2019年12月31日

2019年8月〜2019年12月の〔万年筆談話室〕開室日 *** 将来日付でのご案内 ***

@01 万談室開室日 サムネイル9月1日〜12月31日の開室日・開室時間は 左のとおりです。

夜間も開いていますのでお勤め帰りにもおいで下さい。


単なる万年筆談義をされる場所としてお使いいただいても結構です。

入室は無料。室内での喫煙禁止。(ベランダでは喫煙可能ですが灰皿はありません。携帯灰皿をお持ち下さい)

飲食(アルコール含む)
OKですが、調理不可



万年筆談話室
談話スペース調整部屋からなっています。

談話スペース は仲間と 泉筆五宝(Pen / Paper / Case / Ink / Maintenance)談義 や ミニ・イベント を楽しむ場所としてお使いください。

調整部屋 は万年筆の修理やペン先調整をその場で依頼できる〔万年筆診察室〕です。問題のある万年筆がありましたらお持ちください。

〔たこ娘のパーソナル調整講座〕につきましては、こちら の記事を参考にしてください。


調整部屋について

オープンしているのは  第1ゾーン 10:00〜13:00 と 第2ゾーン 14:00〜17:00 と 第3ゾーン 18:00〜21:00 の1日3回。

第1ゾーンでは12:00第2ゾーンでは16:00までに入室いただければ調整は閉室時間を超えても最期まで行いますが、第3ゾーンでは21:00で閉めます。

また事前予約が入っていないゾーン予告なく閉めますので、調整ご希望の方は必ずメール予約を入れてからお越し下さい

上記開室スケジュール表ののついたゾーンに対して、開始時刻の12時間前までに予約を入れてからおいでください。

    第1ゾーン 10:00〜13:00 での診察をご希望の方は 前日22:00までにメールでお知らせ下さい。
    第2ゾーン 14:00〜17:00 での診察をご希望の方は 当日02:00までにメールでお知らせ下さい。 
    第3ゾーン 18:00〜21:00 での診察をご希望の方は 当日06:00までにメールでお知らせ下さい。


    予約が入っていないゾーンでは万年筆談話室開けません


調整部屋はペン先調整や修理の場所ですので、中ではお静かに願います。紙が擦れる音を聞き取りたいがために静かな空間を作ったので、ご協力よろしく!

基本的に対面調整/修理ですので、当日中にお返しします。お時間の無い場合はお預かりします。

〔修理/調整料金の目安〕

(01)インクフローや書き味の改善など、大幅な研磨を伴わないパーソナライズ   1,000円 パーソナライズは下記の研出し/修理とは別料金です。パーソナライズ(書き味調整)を伴う場合は下記全てに付加されます。

(02)一段階の研出し(BB
➡B、B➡M、M➡F、F➡EF)   1,000円

(03)二
段階の研出し(BB➡M、B➡F、M➡EF   2,000円

(04)三
段階の研出し(BB➡F、B➡EF   3,000円

(05)ペンポイントの形状変更 その1(オブリーク化、オブリーク
➡通常)   2,000円

(06)ペンポイントの形状変更 その2(ソフト化:ちとソフトン/ウェバリー、ハード化:らすポス/ポスティング
   2,000円

(07)UEF(超極細への研出しとパーソナライズ:M
➡UEF、F➡UEF、EF➡UEF   3,000円

(08)縦書き用(鉈形状)への
研出しとパーソナライズ:BB➡まさかり、B➡ふと鉈、F➡ほそ鉈、SF➡チビ鉈) 2,500円

(09)横
書き用への研出しとパーソナライズ:Stub化:F/M/B/BB、超絶化:B/M   2,000円

(10)本体の分解清掃(完全分解後清掃して再度組み立てる)
 1,000円

(11)鍍金剥がれの再鍍金(ロジウム鍍金ペン先の研出しの場合には、この料金が追加となります)
 1,000円

(12)ペン先曲がりの調整(かかった時間に連動)
 2,000円〜5,000円

(13)部品交換を伴う修理(テレスコープ吸入式のOリング化、レバーフィラーのサック交換etc.)
 部品代(1,000円〜5,000円)+技術料(1,000円〜5,000円)

(14)上記以外(お見積もりします)



談話スペースについて

談話スペースには、インスタ映えする撮影スタジオが装備されています。

万年筆を愛用されている方であれば、イベントや勉強会、実験、万年筆撮影会、オフ会、女子会などに談話スペースを無料で提供いたします。

また 販売会 や 新商品発表会(小物類)などにお使いいただいてもかまいません。利用代金不要です。

万年筆談義や、飲み会の待ち合わせ場所としてご利用いただいても結構です。

各種書籍古いカタログパイロットタイムズ各社の社史萬年筆と化学インクと化学 等もありますのでお一人で読書するのに利用いただいても結構です。

談話スペースについては、10:30〜20:30の間であれば、自由な時間設定でお使いいただけます。利用日の前日以前に代表の方がメールかFAXでお申し込み下さい。



何か質問がありましたらコメント欄にお書き下さるか、メッセージ、メールでお知らせ下さい。  


〔万年筆談話室〕の 場所 :東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ 209号室
 (エレベーターを降りて正面突き当たりの部屋)

万年筆談話室の地図電話03-5476-0361 (出られない場合は、留守番電話にメッセージを入れてください)

Mailpelikan @ hotmail.co.jp or  pelikan_1931 @ yahoo.co.jp or    takomusume1203 @ gmail.com   にお申し込みを!

         @ の前後のブランク を外してからメールして下さい。 
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(21) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月28日

9月28日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】九州地区大会@長崎 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:928) 11:0016:00 解錠10:00  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:
レンタルルーム新観光 4階 ホール  住所:長崎市籠町4-26  新観光開発 第4ビル

2019/20年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


今回の会場は、マツヤ万年筆病院ご当地インクで評判の石丸文行堂の最寄り駅である長崎電鉄〔観光通り〕駅から徒歩300mほど。新地中華街駅からなら徒歩200m強。


懇親会
に出席すると必ず太ります!覚悟してご参加下さい・・・

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月16日

やっぱり良いねぇ! プラチナ・プロシオンの書き味

@01久しぶりにプラチナのプロシオンにインクを入れて使ってみたのだが・・・実に良い感じ。

女性には少し握りが太いかもしれないが、男性にはピッタリではないかな?入門用として、一番お奨めできる万年筆だ。

一番の特長はスチール製ながらMのペン先の仕上がりが実に良いこと。

今までプラチナのペン先は1500本以上は調整している。そこで感じているのは、最近のプラチナのMとBの仕上がりは実に良いということ。

そしてプロシオンは金ペンのセンチュリーと比較しても、けっして劣らない書き味だ。

もちろん、金ペンには素材的に勝てない部分もあるが、万年筆全体のパッケージとしては、極めて秀逸な万年筆だ。

拙者が初心者に万年筆を奨めるとすれば、男性ならプロシオンで決まりじゃ。女性ならカクノだろう。

ボディ単体の重量は23.46g(コンバーターなし) 27.63g(コンバーター付き) 

コンバーターに直接インクを入れた時の重量は28.18gで、コンバーターでインクを吸入した場合は28.38gとなる。後者ではペン芯回りに付着したインクも含めて0.75ccほど吸入出来るのじゃ。

@02@03左はインクを入れている状態で、ペン先を上から見た場合の画像。

横書きがスムーズに出来るように、ペンポイント先端部は左右に丸く研がれている。ここが角張っていると横書き文字(特に英語など)は書きにくいはずだ。

@04@05こちらは横顔。書き味を出す一番のポイントはペンポイントの上下の幅。ここが厚ければ筆記角度が多少変わっても安定した書き味を提供してくれる。

このペン先は分解してインクフローを調整しやすいので、ペンクリニックなどで頼むことは出来るが、実はあまりお奨めは出来ない。

かなり注意深く扱わないと、プラチナがプロシオンで初めて採用した二段ペン芯とペン先との間に隙間を作ってしまいがちだ。

プロシオンのMは、普通の書き癖の人ならばペンクリニックに持ち込む必要はない。販売時からインクフローは良く、なめらかに仕上げられている。

ただし、特殊なペンの持ち方や、筆記角度が縦横無尽に変化してしまう癖をお持ちの方、左手持ちで寝かせて押し書きをする方には微調整は必要だろう。

あまり深手を負わない前に万年筆談話室にお持ち込みくだされ。別次元の書き味にパーソナライズしまっせ!

@06@07こちらの画像はペン先ユニットからペン先を抜いた状態。

外し方は簡単だが、ゴム板を使ってはずそうとするとペン先を真っ二つにするリスクがあるので、気をつけて!

このノウハウは万年筆談話室で伝授しますが、ある程度の(というか強靱な)指の力が必要です。

@08@09こちらはペン先ユニットを完全分解した状態の画像。

分解した二段ペン芯とペン先だ。この二段ペン芯では合体した切れ目の部分までインクに浸せば吸入をしてくれるというのが売り!

ただし、首軸までインクに浸けた方が、気泡一個分くらいは余分にインクが入る。これは先行する二社も全く同じはずだ。

@10こちらが未調整のプロシオンのペンポイント。実に美しい仕上がりじゃ。

そしてちゃんとスリットが開いており、インクフローも十分で、ひっかかりもほとんど無い。

これに5,000円の値段をつけたP社は、きっと後悔しているのではないかなぁ?

海外でなら85ドル、国内でなら税抜き7,500円くらいが一番売りやすかった(一定期間の販売店利益を最大化する)のではないだろうか?

海外でならこの書き味を体験してもらえば、すぐに購入してもらえるだろう。

ただ国内にはまだ金ペンでなければ書き味は悪い・・・と信じている人(あるいは店)も多いので5,000円でないと売れないと考えたのかも?

プロシオンは試し書きしてもらってこそ売れる万年筆だと思う。そして、Bニブの登場も待ち遠しいなぁ・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:53Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月15日

ひさかたぶりの大阪大会!

本日は久しぶりの大阪大会だった。例年は7月のy.y. Dayは大阪で開催されるのだが、予約できなかったため、今年は定例会と同じく兵庫県民会館で行なわれた。

不思議なことに 、大阪の人はあまり県外に出ようとしないらしい。東京から飛行機で参加している拙者にはすぐ近くじゃん!と思うのだが地元感覚としては遠いのかも?

ま、関東でも横浜、東京、大宮で開催しているから、それに近い雰囲気なのかも?

遊びで県境を越えるのには抵抗があるのだろう 。

ということで始まった大阪大会だが、学生さんが6人ほど入会された。

そして、彼らに万年筆について蘊蓄を語ったのは広島半さん。

その人選はどうなのか?という声も多かったが、皆さんtwitterで二右衛門半氏をフォローしているようで、半認定委員長のつきみそうさんが警告しても信仰は揺らぐことはなかった。

若いのにとんでもない逸品をお持ちの方もいらっしゃったようだ。

大阪大会は新規入会の方が20%というフレッシュな会となった。実は、試験的にかなり狭い部屋を使ってみたのだが、そうすると横浜大会と同じような濃密な時間が流れるのだとわかった。 

また新入会員に対するオリエンテーションをやるのもいい案かも?と思えてきたぞ。

何はともあれ、色々とチャレンジ精神を擽られる大阪大会であった🤭 
  
Posted by pelikan_1931 at 23:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

9月15日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 関西地区大会@大阪 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:915) 10:3016:30 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:
エル・おおさか 5階 研修室1  住所:大阪市中央区北浜東3-14   


2019/20年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


今回の会場は天満橋のエル・おおさか 元町の兵庫県民会館ではありません!ご注意を!

じゃんけん大会 の景品を募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい! 


今回のミニ・イベントは・・・
TIPS2019年秋の泉筆五宝展の概要説明です
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月14日

しゅうかつ と ラムちゃん と アンケート調査

本日は万年筆談話室の談話スペースでは、〔喜望峰〕のインク詰め会が開催された。

拙者は万年筆談話室開室一周年記念万年筆のペン先調整の最期の追い込みのため、ほとんど談話スペースには顔を出さなかったのだが・・・

大人数なので、自ずと会話は聞こえてくる。

二十歳くらいの女性も2〜3人いたようだが、彼らの口から出る〔しゅうかつ〕とは就職活動のことなんだなぁ〜と感慨深かった。

半年ほど前に田舎に帰ったとき、小学校の同級生が、〔ワシも終活をはじめたんぞ。体の調子が悪うて、いつ逝ってもおかしゅうねぇからなぁ〜〜〕と言ってたのを思い出した。

同じ〔しゅうかつ〕でもこれから始まることを意味するものと、終わりを意味するものとあるというのも面白いものじゃな。

そういえば、もう一つ面白い会話が聞こえてきた。

@01お父さんはマジでラムちゃんと結婚したいと思ってたんだって!

拙者が思い浮かべたのはアグネス・ラムちゃん。我々の世代ではないが、10歳くらい下の世代ならドンピシャだなぁ〜と思ったのだが・・・

彼女たちの父親と言えば、もう10歳くらいは年下のはず。もはやアグネス・ラムは知らない世代かも?

@02ということで、聞き耳を立てていると・・・

なんと〔うる星やつら〕のラムちゃんだった。

漫画のキャラとマジで結婚したいと思っていたなら、そのころはまだ子供だったはず。

拙者の時代は・・・

高校生の時には〔小川知子を守る会〕と〔藤圭子を守る会〕に入っていた。後者はマジで好きだったな。

大学生の時には〔桜田淳子を守る会〕に入ってはいたが、ほとんどシャレ!中3トリオは恋愛対象としては幼すぎた。とはいえ山口百恵の旦那は拙者と同じ歳だがな。

その当時は、やはり五十嵐じゅん(現:五十嵐淳子)が最高に可愛かったかな?拙者と同じ1952年生まれ。

では、アンケートです。

@01@02皆さんが色気づいた頃、どちらが好きでしたか?

(左)アグネス・ラム

(右)ラムちゃん
  
Posted by pelikan_1931 at 22:58Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月13日

万年筆談話室に設置していたPCが1年で肥満?

2019-09-13昨年、万年筆談話室を仮オープンするに当たって購入したHPのノートPCの横がパカっと開いているのに気付いたのは約1ヶ月前。

あれ?ロックが外れたのかなぁ?と軽く考えていたのだが、日に日に開きが大きくなってきたような気がする。

こりゃいかん!ということで、とりあえずはDELLのデスクトップPCを購入しておいた。

このノートPCからデータをデスクトップに移すつもりでいたのだが・・・

実はたいしたデータは入っていないことに本日気がついた。万年筆談話室のPCには重要なデータはほとんど入っていなかったのじゃ。

どんなデータがあるのかなぁ?と調べてみたのだが、重要なものは万年筆談話室の開室スケジュール表と、WAGNER関係のメモや取材資料くらい。

ほとんどが既に終わったイベントや趣味文のに書いた記事の原稿くらい。

そもそもSSDが128GBだけしか無いノートPCだったので、データ保存用としては使ってなかった。

今回購入したDELLのデスクトップも、SSDが256GBだけのもの。HDDが付いていないモデルじゃ。

あくまでも調整部屋で過去記事を検索したり、工具を調べたりする程度なので、データー移行も非常に楽。ただしソフトに関しては面倒くさい。

Twainでスキャナーを使いたいので、Windowsのファイルの中身を変更する必要があるし、古いフォトショを使う必要もある。

またHPのノートではどうしても動かなかったUSBマイクロスコープのソフトも動かしたい。

またテプラやP-Touch などのテープラベル印刷ソフトも再インストールする必要がある。

やり出すと、小一時間かかってしまうのだが、今出荷前調整の一番忙しい時期なのでやる時間が無い。

PCに詳しい人に症状を話したら、きっとバッテリーが太ったんでしょう。放置しておくと火事になりますよ!と脅された。

なぜ1年ほどでこうなったかといえば、ノートPCの使い方が特殊だったからだろう。

ノートPCは蓋を開いて電源を入れ、大型液晶ディスプレーに画面を投射し、ワイヤレスのキーボードとマウスを動くようにしたら、蓋を閉じる。

その状態でも液晶ディスプレーに映るように設定してある。そして狭い場所にノートPCを押し込んで、めったに蓋を開けず、スイッチを入れっぱなしにしていたのじゃ。

それが原因で熱がこもりバッテリーが太ったのかもしれない?

まだ順調に動いているのだが、やはり心配なので明日到着する小型HDDで、一週間したらデータ移行、ソフトインストールをやる予定。

本日Installが完了したソフトはOfficeのみ!まだまだ先は長そう!それまでもってくれよHPさん!

ちなみに、既にノートPCは電源を切り、涼んでもらっています。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:45Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月12日

2019 秋の泉筆五宝展 べちょりさん の モノラインレタリング・ワークショップ 続報

@01@02本日、べちょりさんが万年筆談話室にこられて、泉筆五宝展でのワークショップの打ち合わせをした。

使用する机は6枚。ホワイトボード1台、受講者席は10席+予備席2席となった。

9月12日時点で、午前の部は10席のうち残席1席。午後の部は10席とも完売となっている。ちなみに19人全員が女性とか。

席の配置から考えれば、午前午後ともあと2席ずつは増やせそう。

萬年筆研究会【WAGNER】会員で参加希望者がいれば、今週中に pelikan
@ hotmail.co.jp までメール下され。

参加費等はこちらの記事に書いてある。

来週になれば、予備席はべちょりさんが一般向けに開放されるかもしれませんので、萬年筆研究会【WAGNER】の手を離れます。

ご希望の方は、まずは参加意志だけでも上記メールにお知らせ下さい。

べちょりさんの10月のイベントは、おそらくは今回だけとなりそうです。

前日のTIPS(東京インターナショナルペンショー)とからめて、地方からこのワークショップに参加される方もいらっしゃるそうです。

時間調整の上、ぜひご参加下さいね。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:44Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月11日

萬年筆研究会【WAGNER】創立12周年記念萬年筆 と アメリカ同時多発テロ事件

通称〔9.11〕と略される〔アメリカ同時多発テロ事件〕は英語では〔September 11 attacks〕と呼ぶ。

発生したのは2001年9月11日。今から18年前になる。ちなみに萬年筆研究会【WAGNER】の創設は2005年12月17日で今年14周年を迎える。

萬年筆研究会【WAGNER】の創設よりも4年も前のことだったんだなぁ〜

拙者が外資系コンサルティング会社に勤務していたときで、面識は無いがメールでアドバイスをもらっていた米国人が何人も犠牲になった。

航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来。

萬年筆研究会【WAGNER】会員で、当時現地に出張中で帰るのに苦労した方もいらっしゃった。

石原都知事は前日急遽予定変更してカナダに行ったので問題なく帰国できた。事前に事件をを知っていたのでは?というフェイクニュースもあった。

その後、しばらく貿易センタービルの近くにあった Fountain Pen Hospital と連絡が取れなくなって心配したものだ。

拙者の中では(1)1985年1月17日の阪神・淡路大震災 (2)2011年3月11日の東日本大震災 に続いて三番目の大事件だった。

阪神・淡路大震災の前日、大阪に行って朝から異業種交流会に参加の予定だったが、体調が良くなかったので当日朝の移動に切り替えていた。

でも、5:50分になっても東京駅の新幹線乗り場が開かないので聞いたら〔京都の方で大地震があって止まっている。動く目処は立ってない〕とのことで、すごすご帰宅!

TVを見てびっくりした!京都じゃじゃなかった! 朝9時をすぎてから友人に電話かけまくったがまったく繋がらず。ようやく連絡が付いたのは2週間近くたってから。

拙者は当日午後病院に行ったら、すぐに入院させられ、当日手術!その後2週間ほど入院したので連絡できなかったのじゃ。

3.11の時には被災地の友人は萬年筆研究会【WAGNER】関係者だけだったので、メール、電話、避難者名簿などで安否を確認した。

最期まで確認出来なかったのは〔杜のあくま〕さん。一番被害の大きかった街にお住まいだったので悲嘆にくれていたのだが、文具の杜に来ていたよ!という連絡をもらってホッとしたものだ。

2019-09-11左は萬年筆研究会【WAGNER】創設12周年記念の万年筆。2017年に40本ほど製作した。

JOWOの18金ペン先以外にも、セーラーのペン先もソケットごと取り付けられるというのが売りだった。

このペンで台湾の職人さんに日本の伝統的な細工技術が見事に引き継がれていることに感心し、以降毎年同じくらいの本数を作っている。

来年は、割れない木材の組み合わせによる、少し安価な限定品を15周年として企画している。木材の色を楽しむ限定品をお楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月10日

そえぶみ箋の使い方は何?

2019-09-10左画像下の万年筆はParker 75がベースの R.M.S QUEEN ELIZABETH という限定品。

2346/5000という数字が彫られているので限定5,000本の万年筆だ。

軸の刻印に Sterling Silver とは彫られていないので純銀軸ではないのだが、結構高かった。

現在eBayでは90,000円程度で販売されているが、一次は倍くらいしたはずだ。

Mニブで14K POINT U.S.A. の刻印があるので、パーカーは米国製でなくっちゃ!と思っている拙者にはおあつらえ向きなのだが・・・まだインクを入れていない。

最近、あれほど人気の無かったParker 75 の再評価が始まっており、相場がじわじわと上がってきている。

あまりに数がありすぎて世界一相場が安かった日本でも、価格は下げ止まった上昇に転じ始めた!

とはいえ、世界の相場と比べると、まだまだ安いので未使用新品であれば確保することをお奨めする。

ただしインクを入れて使っていた物はダメ!首軸が凸凹に解けている可能性がある。特にParker製のインクに危ない物があったので要注意!


本日、文具店でそえぶみ箋を見つけた。普通の
そえぶみ箋にはまったく興味が無いのだが、このマックスのものには感激した。

ホッチキス(ステープラーというべきか?)と針の
そえぶみ箋というのは良いアイデアだ。

ところで、爺には
そえぶみ箋の用途の見当が付かない。いったいどういう時に使うのかのぅ? ぜひ教えて下され!  
Posted by pelikan_1931 at 23:28Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月09日

2019年10月6日(日) 泉筆五宝展 での 特別イベント! べちょりさん の モノラインレタリング・ワークショップ

ぱいたんさんから〔早く広報せんかい!〕とコメントいただいたので、お知らせします。

@01趣味文Vol.51でも紹介されたべちょりさんのモノラインレタリングワークショップを開催します。

bechori777



【WS開催のお知らせ】


10/6(日)にモノラインレタリングWSを東京・両国にて開催いたしま
す。


今回は萬年筆研究会【WAGNER】のみなさん主催の泉筆五宝展というイベント内で行う出張WSです
どなたでも入場できます。

WS内容は付けペン(Brause Ornament Nib)を使って2色のインクをブレンドさせながら書くモノラインレタリングです


今回はお持ちの方は好きなインクをお持ちいただけるスタイルを導入いたします。


インクがないに方は、毎度お世話になっている文具館コバヤシさん 
@pennamaestro (以下コバブンさん)の、普段店頭でしか購入できないオリジナルインクから2色を追加料金にて御用意させていただきます


インクを贅沢に使って、みんなで楽しくコスモを感じ、身悶えましょう



日時・料金などの詳細は下記の通りです。


【日時】
 10/6(日)10:30-13:00 / 13:30-16:00  (1日回開催)


【場所】 国際ファッションセンター2F KFC Hall 2nd 泉筆五宝展イベント内ブースにて



【WS内容】
ワイの愛用してる Brause ornament nib と万年筆インク2色を使って書くモノラインレタリングを体験していただけます!


 
ペンの使い方、手入れの仕方から、基本ストローク、文字の書き方、ブレンドの仕方、最後は自分の名前をブレンドモノラインで書くのがゴールです


【応募人数】
 各回10名前後(先着順) 2019-09-09 21:00現在 午前午後とも3人ずつ空きがあります。


【料金】


 
インクなし\7,000/税込

 
インクあり\8,500/税込

※この他に当日は会場入場料として別途\2,000が必要となります。当日会場受付にてお支払いください。


 
前日の10/5(土)〜開催される東京インターナショナルペンショー(@浅草)の
万年筆談話室」ブースで配布する割引券を持参するとこの入場料が\500引きになります。


料金には以下込み

 ★
付けペン2本 ★ペン軸2本 ★オリジナルワークシート ★文具館コバヤシオリジナルインク2色inタミヤ瓶(希望者のみ)


【支払方法】


 
銀行振込(振込先については参加者の方にメールで追ってご連絡します)

 
※参加キャンセルの際は事前にお支払いいただいた代金の返金はございません。予めご了承ください。


【持ち物】


 
インク2色(持参される方のみ)
 ワークシートなどを持ち帰れる袋やカバン
 アルコール成分入りウェットティッシュ
 汚れても良い服(エプロン着用でも◎)
 飲み物(めっちゃ疲れるので必須)


【申込方法】

@03 instagram bechori777 への DMにて下記をお知らせください。

 DMはスマホのbechori777さんの記事で左画面のように右上の紙飛行機のアイコンを押して下さい。


 
instagramをご使用でない方は bechori777 @ gmail.com へ直接メールをお送り下さい。 を除いてから宛先に入れてね!

 参加者はインスタ女子の方々が中心ですが、blog / twitter / facebook 男子も大歓迎です!


 〇臆担望の時間(午前or午後)

 
△名前(フリガナ付き


先着順の受付となります。

参加者の方には受付順に詳細、申込フォームのご案内をさせていただきます。

不明点、質問などあればお気軽にご連絡ください。皆様のご応募お待ちしております!   
Posted by pelikan_1931 at 21:40Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月08日

本日の福島大会の会場〔福島テルサ〕は利便性最高の会場!

@01本日開催した萬年筆研究会【WAGNER】東北地区大会@福島の会場となった〔福島テルサ〕は、過去に開催した全会場の内でも利便性がトップ評価の会場だった!

左の写真の左側にひん曲がって少しだけ映っているのが〔福島テルサ〕ですが、インパクトとしては正面の建物に負けてしまっていた・・・

9:00〜17:00まで58屬硫饐譴鮗擇蠅7,800円というのも異常に安いが、それだけではない。

勝手に並べ替えた机を原状復帰する必要なし!部屋内にペットボトルを捨てるゴミ箱と、一般ゴミを捨てるゴミ箱が付いている。

さらに2階にレストランがあり、一階にcafeもあるし、どこかに喫煙スペースもあるらしい。

冷房の設定温度は17°まで設定できるし、空調費用も別途取られない。

すぐ隣には写真の中華料理店が日曜営業でやっており、味も上々だとか!

会場内では、拙者が〔これはなおりまへんなぁ〜〕と匙を投げた万年筆が4本も出た。これ14年の歴史で初めて!

またメルカリで入手された珍妙な状態の万年筆をたこ娘さんの前に並べて調整してもらっていた方も!

その万年筆の状態から、福島半(仮称)でも良いのではないかとの声もあった。

@02@03一方では、オマスやシルバーンを溺愛する方々がその愛を語るなど、こじんまりとした大会だったにもかかわらず非常に盛り上がった印象があった。

左は萬年筆研究会【WAGNER】の最初の限定万年筆である WAGNER 2007  だ。

何が限定かといえば、WAGNER 2017 という刻印がキャップリングに入っていること、とペン先がBニブということだけ。

当時は日本市場向けにはBニブは準備されていなかったが、海外向けにはあったので特別に作ってもらったのじゃ。当時は融通が利く会社だったなぁ〜!

封を切って半年寝かせたら、少し銀が少しねっとりとした感じになり実に良い!

この会場の最大の評価は、地元の文具店であるペントノートから徒歩1〜2分にあること。同一区画にあるのじゃ。

ちょっとお茶を飲みに行ったり、インクを買いに行ったりが楽!

ペントノートは限定品のセンスや色使い、品揃えなどが実に素晴らしい。

万年筆、ノートなどのイベントを頻繁に実施し、さらには関東や関西のイベントにも積極的に出店して顧客の要望を地道に集めているからだろう。

大陸の転売屋のやり口なども熟知されており、買い占めなどが起こらないようリスク管理も抜かりなく行っているようだ。

店員さんのフレンドリーな態度や、飲み物のおいしさなど、非の打ち所が無いお店と言えるだろう。

11月の15日と16日には福島でイベントも開催されるようだ。11月15日には可愛い限定万年筆も発売されるようなので、ぜひ行ってみたいと考えている。

11月16日は萬年筆研究会【WAGNER】の岡山大会なので、厳しい日程になりそうだがな・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 22:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年9月8日(日) は萬年筆研究会【WAGNER】 東北地区大会@福島 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:98) 10:0015:45 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:
福島テルサ(福島市振興公社) 4階 研修室 すりかみ 住所:福島県福島市上町4-25  


2019/20年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


今回は調整師〔たこ娘〕の東北初お目見え!

WAGNER終了後、有志でpentonoteを訪問し、お買い物や喫茶を楽しみましょう!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月07日

9月7日(土) 万年筆談話室では〔喜望峰詰め会〕だったはずだが・・・

2019-09-07本日は、万年筆談話室の開室時刻きっかりに、Pen_Saloonの3人が1階ロビーで待ち受けており、一緒に談話室に入った。

いつもゆっくりめのPen_Saloonだが今回は急いでいたのか、そそくさと準備に取りかかった。

実はインクと、詰め用の瓶は事前に万年筆談話室に送られていたのだが・・・

なんとインク瓶が25cc用ではなく、10cc用が250個分送られていた。聿竹くんが慌てて注文履歴を見ると、やはり10cc用を注文していた。

本当は拙者に購入依頼があったのだが、一周年記念の調整で忙しかったので、購入サイトを聿竹くんにメールした。

そこで購入していれば問題なかったのだが、もっと安いサイトを見つけたとそちらで購入したら・・・10ccボトルだったようだ。

そういうパニック状態でも冷静な?聿竹くんは灰色の脳細胞をフル回転して打開策を考える。

10ccボトルに入れて2個配ると、外箱が足りなくなる。また瓶ラベルが長すぎて一回り以上になる・・・

とりあえず正しいボトルを拙者が代理で申し込み、そちらは来週前半に届く。間違えて注文した10ccボトルはなんとか返送出来そうなので、月曜日に返送依頼をする・・・ということになった。

ただ、開封した小瓶が入っていた段ボールは万年筆談話室にあるので、拙者が宅配業者を手配するのかなぁ〜?

とりあえず、外箱へのラベル貼りをやろうということになったらしく、そちらは着々と進んだ。

そして、その終了間際にWAGNERのN御大がお菓子を持ってPen_Saloonを陣中見舞い!拙者もご相伴い預かった。

そこから話題は、pen_saloonが企画している新万年筆についての話題に!

以前、N御大と拙者がプロトタイプを見て、酷評したものだが、なんとSNS上ではキレイ!カワイイ!と大評判なのだとか。

先日はN御大と〔こんな物が売れるようじゃ世も末だ!〕と意気揚々だったのだが、今日は〔老兵は死なず、ただ消え去るのみか・・・〕と2人でしょんぼり!

今週末の土曜日にインク詰めを再度行うようなので、また何か起こらない楽しみにしている。

と書いて、ふとテーブルの上を見たら、キーケースがある。中を見たら同じ名刺が何枚か入っている。聿竹・・・

おお、やってくれた!鍵を忘れて帰ってるわぃ。帰ったのは17:30で、今は22:30! すでに5時間経過している。

twitterで〔鍵忘れてない?〕〔忘れました!〕〔今どこ?〕〔溜池山王!〕ということで、引き取りに来ることになった。

blogのネタにしてやる! と Twitterで書いたら、こちらもです! ってさ。あと数分で取りに来る。その際の写真は勘弁してあげよう。
  
Posted by pelikan_1931 at 22:56Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年09月06日

昨日紹介した〔万年筆調整師の仕事〕を改訂しました!

昨日、自信満々で万年筆調整師の仕事というBlogをUpした。

しかしながら今朝になってたこ娘さんから重要な要素が抜けているとのメッセージが届いた。

既存のペン先を新しい形状に研ぎ出す部分がすっぽり脱落していたのじゃ!

こりゃいかんと、ほんまもんの Nib Shaper さんや、WAGNERの外人会員さんに相談して、以下のようにチャートを変更した。

研出しの部分を、どのように英訳するかについては、ネイティブの方からは〔Custom Grinding〕の方が近いのでは?という意見があった。

ただ、意図しているところは、personalize ではなく、既定の形状にペンポイントを形づくるということなので、Shapingという言葉を使った。

また修理はRepair よりも Fix の方が英語のニュアンスに近いということで修理をFixingとした。

以下のチャートをお見せしたところ、ほんまもんのNib Shaper さんも、たこ娘さんもよかろう!ということになったので、改めて紹介します!

まだまだ追加になるかもしれませんが、こちらが Version 2 ということで!



2019-09-06
  
Posted by pelikan_1931 at 23:53Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote