2020年10月25日

2020年10月25日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 表定例会@浜松町 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:1025日(  9:3016:30 開場9:00  ペンクリ会員限定( 開催日当日会員登録された方も調整を受けられます )

場所:東京都立産業貿易センター 浜松町館 4F 第3会議室 A 住所:東京都港区海岸1-7-1


2020/21年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  
 

入会申込書 V3


新規入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。

入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。


記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 
  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

コロナが収まるまで、N御大や紙様のミニ講演は中止します。

11月6日〜8日にTIPSが開催されるビルです。下見がてらおいで下さい。

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年10月11日

2020年10月11日(日) は第14回〔たこ娘Day@万年筆談話室〕Final です!

たこ娘調整Day Blogたこ娘Day@万年筆談話室〕は、毎月1回開催されるたこ娘さん中心のイベントです。今回が最後です!


たこ娘
さんが受講者と1:1で約90分かけて教えるたこ娘のパーソナル調整講座〕がメインです。その詳しい内容については以下をご覧下さい。

各人2時間の枠内で約90分間の実習です。お師匠さん1人に生徒1人というパーソナル調整講座!ご自身のペースで調整が出来ます。

〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕約制です。できるだけお早めに下記メールアドレス宛てにお申し込みください。予約状況は適宜更新します。

調整したい万年筆を1本お持ち頂き、
調整の基礎的な部分とその万年筆をパーソナライズするまでマンツーマンで講習します。

一度講座に出席しても、また不明点が出てきた場合には、その復習や、少し高度な調整も勉強できます。すなわち再履修可能です!

調整講座受講希望者がいない時間帯には、個別のペン先調整を依頼することも可能です。

練習用教材は提供されますが、ご自分で書き味をよくしたい万年筆10倍から15倍程度のルーペはご持参ください。指導料は教材費込みで 3,500円/人

なをbelomoの10倍ルーペは万年筆談話室でも販売しています(5,000円

個々の万年筆の状態によって調整手順は違いますので、何度受講されても 新鮮な感動を得ることが出来るはずです。

なを、〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕は調整部屋で開催されますが、その間は談話スペースでたこ吉がペン先調整や修理を行います。

すなわち、パーソナル調整講座と、通常の修理・調整は並行して行われます。


本業ではほんまもんお師匠さんであるたこ娘さんなので、人に技能を伝授するのは実にお上手です。


こちらの記事で紹介した Adjustment と Personalization の部分をわかりやすく、実習を含めて伝授いたします。


開催時刻は希望者のご都合を聞きながら決定していますが、今のところ予約状況は以下のとおりです。



1回目:10:30〜12:00 予約済 

2
目:13:00〜14:30 予約済 

3
目:15:00〜16:30 予約済

4回目:17:00〜18:30 予約済



パーソナル調整講座の空き時間には個別調整をたこ娘さんにお願いすることも可能です。下記宛てメールでお知らせください。

たこ吉 
10:00〜20:00まで万年筆談話室の談話スペースで調整しますので、当方の調整をご希望の方も下記のメールで知らせ下さい。


〔たこ娘のパーソナル調整講座〕
〔たこ娘の個別調整〕や たこ吉調整 をご希望の方は


Mailofficial @ mituo.co.jp にお申し込みを!


 の前後のブランク を外してからメールして下さいね。 

 

場所は この記事
 に掲載してあります。
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年10月10日

2020年10月10日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 関西地区大会@大阪 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:1010(10:0016:30 解錠9:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:エル・おおさか 
10階 研修室5  住所
大阪市中央区北浜東3-14 

22020/21年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 


入会申込書 V3


新規入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。

入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。

記入例は ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 
  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

コロナ対策の一環として、会場内での食事はご遠慮下さい!熱中症対策の水分補給OKです。

また、マスク着用と検温にご協力下さい。 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年10月03日

2020年10月3日(土) は萬年筆研究会【WAGNER】 東北地区大会@福島 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:103) 10:0015:45 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:
福島テルサ(福島市振興公社) 4階 研修室 すりかみ 住所:福島県福島市上町4-25  


22020/21年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 


入会申込書 V3


新規入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。

入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。

記入例は ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 
  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

コロナ対策の一環として、会場内での食事はご遠慮下さい!熱中症対策の水分補給OKです。

また、マスク着用と検温にご協力下さい。 


今回も調整師〔たこ娘〕見参!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月30日

2020年9月の〔万年筆談話室〕開室日

談話室_Lichtope_開室_202009019月1日〜9月30日の万年筆談話室の営業日/開室時間は 左のとおりです。

9月以降もCOVID-19対策は厳しく実施します。


万年筆談話室 
は Lichtope と たこ吉ペンクリニック からなっています。


Lichtope は萬年筆研究会【WAGNER】の調整師である〔たこ娘〕さんのセレクトショップです。営業日は左列をご覧ください。

書き味調整や研出しも行っています。ただしメーカー保証期間中の万年筆は調整/研出しを行う事によって保証がされなくなる可能性がありますので、事前にご相談下さい。

お問い合わせフォームこちらです。(画面の下の方までスクロールしてください)


ご来店ご希望の方はご来店希望日時をお問い合わせフォームにご記入の上、〔送信する〕を押して下さい。混み合いそうなときには時間調整させていただきます。

対面調整をご希望の方は希望内容(日時、開始時刻、症状、依頼本数など)をお問い合わせフォームにご記入の上、〔送信する〕を押して下さい。



なを動画を使った 遠隔調整 は常時行っています。お問い合わせフォームからお申し込み下さい。お問い合わせフォームは こちら です。

直接 info @ mituo.co.jp  にメールしていただいてもかまいません。


Online Store には こちら から入れます。(カード決済もPayPal決済も可能)



他店では入手できないLichtope限定品(万年筆/インク)もあります!



会員登録やメルマガ登録/削除も簡単に行えますので、お気軽に 
e来店 してみてください。


たこ吉
ペンクリニックについて
 
 


たこ吉ペンクリニックには事前予約が必須です。pelikan_1931 @yahoo.co.jp まで、ご希望日と時間帯、修理・調整内容をお知らせ下さい。

予約確認メールが届いてからおいでください。時間調整した上で予約確定メールをお送りします。

お預かりして修理・調整することは可能ですので、お持ち込み本数の制限はありません


たこ吉ペンクリニック基本的に対面調整/修理ですので、当日中にお返しします。お時間の無い場合はお預かりします。


〔修理/調整料金の目安〕


(01)インクフローや書き味の改善など、大幅な研磨を伴わないパーソナライズ   1,000円 パーソナライズは下記の研出し/修理とは別料金です。パーソナライズ(書き味調整)は下記全てに付加されます。

(02)一段階の研出し(BB
➡B、B➡M、M➡F、F➡EF)   1,000円

(03)二
段階の研出し(BB➡M、B➡F、M➡EF   2,000円

(04)三
段階の研出し(BB➡F、B➡EF   3,000円

(05)ペンポイントの形状変更 その1(オブリーク化、オブリーク
➡通常)   2,000円

(06)ペンポイントの形状変更 その2(ソフト化:ちとソフトン/ウェバリー、ハード化:らすポス/ポスティング
   2,000円

(07)UEF(超極細への研出しとパーソナライズ:M
➡UEF、F➡UEF、EF➡UEF   3,000円

(08)縦書き用(鉈形状)への
研出しとパーソナライズ:BB➡まさかり、B➡ふと鉈、F➡ほそ鉈、SF➡チビ鉈) 2,500円

(09)横
書き用への研出しとパーソナライズ:Stub化:F/M/B/BB、超絶化:B/M   2,000円

(10)本体の分解清掃(完全分解後清掃して再度組み立てる)
 1,000円

(11)鍍金剥がれの再鍍金(ロジウム鍍金ペン先の研出しの場合には、この料金が追加となります)
 1,000円

(12)ペン先曲がりの調整(かかった時間に連動)
 2,000円〜5,000円

(13)部品交換を伴う修理(テレスコープ吸入式のOリング化、レバーフィラーのサック交換etc.)
 部品代(1,000円〜5,000円)+技術料(1,000円〜5,000円)

(14)上記以外(お見積もりします)



万年筆談話室の地図〔万年筆談話室〕の 場所 :東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ 209号室 (エレベーターを降りて正面突き当たりの部屋)


 電話
03-5476-0361 (出られない場合は、留守番電話にメッセージを入れてください)  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月22日

ペン先を交換すると見栄えはグッと良くなる?

@01こちらは、牧門堂さんに漆塗りを施してもらった真鍮古美万年筆のオリジナル軸。

この軸は150本ほど作り金魚を入れたり、古美処理したりと散々遊んだもの。

その遊びの中の一つが、この漆塗りの万年筆。牧門堂さんに塗ってもらったもの。

実は萬年筆研究会【WAGNER】会員のfudefanさんが牧門堂さんに塗ってもらった軸があまりに理想的だったので、同じ物を作ってもらった。

@02しばらく使っていたのだが、どうもペン先の金色が似合わないような気がしてきて使うのをやめ、インクを抜いていた。

ところが先ほどふと似合いそうなペン先を思いついて交換してみた。


@03それがこちら! そうブラック・アマビエのペン先をつけるとかっこいいではないか!

まだペン先は調整していないので書き味を評価することは出来ないが・・・

JoWoのスチール製ペン先のMは金ペンに勝るとも劣らない書き味を絞り出せるでOK牧場!

ちなみに、軸内にステンレスボールをいっぱい入れているのは、ラメインクをかき混ぜるためではない。

スキャナーに載せて撮影する時の転がり防止用でーす。


@04首軸が黒っぽい漆でペン先が黒鍍金のペン先というのは似合う!

今回は、アマビエ模様のペン先は軸の数の1.5倍ほど作った。初めてのことで不良品が出ると思ったのでな。

しかし幸いなことに、不良品は一個しか発見できなかったので、残ったペン先をいろんな軸に装着して遊んでいる。

今回の牧門堂漆塗軸にとりつけたブラック・アマビエは、真鍮古美仕上万年筆の極悪バージョンに取り付けたものを凌駕した。

いやぁ、2020年を記念すべき万年筆の一本になったわぃ!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:49Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月21日

秋の泉筆五宝展2020 限定万年筆の亜流

@01秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆の第一弾は、スチール製ペン先にブラック塗装を施し、アマビエのレーザー刻印を入れた物。

オリジナルのボディは尚羽堂のWinter Nightだったが、これを春の泉筆五宝展2020用のボディに入れ替えた。

春の泉筆五宝展2020用のボディにアマビエの14金ペン先(疫病退散文字付き)が、次に出すモデルだが・・・・

第一弾のペン先だけ流用したのが、今回紹介する物。

お察しのとおり、軸が9本余ったので、予備に10本くらい多めに作ったアマビエ(スチール)のペン先を付けたもの。

EFが2本、Fが3本、Mが2本、Bが2本余っていたので作ってみただけ。ま、手慰み物じゃな。

ところが先日の秋の泉筆五宝展で4本ほど売れてしまい、残りはEFが1本、Fが2本、Mが1本、Bが1本のみ。

大きなイベントで売るほどの本数ではないので、万年筆談話室で販売するか、WAGNER主催イベントで販売するかじゃな。

この軸の場合、ペン先ユニットを捻って外せないようにしてあるので、無理にはずそうとしないでね。

長い万年筆がお好きな方でないと使いこなせませんが、キャップを挿さない場合の長さはセンチュリーの後ろにキャップを挿した長さと同じくらい。

このアマビエのイラストは、オッチャンコインとキャラがかぶっているような、いないような・・・カワイイです!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月20日

秋の泉筆五宝展2020 で 人気があったものとは・・・

@02@01今回の秋の泉筆五宝展2020での〔深海〕人気は凄かった。

そもそも萬年筆研究会【WAGNER】の会員はインクでは冒険しない。

拙者がそうであったように万年筆に入れる常用インクは1〜3種類程度の人が多い。

その中で、真っ先に購入されたのが〔世界のコレクター〕S氏!

入口の最前列に並んで迷うこと無くまっすぐに〔深海〕に向かって歩いてこられた。

他の会員は、ほとんどが冷ややかな目で見ていたのだが・・・

インク女子 兼 WAGNER会員の方々、〔深海〕目的で訪問された純血インク女子の方々がどんどんとインクの山を崩していくではないか。

@03そういう方々の大半は、既に〔樹海〕をお持ちだったので、10個持っていった〔樹海〕インクは3個余った!

LichtopeさんのECショップで販売していただくのには数が少ないので、店舗限定商品としてくださるそうです。

製造個数が少ないといわれている〔樹海〕ですが、実はそう少なくはありませんでした。が・・・残り3個。

再生産の要望はありますが、次回作るとしても、(名前は同じとしても)インクの色やラメの配合は変わるので、この3個が最期のオリジナル〔樹海〕です。

@05〔萬年筆研究会【WAGNER】では売れないよなぁ〜、スチール製ペン先だから〕と思いながら50本作ったアマビエペン先でしたが・・・

会員以外の方に高人気で、とうとう49本まで売れました。

ペン先はスペアがあるので、Winter Night の軸をお持ちの方は、アマビエペン先を装着すれば、同じ万年筆が出来上がりです。

今回はスペアのペン先を2本付けるという荒技に出ましたが、ペン先だけもらっても・・・と当惑される方が多かった気がする。

拙者が小躍りするほど嬉しいだろうなぁ〜と思う企画も、一般の方にはさほど魅力が無いようじゃな。じじいになったら若い人の声に耳をかたむけなければいかんなぁ。


@12@06LichitopeのECショップに掲載されている限定万年筆(左)や、インク止め式のFLORAもたくさんお嫁に行った。

FLORAではほとんどが2.3个Stub。〔深海〕のラメを一番楽しめる万年筆なのがうけたのかな?

Lichtope限定万年筆は、たこ娘さんの調整が評判のようで、会場でもお嫁入りしてた。たしかに丁寧で上手だからなぁ〜


@03@02実は、こちらも予想に反して嫁入りが相次いだ万年筆。

春の泉筆五宝展2020用に作った軸を仕様変更し、それにアマビエの金ペン(疫病退散の文字入り)を取り付けたもの。

これは今後、会員へ紹介する予定のものだが、ペン先種類を各1本ずつサンプルとして展示したが・・・嫁入りしちまった。

この軸は長さ、太さ、重心位置まで全て拙者が自分で企画して作った。狙いはキャップを後ろに挿すとプラチナのデスクペンよりも長くなる万年筆!

ただ、意図に反してキャップを後ろに挿さない方が、はるかにバランスが良い。

スチールペンでも必要以上の書き味が出せるが、金ペンを装着すると、オオっという声を出すほど良い感じになる。

今後、会員の方にはご案内しますが、一般の方の目に触れるのは、TIPSとKOBE Pen Show のみ。

これは、これから数年間、軸の素材を替えながら継続的に販売することも考えている。

もちろん、拙者の愚考が入るのでショート軸とか、極太軸とかも出てくるかもしれませんが・・・

それは無いなぁ・・・と思ったら早めに止めて下さいね。虚心坦懐、耳を傾ける所存です(ウソ?)


聿竹くんが企画している次期万年筆が良かったなぁ〜、ショック! しかし、まだまだ若いもんに負けられんぞ! もうすぐ68歳だが・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:58Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年9月20日(日)は 秋の泉筆五宝展2020@両国 *** 将来日付でのご案内 ***

 秋の泉筆五宝展2020@両国】は予定通り開催します!



日時
:920(10:0016:30


場所
:国際ファッションセンター KFC Hall & Rooms 2F Hall 2nd
  住所:東京都墨田区横網1-6-1 

2020/21年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  


入場料(2,000円)を支払えばどなたでも参加出来ます。



泉筆五宝〔
Pen、P
aper、Case、Ink、Maintenance〕に関係のあるGoodsが出品されます。


Pen:万年筆、ガラスペン、ペンシル、ボールペン、鉛筆、筆記具小物


Paper:原稿用紙、一筆箋、手帳、ヌルリフィル、 etc.

Case:ペンケース(革/布)、ペントレイ、財布 etc.

Ink:Shop 限定の新色インク多数:万年筆談話室は【深海


Maintenance:ペン先調整/研出し を有料で行います。(書き味の調整は1,000円程度)


 
166屬旅〜い会場です。テーブルもたくさんありますので、たくさん出品して下さい。


出店料 

 ★筆記具本体(や部品など)を販売するテーブルは5,000円/台(1台に1人のSocial Distance確保)テーブルチャージを払った方は入場料免除。

 ★それ以外の物を販売するテーブルやイベント/調整は出店料無料(入場料は必要) 


出展をご希望の方は 
必ず事前に pelikan @ hotmail.co.jp @前後の は排除)まで連絡下さい。

   プロ/アマを問わず、どなたでも出店出来ます。コロナ対策として店舗数に制限は設けます。申込順ですのでお早めに。


テーブルを使う方(出店者)は9:30ごろまでには会場にお入り下さい。開場は8:50です。

9:30ごろより入場者の受付を始めます。出店者以外の方は受け取った名札をつけて、エントランスでご歓談下さい。


注意事項;


★参加者の方は10:00と同時に入場して下さい。それまでは出店者の方以外は絶対に会場内に入らないで下さい。

会場内にはご自身で飲むドリンク以外持込禁止です。

お土産など他の参加者に提供する目的で持ち込む飲食物は禁止ですので一切持参しないで下さい。

★コロナ対策として、会場内での食事はご遠慮下さい。


入会申込書 V3

新規にWAGNERへの入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね 

新規にWAGNERへの入会希望の方は11:00以降に受付で申し込んで下さい




施設の消毒体制(KFCホールの運営会社はホテルのため、それに準じた安全対策がされています)==> こちら


クラスター発生リスクを減らすための対策

仝_后兵付前に非接触型の体温計で検温) 37.5度以上の方はそのままお帰り下さい。会場には入れません。

▲泪好着用 必ずマスクを着用して下さい。忘れた方は受付でお渡しします。

@02
受付に飛沫感染防止ビニールシートスタンドを設置します。

ぜ付時に入場者全員の連絡先情報を収集いたします。
 
 ★萬年筆研究会【WAGNER】会員の方は会員番号を記入して下さい

 ★一般の方は姓名と連絡先電話番号を記入して下さい

ソ佚玄圓筌ぅ戰鵐拭爾諒向けにフェイスシールドを用意してあります。よろしければお使いください。
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月19日

秋の泉筆五宝展2020 で 一本物として販売する万年筆

@01左画像は秋の泉筆五宝展2020 で一本だけ販売される万年筆。高度なニコイチじゃな。

この軸 (Deep Sea) とこのペン先 (14K Flex-EF) との組み合わせは、一本のみ。


スチールペン先付きの PENLUX Deep Sea 細字 (新品・未使用)に五芒星刻印付きの金ペンを搭載した。吸入方式はNo.149と同じく回転吸入式

もちろん、元々の Deap Sea に付いていたスチール製ペン先 F もペン先ユニット毎付属している。

ただし PENLUX や LABAN では、ソケット毎交換することは出来ない。ソケットは内部機構に接着されているので、ペン先とペン芯を引き抜いて交換することになる。


@02こちらがロジウム鍍金が施された 14K Flex-EF のペン先で、人気の五芒星の刻印が入っている。

の泉筆五宝展2020記念万年筆で、五芒星と旧字宝のペン先刻印を発売したところ、圧倒的に五芒星が人気だった。

今回は人気だった五芒星を金ペン化した・・・のではなく、ペン先の横がえぐり取られているので、五芒星の小さなロゴしか入らなかったから。

各年の泉筆五宝展記念万年筆の企画は同時期に考えているので旧字宝のロゴは小さければ、そちらになっていた可能性が高い。

拙者は旧字宝の方が好きなのだが、80%以上の方は五芒星の方が好きと答える。今回は、たまたま高人気のロゴになっただけ・・・トホホ。

回転吸入式の万年筆に〔ラメ入りインク〕はまったくお奨めしません ので、そこんとこよろしく。

ラメ入りインク Tono&Lims製
〔深海〕を回転吸入式万年筆に使うのは不可です!


〔深海〕は本日21:00から始まる tonoandlims さん と bechori777 さんのインスタライブで紹介されるそうです。

万年筆談話室でもLichtope でも、まだ1本も販売していないのになんでインスタライブで紹介出来るんだろう?

きっと、色味確認用とか、宣伝用とか、事故対策用に、納品していただいた本数以外にもストックがあるのだろう。

小ロットインクの宣伝までしてくれるメーカーって希有じゃな。頭が下がる。


@03こちらが 14K Flex-EFのペン先の拡大画像。スキャナー画像なのでピントがボケているが・・・

書き味は少しのひっかかりも無く素晴らしい・・・状態に研ぎ上げてある。

Flex Nib はペンを立てて書いたり、指が白くなるほど強く握って筆圧をかけたり、高速筆記したり、ペン先を左に90度捻って書く人には向かない。

ペンを捻らないでまっすぐ持ち、(胴軸ではなく)首軸部分を握り、ゆっくりと筆圧の強弱をつけながら書く人に向いている。

Flex Nib は筆圧をかけると横に開いたり、上に撓ったりして、ペンポイントのエッジが紙に引っかかりやすいもの。

柔らかいペン先の方が書き味が良いという幻想があるが、書き味は硬いペン先の方がはるかに良い。

ただし書きごこちという面では、好みによってはFlexに痺れるという方は(拙者も含めて)少なくない・・・というか、かなり多い!

今回の逸品は、正しく握って書けば、ほとんどひっかかりが無い・・・というところまで追い込み調整をかけてある。

まずは触ってみて下され。値段は46,000円(化粧箱付き・新品・未使用 & Adjustment調整済)

フライングゲット予約されたい方は、 pelikan @ hotmail.co.jp まで。送料無料でお送りします。送料を負担いただければ海外(米国以外)でもOK!
  
Posted by pelikan_1931 at 09:09Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月18日

ラメ入りインクとインク止め式万年筆の相性は良い!

@10こちらは日曜日に秋の泉筆五宝展2020会場で発売される〔深海〕で書いた線。

@05これに使った万年筆はこちらで、OPUS88のFLORA。過去に何度か紹介しているインク止め式万年筆。

最新の機構なので、ロッドはエボナイト製だし、止める部分には全てOリングが使われている。

そして安い!Lichitopeでの価格は機構調整済み・税込みで11,000円。

@06ペン先はStub2.3个鯀着してある。これはラメインクで文字を書く際の最強(狂?)のペンポイント!

そのままでは書き出しがかすれる事があるので拙者の筆記角度に合わせてパーソナライズしてある。

インク止め式の尻軸を2〜2.5个曚百砲瓩峠颪と、インクがにゅるにゅると出てくる。それが最上段左側の画像!


@08もしラメがペン先に詰まってインクが出なくなってもインク止め式なら洗浄が簡単。

尻軸をぴったりと閉じると、インクタンクから首軸へのインク供給はぴったりと止まる。

その段階で水道水にさらして洗ったあと、左図のようにビーカーにつけて数十分放置してから水分を拭き取る。

@09そして尻軸を緩めてトントンと紙の上でペン先を紙に軽くダンスさせると、すぐにインクが下りてくる。

その状態で書いたのが左画像右の線。ラメの量は遜色ない。

水分が飛んでいない分、やや色が薄いだけ。

そう、インク止め式の万年筆は、ラメインクにぴったりの機構なのじゃ!万一の時の清掃が非常に樂!

〔深海〕も OPUS88 FLORA Stub 2.3个9月20日(日)に両国のKFCホールで開催される秋の泉筆五宝展2020にて発売される。お楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月17日

万年筆談話室の限定インク〔深海〕の特長はシルバー・ラメとレッドフラッシュ!

@02@01万年筆談話室の限定インク〔深海〕はカリグラフィー用のペン先で書くとラメが目立つ!

右側画像の文字は OPUS 88 の FLORA に準備されている2.3佗のペン先で書いたものじゃ。

深海の文字も、その下の塗りつぶし部分もギンギンにラメが出ている。

ガラスペンや綿棒ではなく、万年筆で書いてもラメがふんだんに出るところがミソ!

ただし、拙者が実験していない万年筆で使えるかどうかは保証はしませ〜んよぅ。

一応、万年筆で使える限界までラメを入れてあるが、量的には樹海と同じ。


@02@03ただし、ベースのインクが濃いので、シルバー・グレーのラメは目立つ。想定通りじゃ。

@04左の万年筆に入れることを念頭に作ったので、オプションでStub 1.5 のペン先も選べたのじゃよ。

軸は胴軸に直接インクを入れるアイドロッパー方式で、胴軸内にはステンレス・ボールが3個ほど入れてある。

画像でもわかるように、スキャナーでの撮影用に数分間横にしただけで胴軸下側にラメが沈殿している。

それをカラカラと音を立てながら振ってラメを散らして均一化してから書く!


@03そうすると、このようなラメギンギンの状態になる。

そして一部にはレッドフラッシュも見える。

また、当然のように蛍光薬品が入っているようで、ブラックライトを当てると面白い。

最初に販売するのは9月20日(日)に両国のKFCホールの2階で10時から開催される〔秋の泉筆五宝展2020〕の会場。

21日(月)以降、万年筆談話室とLichtopeの実店舗でのも発売します。

Lichtopeの EC ショップでの販売も9月中に始まります。時期は事前に twitter / facebook / instagram で広報されるようです。お楽しみに!

色々描いてみましたが、深海に限らず、ラメ入りの濃い色のインクは、FLORAのStub2.3个里茲Δ壁広インクで書くとものすごく光ります!  
Posted by pelikan_1931 at 23:23Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月16日

秋の泉筆五宝展2020 にて 密かに売られる銘品?

@029月20日(日)に、秋の泉筆五宝展2020 にて販売される金額の多くは万年筆のはずじゃ。

しかし、数なら間違いなくインク・・・のはずなのだが、問題は萬年筆研究会【WAGNER】会員の多くは怪しいインクには興味を持っていない。

彼らの使うインクはロイヤルブルー、ブラック、染料系ブルーブラック・・・などが多いのでな。

そこで今回の〔深海〕はブルーブラック色。それにシルバーグレイのラメがたっぷりと入れてある。

拙者は書き物にこのラメ入りインクを使っているが、まだ詰まったことは無い。

たこ娘さんのブースで販売されるのが〔Lichtope 限定モデル〕第一号のPENLUX Special Version 万年筆!

通常はシルバー・トリムの金属部分にピンクゴールドが鍍金してある。

そしてキャップを尻軸にさせるように改良されている。ペン先は14金フレックス・ニブ。ヘロヘロに柔らかいけど上に力を逃がすタイプじゃな。

@01もう一本(下の方)はWAGNER 創立14周年万年筆で、昨年の作品。

キャップと尻軸の組み合わせが気にいらないパーツを集めたら、しらないうちに最強の万年筆が出来ていた。

黒い部分は全て黒水牛の角部分、白い部分はカゼインに漆塗り。

こちらはキャップと胴の濃さが違う萬年筆を分解し、再構成したら軸も、模様も、ペン先も気にいった物が出来上がった!

このキャップ部分は会員頒布の時にははじかれてしまった黒水牛だが、単体としては非常に綺麗な縞がある。

今回のは昨年度の製品版よりも綺麗だけど販売するのは憚られる・・・ので、完全分解清掃をしてから会場に並べることにする。

けっして安くは無い値段なのだが、WAGNERの14周年記念と言うことで、よろしく! 
  
Posted by pelikan_1931 at 23:40Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月15日

ラメ入り&蛍光インク〔深海〕が万年筆談話室に到着しました!

@01昨日の18:57に、Tono&LimsTono さんから【本日新色ラボより発送させていただきました】とのメッセージが届いた。

なんとか18日までに到着するといいなぁ・・・と思っていたら、本日の夕方、FedExさんが来て、大きな箱を3つと、小さな箱を1つ置いていった。

追跡してみると、昨日韓国を出発した荷物が、本日には万年筆談話室に配達されているではないか!

まるで【どこでもドア】経由で配送しているみたい・・・


@02こちらがイメージ画像だが、ペーパータオルに一滴落としてみると、銀色のラメが光る光る!


@02拙者はさっそくこちらに入れて使い始めた。

プロトタイプよりもラメの量が25%ほど多いので光の方向によってはギラギラと光る!

今回は金色系のラメを入れていない。シルバーグレイというか、銀色系のラメだけにしている。

インクのベース色が、深海魚のいるような深い海の底をイメージしたブルーブラックなので、金色のラメが多いとうるさくなってしまう。

あくまでも万年筆で字を書くためのブルーブラックにラメと蛍光を加えたインクをイメージして銀ラメでお願いした。

拙者はインク沼の住人ではないので、インクには詳しくない。名前も処方も・・・自分のイメージだけで作った。

実はインクの色は、秋の泉筆五宝展2020 限定万年筆の第一弾である Winter Night に似合うようにとは考えていたのだが・・・

ドンピシャ!【樹海】と同じ量のラメなのだが、インクの色が暗いだけにラメが目立つ。そして・・・

非常に濃いブルーブラック色なのに、レッドフラッシュするようだ。けっこうこしゃくなインクといえよう。

これなら日常活動で使えそう。さっそく再開発組合のサインに使ったが、ラメ入りだとはバレなかった。大成功!

値段は一本2,200円で、秋の泉筆五宝展2020 (9月20日)より発売開始です。

会場には50本程度しか持って行けません(重くて)。お取り置きとかは出来ませんがよろしく願いします。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:50Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月14日

Kaweco Sports は おおらかな長さで好き!

@01こちらは、たこ娘さんから借りた Kaweco Sports の台湾限定カラーの軸。クリップは元々付いていたのかどうかは知らない。

でもこのクリップの色が好きだなぁ〜!真鍮古美仕上げに血道を上げている拙者にはおいしい色じゃ!

これは、Kaweco Spots の復刻モデルなのだが、オリジナルよりは少し大きいような気がするのは気のせいかな?

オリジナルには14金ペン先付きのモデルもあったのだが、それも可能にしてくれている。

本体よりも高価な14金ペン先が用意されている。限定軸ならつけてみたい気もするが、借り物なのでどうしようもない。


@03@02@04左端の画像を見ると、同じKaweco Sports なのにキャップを後ろに挿すと長さがばらつく!

素材によって押し込める量が違うのか、はたまた、モデルごとに(前例にとらわれず)自由にデザインしているのか?

最近の万年筆は、どこで作られているのかが非常にわかりにくい。

素材から組み立て、検品まで、広大な国際分業をしているのではないかなぁ〜。

コスト的には有利だが、どんどん仕様が微調整されていると、結果として長さが違う万年筆になってしまう。

これを憎むか楽しむかだが・・・拙者は上記のような寸法違いが出てくると狂喜乱舞して喜ぶ!

同じモデルの個体差・・・というのはいただけないが、同じ型の製造時期違いによる寸法変化なら面白いと感じる。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月13日

Faber-Castell Pen Of The Year 2004 〔琥珀〕の色変化

@01左画像はaber-Castell Pen Of The Year 2004 〔琥珀〕の現在の色合いだが、元々はもっと薄い色だった。

たとえば、こちらのような色だったはず。それが16年経つと左のように変化した。

ひょっとすると、これから16年が経過すると、さらに色が変わっているかもしれない。ぜひその変化をこの目で確かめたいものじゃ。

@02この時代のFaber-Castell Pen Of The Yearのペン先はPekikan M800と同じ形状で、表面の刻印と鍍金が違うだけだったはず。

別の Pen Of The Year にはM800の18C-3B(pf)のペン先を装着して日常利用していた。

当時までは、万年筆製造メーカーがおおっぴらにブランドのOEM生産をやっていた。

ルイヴィトンの万年筆はOMASが作っていたし、Dupon'tの万年筆をPelikanが作っていた時代もある。

@03@04現在のFaber-Castell Pen Of The Yearのペン先やペン芯は全く違うが・・・

当時は左画像のようにペン芯はM800とまったく同じだった。

もっとも、そのPelikanがペン先を自社生産していたどうかが不明の時代もある。

現在のM800のペン先は自社生産だが、ここまでの品質を獲得できるまでには、愛好家泣かせの時代もあった。

ずいぶんと泣かされた時代もあったが、おかげで調整の腕は上がったので良しとしよう!

Faber-Castell Pen Of The Yearに関しては、ペン先とペン芯がM800型から変わった年から一切購入していない。

つくづく拙者はFaber-Castellのファンではなく、Pelikanのファンなのであると感じさせられたわな、久しぶりに。
  
Posted by pelikan_1931 at 22:39Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月12日

秋の泉筆五宝展2020 第四弾は・・・

2020-09-12左画像は秋の泉筆五宝展2020 第四弾のペン先。

このあと、第5弾のペン先も用意されている。

こちらは2017年のペントレ記念万年筆に使われた刻印で、スッポンがペンを咥えている。

ただし、ロゴはPPCIMに変更になっている。

元はプラチナのセンチュリーの緑軸(ラメ入り)だったが、今回はWinter Nightの軸に付く。

ペン先のバリエーションは14K-EF/F/M/B/Stub1.1と18K-BBがある。

14K-BとStub1.1が各5本で、他は各10本。全てロジウムプレートが施されたペン先なので、多少値段が高い。

十分では〔深海〕のプロトタイプを入れた18K-BBを使っているが、実に良い感じじゃよ。

Winter Nightには黒のスチールペン先のアマビエに続いての搭載となる。

こちらは金ペン先付きなので、縁起物ではなく、実際に筆記にガシガシ使って欲しい万年筆じゃ。

アイドロッパー式でも使えるし、ラメインクでも今のところ問題は発生していない。

問題は、忙しすぎて泉筆五宝展までに案内を作れるかどうかじゃな・・・

明日は新潟萬年筆倶楽部にお呼ばれしてペンクリニックをやりまーす。

そこで、こいつの実物をお見せします。もちろん、本邦初公開です。

お楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:22Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年9月12日(土) は第13回〔たこ娘Day@万年筆談話室〕です!

たこ娘調整Day Blogたこ娘Day@万年筆談話室〕は、毎月1回開催されるたこ娘さん中心のイベントです。


たこ娘
さんが受講者と1:1で約90分かけて教えるたこ娘のパーソナル調整講座〕がメインです。その詳しい内容については以下をご覧下さい。

各人2時間の枠内で約90分間の実習です。お師匠さん1人に生徒1人というパーソナル調整講座!ご自身のペースで調整が出来ます。

〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕約制です。できるだけお早めに下記メールアドレス宛てにお申し込みください。予約状況は適宜更新します。

調整したい万年筆を1本お持ち頂き、
調整の基礎的な部分とその万年筆をパーソナライズするまでマンツーマンで講習します。

一度講座に出席しても、また不明点が出てきた場合には、その復習や、少し高度な調整も勉強できます。すなわち再履修可能です!

調整講座受講希望者がいない時間帯には、個別のペン先調整を依頼することも可能です。

練習用教材は提供されますが、ご自分で書き味をよくしたい万年筆10倍から15倍程度のルーペはご持参ください。指導料は教材費込みで 3,500円/人

なをbelomoの10倍ルーペは万年筆談話室でも販売しています(5,000円

個々の万年筆の状態によって調整手順は違いますので、何度受講されても 新鮮な感動を得ることが出来るはずです。

なを、〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕は調整部屋で開催されますが、その間は談話スペースでたこ吉がペン先調整や修理を行います。

すなわち、パーソナル調整講座と、通常の修理・調整は並行して行われます。


本業ではほんまもんお師匠さんであるたこ娘さんなので、人に技能を伝授するのは実にお上手です。


こちらの記事で紹介した Adjustment と Personalization の部分をわかりやすく、実習を含めて伝授いたします。


開催時刻は希望者のご都合を聞きながら決定していますが、今のところ予約状況は以下のとおりです。



1回目:10:30〜12:00 予約済 

2
目:13:00〜14:30 予約済

3
目:15:00〜16:30 予約済

4回目:17:30〜19:00 予約済



パーソナル調整講座の空き時間には個別調整をたこ娘さんにお願いすることも可能です。下記宛てメールでお知らせください。

たこ吉 
10:00〜20:00まで万年筆談話室の談話スペースで調整しますので、当方の調整をご希望の方も下記のメールで知らせ下さい。


〔たこ娘のパーソナル調整講座〕
〔たこ娘の個別調整〕や たこ吉調整 をご希望の方は


Mailofficial @ mituo.co.jp にお申し込みを!


 の前後のブランク を外してからメールして下さいね。 

 

場所は この記事
 に掲載してあります。
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月11日

万年筆談話室限定インク第二弾〔深海〕は秋の泉筆五宝展2020でお披露目でーす!

@03万年筆談話室で作ったTono&Limsの〔樹海〕は濃い緑+ラメのインク。限定インク第一弾として合計で150本作った。

そのコンセプトや作成に至った経緯は、とても人には言えないほど複雑怪奇なので省略。

初回はお付き合いで50個作ったが、万年筆愛好家に売れるような気がしなかった。

そこで、真鍮製古美仕上万年筆とセットで、細々と販売していたのだが・・・

インスタライブで評判になったらしく、単体で欲しいという要望がぽつりぽつりと入るようになった。

そこで、100個追加生産したのだが、とても老体にむち打って拙者が(昔の演歌歌手のように)インクを手売りするわけにもいかない。

そこでたこ娘さんが運営するLichtopeのネットショップに70本だけ掲載してもらったところ、発売から24分後には完売となった。しかも購入者の大半が女性!

残りは萬年筆研究会【WAGNER】のイベントで販売する予定だったのだが、イベントが中止に次ぐ中止で現在12本残っている。

そこで、2本だけを9月13日に開催される新潟萬年筆倶楽部 2020秋季祭 で、抽選販売します。残りは秋の泉筆五宝展2020で販売。

@01@02同じく9月20日(日)に発売するのが第二弾の〔深海〕。

こちらにもラメがたっぷりと入っていますので、万年筆でのご利用は自己責任でお願いします。

ご自分でペン先やペン芯を分解洗浄出来る方は問題ありませんが、安価な万年筆のペン芯ほどラメが詰まりやすい傾向があるのでご用心。

じじいの目には淡い系のインクはよく見えないのでペリカンのタンザナイトくらいの濃いブルーに銀色のラメが入っている。

今回は普通のラメ入りとは一線を画して、金色系のラメは極小!驚きまっせ!

深海で提灯アンコウの光がうっすらと見えるような銀ラメにこだわった。

パイロットの iroshizuku  シンカイ とはトーンがだいぶ違うはず。そしてインクが乾くと全く違う文字になる。

Tono&Limsで作ってもらった万年筆談話室の〔深海〕の方が小ロットなぶんだけ iroshizuku  シンカイ より 高価 (゚゚)(。。)ペコッ

インクは重いのでイベント(泉筆五宝展)にはあまり大量には持って行けないのだが、今回は頑張って少し多めには持っていくつもり。Lichtopeの限定インクも!

その後の大きなイベントはTIPS、神戸ペンショー、萬年筆研究会【WAGNER】年末大バーゲンだけだが、そこまで万年筆談話室の〔深海〕が残っているかどうかは不明。

★秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第二弾 とセットで販売するのが数十本

★秋の泉筆五宝展2020 終了後、LichtopeのECショップで販売(予定)

今回は少し多めに作ってはいるのだが、追加生産する場合には色の変化を確認するのに手間がかかるので、確信が持てない限りは再生産しない。

名前は同じでも、同じ色を保証する事が出来ないのが、小ロット生産の宿命。インクは一回一回が真剣勝負なのじゃ。

極端な話一滴多く入れただけで5Lのインクの色ががらりと変わる!

何故万年筆談話室限定インクが濃い色で作るかと言えば、多少の染料の量変化があっても目立たないから。

ともあれ、〔樹海〕の時とは違い、〔深海〕は拙者も非常に期待している色なのでワクワクしながら待っている。もちろん万年筆で使う!光るタンザナイト的なインクじゃ。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:51Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月10日

ペリカンの四神に思いを馳せる!

2020-09-10左画像はPelikanの四神シリーズの5本。

1995年 青龍 (黒)


1996年 朱雀 (朱)


2000年 白虎 (白)


2001年 玄武 (緑)


2002年 麒麟 (黄)


の順番で発売された。
四神なのに何故5本かということこちらに書いてある。

この模様は925の銀に彫り、それに金鍍金をかけたバーメイル方式らしく、使ってないと銀が曇って表面も曇る。

銀の曇りを取る液体につけるか、その液に綿棒を浸した部分で擦れば、すぐに曇りは消える。

左の2本が出たころは【ああ、中国市場向けね、関係無いや・・・】と考えていて大失敗。

入手する際には、販売当時の値段の倍から3倍ほど払うことになった。

右側の3本を入手する際は慎重に吟味し、手に取って眺めてから購入を決断したので、非常に安価でSpec.の良い物が手に入った。

これに好きな順番をつけると・・・

朱雀>青龍>玄武>麒麟>白虎  しかし、何故か最近の中国では白虎が大人気らしい。

本日、万年筆とはまったく関係の無い会話の中で、四神の話題が出て、それぞれの生き物の名前と色をいえという話に乱入。

玄武は緑で、青龍は黒だ!と断言したら、とたんに・・・・・・のような状態になってしまった。

拙者も昔から、青龍なのになぜ黒いキャップ?というのは気になっていた。果たして真相は?
  
Posted by pelikan_1931 at 23:07Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月09日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾 その5

@03@02尚羽堂が製造本数限定で製作した【Winter Night】のブルー・マーブル軸。

アマビエ刻印のスチール製ブラックペイント・ニブがカワイイと評判で、

スチール製ペン先としては異例の本数がお嫁に行った。

萬年筆研究会【WAGNER】では金ペン先付き万年筆は200本でも売れるが、スチール製ペン先付きはせいぜい20本程度・・・なのだが、既に43本!

萬年筆研究会【WAGNER】会員に絞ればやはり20人位なのだが、今回は一般の方からの申込が多かった。

しかも医療機関関係者の方が多いようだ。具合の悪い方しか来ない病院勤務の方々の活躍には手を合わせるしかない。

それにしてもアマビエちゃんはカワイイ。過去にも色々WAGNERゆるキャラの人気投票をしたのだが、オッチャンコインの図柄が常に一番だった。

しかし、今一度人気投票をしたらどうなるかはわからないな。アマビエちゃんは一位か二位だろう。


@01このアマビエ刻印の万年筆はあと7本残っている。

それが左の表で、F/M/Stub1.1个各2本とBが1本の合計7本。

その他におまけのペン先が2種類付いてくる。ただ残りは少ない。

尚羽堂・ブラックペン先(オリジナル)は、F/M/Bがそれぞれ 2/3/2本残っている。

そして春に発売したペン先はC3/C6/C7/C8/C9/C10/C12が各1本ずつ残っている。

この万年筆に関しては、今回が最期のご案内。残りは各種イベントで販売されます。

東京近郊以外でご希望の方は、ぜひその前にメールでお申し込み下さい。

値段は軸とペン先が3つ選べて12,000円(国内送料込)です。

どなたでも申し込めるので、pelikan @ hotmail.co.jp までお問い合わせ下さーい。

A2+B4+C12
のように希望を書いて下さると助かります。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:31Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月08日

秋の泉筆五宝展2020 第三弾は・・・

2020-09-09秋の泉筆五宝展2020 第三弾のペン先は左のような模様。

18金ロジウム鍍金のペン先に鉄刀木の尾弁の花びらの刻印。

以前にも鉄刀木は使ったが、その時には泉筆五宝と刻印されていた。

今回はPPCIMとちゃんと5宝の要素を入れた。

そしてこれが装着される軸がすごいのだが、これは非公開。

会員だけの特権です。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月07日

プラチナ・プレジデント の 不思議な魅力?

@01@02こちらは、プラチナ・プレジデントの定番品として売られていた色軸たち。

このなかで、現在も定番品として売られているのは左から2番目だけ。

プラチナのンラインカタログにはオレンジもブルーも出ているのだが、オレンジの最期の一本を購入したのは拙者だったはずなので、もうないはず。

右側画像の左3本はブルー軸。カタログではブルー軸にはF/M/Bしかないことになっているが、左からEF/C/UEF。頑張れば入手出来るのじゃ。

@03@04こちらはUEFのペン先。プラチナのUEFはもとからUEFの玉をつけているわけではない。

もっと径の大きな玉をつけ、そこから削り出しているのだ。削り出しにかかる人件費を加えると25%くらいは高くても文句は言えない。

書き味が良ければだがな・・・ちなみに、どこのメーカーのUEFであっても、書き味が最初から良かった物にめぐりあったことはない。

例外は薫風だったが、あれは少しスリットを開いて書き味を良くしていたので、真のUEFの細さではなかった。

UEFの書き味で言えば、今でも5000円の軸に付いていたスチール製ペン先が一番好きだ。撓らないぶんだけ書き味が安定していたように思う。


@05@06こちらはCのペン先で、ペンポイントの体積はUEFの10倍以上ありそう。

ちゃんとスリットも少しだけ開いておりインクフローにも期待が持てそうじゃ。

拙者はこのCをそのまま使ったことはない。あまりにも玉が大きく、研磨の余地が十分にあるので、腕さえあれば削りがいがあるペンポイントなのじゃ。

このペンポイントをヌルヌルヌラヌラに削って欲しい!と言う人がいたら、嬉々として削るのだがなぁ〜
  
Posted by pelikan_1931 at 23:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月06日

秋の泉筆五宝展2020記念万年筆第二弾

@01@02こちらが第二弾!一見すると春の泉筆五宝展2020記念万年筆と同じなのだが・・・

変わっているところが三箇所ある。

一つはペン先がスチール製から金ペン先に変わったこと。


@03あとの2つは、胴軸と首軸との接合の仕方が変わったことと、ペン先ユニットの首軸への固定方法が変わったこと。

ペン先以外は小さな変化だが使い勝手は大幅に向上している。

そこらは、まずは萬年筆研究会【WAGNER】会員・会友の方にご案内してから、一定時間が経過してから一般公開する。

お楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年9月6日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会 in 名古屋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:96日( 10:0016:30 開場9:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整を受けられます


場所ウィンク あいち【愛知県産業労働センター】121206会議室  住所:愛知県名古屋市中村区名駅 4-4-38


2020/21年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 

入会申込書 V3


新規入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。

入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。


記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 
  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


当分の間じゃんけん大会 は中止します。また会場内での食事もご遠慮下さい
!熱中症対策の水分補給OKです。 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月05日

萬年筆研究会【WAGNER】創設15周年記念万年筆の状況

@012020年12月17日の創設15周年に向けて、記念万年筆の製造が佳境に入っているようだ。

通常なら現地へ行って進捗を確認するのだが、今年はコロナで身動きがとれないのでな。

どうやら20本ほどは出来上がって検品中らしいが、全部が出来上がるのはあと二ヶ月ほどかかりそう。

この軸の薄い部分の素材は既に伐採が禁止されている台湾杉という貴重なものらしい。

素材の感じを残すために、漆など塗らず、オイルだけを染みこませた加工をしている。

@02従って、かなり経年変化するところがウリ!

左の写真を見れば、胴軸の色がかなり以前より濃くなっているのがわかる。

使うほどに色が変化していくので、愛情も湧くというものじゃな。

ちなみに、写真のブツは、実物とは違う。実物では白いカゼインの転がり防止のポッチはペン芯の中央に位置する。

それに、そもそもアマビエ・ペン先ではなく、18金のペン先(EF / F / M / B / BB / OBB)。

@03この中くらいの長さの軸に付くペン先は、左の達磨をかたどった刻印じゃ。

出来上がって到着した万年筆は、全てAdjustment調整を施し、専用のケースに入れてお手元に届く予定でーす。

申し込まれている方は、いましばらくお待ち下され。




  
Posted by pelikan_1931 at 22:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月04日

プラチナのデスクペン と アマビエ改造ペン

@01左の2本は既に廃版となったプラチナのデスクペン。

上がカーボンインク専用ので、下はぺん習字用と書かれている。上は以前は漫画用とか言われていなかったかな?


@02左画像はカーボンペンとデスクペンの袋の裏表じゃ。

カーボンペンの製品番号はDP-800SでデスクペンはDP-1000AN。

従ってそれぞれ 800円と1,000円が定価だったはずだ。

別に金ペン先を使っているわけではないのだが、あまりに安いので原価割れの危機となり、そうなる前にと廃版にしたのだろう。

今回は数十本単位で購入しておいた。拙者は長い軸が好きなので、デスクペンは必須じゃ。

別に字を書くわけではないのだが、軸の長さの目安として重宝させてもらっておる。ただ、カーボンペンは使ってみたいな。


@06@07左側はLabanの標準のスチールペン先で、右側は今回製造したブラック・アマビエペン先じゃ。

いずれもJOWO製なので、取り替えることが出来る。


@03@04ではと遊んでみたのが左の軸。Labanで最も人気のあるシリーズだろう。

このペン先をStub1.1个亡港してみたのだが・・・なかなか似合っている。


@05@08最期はアマビエ・ペン先の不良品。75個検品して一個だけ完璧なエラーがあった。

スリットが微妙に右側に曲がっている。おそらくは工場のラインで起きたエラーか、キャップを開けてから発生した事故のいずれかだ。

こういうニブの品曲がりはすぐに直せる。しかし、アマビエ様のご機嫌を損なうのも怖いので、このペン先は門外不出としたい。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月03日

趣味の文具箱 2020年10月号 と ・・・・・

@01自宅に趣味文の2020年10月号(Vol.55)が送られてきた。

今回は発売日前に届いたわぃ!

