2023年02月25日

2023年2月25日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 裏定例会 in 横浜 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:225(10:4516:15 解錠10:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:夢・あいホール  住所:
横浜市中区 蓬莱町 2-4-3  CIMA関内ビル


2023年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 
 

入会申込書 V3入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。

新規入会ご希望の方は
左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。


18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

ゴミは各自持ち帰りとなりますので、ドリンクはペットボトルのみで、お菓子類持ち込まないで下さい。

★ペンクリを依頼する万年筆は、インクを抜き清掃してからお持ち下さい。インクが入ったままだと清掃料(500円)がかかります。


13:00から紙様勉強会があります。テーマは
スワン・サンエスなどの歴史。半一族にとっては必須の講座ですね!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月18日

2023年2月18日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中国地区大会 in 岡山 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:218日(  10:0016:30 開場9:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:岡山国際交流センター 5階会議室(3)      住所:岡山県岡山市北区奉還町2-2-1


2023年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 

 

入会申込書 V3


新規入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。

入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。


記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 
  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月11日

2023年2月11日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会 in 名古屋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:211日( 10:0016:30 開場9:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整を受けられます


場所ウィンク あいち【愛知県産業労働センター】9905会議室  住所:愛知県名古屋市中村区名駅 4-4-38


2023年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく! 

入会申込書 V3


新規入会希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

会場へ入るには、萬年筆研究会【WAGNER】への
会員登録が必須条件となりますが退会も再入会も自由です。

入会資格は〔万年筆が好き!〕ということだけで、年齢制限も入会審査もありません。


記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 
  
18未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


久しぶりに会場地下のちゃんぽんを楽しみにしています。 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月02日

〔 ひと昔前のカタログ 【パーカー】 その2 〕アーカイブ 2006年7月

Parker 21 〜 75が並んでいる部分をよく見ると、21/51/61 は明らかに売れ筋モデルではない。きっと売れ残りを掲載したのだろう。

このカタログで訴求したいのはヴァンドーム広場と名付けられた表紙のシリーズ。

世界一美しい広場と呼ばれるパリの広場なので、当然フランス製だろう。

不思議なことに純銀製は無く、金張りと銀張りだけ。しかも銀張りと純銀軸との価格差はたった1,000円!

この時代、いかに純銀がもてはやされなかったかがわかる。くすむと手が汚れるからかな?

そういわれれば金張りも銀張りも一切くすみは出ていない。(拙者のパーカー・コレクションを確認した結果)

こうやって21〜75までを並べてみると、やはり65がダントツでかっこいいなぁ!



2006-07-31 012006-07-31 022006-07-31 032006-07-31 04 








大いなる勘違いをしていたようじゃ。パーカー75 / 65 / 61 / 51 / 45 / 21が同時に掲載されているカタログは珍しい物ではなさそう。

当時の日本には相当量のParker 51などの流通在庫があったようじゃ。世代の切り替えがスムーズにいってなかったのかもしれん。

何故かVPはカタログ落ちしている・・・吸入機構が割れるトラブル多発が原因じゃろうな。

Parker61/51のブレの無い書き味に慣れてしまうと、Parker75のグリグリとした書き味に(当初は)なじめなかったのかな?

あるいは消費者ではなく販売側(万年筆の専門家)がParker 61/51に固執したのかもしれない。

ともあれParker 75は(その後)ものすごい勢いで売れたはずじゃ。田舎に住んでいた拙者の父親でさえ持っていたからな。

表紙写真のフラーメには【0】マークが首軸先端に入っているが、2頁目の定番品には入っていない。

Parker 75はかなり頻繁にモデルチェンジを繰り返していたので、一枚のカタログに複数世代のモデルが混じるのは珍しいことではない。

今回のカタログで一番勉強になったのは、モデル名の日本語がついていること。

フラーメ−−−−−−−情熱の炎
グレン・ドルジュ−−−細やかな綾織
ゴドロン−−−−−−−きらめく流星
エコセー−−−−−−−優雅なタータン
ディアマン−−−−−−まばゆい宝石
パルレー−−−−−−−清らかな真珠


全てのパターンを見た事はあるが名前を知っていたのは上から3つだけ。あとは今回がはじめて聞いた名じゃ。

しかも日本語解説はどれも初めて。【フラーメ】は蝋燭の炎の揺らぎを表現していると万年筆店で聞いていた。

それが【情熱の炎】という抽象的な表現とは知らなかった。ほかのパターン名は実態と近いパターン名称なのじゃがな。【フラメンコ】と関係があるのかも・・・・

パーカー75が13,000円というのにはビックリじゃ。65の金貼りの方が14,000円で高かったのか!

パーカー75の国内最終価格は25,000円。ものすごくコストパーフォマンスの良い万年筆だった。首軸が痩せてしまうトラブルが無ければもっと長寿命だったかもしれない。

この時代のParker 75のイリジウムは手溶接で大きな玉をつけているとフレンド商会のおばさまから聞いた記憶がある。

たしかにイリジウムの付き方は違うのだが、機械溶接であれ手溶接であれ【電気溶接】であることは確か・・・何が違うのじゃろう・・・

手溶接と言われているものは、押しなべて細字はインクフローを絞って字幅を出している。

それに対して機械溶接と言われるものは、小さいイリジウムで字幅を出している。書き味を比較すれば買ったままなら機械溶接のほうが上のはず。

インクフローが渋い手溶接はイライラするじゃろう。

 ただし調整を前提と売ればがぜん手溶接が脚光を浴びる。イリジウムを調整するには玉は大きいほうが良い。

一度手溶接のイリジウムを調整してみたいものじゃ。何本か持って入るがコレクションなので調整は施さないのでな。

ああ・・・生贄が欲しい!
 
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月01日

〔 ひと昔前のカタログ 【モンブラン】 その4−1〕アーカイブ 2006年7月

この記事を書いた当時は、まだ1070年代のNo.12xの調整は苦手だったようだ。60年代の2桁番台を絶賛していたようだ。

今になって考えれば、拙者が調整に手を染めたのは、後輩が持っていたこの時代のNo.12xの方が拙者の1983年製ル・マン100よりも書き味が良かったから。

値段が6倍ほど高いのになんでNo.12xの方が書き味が良いのかわからずに苦悶した。

それで手当たり次第に万年筆を買いまくって書き味の良い万年筆を捜した。それでも満足がいかなかったのだが・・・

あたしの父はサンドペーパーの上でペリカンのペン先を削っていてよ。すんごく書き味が良いわよ〕という秘書の言葉で調整に目覚めた。

そこから地獄のち天国が始まった。その起点となったのがNo.12xなので、おそらくは一番たくさん買った万年筆だろう。

今では、こいつの調整は得意中の得意!60年代に2桁番台とは違った味付けで依頼者を唸らせることが出来る!




2006-07-30 01このカタログは1970年代の商品が中心。価格が記載していない事から考えて、商品ラインナップがある程度(長期間)変わらないという前提で作られている。

当時は現在と違って、年に何本も限定品を出すような時代ではなかったので、それでも十分間に合ったのだろう。

この表紙は【シーン演出型】だが、日本の消費者に何を訴えかけているのだろう?

毛皮のコートを着て、ブレスレット型の時計を右手に嵌め、左手に大きな指輪をした女性がNo.1296+No.1296+No.1596【18金無垢軸3本セット】を男性におねだりしている。

トム・ジョーンズのようなモミアゲの男性は六つボタンのブレザーにカフスをしているが、左手に時計はしていない・・・かオーデマピゲのような薄い時計をしているのかも?

女性からこれだけたくさんの白い歯を見せられたら、拙者ならおびえてしまうなぁ・・

【その3】の表紙のすがすがしさとは違う、退廃的な香りがする表紙。おそらくは石油ショック前の米国を舞台とした演出だろうな。

2006-07-30 02こちらの写真に出てくる男性もモミアゲが鬱陶しい。当時はこうしたモミアゲを強調する髪型がはやっていたのかな?

この時期は拙者も長髪だった・・・ 真ん中の女性のような髪形で、ベルボトムのジーンズ、男性用のハイヒール着用、さらにはパーマをかけていた。

世の中狂っていたころじゃな・・・セーターはクレイジー・ポップ・パターン・・・思い出すだけでも恥ずかしい!

拙者はたしなまなかったが、男子学生は麻雀ばかりしていた。150人用教室に学生が20人で、あとは全員サボっていたこともあった。

学生運動が盛んで休講が多かった。拙者も授業なんぞ出ないで、古い万年筆あさりでもしていれば良かったなぁ。


2006-07-30 03そのころ売られていたのが、この1970年代モデル。当時はまったく興味が無かったので知る由も無いが、すごく贅沢な軸が作られていたのじゃな。

純銀のNo.1266はここ5年で何度か手にしたが、No.1286とかNo.1296は見たことすらない。

1970年代のMontblancの書き味はNo.14Xシリーズを除けば、なかなか厳しいものがある。

調整によってある程度までは書き味を上げられるが、50年代や60年代のような書き味には逆立ちしてもならない。

また極細用であってもイリジウムは小さくはない。大きな玉から横幅が薄くなるように削ったような形状だった(古い記憶)。

従って極細の字幅はインクフローを絞り、イリジウムの円の一点で紙に接するような調整になっていた。

こういう調整は拙者のように筆記角度を変えずに書く者にとってはおいしいところが無い。

イリジウムを小さく研いで、紙にイリジウムの腹を当てて書いても字幅は細く、インクフローは潤沢という調整にするのだが、これがなかなか難しい。

拙者が今までにペン先調整を失敗した数の75%以上が70年代No.12X。今なら何とかなるが、当時は一番苦手なペン先だった!

逆に言えば、No.12xのおかげでペン先調整のワザが磨けたとも言える。
  
この頁の万年筆にはまったく興味が無いが、ペンシルは一本持ってみたい気がする。ちなみにペンシルの芯の太さはいかほどなのじゃろう?0.5弌0.92弌1.18弌ΑΑΑ

  
Posted by pelikan_1931 at 22:53Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年01月31日

〔 ひと昔前のカタログ 【ペリカン】 その4−2 〕アーカイブ 2006年7月

外食の売り上げは 客数 × 客単価 で表現されていたが

この数式から立案できる戦略は
コマーシャルセットメニューのみ。

コマーシャルで一時的な
客数を伸ばし、セットメニューでひとり当たりの購入単価を増やすだけ。

これだと味を良くするという評価項目が無い。

従って、
来店経験者数 × 来店頻度 ×  客単価 と表現した方がわかりやすい。

これだと

☆来店したことのある人を増やす戦略(TVコマーシャルなど)

☆もう一度行ってみたいと思わせる味や店の雰囲気を良くする戦略、あるいはポイントカード/割引券戦略

☆訪問したお客様により高いお金を払っていただくお得セット戦略

に分ければ、今回の施策はどこを狙ったものかを明確に出来、結果として効果を把握しやすい。

それを万年筆に当てはめたのが下のBlogにある数式で、より正確に書くと

万年筆を持っている人数  × ひとり当たり購入済本数  × 単価 を最大化するのが業界の戦略だろう。

ひとり当たり購入済本数を増やす戦略は、毎年色違い軸を出すLamyの戦略に代表される。既存顧客に毎年買わせる戦略。あるいは新しい研ぎを毎年投入することなど。

単価を上げる戦略少し変わった装飾を付けて値段に見合う付加価値を上げる・・・蒔絵戦略じゃな。

そして万年筆を持ったことのある人の数を増やすのが一番難しい。それには万年筆の魅力をわかってもらう必要がある。

ここは、他の分野で影響力を持つインフルエンサーに万年筆の魅力を語ってもらうことに尽きると思う。

コレクターは、市場を小さくしていた方が珍品が散逸しないし、安く購入出来るので、業界売上が大きくなるのを好まない傾向がある。

今、一番万年筆を使う人を増やす戦略に貢献しているのはインクだろう。

万年筆を購入する女子が増えてきているが、集めたインクを消費する手段としての万年筆に目覚めた人も少なくないようだ。

この人たちの何人かが、毎年万年筆を買うような行動に移れば売上は上がるだろう。

彼女たちにとっては万年筆はアクセサリーのようなもの。昭和紳士の三種の神器よりももう少し軽いピアスのような存在。

従って女性が持って美しいと思える筆記具である必要がある。

書斎館がオープンしたとき、書いている手を手鏡で見せながら、似合うでしょ!とか、お洋服にピッタリ!とか言って売ったのは今考えれば正解だったな。

なんせ名称が〔ペン・ブティック書斎館〕だったもんなぁ〜


 


2006-07-28 012006-07-28 022006-07-28 032006-07-28 042006-07-28 05






前回の【ドイツのドイツ】で話題になったカタログの後半部分がこれ。右の2枚は三つ折のカタログに追加で挿しこまれていたものじゃ。

どうもペリカン社は制限をかけない限りどんどんモデル数を増やしていく傾向があるようじゃ。 今でもモデル数が異様に多い気がする。

万年筆の利用者が無限にいて、値段で販売数が変わるような場合にはモデル数を減らして合理化したほうが良い。

逆に万年筆を使う人の数が限定的であるならば、値段を上げて、種類を増やさざるを得ない。

万年筆の売上げを数式で表すと

  売上げ = 万年筆単価 × 購入者人数 × 1人当たり購入本数

じゃ。

従って単価を上げる戦略、購入者人数を増やす戦略、1人当たり購入本数を増やす戦略がある。

【限定品乱発戦略】は1人当たり購入本数増ねらい。決して単価アップではない。

そしてBlog活動は【購入者数】を底上げする戦略じゃ。間違って購入本数を増やすことの無いようにな・・・・って手遅れか・・・ _||

ちなみにSheafferのノンナンセンスなどの安価万年筆は、裾野を広げるのに一時は役立った。

ただそもそもの書き味が悪いと継続は難しい。その点、【赤と黒】や【ミニ檸檬】は書き味もそこそこ良かったので万年筆市場拡大に役に大いに立っているはずじゃ。

【単価アップ】の戦略は華美な装飾を施すことじゃろう。

挿入された1枚にも面白い表現がある・・・

【ペリカン万年筆。名品と呼ばれて130年。きまじめに磨きあげた書き味。しなやかさの中にきりっとしまりがあります。】

コピーライターは【ペリカンが創業と同時に万年筆を作り始めた】と勘違いしている事は明白じゃ。この部分は笑える。

しかし、【しなやかさの中にきりっとしまりがあります】というのはM30クラスの書き味を表現するのにピッタリ!

すなわちコピーライターは、実際にM30?を使って散々字を書いた上で、このコピーをひねり出したと思われる。立派じゃ!

文章やコピーは恐ろしい。たった1〜2行で、どの部分を手抜きしているかとか、仕事のやり方まで見透かされてしまう・・・

もっとも、そんなことを気にしていたらBlogなんぞ書けないので、お許しを。多少ボケが入ってきているのでな・・・ヨボヨボ
 
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年1月の〔Lichtope @恵比寿・代官山〕営業日 と 〔万年筆談話室 @麻布・三田〕開室日

談話室_Lichtope_開室日 閉鎖月1月2日〜1月31日〔Lichtope @恵比寿・代官山〕 営業日 と  〔万年筆談話室 @麻布・三田〕開室日左図のとおりです。


Lichtope は萬年筆研究会【WAGNER】の調整師である〔たこ娘〕さんの(筆記関連製品)セレクトショップ。


Lichtope 2022年5月3日(火)より恵比寿・代官山の新店舗で営業を開始しています。


代官山駅からだと平坦で徒歩4分以内。
恵比寿駅からだと登りで徒歩5分程度。住所は 渋谷区恵比寿西1-27-10 ZUKADAIKANYAMA 1F

書き味調整や研出しも行っています。メーカー保証期間中の万年筆は調整/研出しを行う事によって保証されなくなる可能性がありますので事前にご相談下さい。




102_代官山営業時間の横に(フリー)と書かれている日は、ご予約無しでご来店いただけます。

当日に調整希望の方は事前に予約を入れておいていただけるとお待たせしないで調整出来ます。

営業時間の横に(要予約)と書かれている日は、希望日の前日19時までにご予約確認をお願いします。

HPのお問い合わせフォームでお願いします。

予約状況によっては時間調整させていただきます。

お問い合わせフォームこちらです。(画面の下の方までスクロールしてください)

対面調整をご希望の方はご希望内容(日時、症状、本数、依頼内容など)をお問い合わせフォームにご記入の上、〔送信する〕を押して下さい。


102_恵比寿なを動画を使った 遠隔調整 は常時行っています。こちらも、お問い合わせフォームからお申し込み下さい。

直接 info @ mituo.co.jp  にメールしていただいてもかまいません。


Online Store には こちら から入れます。(カード決済もPayPal決済も可能)

他店では入手できないLichtope限定品(万年筆/インク)も多数ございます!

会員登録やメルマガ登録/削除も簡単に行えますので、お気軽に e来店 してみてください。




万年筆談話室萬年筆研究会【WAGNER】の創設者〔たこ吉〕が営む常設の〔ペン先調整 / 万年筆修理工房〕2023年1月上旬に閉鎖


万年筆談話室訪問には事前予約が必要です。  pelikan_1931 @yahoo.co.jp まで、ご希望日と時間帯、修理・調整内容をお知らせ下さい。

予約確認メールが届いてからおいでください。時間調整した上で予約確定メールをお送りします。

お預かりして修理・調整することは可能ですので、お持ち込み本数の制限はありません


万年筆談話室基本的に対面調整/修理ですので、当日中にお返しします。お時間の無い場合はお預かりします。

ペン先ひん曲がり、自己調整の失敗作、ペンクリ調整品の調整戻り、オークション出品前の整備、ニコイチ戻し、再鍍金、ペン先大改造・・・など他で相談しにくい案件こそ大歓迎!

また萬年筆研究会【WAGNER】限定品の販売や、修理/整備後の販売委託も承ります。ご相談下さい。


〔修理/調整料金の目安〕


(01)インクフローや書き味の改善など、大幅な研磨を伴わないパーソナライズ   1,000円 
    パーソナライズは下記の研出し/修理とは別料金です。パーソナライズ(書き味調整)は下記全てに付加されます。

(02)一段階の研出し(BB
➡B、B➡M、M➡F、F➡EF)   1,000円

(03)二
段階の研出し(BB➡M、B➡F、M➡EF   2,000円

(04)三
段階の研出し(BB➡F、B➡EF   3,000円

(05)ペンポイントの形状変更 その1(オブリーク化、オブリーク
➡通常)   2,000円

(06)ペンポイントの形状変更 その2(ソフト化:ちとソフトン/ウェバリー、ハード化:らすポス/ポスティング
   2,000円

(07)UEF(超極細への研出しとパーソナライズ:M
➡UEF、F➡UEF、EF➡UEF   4,000円

(08)縦書き用(鉈形状)への
研出しとパーソナライズ:BB➡まさかり、B➡ふと鉈、F➡ほそ鉈、SF➡チビ鉈) 3,000円

(09)横
書き用への研出しとパーソナライズ:Stub化:F/M/B/BB、超絶化:B/M   2,000円

(10)本体の分解清掃(完全分解後清掃して再度組み立てる)
 1,000円

(11)鍍金剥がれの再鍍金(ロジウム鍍金ペン先の研出しの場合には、この料金が追加となります)
 1,000円

(12)ペン先曲がりの調整(かかった時間に連動)
 2,000円〜5,000円

(13)部品交換を伴う修理(テレスコープ吸入式のOリング化、レバーフィラーのサック交換etc.)
 部品代(1,000円〜5,000円)+技術料(1,000円〜5,000円)

(14)上記以外(お見積もりします)


〔万年筆談話室〕 は 2023年1月15日まで、下記の場所で営業しています。

それ以降は麻布十番にあるコワーキングスペースなどで予約に基づくペンクリニックを開催する予定です。

そちらは2月以降になりますのでお楽しみに!


万年筆談話室の地図〔万年筆談話室〕の 場所 :東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ 209号室 (エレベーターを降りて正面突き当たりの部屋)

電話
03-5476-0361 

留守録に切り換わった場合は・・・ 
pelikan_1931 @yahoo.co.jp まで、ご希望日と時間帯、修理・調整内容をお知らせ下さい。  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年01月30日

〔 パイロット会社案内 その15〕アーカイブ 2006年7月

この記事を書いた後、パイロットも回転吸入式を出した。それがパイロット・カスタム・ヘリテイジ 92。

今でも14金ペン先付きで税込み16,500円というのはお買い得。必要十分な設計なので面白みは全くないがな。

もはや万年筆を使う世代は若者層に移行している。従って伺い状も電子化出来るのではないかな?

一定のタイミングでメールが送られてきて、そのURLをクリックしてアンケートに答えると抽選で何かが当たるとか・・・

そういうのがあればアンケート嫌いの拙者でもせっせと回答するかもな。

ただ、この場合、既にお嫁に出していた場合には、そのことを伝えると、次回からはお伺い状メールが来ないようにして欲しいな。





2006-07-27 Pilot 32今回が15回続いたパイロット会社案内の最終回。それにしても膨大な内容の会社案内だった。

その前に、【紙物コレクター】よりの情報が入った。

要約すると・・・・大正12年ごろには、1ヶ月、半年、1年、1年半、2年、3年、4年、5年の計8枚発送。

これがだんだん減ってゆき、昭和10年頃は4枚、戦後は2枚から1枚。平成13年頃まで続いた。ここ2〜3年は個人情報の問題で止めたらしい・・・・とか。

ものすごくお客様を大事にしていたのだと、改めて感激!ちなみに伺い状は葉書形式。

パイロットタイムスに記載された記事をまとめて【萬年筆と科学】がつくられたのかな?逆かな? 

販売店に対する技術移転をも目的としていたようだが、完璧に理解していた店主は少なかったろう。

完璧に理解していたら金ペン堂やフルハルターのような店がどこにでもあるはずじゃ・・・

ペン習字倶楽部は今でもある。その昔、拙者の母も通信教育でやっていた。ただし万年筆は使っていなかったな。拙者が小学校2年生のころの話。

わかくさ通信の主たる目的は【会員相互間の親睦を高めること】とか・・・フェンテ交流会やペントレ、WAGNERの先駆け!

上の頁と下の最終頁との間には、福利厚生施設や初任給の情報を示した3頁が挟まれている。

万年筆とは直接関係無いので省いたが、当時のパイロットの大卒初任給が18,100円。

当時サラリーマンをしていた拙者の父の手取りが3万円で、村一番の金持ちだった・・・ことから考えれば、相当の初任給ではなかったのかな?

営業職はこれ以外にも様々な特典があったと聞いた。時代の最先端を行く企業だったのだろう。


2006-07-27 Pilot 33最終頁のこの絵は迫力がある!戦争で焼失したが、同じ画家によって再度描かれたとか。それほど和田氏、並木氏の志を伝えようとしたのだろう。

【時が移り、人が変わろうとも、このパイロットの伝統精神は、必ず後世の社員に受け継がれることでしょう】と結んである。

万年筆全盛期に描かれたこの絵の精神が、現在のパイロット社にどれくらい影響を与えているのかはわからないが・・・

和田、並木両氏の魂が乗り移ったような絵の瞳には感動を覚えてしまう。

パイロット社もデザイナーの世代交代が進み、最近では非常に野心的な製品も出てくるようになった。

これからも眼がはなせない。プランジャー式も良いが、出来れば回転吸入式を作って欲しいものじゃ。尾栓を緩めたまま書くという行為にはどうしてもなじめないでな。


パイロット会社案内【その1】   パイロット会社案内【その2】   パイロット会社案内【その3】

パイロット会社案内【その4】   パイロット会社案内【その5】   パイロット会社案内【その6】 

パイロット会社案内【その7】   パイロット会社案内【その8】   パイロット会社案内【その9】

パイロット会社案内【その10】  パイロット会社案内【その11】   パイロット会社案内【その12】
      
パイロット会社案内【その13】  パイロット会社案内【その14】
   
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年01月29日

〔 その後の【THE PEN】 その1 【パーカー】〕アーカイブ 2006年7月

Parker Lady が謎だったのだが、検索してみるとこの画像が見つかった。

どうやらクラシック・シリーズを当初はLadyと呼んでいたようだ。どうりで万年筆を見たことがなかったわけだ。

SheafferがLadyを作ったので、それに対抗しようとしたのかもしれないが、勝ち目が無いとあきらめたのかな?

レディ・シェーファーは万年筆もボールペンも秀逸だったからな。

Parker 25の3本セットは海外旅行/海外出張のお土産の定番だった。日本で買うと高かったがDFSだとセットで100ドルしなかった。

それにしても〔世界のヤングのファッションをコンピュータで調査し、その結果を元に生まれたのがParker 25〕って、ほんまかいな?

当時Expert Systemはあったが、データ・マイニングもAIもなかった時代。

ま、せいぜい価格帯や素材のアンケート調査程度でだった可能性が高い。

笑ったのは
ヤングという表現。古ーい! いまならZ世代とでもいうのかな?




2006-07-25 Parker 012006-07-25 Parker 072006-07-25 Parker 02






2006-07-25 Parker 032006-07-25 Parker 042006-07-25 Parker 052006-07-25 Parker 06






これから11〜12週間にわたって毎週火曜日に紹介するこの【The PEN】には年代がどこにも書かれていない。

Montblanc No.149の価格が、1976年では25,000円、このカタログでは35,000円、1984年のカタログでは45,000円。

他の商品の価格との兼ね合いで年代がわかれば教えて欲しいものじゃ。


昭和51年のThe PENの発行は【輸入万年筆協会】だが、今回のは【日本輸入筆記具協会】となっている。

筆記具の主流が万年筆からボールペンになっていく中で名称変更を余儀なくされたのかも?


この年のThe PENには各メーカーの最初の頁に【メーカーが書く説明文】がある。

主要モデルの説明を書く会社や、会社の沿革を書く会社などバラバラ。

中身のカタログは標準化されているが、前書きまでは標準化されていないところが面白い。過渡期にありがちな状態!


パーカーでは【前書き】に、各モデル毎の特長を簡潔に説明している。この中に【90年のパーカーペンの成功の永い歴史・・】という表現がある。

パーカー75が創立75周年記念モデルで、1964年に発売されたことから逆算すれば1979年のカタログということになる。まぁ、1980年前後というのが妥当なとこだろう。


不思議なことにパーカー180の説明文に、両側筆記可能であるとの記述が無い。

通常はXFでひっくり返せばMというのが売りだったはず。この書き味をみくびっている人が多いが、うまく調整されたパーカー180の書き味は絶品ですぞ!


下段右から2枚目のカタログにマシーフが紹介されている。バーメイル45,000円、マシーフ40,000円。安い! 

拙者はこれらを夫々90,000円、70,000万円の値段がついているのをアメ横で見た。

結局【純銀とバーメールのストライプ】のモデルを購入したが値段は80,000円だった。既にプレミアムが付いていたのかも・・・


このマシーフシリーズはキャップトップにオニキスが付き、18金ペン先付き。

さらにはペンポイントは機械溶接ではなく、手溶接で取り付けてあるため耐久性が高いと聞いた。今度取り出して違いを調べてみよう。


解説には【パーカーレディー】が紹介されているが、写真にも価格表にも記載がない。気になるなぁ。どこかに画像があれば教えて欲しい。 
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年01月28日

〔 ひと昔前のカタログ【パーカー】その1-3 〕アーカイブ 2006年7月

二枚目の画像の下の方に、〔当社にて完全なアフターサービスを行っております〕という文章が有り、その左上にSUNRISEというロゴが印刷されている。

これは現在の株式会社サンライズ貿易のことだと思われる。

まだパーカーペン・ジャパンが日本に存在しなかった時代にはサンライズ貿易がアフターサービスを行っていたようだ!

ちなみに、サンライズ貿易ではパーカーやアウロラをはじめ数多くのブランドを取り扱っているが、パーカーに関しては・・・

ニューウェルブランズ・ジャパン合同会社のライティング事業部が総代理店だと思われる。

取り扱う筆記具の代表的ブランドは・・・

パーカー(高級筆記具)

ウォーターマン(高級筆記具)

ロットリング(製図・デザイン用品)

パーカーウォーターマンがニューウェルの傘下に入ったのは知っていたが、実はロットリングもグループに入っていたのは知らんかった。

現在既にパーカー万年筆のペン芯がウォーターマンのレタロンに使われていたものが採用されていたりする。

パーカーとウォーターマンという米国に起源を持つ万年筆メーカーの製造の共有化は行われているようだが・・・

ドイツのロットリングが米国の企業思想に馴染むのかなぁ?

ロットリングには日本語のHPもあるのだが、最近のことについては記述が曖昧で
ニューウェルとの関係はよくわからない。



2006-07-24 Parker 1-03Parker 45には、いったいどれくらいのバリエーションがあったのかな? 

形状はどれも似たりよったりだが、ペン先の素材と太さ、軸の素材に関しては数限りない組み合わせが考えられそうじゃ。

カートリッジ式のため、特に高度な技術やワザも不要。特殊なゴム製部品も不要。従って世界各国で生産されていた可能性も高い。

以前、フェンテ会員でParker 45の全ての軸色を集めたいと書いた人がいたが、目標は達成できたのだろうか?

当時はeBayなんてのはメジャーではなかったので、かなり収集に苦労していたようだった。

拙者が最も気に入っていたParker 45はキャップがステンレス梨地+一部金鍍金で軸がオリーブグリーンの物。ペン先は14金だった。

これは英国の通販サイトから5本購入したのだが、既に手元には一本も無い。

手ごろな価格の割りに書き味は安定し、何よりも軸色が綺麗な為、一目ぼれする人も多い。

欠点はキャップの開け閉めを長年繰り返していると、首軸の一部が痩せて凹みが出来ること。

購入する際には首軸の曲線に触ってみて凹みが無いかどうかを確認した方が良いだろう。

日本国内で販売されたParker 45のペン先はほとんどがXFじゃ。

拙者もXFとMしか体験していない。ぜひ極太なんぞあれば調整してみたいものじゃ。


2006-07-24 Parker 1-04下のペンスタンドにはビックリ!左の大理石セットなんぞはSheaffer製のほうがはるかに綺麗じゃが、スタンドが二分割されているのは非常に珍しい。

素材自体は安そうだが大きなデスクに置けば映えたことだろう。

1962年7月に印刷されたと小さく記されている。東京オリンピックが1964年に実施され、そのプロセスを通じて日本経済は大きく伸びた。

このカタログは東京オリンピックのちょうど2年前に日本で発行されている。

1964年は東京オリンピック開催と同時に、Parker75の発売年じゃ。

パーカー社にとっても日本に取っても大きな区切りとなるのが1964年だった・・・

このカタログはpre-Parker 75の最後のParker 総合カタログだったのかもしれない(日本にとってはだが)。

すばらしい夢を見せてくれそうな予感のするカタログですな!
 
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック