際には、会員番号ではなく、ハンドル名でお願いします。 


追記:すでに多くの方々から回答をいただいておりますが、万年筆の日常的用途6個以上選択されている方が数多くいらっしゃいます。
集計の都合上、利用頻度の多い方から 最大5個までを選択してください。 
アンケート用紙の記入要領には【2〜5個】と書いてあるのですが、目立たないので見落とされている方が多いようです。   
Posted by pelikan_1931 at 12:30Comments(50)

2014年08月25日

月曜日の調整報告【 白星兄ぃの1950年代 Montblanc No.146 14C-F 吸入機構更新 & 細字化 】

1今回の生贄は白星兄ぃからのもの。1950年代のMontblanc No.146 14C-F でフラットなペン芯が付いた初期型モデルじゃ。
ただしペン先はかなり剛性が高く、分厚い感じがする。またペン先が若干お辞儀しているのでMontblancというよりもPelikan 400NNに近い書き味かな?
依頼内容は、コルク弁の耐久性が心配なのでOリングに変えて欲しいと言うことだが、【気持ち細く、少しビンテージ感覚のシャリシャリ細字に・・・】というニュアンスのメモ付き。

23丁寧な仕上げで定評のある方からの購入らしく、ペン先の形状は綺麗で、仕上げも現代風だし、スリットも極わずかに開いている。
ところがインクを付けて書いてみるとかなり平凡で、1950年代のMontblancに期待が膨れあがっていると少し残念な書き味。
これはペンポイントの研ぎが現代風だから。VintageにはVintageらしい研ぎの方が書きやすく感じる。
そこを理解している白星兄ぃは、【気持ち細く、少しビンテージ感覚のシャリシャリ細字に・・・】という要望を出した。さすがVintageの扱いを良く知っている。このぅ、白星たらし

45横顔を見るとわかるが、ペンポイントが丸研ぎ状態になっている。薄いペン先であれば、FであってもStub風の形状の場合もが、丸研ぎというのは珍しい?
そして、どうやらペン芯とペン先を密着させるためにペン先側先端付近を寝かせたらしい。本来はペン芯側を変形させてペン先に沿わせる方が理にかなっているはずなのだがなぁ・・・
それにしてもFであってもこのペン先の太さがあるのかなぁ・・・本当に。もしかして14C-Mから削り出したFではないかな?そうだとすれば全てを理解できるのだがな。

6こちらは首軸から抜き、段差調整を施し、スリットを少しだけ拡げ、表面を綺麗に清掃したペン先。いつもの事ながらMontblancのペン先はスキャナーで映えるなぁ。
このペンポイント先端部をごらんあれ!尻軸にはFという刻印がある。しかしこのペン先先端部はFの形状では無い。もっと太いペンポイントを細く削った物ではないかな?
白星兄ぃの望み通りの【やや細字化】を達成するためには、ペンポイントの幅を狭く研磨する必要がある。これには(今回は)Carちゃんを使うことにしよう。

71950年代No.146のピストン弁の修理が出来るかどうかは、首軸が胴軸から外れるかどうかが勝負となる。今回は驚くほど簡単に外れた。
販売者が将来の修理も考えてシリコングリースなどを塗っていたのかも知れない。1950年代の萬年筆は、包丁と同じで研ぎながら、修理しながら使う物だったのじゃ。まさに【萬年筆は刃物】。

8ピストン軸最前端にコルクを嵌め、それをエボナイト製のリングで固定するだけの吸入機構。インクリークをコルクに賭けるなんて馬鹿じゃないの?と思った人は読みが浅い。
ひょっとすると壮大なMontblancの戦略かも?それは・・・コルク弁にすれば数年で劣化し、何度も萬年筆店 / 文具店を訪れる。
そのタイミングで新製品や付属品の売り込みをすれば、何人かに一人は必ず購入する・・・すなわち顧客コンタクト数を増やし、顧客単価を増やすための戦略?
ちょうどこのBlogが、調整や修理を簡単だと思わせ、萬年筆を破壊させ、新しい萬年筆を店で購入させるのが目的であるのと同じように!古山画伯の戦略です)

9今回はOリングはサンドイッチではなく、奥に太いOリング、前に小さなOリング、その前にエボナイト製のネジという順番にした。
後ろにまで小さなOリングを嵌めるスペースが無いのと、小さなOリング無くても後ろ漏れは起きないという実験結果が得られたからじゃ。
ではどのOリングを使うのか?またその製品番号は何か? これについては趣味の文具箱 Vol.31の初めての分解講座で紹介するのでお楽しみに。

10今回はOリングの交換は実に簡単。問題は【気持ち細く、少しビンテージ感覚のシャリシャリ細字に・・・】という調整要望の方。
シャリシャリ感を出そうと、表面を粗いサンドペーパーで擦ってみたが、シャリシャリとは言えない微妙な筆記感。強いて言えば、ザラザラになってしまう。
仕方なく、手抜きをあきらめて、Carちゃんで先端部を前から見てVの字に研磨した。
次にペンポイントの厚みを減じるためにペンポイントの腹を落とした。
最後にエッジを丁寧に丸めたのだが、その際注意したのは決して平面を作らないこと。すなわちスイートスポット消しをやったのじゃ。
結果大成功!かなり細い字幅で、インクの出が適度な書き味になった。もちろんシャリシャリ感も出た!

なんとなく、最近の調整指示書は、インク工房の要求のようになってきた。そのうちロマン溢れる書き味に】なんてのが来るかもしれない・・・


【 今回執筆時間:3.5時間 】 画像準備1.5h 修理調整1h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(1)

2014年08月24日

aurora_88さんの〔 萬年筆研究会【WAGNER】第31回関西地区京都大会報告 〕



それほど暑くはなかったのですが、湿度は非常に高く、外に出ると呼吸が苦しいほどでした。ま、三回ほど出入りしましたが・・・

70屬曚匹良屋に40人以上が入っても、大宮だとさほど混雑感が無いのだが、さすが関西、大喧噪でした。 

来年は京都駅から(京都市営地下鉄烏丸線で)乗り換え無しで行ける会場を物色中!

丸太町から地下通路で繋がっているハートピア京都が便利そうなのだが・・・使ったことある方いらっしゃいます? 
   
Posted by pelikan_1931 at 23:00Comments(0)