この前までVol.XXと呼んでいたのに、いつのまにか2020年10月号という表記になっている。

そしてなんとなく本が厚くなっているような気がする。

購入したばかりのM800を快適に使うためのカスタマイズ方法をP130-131に分解講座として書いた。

工具や薬品も書いておいたので役に立つのではないかな?ただし、このBlogを隅から隅まで読んでこられた方には目新しい情報では無いよ。


@02こちらは、秋の泉筆五宝展2020限定万年筆第二弾に装着される万年筆の一部。

@03こちらは18K-BBのペン先だが、全てロジウム鍍金が施されている。

JOWO製の6号ペン先を全面ロジウム鍍金したのは、WAGNERでは初めてかもしれないな。

もっとも、レーザー刻印をしているので、その部分は下地の18金が出ている。

すなわち、大部分が銀色で、刻印部分のみ金色というペン先になるのじゃ。

この鉄刀木の五弁のマークは過去にも使われたのだが、その際には泉筆五宝という文字が入っていた。

それをぽんちゃんに”PPCIM”に変えてリデザインしてもらった。

実はJOWOの6号ペン先のBBは非常に懐かしい書き味なのじゃ。

そう、ヌルヌルヌラヌラ全盛期の書き味に調整出来る。

そのせいか、フトジスキーの方々に絶大な人気があるようだ。

いつも拙者が自分の万年筆用にBBを確保してしまうので、今までは十分に供給することが出来なかった。

そこで、今回は18K-BBの本数を増やしている。

しかし、第二弾は萬年筆研究会【WAGNER】の会員・会友の方だけに向けた限定品で、万年筆自体の写真はSNSへの掲載不可となっているので悪しからず。

@04@05@06こちらは真鍮古美萬年筆の鬼っ子。

スケルトンの胴軸に外側から塗料を塗ってしまったもの。しかも軸は黄色の色軸!

インクの色を楽しむ透明アイドロッパー軸を黄色に変えることすら言語道断なのに、胴軸に色を塗ってしまうとは!

しかもペン先はウェバリーを少し筆でまんねんに近づけた調整となっている。

この書き味は鉄ペンの最高峰ではないかと自画自賛している。

まだまだ調整出来そうな部分はあるのだが、その調整を施して今より良くなるという確証が持てないのじゃ。それほど良い!

金ペン対鉄ペンの戦いは、どちらが書き味が良いかという世界から、どちらが好みかの世界に移りつつある。

ちなみに、拙者は目隠しされて書いたら、金とスチールの書き味の差を言い当てる自信は無い・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月02日

アマビエ・プレジールとインク止め式万年筆とLichtopeロゴ入り万年筆

@01@02@03左画像は2つのアマビエ万年筆。

濃紺の方が秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆その1で、薄紫がプレジール・バイオレット。

濃紺の方は正面向きで、薄紫はオリジナルの角度に近い。それぞれ一捻りある。

薄紫は目がペン先の形であり、濃紺の方は口がペンポイントを正面から見た形。

Lichtopeは全国で2店しかなかったプラチナのアマビエペンのオンライン販売をしたのだが・・・

薄紫の万年筆のみあっというまに無くなってしまった。一番人気は間違いなく薄紫軸。

その薄紫軸がLichtopeのECショップで(いつのまにか)購入できるようになってる。こちら

アマビエ・プレジールはペン先の色もボディの色に合わせてる!

@04@05こちらは拙者が日常的に使っているOPUS88のインク止め式万年筆。

一時はインク止め式は万年筆ではない!なんて迫害していた拙者だが、転向は早い。良いと思えばすぐに前言を撤回する。

右側のように、尻軸を大きく緩めて使えば、ラメ入りインクでも怖くない!(ある一定限度まではね・・・)

右側画像左端の軸には樹海が入っている。このラメの堆積具合を見よ!これでも何の問題も無く書ける。


@06@07こちらは、OPUS88のFLORAにStub2.3个亮瓦鬚箸蠅弔韻燭發痢

こちらもLichtopeのECショップから一瞬で姿を消し、その後、ひっそりと購入できるようになっているようだ。

このStub型のニブはある程度書く方が工夫して書かないとすぐにインクが切れたりする。

拙者の場合は自分の筆記角度に合わせて研磨しているので、にゅるにゅると途切れること無くインクが出る。

インク止め式のインクフローの良さと研磨が合致すると、それはそれは気持ち良い。ぜひお試しあれ!

いずれにせよ、このFLORAは形がカワイイ!それにインクを入れる際胴軸が自立するのも助かる! 詳細はこちら

そしてブラック・アマビエ万年筆と兄弟軸のSnow Scene(スノーシーン:雪景色)にLichtopeのロゴを入れて14金ペン先をつけたものが綺麗!

@08コンバーターとカートリッジとアイドロッパー式の3種類で楽しめるのは尚羽堂の特長だが、今回のは透明感が凄い。

軽い軸なので、アイドロッパー式でインクをたっぷり入れると気持ちいい。

キャップを後ろに挿すと全長18僂量召軸に変身!

長軸好きの拙者ですらキャップを後ろに挿さないで使っている。その時の長さはペンポイントまで13.5僂△襦

詳細はこちらに掲載されている。そちらを見るとバイカラーペン先と金一色ペン先の差がわかりやすい。

@09@10スキャナーで撮影すると、見えにくいのだが・・・左端のFがバイカラーで、右側のMが金一色。

刻印の美しさはこちらの方が鮮明だろう。模様刻印もLichtopeのロゴも綺麗に入っている。

実は拙者も金ペンに独自ロゴというのを頼んでいたのだが、こちらに負けそうなので、逡巡している。


@12こちらは、少しバックの布を変えてみたバージョン。

JOWO製の6号ペン先のMは、スチール製ペンも金ペンも実に書き味が良い。

ほんの少しの調整で間違いの無い書き味になってくれる。

インク止め式にしろ、アイドロッパー方式にしろ、空気がどばっと入ってくれる万年筆はインクの出もいいものだ。

定評のあるJOWOの6号ペン先は安心していたのだが、FLORAのBockのスチール製ペン先には少し不安を感じていたのだが・・・

使ってみると、詰まらない、書き味良い、インク量多い・・・と文句なし。

軸にはDance Party と言うラメ入りインクを入れて使っている。もうやめられませんなぁ・・・インク止め式は!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月01日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾 その5 と セーラー・プロムナード

@01秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆は、いよいよ残り8本。

値段は軸とペン先が3つ選べて12,000円(国内送料込)です。

どなたでも申し込めるので、pelikan @ hotmail.co.jp までお問い合わせ下さーい。 

今回の限定品の特徴は、萬年筆研究会【WAGNER】会員以外の方からのお申込みが多いこと。実は、それを狙ったところもある。

アマビエ・ニブ付きの軸を11,000円で販売すると、一人の会員が複数本購入して、50本なんてあっというまに売り切れてしまう。

そこで、値段を1,000円上げ、追加で2本のペン先を選べるという案を捻りだした。見事に当たった!ちなみにペン先的には大赤字〜

こういうコストパーフォマンスの良い万年筆は、出来るだけ多くの万年筆愛好家に購入して欲しいのでな。

@02残念ながら8月末で製造中止になったセーラーのプロムナードもコストパフォーマンスの良い軸だった。

製造中止になると聞いて、迷わずロジウム鍍金の14K-MFニブ付きを10本購入した。

今でもamazonでは8000円以下で販売されている。これは買っておくべき!

ものすごい金の値上がりに、1万円で金ペン付き軸を売るのがいよいよ不可能になってきたのだろう。

このプロムナードはずーっとスチール製ペン先付きだと思ってうっちゃっていたのだが、ある時、14金ペン先付きだと気付いた。

そして、その時からロジウム鍍金の黒軸で、ペン先はMFというのを買おう買おうと思っていて買い逃していた。

今回、8末で製造中止と知った時に、思い切って10本購入した。MF付きだけね。


@03@04@05@06それを少しだけ調整してみたのだが・・・

ほんの10分ほどでそれは素晴らしい書き味に変わった。激変したと言って良い。

ひょっとすると最期の調整を経ないで市場に出ていたのかもしれない。

人件費を考えればそれもあり得たはずだ。なんせ1万円+消費税!その半額以下で作らなければ、取次や販売店に利益は残らない=売ってくれない!

万年筆を一本売る工数は、値段とあまり関係しない。従って高価な万年筆ほど小売店に喜ばれる。

それで国内シェアを伸ばしたのがモンブラン。仕入れ値は安くて定価が高かったから、販売店が競って売った。

そしてブランド力がついたところで、販売権を小さな販売店から奪った!

直売のブティックと同程度のサービスを提供出来る大手文具店だけに販売権を継承。

経営的に見れば、極めて妥当な判断。もっとも効率よく経営する為の判断は素晴らしかった。

この経営方針を出した当時の社長は、出世してグループ全体のトップにまで登りつめたという噂を聞いたことがある。知らんけどな・・・

そういう世界の潮流のなかで、コツコツと安くて性能の良い万年筆が作られていたことに敬意を表したい。

このプロムナード、調整すると素晴らしいですよ!当然、万年筆談話室からでもお嫁に出しますよー!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月31日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾 その4

@0150本用意した〔秋の泉筆五宝展限定万年筆第一弾〕も残り12本となった。

アマビエのペン先もオプションのペン先も欲しい字幅や刻印がめちゃくちゃ偏った結果となった。

これはある意味想定内。で準備していたのが、予備のペン先の供出じゃ。

軸の数が限られているので予備のペン先を作っておくためには、ある程度のロスを覚悟しておく必要がある。ま、商売では出来ないだろう・・・

@01その予備のペン先と余っているペン先を交換して再度作ったのが、この在庫表!

8月26日の時点では完売だった、アマビエのEFとか、五芒星を少しだけ増やした。

アマビエペン先は選択肢が増えるし、尚羽堂のペン先は選択肢が限られて迷う要素が無い。

そして本当のおまけのペン先(C1〜12)は、軸の数の倍近くの選択肢がある。

この秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆は第一弾だけがスチール製ペン先付き。

お手頃価格だし、そもそもペン先が可愛いのでお見逃しなく。

値段は軸とペン先が3つ選べて12,000円(国内送料込)です。

どなたでも申し込めるので、pelikan @ hotmail.co.jp までお問い合わせ下さーい。  
Posted by pelikan_1931 at 23:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月30日

真鍮古美仕上万年筆の衣装直し?

@02以前に紹介した真鍮古美仕上万年筆で最大の自信作である【アンモニア劣化】軸。

この軸を見てTono&Limsのトノさんが、【この軸に似合うインクを作りましょう】と提案したほどインパクトがあるのじゃ。

しかしながら本物を見ないとすごさが伝わらないのも事実。特に写真からではわからんなぁ・・・

そういうわかりにくくインパクトの無い胴体に、高価な18金ペン先をつけてもありがたみがないかも?と言うことで密かに画策していた。

50本作った 
Winter Night with アマビエ・ペン先だが、アマビエ刻印のブラック・ペン先だけは少し多めに作っておいた。


@01そのペン先を取り付けて見ると、胴体が地味なだけにペン先が目立つ。

しかも胴体の金属部分はほとんどが黒で所々金が出ている。ペン先も模様の部分だけ金色。

あれれ?けっこう似合っている!なを胴軸内のステンレス球はラメ入りインクを入れた時の攪拌用。


@02@03ブラック・ペン先はステンレスに塗装か鍍金してあると思うのだが結構強い。

少しだけスリットを開いたら見違えるように書き味が向上した。

それにしても黒い首軸に黒いペン先は似合う。このアマビエはかわいさではピカイチです!

ちなみにプラチナのアマビエでは目がペン先でしたが、こちらのアマビエでは、唇がペンポイントの形状です。

しかし、やはり本物を見てもらわないと・・・わかんねぇだろうな〜

今週末の萬年筆研究会【WAGNER】末名古屋大会や泉筆五宝展で展示しま〜す。

ちなみに、米国からの問合せは多いのですが、今はe-Packetでは送れません。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:33Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月29日

行方不明だったものが出てきて・・・・

2020-08-29今日、秋の泉筆五宝展2020会場で発売開始する〔深海〕インクのサンプルを限定万年筆 with アマビエペン先付きに入れた。

ついでにインク止め式万年筆に樹海インクを入れたら、ちょうど瓶が空になったので洗って並べた。

拙者はMontblancのロイヤルブルー以外の瓶インクを最後まで使うことは極めてまれ。

変質させたり、飽きたりして捨てることがほとんどなのだが、樹海は自分でプロデュースしたので最後まで使った。

幸い、JOWOのペン芯で使っている限りは、アイドロッパーでもインク止め式でもインクは詰まらないようだ。

樹海も深海も〔カイ〕シリーズのインクなので、
一応はあるロット数作ったらそれ以上は作らない。定番インクにはしないつもり。

回転吸入式だったら途中で新しい瓶に継ぎ足したりして、インクをだめにしただろうが、インク止め式に使う限りはシリンジで万年筆に入れるので変質のリスクは少ない。

そして2日ほど前に押し入れの奥から出てきた15倍のスケール・ルーペ!

万年筆談話室の机の上用、予備用、遠征用の3個があるのだが、以前に無くしていて1個買い足していた。

その無くしていた物が出てきたのじゃ。この3つの他にも遠征用のケースに1個入っている。

昨年までは、万年筆談話室での調整には15倍のスケール・ルーペ、遠征用は10倍のbelomo製ルーペ(を首から吊す)というコンビだった。

ところが今年はコロナの影響で遠征がほとんどなくなったので10倍ルーペを使う機会が少ない。結果として10倍では見づらくなった。

やっぱり慣れた物を使わないと調整のテンポが悪くなってしまう。

ちなみにスケール・ルーペを調整に使う人は、スケール板を外して使ってま〜す。

拙者は複数のルーペを持っている。10倍、14倍、15倍、20倍、25倍、30倍。

しかしよく使うのは15倍と10倍。14倍はコンパクトなのでバッグに取り付けてある。(ボシュロム製)

従って万年筆店でペンポイントを確かめるときには14倍を使い、調整するときには15倍を使うようになったな。

定例会でのペンクリは効率よくこなす必要があるので、細かく見えすぎるルーペは困りもの。

万年筆談話室での調整は、細かく見て、音と手触りで調整するので明るくて適度な倍率のルーペが好ましい・・・拙者の場合はな。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:40Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月28日

苦労も多いがやりがいも、そして、反省もある限定品製作・・・

@01左は2016年の萬年筆研究会【WAGNER】の限定品。

正式名称は【萬年筆研究会創立11周年記念万年筆】2005年12月17日に創立してから11年が経過したことを記念した万年筆。

NICEの色軸構想、しかも2色というのはいかにもハードルが高いように思えたのだが・・・実際大変だった。

凝った点は・・・

★エッチング加工したキャップリング

★金属部分はコンバーターまで含めて全部ピンクゴールド鍍金

★キャップと胴軸は濃さを変える

そして最難関は中軟(SM)のペン先を付け、レーザー刻印を入れることだった。

製造途中で色々課題も出てきたが、結果としては素晴らしい万年筆になった。

今ではとても作れない仕様なのだが、なんとか作り上げて行く中で、要望を出す側にも、作る側にもノウハウがたまったと信じている。


@02@03今では高価な限定品でしか実現しない中軟(SM)のニブの弾力は素晴らしい。

しかも、このペン先が中軟であることを示す刻印はどこにも無い。

当時は会員以外への流通は考えていなかったので、自明!と思っていた。

しかし、会員だって飽きることもあれば、もっと別の万年筆が欲しくなることもある。

2次マーケットに流れる場合は字幅刻印が無いと不利になるかもしれない。それは結果として購入した人に不利になる!

こう考えて、今ではほぼ全ての限定品に太さ刻印を入れるようになった。

令和2年度の1万円札の発行枚数は9億2千万枚、9兆2千億円。10年間続いて1枚も入替が無かったとしても90兆円しかない。

経済は1万円札に限らず、お金が人の間を行き来することによって成り立つ。

万年筆も死蔵されるよりも流通することによって、万年筆界自体が潤う可能性が高いのじゃ。

中古万年筆の流通が、新品万年筆の購入意欲を高める事も大いにあるし、万年筆人口を増やすことにもなる。

インクの世界では、ショップオリジナルのインクが、爆発的に売れている。

一方で、ショップオリジナルの万年筆を作るハードルはどんどん高くなってきていて厳しいようだ。

そんな中でも絶やさずに限定万年筆を作り続けていきたいと考えているので、ご協力よろしくお願いしますねぇ〜!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月27日

なぜ拙者が自己調整を極めようとしたのかの理由を思い出した!

2020-08-27左の3本は、過去3週間ほどほとんどさわってあげていない万年筆。

久しぶりに書いてみようとすると、インクの乾きによる掠れはともかくとして、書き味がめちゃくちゃ悪い。

おかしいなぁ、あれほど良い書き味に調整してあったのに・・・と考えていて思い出した!

それが自己調整を極めようとしたのかの理由だったのじゃ。

名人に調整してもらった万年筆でも放置していると、書き味がどんどん劣化していく。これは紛れもない事実。

万年筆の書き味をF1レースにたとえて説明したことがあったが、まさにそれ!

レースコンディションが変化すれば、レース結果は変わる。

ペンポイントがエンジンだとすれば、一ヶ月も回していなければ順調に回すには慣らしがいる。

これが当時わかっていたら、闇雲にペンポイントを削ったりはしていなかっただろう。

万年筆は毎日使っていれば、調整戻りは起こりにくい。しかし使っていないと徐々に戻ろうとする力が働き、書き味は劣化する。

今回はLABANのフレックスの書き味が一番違和感があった。

書き味を戻すには、少しだけ研磨が必要だった。研磨無し(Adjustmentだけ)でも戻せるのだが、かなり時間がかかってしまう。

てっとりばやいのは再研磨とうことで、元の状態にもどせた。かかった時間は2分ほど。

これが自己調整を極めようとした理由だった。

当時は100本以上の万年筆にインクを入れている割に、使用頻度は少なく、しょっちゅうドライアップさせてた。

万年筆は調整し続けなければ書き味は劣化するものだとうすうすと気づいて調整にのめり込んだ。

結果としてインクを入れる万年筆の本数を減らさないと、全てを良い状態では使えないと悟ったのじゃ。

よく、万年筆談話室に〔○○さんに調整してもらったのに最近は書き味が悪くなったんです〕といって持ち込まれるケースが多い。

その場合、調整自体が手抜きの場合が半分弱、残りは調整戻りか、筆記者の癖が変わったか、衝撃や筆圧でずれが生じたかじゃ。

そう、いつもでAdjustment出来る技を身につけていると万年筆ライフは快適ですよ!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月26日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾 その3

@02昨日発売された【秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾】は意外に売れている。

従来萬年筆研究会【WAGNER】ではスチール製ペン先付きの万年筆を発売しても、あまり注文は入らなかった。

むしろ、萬年筆研究会【WAGNER】会員以外の方々からの注文がけっこう多かった。また海外からの問合せは皆無。

海外の方々の期待は、日本の万年筆愛好家グループが作った日本製の限定万年筆に興味を持つようだ。

@01@03左の表のように既にアマビエのEFニブ付きは完売。

またオリジナルの尚羽堂のEFニブとStub1.5のペン先ユニットも完売。

五芒星のペン先についてはFのユニットが一個しか残っていない。

旧字宝のStub1.1も完売。(追記)

A/B/Cの選択肢はそれぞれ50あるので、残っているのは19本ということになる。

おそらくは両側に集中すると思ったのだが、アマビエ付きはかなり分散している。

実はStub1.5(白)に関しては、個々に掲示した以外にも少しだけ在庫がある。

どうしてもStub 1.5(白)が欲しい方は相談されたし。運が良ければGet出来るかも?

ちなみに写真の(拙者の)アマビエ(F)ニブ付きは、サンプル軸なので50本には入っていませ〜ん。

プラチナのアマビエシリーズもそうでしたが、こちらも医療関係者の方々からのお申込みが多いです。まだ19本ありますので、どんどん申し込んで下され!


@04@05もし、Stub1.5个梁世気破足出来なければ、OPUS88の2.3丱縫屬發△襦

こちらはLichtopeで売り出してあっというまに完売したのだが・・・どうやらまた買える状態になっているのを発見!

インクどドバドバ使いまくりたいインク女子には最適かも?

なんせ値段が猛烈に安い! 
拙者はこれでインク止めに目覚めました・・・  
Posted by pelikan_1931 at 23:46Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月25日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾 その2

@02@00@01昨日紹介したところ、すでにWAGNER会員以外の方からお申し込みがあった。

当初は、アマビエペン先付きの軸に、予備のペン先を一本だけおまけにつけようかと考えていたのだが・・・

本数を数えてみると、予備のペン先2本でもいけそうだと気づいた。

今回のスチールペン(アマビエ)を販売する主旨は、疫病退散のお守りとしてアマビエ万年筆を持ち歩いて欲しいという気持ちで企画した。

しかし思いのほか実際にインクを入れてお使いになる方が多そうなので、予備のペン先を二種類用意することにした。

封を開けた時点では、万年筆には左の黒アマビエのペン先が付いている。ペン先は黒アマビエからご希望の物を選んで下さい。

@01@02そして申込時に、おまけのペン先を2本選んで下され。

選び方としては、下の表でアマビエペン先付きのWinter Night を A1〜A5の中から選ぶ。

それに対して、追加のペン先は左端の尚羽堂のブラックペン先から一本(B1〜B6)の中から一本。

そして、五芒星か旧字宝のペン先(C1〜C12)の中から一本をそれぞれ選んで下さい。

注文例は・・・ A2+B5+C10  などのようにご記入下さい。

ただし、C1〜C12は残数がバラバラなので、入手できない場合もありますので、第二希望、第三希望くらいまで書いていただけると助かります。

アマビエペン先付き軸の代金は送料込みで12,000円。それにおまけのペン先が2本無料で付属する形になります。

すでにお申し込みされている方も、ぜひ追加のペン先を選んでお申し込み下さい。

萬年筆研究会【WAGNER】会委員には本日メールでご案内しますが、会員以外の方もお申込みいただけます。

pelikan @ hotmail.co.jp へお申し込みなおし下さい。おまけのペン先は、早い者勝ち(忖度無しで)で割り当てます。



すでにいくつかのペン先は完売しております。残っているペン先の中からお申し込み下さい。


@05
  
Posted by pelikan_1931 at 19:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月24日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾

タイミングが重なってしまったが、たこ娘さんのショップ【Lichtope】でも、オリジナル万年筆を発売した。

元々は尚羽堂さんが世界の販売店から注文を取って作った数量限定品。

少し出遅れてしまったのだが、なんとか枠を確保出来たうえ、限定のペン先を作ってもらう事も出来た。

実は、8月〜9月頃から金ペン先の値段が上昇するので、駆け込みでペン先の発注をせざるを得なかった。

通常なら本数、ペン先の太さの好みをうかがってから発注するのだが、間に合わなかった・・・

たこ娘さんSnow Scene という半スケルトン軸に金ペン先付き(しかもLichtopeのロゴ付き)を選ばれたようだ。


@01拙者の方は、濃いブルー軸のWinter Night にロジウム鍍金ペン先付きと、黒いスチール製ペン先アマビエ刻印を選んだ。

Snow Scene もそうだが、この万年筆のペン先もペン芯もJOWO製。すなわち真鍮古美仕上げのペン先と同じ。

そして、どちらもアイドロッパ−式にもコンバーター式にも、カートリッジ式にも出来る。

ということは、樹海やダンスパーティのようなラメ入りインクでも使える。軸に透明部分があるので見やすいはずだ。

@02@03今回の秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆 第一弾はブラックブラック・スチールペン先付きで12,000円だが、一捻りある。

元々は右側写真の左側(尚羽堂のロゴ入り)のペン先がついていたのだが、それを左側画像のアマビエペン先に交換した。

そして、希望があれば、右側のペン先の中から希望の太さを選んでくれれば、無料で進呈する。一本だけね!

アマビエペン先で EF、F、M、B、Stub1.1が各10本。

尚羽堂ペン先はEF、F、M、Bが各10本Stub1.5が8本でStub1.1が2本。

銀色のペン先は刻印は選択できないが、太字系なら残っている。

萬年筆研究会【WAGNER】会委員にはメールでご案内しますが、会員以外の方もお申込みいただけます。

pelikan @ hotmail.co.jp へお申し込み下され。オプションは希望者多数の場合は調整しま〜す。

アマビエB尚羽堂EFニブてな具合で申し込んで下され。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:58Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月23日

万年筆談話室発【アマビエ万年筆】第一弾は今週発売予定!

@01左は過去に当Blogで紹介した万年筆。下の2つはWAGNER限定の仕様。

一番上は尚羽堂の万年筆で、基本的には世界中同じ仕様なのだが、WAGNERだけは違う仕様となっている。


@02左画像を拡大してみればよくわかるが、ペン先にアマビエが彫られている。

先日紹介した14金バージョンでは【疫病退散】の文字が入っているが、ブラックスチールのペン先にはアマビエの姿だけで文字は無い。

ちなみに、中央のモデルだけが、本物で他の2本は単にアマビエ・ペン先を取り付けただけ。

拙者はブラック塗装されたペン先はほとんど所持したことが無いので、一人で盛り上がっている。

中央は Winter Night というモデルで、通常は尚羽堂のロゴがペン先に刻印されている。

拙者はその通常モデルを50本(ペン先付き)入手した上で、アマビエのスチール製ペン先を75個入手した。

ブラックニブは剥がれやすいので、念のために購入しておいた。その一部を流用して遊んでいるのだ。


@03アマビエのスチール製ペン先は左のとおり。

何故か位置決め用の草模様もレーザー刻印されてしまっているのだが、これが大当たり!けっこう華やかなペン先になった。

50本の内訳は EF / F / M / B / Stub1.1 が各10本ずつなので、人気が集中するとあっというまに無くなってものもあるかも?

値段は12,000円(送料込み)で、アマビエ以外のペン先がペン先ユニットごと別に付属する。

希望は入れていただいてかまわないが、どのペン先がアサインされるかは神のみぞ知る状態かな?
  
Posted by pelikan_1931 at 22:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年8月23日(日) は第12回〔たこ娘Day@万年筆談話室〕です!

たこ娘調整Day Blogたこ娘Day@万年筆談話室〕は、毎月1回開催されるたこ娘さん中心のイベントです。


たこ娘
さんが受講者と1:1で約90分かけて教えるたこ娘のパーソナル調整講座〕がメインです。その詳しい内容については以下をご覧下さい。

各人2時間の枠内で約90分間の実習です。お師匠さん1人に生徒1人というパーソナル調整講座!ご自身のペースで調整が出来ます。

〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕約制です。できるだけお早めに下記メールアドレス宛てにお申し込みください。予約状況は適宜更新します。

調整したい万年筆を1本お持ち頂き、
調整の基礎的な部分とその万年筆をパーソナライズするまでマンツーマンで講習します。

一度講座に出席しても、また不明点が出てきた場合には、その復習や、少し高度な調整も勉強できます。すなわち再履修可能です!

調整講座受講希望者がいない時間帯には、個別のペン先調整を依頼することも可能です。

練習用教材は提供されますが、ご自分で書き味をよくしたい万年筆10倍から15倍程度のルーペはご持参ください。指導料は教材費込みで 3,500円/人

なをbelomoの10倍ルーペは万年筆談話室でも販売しています(5,000円

個々の万年筆の状態によって調整手順は違いますので、何度受講されても 新鮮な感動を得ることが出来るはずです。

なを、〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕は調整部屋で開催されますが、その間は談話スペースでたこ吉がペン先調整や修理を行います。

すなわち、パーソナル調整講座と、通常の修理・調整は並行して行われます。


本業ではほんまもんお師匠さんであるたこ娘さんなので、人に技能を伝授するのは実にお上手です。


こちらの記事で紹介した Adjustment と Personalization の部分をわかりやすく、実習を含めて伝授いたします。


開催時刻は希望者のご都合を聞きながら決定していますが、今のところ予約状況は以下のとおりです。



1回目:10:30〜12:00 予約済 

2
目:13:00〜14:30 予約済 

3
目:15:00〜16:30 予約済

4回目:17:00〜18:30 予約済



パーソナル調整講座の空き時間には個別調整をたこ娘さんにお願いすることも可能です。下記宛てメールでお知らせください。

たこ吉 
10:00〜20:00まで万年筆談話室の談話スペースで調整しますので、当方の調整をご希望の方も下記のメールで知らせ下さい。


〔たこ娘のパーソナル調整講座〕
〔たこ娘の個別調整〕や たこ吉調整 をご希望の方は


Mailofficial @ mituo.co.jp にお申し込みを!


 の前後のブランク を外してからメールして下さいね。 

 

場所は この記事
 に掲載してあります。
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック