2016年12月30日

12月30日(水)はWAGNERの【年忘れ大バザール】@両国 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:1230(9:3016:30 解錠8:50
場所:国際ファッションセンター KFC Hall & Rooms (11F Room 112)  住所:東京都墨田区横網1-6-1 
2016/17年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!

★本年度参加の方は、会員資格継続のための最後のチャンスです。奮ってご参加下を!
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。記入例は ここ にあります!
参加を逡巡されている方は こちら を読んで安心して参加を!
お値打ちな萬年筆&関連Goodsをミニペントレに多数出品して下さいねぇ〜
 
今回はビンゴジャンケン大会もありませんので、景品持ち込まないで下さい
また、会場内にはご自身で飲むドリンク以外持込禁止です。
お土産など他の参加者に提供する目的で持ち込む飲食物は禁止ですので一切持参しないで下さい。
これ以上違反を繰り返すと、来年以降(ペントレなどに)会場が使用できなくなってしまいます。

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2016年12月18日

2016年12月18日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会 in 名古屋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:1218(10:0016:30 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:ウィンク あいち【愛知県産業労働センター】121208会議室  住所:愛知県名古屋市中村区名駅 4-4-38 
2016/17年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ にあります!
参加を逡巡されている方は こちら を読んで安心して参加を!
本年より、18歳未満は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
じゃんけん大会の景品を募集していますご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい。
今回のペン・クリニックでは修理は行いません。また字幅変更等も行わず書き味の微調整のみとなります。
メインはあくまでも年末大バザール
中部地区です! お値打ちな萬年筆&関連Goodsをミニペントレに多数出品して下さいねぇ〜 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2016年12月10日

2016年12月10日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 関西地区大会@元町 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:1210(10:0016:30 解錠9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:兵庫県民会館 9 902  住所:兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3  
2016/17年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!
 

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ にあります!
参加を逡巡されている方は こちら を読んで安心して参加を!
本年より、18歳未満は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
じゃんけん大会の景品を募集していますご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい。
今回のペン・クリニックでは修理は行いません。また字幅変更等も行わず書き味の微調整のみとなります。
メインはあくまでも年末大バザール
関西地区です! お値打ちな萬年筆&関連Goodsをミニペントレに多数出品して下さいねぇ〜

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2016年12月03日

テストの珍回答 その187

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験 での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。 
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。 

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁 に記す 
                                                              
1:
  
国語  次の漢字の読み方を記せ。(石川県の高校
     鉄面皮

解答:
てつめんぴ

鉄面皮とは・・・面(つら)の皮がまるで鉄でできているように、恥知らずで厚かましいこと。厚顔無恥。

たしか、太宰治が自分のことをこのように表現していたと記憶している。自虐にも使うのかな?

5年くらい前は、小池百合子さんのことを鉄面皮と感じていたが、いまではすっかりヒロインになり申したなぁ・・・ 
  

2
:  国語  次の【   】の中に漢字を入れて慣用句を完成させよ。(愛知県の高校
     悪い奴の【   】車に乗る

解答: 

馬に乗るとも口車に乗るな ・・・ という表現がある。
馬に乗っても被害は何もないが、口車に乗るとだまされてひどい目にあうから注意せよということ。
「馬に乗る」と「口車に乗る」を掛けたことわざ。「馬に乗っても口車に乗るな」ともいう。
 昭和初期、駅の案内看板「口車乗(じょうしゃぐち)」が語源と言う説もあるが、これでは意味が通らない。


3:  社会  聖徳太子は摂政になると隣国の随へ【    】を送り、強気な外交を進めた。【    】に入る言葉は? (神奈川県の中学  
 

解答:  遣隋使

特に日本史に疎い拙者が説明する事は出来ないので、こちらを読まれたし!

 
4
:  理科  【   】に当てはまる適切な語句を埋めよ。(愛知県の中学  

      台風は一般に【    】が低くなると、勢力が強くなるとされている。

解答:
 気圧

こういう確証の無い問題を一般的と読んで出していいのだろうか?
気象庁のHPには、台風の大きさと強さに関して、このように書かれている。
ま、気象庁の表現もかなりマニアックでわかりにくいがな・・・ 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 22:44Comments(1)

2016年12月3日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 裏定例会@横浜 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:123日(  10:0016:30 開場9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:横浜情報文化センター 7F大会議室 住所:横浜市中区日本大通11番地
2016/17
年の予定  ここ を押して! 名札
をお持ちの方はお忘れなく!

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例 ここ にあります!
参加を逡巡されている方は こちら を読んで安心して参加を!
本年より、18歳未満は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(6)

2016年12月02日

金曜日の調整(予定)報告 【1980年代 Montblanc No.146系 金張モデル・・・満身創痍からの脱却は可能か? 】

1こちらは、以前にも紹介したNo.146系の純銀モデル。首軸は透明で、ペン芯はエボナイト製。
ペン先は18Kで、コストカット穴があるモデルじゃ。
実は、このモデルはペン先を叩き出す作業の時にインク窓が割れてしまった。
そこで2年の歳月をかけ、同様のNo.146の樹脂モデルを削って純銀軸を被せたものじゃ。
持ち主に返却したのだが、すぐに飽きて、友人に売却。その友人がWAGNERに持ち込んでペン先調整を依頼したまま・・・2年近く取りに来ていないもの。

拙者が過去に行った修理で最も大がかりで、仕上がりも完璧な自信作だったのになぁ〜。この年末で恩赦ですぜ〜!早く取りに来てねぇ〜!

2しかし、それよりも酷い状態の物が先日持ち込まれた。こちらはバーメールではなく、金張モデル。
ただ、透明インク窓なので1980年代の軸。ペン芯もエボナイト製なので、上記と同世代のモデルだろう。
これは、インク窓が割れているのを承知でオークションで購入したらしい。非常に安く落札出来たとか。そりゃそうだ、修理に出すと何万円もかかってしまうし、部品が取り替えられるリスクもある。

3たまたま同じ時代のNo.146の胴軸とピストン機構はあるので、上記と同じように直せるかなとも考えたのだが・・・
なんと尻軸の長さが黒軸と金張軸とで同じなのじゃ。金属の内部を削って上から被せるという裏技を実現するには、少なくとも尻軸の長さは金張モデルの方が長くないと被せられない。
この方式には非常に大きなリスクがある。 高い部品代を支払っても出来ない可能性が高い。

4こちらの方式は、胴軸は上記修理と同じように既存の胴軸に被せるが、尻軸は黒のまま使う手じゃ。
kれはこれで似合うと思うが、いずれにせよ、胴軸を削って金属を被せる作業は必要じゃ。
すなわち、2年がかりの修理となる可能性が高い。オリンピックまでには出来そうだが、集中して丸一日作業しなくてはならない。 

5こちらは、胴軸を黒軸と交換し、それに金張のキャップをそのまま嵌めるという方式。
実に安易だが、こういうモデルもあったので、まんざらニコイチとは言えまい。

どの方式にするのか決定したいので、明日の横浜大会ででも方針を聞かせて欲しいな!   
Posted by pelikan_1931 at 22:25Comments(1)

2016年12月01日

2017年と2018年の萬年筆研究会【WAGNER】関連イベントのご案内

1左画像は昨日更新された2017年の萬年筆研究会【WAGNER】関連イベント情報。

更新前の計画は週末まで2016年1月1日のBlogで見られるようにしておくので、比較されたし。
拙者もドジ トシ なので、現状の ”毎週どこかでWAGNERがある” という状態に、主催者として参加するのがしんどくなてきている。

2017年は45日間程度にしようと考えていたのだが、会場の都合で2016年のKOBE PenShowが2017年の1月末(2日間)にずれ込んだため、年間47日となった。
従って左は、本来ならば年間45日開催ペースのスケジュールなのじゃ。

2016年の夏場に更新した2017年計画では年間開催日数が51日となっていた。これをとりあえず47日間と4日間スリム化したのが、これじゃ。 

削減されたのは以下のとおり 

2017-07-30 盛岡大会  中止  
2017-10-07 松江大会  2017年は休むが、2018年に復活  
2017-11-18 三島大会  ソウルペンショーの開催日時変更によって中止
2017-12-09 名古屋大会 KOBE PenShowで身も心も財布も疲れ切っているため
2017-12-16 京都大会     同上

追加になったのは

2017-10-21 札幌大会  年間1回開催にするのは2018年からに変更。2017年は年2回開催を継続。 

2そしてこちらが、2018年の開催計画表。まだ日程が確定していない物も多数。特にWAGNERが主催者ではないいケースは、全て想定。
2018年からは年間開催日数は、40日を越えない程度とする。 

その補完として、東京に夜21時まで開ける【萬年筆談話室】 というスペースを開設予定。

WAGNER開催日は基本的に土日祭日であることから、参加が難しい人のためのスペースとするのが第一目的。

出張や家族旅行の際、ふらりと立ち寄ることが出来るようなスペースとする予定です。内容は詰まりしだい広報しま〜す!

まわりにいろんな萬年筆関係の仲間を集めて、萬年筆シリコンバレーのようにしたい・・・なんてね。   
Posted by pelikan_1931 at 22:25Comments(1)

2016年11月30日

趣味文 Vol.40 52頁の講評 (ロングバージョン公開)

1今回の趣味文はインク特集。すさまじい数のインクが紹介されている。
滲みの実験や、顔料インクの耐水性試験などもある。
十数年前までは、インクに関する比較資料というのは、こちらで紹介されている 【Fountain Pen Inks A Sampler】という資料しか無かった。

筆者のGreg Clark氏に連絡して、100部ほど作ってもらい、当時のWAGNER会員に販売した記憶がある。
全て紙に綿棒でインクを擦りつけて作るので、非常に時間がかかったはずだ。

 この【Fountain Pen Inks A Sampler】では、粘度や表面張力は測定していないが、pHや耐水性は調べてあった。
また特徴的なのは、耐光性についての実験があったこと。
カリフォルニアの日光が当たる窓にインクで書いた紙を貼りつけて放置し、数ヶ月後に回収して耐光性を調べたものだった。

当時は、まだ(世界で)150種類以下のインクしか無かったので、まだ手作業での実験は出来ていたのだろう。

その後、Greg Clark氏の引越によって、 【Fountain Pen Inks A Sampler】は製造中止になってしまったと記憶している。

今回拙者の記事が掲載されている52頁には500文字程度しか掲載されていないが、書いたのは1290文字程度。

皆さんに協力していただいた官能検査の結果を中心にピックアップされているようだが、真意が伝わっていないと感じたので、このBlogで全文を掲載することにした。

この件は、趣味文に確認済みで、52頁の筆者欄の最後に、Blogでロングバージョンを掲載すると書かれている。

では、次の行からがロングバージョンで〜す!

今回の特集で224種類のインクの表面張力と粘度の一覧表が完成したが、この数値はあくまで参考値であり、インクの性能を正確に表したものではない。
 
測定条件によってそれぞれの数値はかなり振れてしまう。水の粘度は摂氏20度で約1.0mPa・sだが、摂氏25度では約0.889mPa・sに下がる。

また水の表面張力は摂氏20度では72.75mN/mだが、摂氏40度では69.55mN/mに下がる。
 
表中で一番表面張力の大きなクロスのブルーであるが、インク瓶の形状はペリカンと同じで、両者を綿棒で紙に書いてみると色合いは完全に一致した。

比較すると粘度は0.1ペリカンが高く、表面張力はクロスが8.49高い。従って測定条件によっては、これくらいの差は出るという前提で、この表やグラフを眺める必要がある。
 
専門家の意見によれば、粘度は上げる方が簡単で、古典的な方法ではアラビアゴムや糖を加えたり、最近なら高分子化合物を加える事で簡単に上げられる。
 
プラチナやモンブランの顔料ブラックは安定性を上げるために粘度を上げており、セーラーのストーリアでは顔料の粒子径を小さくすることで安定化し、粘度をあまり上げないように工夫しているようだ。
 
表面張力は下げる方が簡単で、界面活性剤や水以外の溶媒を加えれば下がる。 

メーカー毎のインクを前頁のチャートから拾ってみると、新シリーズのインクほど粘度の差が少なくなっている。
 
また混合可能なインクに関しては、一部を除いて粘度も表面張力も非常に近しい値となっている。
 
よほど色合いに拘りがあれば別だが、インクは新しいシリーズの方がより筆記時・筆記後の性能が良いと判断できる。
 
今回の官能検査では原稿用紙とコピー用紙に同じ萬年筆+インクで筆記してみた。

その結果、インクフローや書き味に関しては両者に有意差はなかったが、表面にじみと裏写りの関しては、原稿用紙が圧倒的に少なかった。
 
また粘度が224色中で最も低いペリカンのターコイズが裏写りに関しては原稿用紙に書いてもコピー用紙に書いても最高の評価であった。
 
同様に顔料系インクの中では粘度も表面張力も低めなセーラーのストーリアナイトブルーが原稿用紙に書く限りは表面にじみも裏写りも最高評価!
 
インクフローや書き味に関してはペンポイントの太さによって大きく変動するし、個人の好みの差も大きいので、どのインクが良いとは一概には言えない。
 
表面にじみと裏写りについては粘度の低いインクを選ぶ方が失敗は少ないという仮説も立てられそうなので、次の機会のはこの仮説に基づいた実験をしてみたい。   
Posted by pelikan_1931 at 21:22Comments(2)

2016年11月29日

火曜日のアンケート調査 【 2016年に最も愛用した手帳は何ですか? 】

先週のアンケートは、【あなたは萬年筆をどう楽しんでいますか?】というものだった。
(1)萬年筆を集める
(2)萬年筆を愛でる
(3)萬年筆で字を書く
 
さて、どれでしょう?というものだったが、あまりにも回答数が少なくて、傾向がよくわからなかった。
ペンクリをやっている立場からすると、ペンクリに持ってくるくらいだから(3)が多いのかな?と考えていたのだが・・・

萬年筆が書き味の良い状態になったら、コレクションに加えて、また新しい萬年筆を購入する・・・というタイプのコレクターもけっこういるという仮説が立てられる。

そういえば、あの人も、あの人も・・・何人も顔が浮かぶな(笑

最近、萬年筆研究会【WAGNER】会員に中にも手帳にはまっている人が多いらしい。そういう会を主催している人もいると聞く。

拙者が持っているTAKUYAのイフ・タム・ヤー・シム・シム型のほぼ日手帳ホルダーには・・・2014年用の手帳が入ったまま。
その開いたところに、趣味文の編集長と打ち合わせた内容を走り書きするだけ。従って古い手帳でも余白があれば良いという酷い使い方。

拙者もちゃんと手帳を使いこなしてみたい物だとは昔から考えていた。
システム手帳は今までに50種類以上は試したが、一週間以上使ったのはA5の物のみ。しかもプロジェクト管理用だった。

いまだに私用で手帳を使うことはない。
日本で最初に汎用コンピュータで自分のスケジュールを管理したと豪語していた拙者だが、単に自分で書いた字が判別できなかったから。必要に迫られていたのじゃ。それにタダだったし。

しかし、UEFの萬年筆を使ってみたいので、来年から手帳にチャレンジしてみようかと考えている。

そこで質問です。


あなたが2016年に最も愛用した手帳は何ですか?銘柄点、点を教えて下さい。


   それでは 
GO!
 
   
Posted by pelikan_1931 at 22:15Comments(20)

2016年11月28日

WAGNER 2016 M➡UEFへの削り出し やっと終わった!

1左は調整の方向性を定めるために自分用に調整したWAGNER 2016 21K-MSじゃ。未使用状態は先日紹介していたと思う。

今回、セーラーの21金のレーザー刻印を初めて調整することになるので、まずはこちらで練習と相成ったのじゃ。

なんせ、M➡UEFの削り出しは、予備が一本も無いので失敗出来ないのでな。
18金の刻印無しは、y.y.限定品で経験しているのだが、21金で打刻無しは初めて。
打刻刻印ならペン先は固くなるのだが、レーザー刻印は硬さに変化を与えない(と聞いた)ので、柔いのではないかと不安があったのだが、ペン先が肉厚なのでまったく問題なかった。

今回はMからUEFへの削り出しに関しては、全て当方で調整してから送付することにした。
先日、松本でCarちゃんで削り出しを実験したのだが、砥石の回転精度が悪いので、UEFレベルまでの調整を綺麗に行うのは不可能と判断した。
そこで昨日と本日、ポケッチャーを用いて削り出し&微調整を施した。ポケッチャーは砥石の回転時に一切のブレが出ないので削り出しには最適!

Carちゃんはコンパクトで持ち運びに便利だが、EFやUEFへの削り出しに使うには、砥石の回転精度に不安がある。
ミニ四駆に詳しい人が砥石を取り付ければブレが出ないのだろうが、プラモデルを一度も完成させられなかった拙者が取り付けると、必ず車輪(砥石)の回転がブレてしまう。

結論として、Carちゃんは遠征用、ポケッチャーは在宅用となっている。チャーチャーもあるが、こちらは仕上げ用。削り出し後にペンポイントの形を整えるに利用している。
そして仕上げは今までどおり、紙状の耐水ペーパーやラッピングフィルムを使っている。
親方調整シートは、遠征時に愛用している。あまり調整に時間をかけられない時には生産性が良く、ペーパーの消費量が少ないので助かる。
が、UEFへの削り出しなど、左右の人差し指の感覚で研ぎを微調整する際には紙状の方が正確に出来る。
 
今回のWAGNER 2016は、MからUEFへの削り出し以外は、ペン先段差の微調整だけを施した状態での引渡となる。
各人の書き癖に合わせたパーソナライズは同封の特製調整コインをWAGNER会場のペンクリで拙者に差し出してくれればその場で調整します。 
他の調整師は、このパーソナライズは行いません。コインが違うのでお間違いなく! 

MからUEFへの削り出しに関しては、会場での受取を希望される方には、会場で研ぎ出そうと考えていたのだが、一本1時間かかる上、Carちゃんでは精度が出ないので中止し、自宅調整とした。

現状では、Mから書き味の良いEF程度に削り出している。本当にUEFが良ければ会場で削り出せるのでお声がけ下され。
MからEFへの削り出しはけっこう良い書き味のだが、さらにUEFまで削り出しと、細くはなっても超カリカリになるので、あまりお薦めは出来ないがな。 

今回、MからEF程度に13本削り出しただけでもかなり眼と指先を酷使した。
これを3BからEFへ、しかも何千本もを高回転のドリルで行えば手首の負担はすごい事になるなぁ・・・と実感した。

ということで、今回の13本の会場微調整が終了したら、UEFへの削り出しは自宅・会場を問わず、一切行わないので悪しからず。
ただし、同程度の効果のある タコスペ超不細工 は引き続き継続しま〜す! こちらは幅を狭める削り出しをしないで超極細を実現するワザです。

上の画像のインクはMontblancのバイオレット。サインを超高速でしてもインクが切れないようにMSを調整するのは、パーソナライズの極致!
どの方向にペン先を向けて書いても引っ掛からずインクも切れない極太。しかも角研ぎのまま・・・というのは書き癖とピッタリ合わせないと無理な調整。すなわち、自分で調整するのが一番なのじゃ。 

こういう調整は、微調整しながら3日くらいかけて調整しないと完璧にはならない。本当はさらに一ヶ月の熟成微調整が必要な場合もある。

でも、出来ると手放せなくなりますぞぅ〜といいながら、拙者の手元には一本も残ってないがな。
ただし、今回のWAGNER 2016 21K-MSのこれは、拙者の最高傑作なので、手元に置いておくがな。

これを試筆した(他)人はソリトンさん一人。きっと永遠に一人のままだろう。もはや門外不出!  
Posted by pelikan_1931 at 22:22Comments(0)

2016年11月27日

最後の一本!

先日、aurora_88さんがソウルから親方にTV電話をかけたところ、側に白髪頭が一瞬映った。
すかさず同行者が【あれ、川口先生いらはるんですか?】 と声を上げると、川口先生の顔のどアップが画面に現れた!どうやらペンクリニックのあと、主催された店舗の幹部の方々との宴会中だったらしい。

電波が乱れたので、TV電話はそこで切れてしまったが、川口先生と言えば【最後の一本!】 が合い言葉。
これを広めたのは紛れもなく拙者だが、この台詞を川口先生から直接聞いたことがあれば、かなり昔からの万年筆愛好家だと断言できる。

拙者も5回以上は聞かされているが、最初の2回以外は、”またですかぁ?”てな感じで右から左へ聞き流していたので覚えていない。

最初は、伊勢丹のペンクリに川口先生が来られていた時。単に表敬訪問しただけなのだが、顔を見るなり【まぁ、すわんなさい、ええもん見せますけぇ】と、ゴソゴソと机の下から何か出す。

見ると、プロフィットの純銀軸に貝をビッシリと貼りつけた螺鈿のような万年筆が出てきた。
唖然としていると、【ええでしょう、5本ほど作った、最後の一本です】 とニコニコしながら呟く。

高そうだなぁ・・・と値段を聞くと、”五万円です”とおっしゃる。この加工で5万円は安いと速攻で入手。その後、ペン先はクロス長刀の太字に自分で交換した。エンペラーははずして装着した記憶がある。

この時は、本当に最後の一本らしかったが、少なくとも拙者はその後、同じ万年筆を持った人に2人会っている。日本は割と狭い。

2回目は、世界の万年筆祭り。何回目かは忘れたが、最初の方の開催の時。

セーラーのプロフィットのスケルトン軸で、金属部分が全部24金鍍金された萬年筆が川口先生の机の上並んでいた。
ペントレイの中にぽつんと1本だけ!川口先生に聞くと、【今日工場から試作品が届いたんじゃが、売れてしもうて、これが最後の1本じゃ、いりますか?】とおっしゃるので、もちろん!と答えて奪い取るように持ち帰った。
勤務中の立ち寄りだったので16時くらいの訪問。手に入れられて良かったと悦に入って帰宅し、自分で調整!

翌日は、休日だったのでお礼かたがた川口先生のブースへ行くと、昨日と同じ萬年筆がペントレイにずらりと並んでいる。

あれぇ、最後の1本っていったじゃないですか!】 と先生に詰め寄ると、川口先生は頭を搔きながら・・・

いやぁ、昨日はたしかに1本しか残ってなかったんじゃが、今日来てみたら工場がらごっそり届いとるんよ。全部売らんといかんから、宣伝してくださいよぅ〜】 とおっしゃる。

拙者が最後の一本は川口先生の営業トーク! と断じた事件であった。それ以降、萬年筆愛好家間のトレーディングでも  ”最後の一本” が大いに流行した。

1その最後の一本を表現した最高の画像がこちら! 
facebookやtwitter、Lineなどでは紹介すみだが、こちらでは初めてかも?

そして最後の一本で検索して出てくる映画のあらすじを書いてあるサイトがこちら! 

いずれにせよ、【最後の一本!】 は憎めないキャラの代表、くすっと笑える物語と考えて下され。

拙者のBlogは親方が看破したとおり、予告・広告でもあるので、今後拙者の口から 【最後の一本!】 が発せられたら、要注意!特に年末大バザールではな・・・  
Posted by pelikan_1931 at 20:13Comments(4)

2016年11月26日

テストの珍回答 その186

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験 での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。 
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。 

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁 に記す 
                                                              
1:
  
英語  次の英文を訳しなさい。(群馬県の中学
     Shall we dance?

解答:
私と踊りませんか?

wikiによれば・・『Shall we ダンス?』(シャル ウィ ダンス?)は、1996年(平成8年)1月27日に公開された日本映画。主演は役所広司と草刈民代。
監督は周防正行で、この映画がきっかけで草刈民代と結婚した。草刈民代は社交ダンスのプロではなかったが上手かったなぁ。バレーと社交ダンスに共通点はなさそうなのだがな・・・ 

本作で振付を担当したわたりとしおは、映画の2次媒体での利用は振付の著作権を侵害しているとして、2008年4月に角川映画(現・KADOKAWA)を相手取り、損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした。
2012年2月、東京地裁は振付の著作権を認めず、請求を退ける判決を下した。 

脇役陣が充実していた映画だった。
竹中直人(青木富夫:杉山の会社の同僚、ドニー・バーンズ(en)にあこがれている)
渡辺えり子(高橋豊子:オバサンダンサー)
柄本明(三輪徹:三輪探偵事務所所長、昌子の依頼を受ける)
原日出子(杉山昌子:正平の妻)

とくに竹中直人の存在感は大きかったなぁ・・・ 
 
  
2:  理科  近年で噴火した活火山をひとつ答えなさい。(大阪府の中学

解答: 三宅島、雲仙普賢岳など

活火山に関して気象庁のHPを見ると、以下のような記述がある。

かつて使われた「休火山」「死火山」とは
 昔は、今現在活動している、つまり噴火している火山は「活火山」、現在噴火していない火山は「休火山」あるいは「死火山」と呼ばれていました。
 例えば、富士山のように歴史時代(文献による検証可能な時代)に噴火記録はあるものの、現在休んでいる火山のことを指して「休火山」、歴史時代の噴火記録がない火山のことを指して「死火山」という表現が使われていました。
 
「活火山」の定義と活火山数の変遷
 しかし、火山の活動の寿命は長く、数百年程度の休止期間はほんのつかの間の眠りでしかないということから、噴火記録のある火山や今後噴火する可能性がある火山を全て「活火山」と分類する考え方が1950年代から国際的に広まり、1960年代からは気象庁も噴火の記録のある火山をすべて火山と呼ぶことにしました。
 1975(昭和50)年には火山噴火予知連絡会が「噴火の記録のある火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義して77火山を選定しました。
 この77火山は主として噴火記録がある火山が選ばれていましたが、噴火記録の有無は人為的な要素に左右される一方、歴史記録がなくても火山噴出物の調査から比較的新しい噴火の証拠が見出されることも多くなり、 1991年(平成3)年には、火山噴火予知連絡会が活火山を「過去およそ2000年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」と定め、83火山を選定し、その後1996(平成8)年にはさらに3火山が追加され、活火山の数は86となりました。
 しかし、数千年にわたって活動を休止した後に活動を再開した事例もあり、近年の火山学の発展に伴い過去1万年間の噴火履歴で活火山を定義するのが適当である との認識が国際的にも一般的になりつつあることから、2003(平成15)年に火山噴火予知連絡会は「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義し直しました。
 当初、活火山の数は108でしたが、2011(平成23)年6月にはさらに2火山が新たに選定され、活火山の数は現在110となっています。

どうやら過去1万年以内に噴火した痕跡がある火山は全て活火山と呼ぶらしい。
ということは、富士山でも箱根山でも八甲田山でも正解と言うことになる。 
 
3:  理科  ワカメはどのようにして増えるか答えなさい。(京都府の中学  
 
解答:  胞子を放出して増える

こちらに、ワカメの生殖活動の画像がある。
なるほど、子持ちワカメは大好きだが、こういう生殖活動をしているとは知らなかったなぁ・・・ 

 
4
:  英語  次の単語を過去形にしなさい。(福島県の中学  

      walk

解答:
 walked

こういうテスト問題って・・・意味あるのだろうか?まぁ、これでも間違う子がいるのだからしかたないのかなぁ・・・
これに回答できたからと言って何なの?って気もするがなぁ・・・
文章の一部にwalkを入れたものを提示し、和訳をつけ、それを過去形にした上で、walkを直せという方がいいのではないかな? 
この問題に限っては、珍回答の方がはるかに知的レベルが高いような気がする。 

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(3)

2016年11月26日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会@松本 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:1126日(  10:0016:55 開場9:55  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:JA松本市会館 
3階301会議室 住所:長野県松本市深志2-1-1 電話:0263-87-7483

2016/17年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例 ここ にあります!
参加を逡巡されている方は こちら を読んで安心して参加を!
本年より、18歳未満は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!
お天気が良ければ
時計博物館】と万年筆の山田】の見学ツアー開催!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(1)

2016年11月25日

金曜日の調整報告 【 Montblanc 1950年代 No.146G 14C-OBB➡BB ピストン弁交換 】

1今回の依頼品は、ひさしぶりの 1950年代 Montblanc No.146 じゃ。フラットフィードではないので後期のモデルだろう。
インク吸入が不良なので、コルクをOリングに変えて欲しいとのこと。
ちなみにペン先調整はされており、最後の調整は拙者!と書かれている。
OBBをBBに研いであるようだが、仕上げは完璧。調整直後からまったく劣化していない・・・というかあまり使ってなかったのかな?
1950年代のNo.14Xの中でOリング化が難しいのはNo.144だけ。あとは内径にピッタリのOリングがあるのだが、No.144だけは当てはまるサイズがJISに無いらしい。

2このOBBからBBに研いだ物だが、ペンポイントの根本付近の金に大きな穴が掘られている。おそらくは何かの金属粒かなにかが残っていたのだろう。
ただ書き味にまったく関係の無い部分なので問題にする必要は無い。
インクをつけて書いてみたが、書き味に問題はない。となれば、Oリング交換に集中すれば良い。朝飯前じゃ!

3はずはピストン機構を前と後ろから抜いて左に状態にする。
ペン先調整不要なら、むやみにペン先とペン芯を分けない方が良い。
コルクが劣化している場合、インクがコルクの後ろへ必ず回っているので、ピストン機構(金属部分)の清掃は丁寧にやるべし!
またコルクを押さえるエボナイト製のリングを無くさないこと。これがないとOリングを固定できないのでな。

45左画像は、ピストン機構に小・大・小のOリングをとりつけ、最後にエボナイト製のリングで軸に固定したものじゃ。
No.146ではこの組合せが一番収まりが良いし、丈夫ですな。
ただし、この状態にすると軸に固定できないので、右から三個のリングは外した状態(左側1個のOリング状態)のまま、胴軸に固定する。

しかる後、ピストンを伸ばして、胴軸の首軸側から大・小・エボナイト製リングの順で固定する。
最後に胴軸内でピストン弁(大きいOリング)にシリコングリースを塗れば完成!

ああ、こういう修理ばっかりだったら楽なのになぁ・・・   
Posted by pelikan_1931 at 22:26Comments(0)

2016年11月24日

Pelikan M805 で WAGNER 限定萬年筆 を作りたい・・・

以前、PelikanM800で限定萬年筆を50本ほど作ろうと画策したことがあるのだが、ある人から諫められた。
その方がおっしゃるには、同じ事をペリカン・ジャパンに依頼したら・・・【たとえ2000本でもお受けできません!】との返事だったとか。

それでずーっと諦めていたのだが、そのうちに、その方が誰だったかも忘れてしまった。あまりに昔の事でなぁ・・・

ただ、それは各500本限定のCP6が出た後の事だったので、ふ〜ん・・・という感じだった。出来るんじゃないの?という気持ちもあったが、あきらめていた。

1しかし、左のようなカスタムメイドの萬年筆が一時ヤフオクに出たことがあった。7〜8種類の軸模様で出品されたが、そのほとんどはWAGNER会員が落札したはずじゃ。
拙者は5本ほど落札したが現在では、2本しか残っていない。そのうちの一本が左画像の物。
軸はカゼインで出来ているとのことなので、水に浸けられないし、水気も危ない・・・ということで飾っているだけ。

天冠と尻軸は古い物に変えてあるが、キャップ本体は出てきた時の状態のまま。すなわちW.-GERMANYの刻印ではない。

この軸は米国のカスタム軸職人さんが削ったものだが、彼はもはやカスタム軸作りは止めているようで、一切連絡がつかなくなっている。

こういう一本物の限定品という物は、拙者の中では価値が無い。やはり何本か限定で作った内の一本というのが本来の限定品だと考えている。
一本物には、その個人しか思い入れが持てないので、萬年筆の歴史上は無視されてしまう。

しかし、2000本でも作ってくれないとPelikanが言うなら、自分たちで(まとまった本数分を)削って作ればよい。 

限定本数は20本ほど。値段は15万円以内。(トレドのアメ横価格程度)

こういう限定品を作るとすれば何が欲しいか、夢を描いて欲しいなぁ・・・

なんせ、既成の軸を購入して、それに手を加えることになるので、そう簡単ではないがな!

拙者が欲しいのは、M805の黒軸に純銀の薄い板を貼りつけてシルバーストライプ柄のM805を作ること。これなら20人くらいは欲しがると思うのだがいかがかな?

また、みなさんのM800/M805のカスタム軸に対するアイデアありますか?

コメント欄に書いていただければ、検討しまーす。20本以上の要望が見込めるならばですが。ヨロシク!
   
Posted by pelikan_1931 at 22:56Comments(7)