2017年12月03日

2017年12月3日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 表定例会@水道橋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:123日( 10:0016:55 開場9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)
場所:内海 2F教室(東京学院ビル) 住所:東京都千代田区三崎町3丁目615
2017/18
年の予定  ここ を押して! 名札
をお持ちの方はお忘れなく!

入会申込書 V3

新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。
記入例は ここ 
にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!
18歳未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!

紙様
のミニ講義のテーマは【資生堂】で、14:00に開始です!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(2)

2017年11月25日

2017年11月25日(土)と26日(日)は 【KOBE Pen Show 2017】 です! *** 将来日付でのご案内 ***

今年の1月28日と29日にも KOBE Pen Show が開催されましたが、そちらは2016年末開催予定の KOBE Pen Show 2016 が順延されたものでした。

今回が正真正銘の KOBE Pen Show 2017 です。

出展者を見ていただくとおわかりのように、ほとんどが企業/店舗プロの職人さんです。

認知していただくこと、購入していただくこと、売買を通じた人間関係構築を目的として、出展いただいています。

お買い得品通常は店頭に出さない品注文生産新作発表 ・・・ そう! 万年筆、紙、ペンケース、インクの魅力的な品々が満載の【売り場 & 展示場】なのです。

万年筆の修理相談や、ペン先調整に特化したサービス・コーナー(有料)もあります。

談笑スペースも設置されていますが、基本的には【売り場】ですので、会員だけで集まる萬年筆研究会【WAGNER】とは雰囲気が異なります。

そのあたり忖度いただければ幸いです。

買いまくったり、観光したり、もどって談笑したり・・・という楽しみ方がお奨めです。

今や、オープン&ダッシュが見られる唯一の場所です。ビルの門が開くのが10時頃、会場のオープンも10時です。

必然的に階段を駆け上がる人もいらっしゃるとは思いますが、くれぐれも転んだりなさらぬよう気をつけて下さいね。

また、(拙者も含む)お年寄りには、エレベーターを優先的に使わせて下され  (*^O^*)


12  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2017年11月22日

朦朧としながら萬年筆を箱に詰める・・・

1先週の木曜日、ソウルに出発する前日にWAGNER 2017 限定萬年筆が到着した。

そしてWAGNER創立12周年記念萬年筆(40本限定)のうち、33本を持って帰国した。

のこりの7本については、12月の6日と7日に、再び台北を訪れ、持って帰ることにする。

これによって、注文者は送料を支払わなくて済むことになる。

それにしても、何種類もある萬年筆を依頼者毎にまとめる作業は結構大変、実は拙者はこういう作業が大変苦手・・・

しかも郵送手段も何種類も提示したし、インクマイザーの有り無しや、化粧箱かドリルケースか?などのオプションも用意したので気が狂いそう。

それに、依頼者によっては自宅ではなく、局留め、友人宅、勤務先、時間指定など様々な要求がある。

通販の会社に人はすごいなぁ〜と感心してしまうな。今回は会場での受取はできるだけ避けていただくことにしている。

これに会場受取の希望があり、しかも来なかったりしたら・・・収拾が付かなくなる。従って会場受取は当初の方のみ。

ちなみに、神戸ペンショーでは、世界のコレクターが現地受取を希望されているので、全ての種類の上記限定品が見られますぞ!

こぞって神戸ペンショーへおいでやす!

ちなみに、日本では6種類のペン先はどれも同じくらいの人気だったが、海外では圧倒的に鳳凰だった。

拙者のお奨めは酉冠(とりかん)だったのだが、海外ではチキンと呼ばれていた・・・作戦ミスだったな。

各人への送付は神戸ペンショーから戻ってから本格的に始めます。いましばらくおまちを!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:20Comments(0)

2017年11月21日

火曜日のアンケート調査 【 TWSBI へのお願い 】

前回は、 ペリカンへのお願い を書いていただいた。

その内容はこちら

回答者はほとんどがPelikanが大好きな人ですな。
にも関わらず要望よりも苦情の方が多いのも事実。

どう考えても、ペリカン・ジャパンが日本の事情を本国に正確に伝えていないか、本国が小さな話と無視しているかだろう。

もし、売れ行きが落ちていれば真剣に検討すると思いますよ。
しかし残念ながら日本市場は価格設定が世界一安い?こともあって儲かる市場ではない。
一方でアジアでならいくらでも売れる。じゃぁ、日本から他国に良い製品を回そう・・・ということでしょう。

直すには、世界の世論を作るか、密かに自分たちだけで工夫するかじゃ。

キャップの内側は研磨すれば直るし、首軸先端部の金属部分も錆びなくする方法はある。

無駄な力を使わないで自分たちだけ幸せになればいいや・・・という拙者は後者かな?
ダメなら工夫するタイプ。でも本来は世論を動かさないとダメよ!

一時は萬年筆研究会【WAGNER】のペンクリはPelikanのサービスセンターと化していた。
毎回毎回変なペンポイントのM800系が持ち込まれていた記憶がある。

少しは良くなったが、Montblancのように、ペンポイントはもう安心!とはまだまだ思えない。

今のペリカンはドイツ資本ではなく、アジア資本?なのか、どうしてもアジアを軽く見ているような気がするなぁ〜

では、純粋台湾資本のTWSBIはどうなのか?如意さんのご要望に応えてアンケートに加えてみよう。


6は、TWSBIへのお願い

萬年筆に関すること以外でも結構ですので、どんどん書き込んで下さい。また賛同の意見、反対の意見もどんどん書き込んでね!


それでは  Go
 
  
Posted by pelikan_1931 at 22:11Comments(12)

2017年11月20日

東京→ソウル→台北→台南→台北→東京の旅が終了!

今年の台南ペンショーの入場者数は1,000名以上!細長い会場は朝から晩まで人があふれていた。

お昼時に少し空いたのでお弁当を食べていると、ワサワサと買い手が現れて、拙者と通訳の陳さんはおちおちごはんも食べられなかった。

想定の倍以上の参加者がヨーロッパ、マレーシア、シンガポール、香港、中国、そして日本からも来たようで、規模としてはアジアNo.1のペンショーに2回目でなった!

世界各地のペンショーに参加されている方々も、台南はすごいね!と感慨にひたっていらっしゃった。

万年筆と同時に幅5僂離泪好ングテープが大きなトランク一杯分売れてしたのにもびっくり!

このペンショーは国の施設を借りると言うことで、借り賃はタダ同然しかもっくに空の補助金も出たという噂も・・・

ソウルペンショーでは風邪をひいていたため今年はペンクリニックを休ませて貰った。対面ペンクリで感染させてはいけないのでな。

そのせいか、暇を持て余したのだが、台南ではペンクリをしないにもかかわらず、ずーっと説明と販売に明け暮れた。

会場が狭すぎたとの反省から、来年はスタジアムクラスの会場で開催することも考えているとか。

さらに来年のPenHoodペンショー、ソウルペンショー、台南ペンショーの日程が仮決定した。

PenHood Pen Show  2018-04-07(土)
Tainan Pen Show      2018-10-21(日)
Seoul Pen Show       2018-11-17(土)

Kobe Pen Show        2018-11-23(土)/ 24(日)

従って、来年の萬年筆研究会【WAGNER】開催計画も後半は少し変更になる。
少なくとも台南ペンショーと日程がかぶる岡山大会は変更を余儀なくされるだろう。

今回は、体調不良を押して厳しい日程に挑んだうえ、アクシデント続きで心底疲れたが、台南での打ち上げでおいしい台湾料理をごちそうになり、本日は台北でロシア料理をごちそうになった。

いやぁ、どちらもおいしかったなぁ!特にロシア料理は期待がほとんど無かっただけに衝撃だった!

そのむかし(親方がまだ大学4年生くらいの時)、後輩6人を引き連れて東京タワー下にあるロシア料理店に行ったが、暗ーい音楽と、変な踊りを見せられて一人1.5万円くらい払った。

そして味は最低、量も少なかった。雰囲気としては【別れ話するのには最高のレストラン!】と皆で笑った。拙者だけは9万円も払ったので笑えなかったが・・・

その事件以来【怖い(奥様を持った)勘の悪い先輩】との評価がなされてしまった。

あの時の部下を台北のレストランに招き、おごらせてみたい!

うーん、また目が見えなくなったので寝よう!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:19Comments(0)

2017年11月19日

第二回台南ペンショー!

昨日のソウル・ペンショーは最後までいないで16:00ごろに会場からおいとました。

風邪で具合が悪い上、地下鉄で仁川国際空港へ行くという方法をとった。

弘大入口で一回だけ乗り換えればいいのでそれを選択したのだが、ずーっと立ったままだったので少し疲れた。

それと仁川→桃園の便なんてたいした人数は乗らないだろうと高をくくっていたのだが、巨大な荷物を二個とさらにもう一個の大きな袋をぶら下げている人がかなりいた。

台湾からの爆買い客かも?搭乗の3時間前から搭乗手続きを始めるので、その5分前に行くと受付の人もいない状態。

それではとラムネ?を飲んで降りたら、黒山の人だかり。これが団体旅行の恐ろしさかぁ・・・

その人達の荷物の量を見て、機内持ち込み手荷物にしようとしたが、自動チェックイン対象ではない機だったので、あえなく轟沈!13kgじゃ預けざるを得まい。

その時、Glogal Wi-Hiで借りているモバイルバッテリーを取り出さないままカウンターに預けてしまったので本当に出てくるか少し心配だった。

もうろうとしていたので,客室乗務員の方が、何か中国語で聞いてきたとき、てっきり飲み物だと思い、Just Water ! と言ったら、機内食が出てこずに、水だけ出てきた。あれは食事をなんにするか聞いていたのかぁ!痛恨のソラミミ!

桃園空港での入国手続きは、日本からの旅行と比べてあきらかに厳しいが、すんなりとつうか。

ピックアップもすんなりと行けば、余裕で電車でホテルのある駅まで行けたのだが・・・

ピックアップに40分以上もかかり、駅には行ったら駅員さんにもう電車はないと追い出された。

しからなくタクシーで行ったら140元ほど。安いものだ。

カウンターで綺麗なおねえさんから、明日は何時に立たれますか?と聞かれたので、5:30と告げると、あらもったいない!の一言が。

ただ、お湯の温度が体温程度で困った。熱いお湯にじっくりと入るのが好きなのに・・・。そう【お熱いのがお好き、お暑いので薄着】とは拙者の事じゃ。

そして翌朝、6:03発のMRTに乗ろうとホテルを出て右に曲がったら、雨だった!そして傘を差して進むとまだ扉が開いてなかった!

話はまだまだ続くのだが、睡眠不足とお酒と、風邪の症状+目やにで画面がよく見えないの今日はここまで。バッテリーも残り少ないし。

続きは後日、目が治ったらね!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:46Comments(0)

2017年11月18日

本日はソウル・ペンショーだが・・・マスク着用!

昨日の羽田からソウルまでの旅程はひどかった。

羽田空港に行くと、19:55発の便の出発時刻が遅れて20:30と表示されていた。

え〜!到着が22:25の予定だったから、遅れると地下鉄でホテルに到着するのが24時近くになるなぁ〜と、あわててホテルに到着時刻変更を入れた。

空港で時間をつぶし、20:30になってもいっこうに搭乗は始まらない。ようやく搭乗が開始されたのは21:00くらいになってから。

3時間前はガラガラだったはずなのに、もはや満席! どうなっているんだろう?

そして食事の時間になるとかなり揺れ始めた。まるで、暴れ馬の上でジュースを飲むみたいに食料が飛び回る。

おかげでフォークでうまくつかめないで、何度も食料を落下させる。やむなく荷物の中から、長い割り箸を出し、ようやく機内食にありつけるが、メインディッシュは海老のオンパレードなので食事は断念。

拙者はいつも機内では音楽や映画は見ず、もっぱらフライト情報の画面ばかり見ているのだが、半分ほど行程が進んだとき、よく見ると行き先空港が仁川と表示されている。

金浦なのに仁川とは、ずいぶん手抜きのフライト情報だわい・・・と思った。

空港に着陸する10分前になると、急にエンジン音が聞こえなくなり静かになる。ん?エンジンが停止してグライダー状態かな?と焦ったが、つばを飲み込んだら音が聞こえるようになった。

どうやら気圧の加減で耳が聞こえにくくなっていただけらしい。

そして、イヨイヨ着陸してみると、オイオイ、やたら広い空港ではないか!これは金浦空港ではない!

メーデー! という飛行機事故の海外番組が好きな拙者はとっさにいろんな事を考えた。そもそもなんで金浦じゃなく仁川に降りたわけ?それほど離れていないのに!

飛行機が走っている間に、隣の席の韓国人の若い女性から・・・

【おせっかいかもしれませんが・・・いまどこにいらっしゃるかわかりますか?】

と尋ねられたので、【仁川ですよね。でもなぜお子に着陸したのか理由がわかりませんが・・・】と聞くと、

【そもそも出発が1時間ほど遅れました。さらに先ほど経験したような悪天候もあって遅れが重なり、金浦空港の営業時間を過ぎてしまったんです。ソウルまでは臨時バスが出ますので安心してください】

どうやら韓国語だけで着ないアナウンスがされたらしい。いつもはJALで飛ぶのだが、出発時間が遅い大韓航空を使ったので、日本語アナウンスがなかった!

まぁ、たとえあったとしてもエンジンの真後ろの窓側の席、しかも悪天候に負けないようパワーを上げていたのでうるさくて何も聞こえなかったのも事実だが、日本語は聞き逃しませんぜ!

機内持ち込み手荷物だけだったのと、到着したのが我々の瓶だけだったので、すぐにインフォメーションカウンターに行く。

この時間帯は日本語のわかるオペレータがいないらしく、英語で生きたいホテル名を聞くと・・・

【この時間ではすでに列車の運行時間は過ぎています。バスがあそこから出ますので、それに乗ってソウルまで!】というが、それではホテル到着がいつになるからないし、ソウルに到着しても結局はタクシーに乗ることになる。

そこでタクシーカウンターに行って、日本語のわかる運転手を手配してもらう。料金は65,500ウォン。約6,700円。

これなら24歳くらいの時、六本木から鷺沼までの深夜タクシーと同じ。ああ、ソウルはタクシーが安くて良かった!(日本語のわかるタクシーは料金が倍くらいなしいがよく知らん)

とにかく漢字に詳しい運転主で時速120Kほどで走りながら運転席横に取り付けたiPad画面に手書きで漢字を入力しながら字の出来た起源を教えてくれようとする。

拙者はそっと、生まれて初めて?後部座席でシートベルトうぃ自主的に着用したわ・・・

ホテルに到着したのは1時前!なんと45分とかからず仁川からホテルまで到着!

急いで受付に行くと、【何かあったんですか?日本人のお客様が何人も到着していないんです】ていとおっしゃる。どうやら拙者が最初に到着した日本人らしい。

ほかの方々はツアー会社のマイクロバスに乗るか、連絡バスでソウルに行ってから目的地に行く方法を選んだのだろう。

良かった良かった・・・はやめにBlogを書こうと思ったら、パソコンの電源を忘れてきている。TYPE-Cの入力なので、借りるわけにもいかない。

しかたなので、残った電池のパワーでこの記事を書いている。

もう、残り少ないので、明日の記事は短いですよ!そして明後日の記事は帰国してから・・・

とりあえず、お疲れさんと言って!本日は拙者の65回目の誕生日。

だが、乾燥しきった部屋に暖房を入れて寝たので、のどはガラガラ、鼻は詰まるし、風邪の症状はひどくなっている。

やはり、マスクしてソウルペンショーに参加するしかない。もちろん対面調整は無理!やれやれ!

そういえば、本日の仁川から桃園の便も大韓航空で、さらに遅い時間に出発する。大丈夫か爺さん?  
Posted by pelikan_1931 at 06:58Comments(7)

2017年11月18日(土)は Seoul Pen Show が開催されます *** 将来日付でのご案内 ***

開催日:2017年11月18日(土)
   
会場:大峙(デチ)ビル 15F
   
開催時間10時〜18時 (WAGNER会員は9時に入場して下さい)

会場は 4月の PenHood Pen Show と 同じく 大峙(デチ)ビルの15階です。

地下鉄2号線ソンルン駅1番出口大峙(デチ)ビルに繋がっています。
 
   
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2017年11月17日

ソウルへ向けて出発!

朝までに趣味文の原稿を仕上げて、それから今までソウルペンショーと台南ペンショーへ向けての準備をし、さきほどようやく一段落したところ。

ソウル行きの飛行機は19:55発の大韓航空機で羽田発!大韓航空に乗るのは3回目だが夜間便は初めて。

金峯空港に着くのが22:25なので、地下鉄に乗ってホテルに到着するのは午前0時を回るかも?

翌日はソウルペンショーを16時くらいで切り上げて、仁川国際空港へ!

そこから大韓航空機で台湾の桃園空港へ到着するのが22時55分。

とても台北までは行けないので桃園空港に隣接するホテルに泊まり、翌朝の新幹線で台南へ!

新幹線の台南駅から在来線に乗り換えるのは普通に歩いて9分ほどと言われているが・・・3分で乗り換えないと長時間(台南駅までの)次の電車を待つことになりそう。
大丈夫かなぁ・・・きっと無理だな。

そもそも台南ペンショーの会場の位置を把握していないので、名称と住所を書いた紙を持参して在来線台南駅でタクシーに乗り込む予定じゃ。

それに必要は紙などを準備するのにけっこう時間がかかった。パスポートも20分くらい姿をくらませていたしな・・・

台湾新幹線の切符はネットで購入できるので日本で支払いまで終わらせられる。問題は寝坊すると丸損になること。絶対に寝過ごせないのだが・・・

昨日から体調が良くない。昨日の朝から喉は痛く、咳が出る。幸いにして熱はないし、意識障害もないので、ただの風邪だろう。

念のため、風邪薬とマスクは持参することにした。残念ながら対面調整は風邪をうつす危険性があるのでやらないことにした。

そういえば地震の影響で大学入試というかセンター試験というか・・・が、一週間遅れることになった。

元々それが終了したあとにソウルペンショーをやろうと決まっていたはずなので、どうなるのか不安だったが、とりあえずは開催されるようだ。

まさか試験の前週にノコノコとソウルペンショーに現れる受験生はいないだろう・・・そう信じたい。

台南ペンショーへ行けば、ユーロボックスの藤井さんにも会える。

そして月曜日にも大仕事が待ち受けている・・・一刻も気を抜けない4日間になりそうだ。風邪が悪化しなければ良いがなぁ・・・頼むよ、ご老体!

ことしもソウルで一歳年をとることになったなぁ。  
Posted by pelikan_1931 at 15:01Comments(0)

2017年11月16日

WAGNER 2017 限定萬年筆 到着!

本日帰宅すると大きなダンボールがいくつも届いていた。

我が家ではにゃんこの餌やトイレットペーパー、ティッシュ、コーラ、お茶・・・など、ほとんどの物を通販で購入しているので、ダンボールがたくさん届くのは珍しくはない。

しかし本日はWAGNER 2017 限定萬年筆の本体および周辺Goodsが到着する日だったのでテンション高め!

本日到着しないと、明日からの韓国行き、台湾行きに間に合わないので、ドギマギしていたのだが、ギリギリ間に合った!

15左は濃茶のスケルトン・マット軸で、右は黒のスケルトン・マット軸。

本当はNICEと同じ仕上にする予定だったが、溝掘りの工程がパンパンで納期に間に合わないという連絡があったので、溝掘り無しにした。

結果、値段は安くなったし、プラチナ製品では初めて?のマット仕上げとなった。

ひょっとして溝掘り工程がパンパンだった理由は、こちらを3000本作ることを優先していたからかな?

ラヴァンドからキャップリングの刻印が(WAGNER 創立11周年記念や第17回ペントレ記念と同じく)エッチング仕上になった。

拙者がこうあって欲しいなぁ・・・と考えていた仕様に純正品が変わってくれることは実にうれしい!

さっそくラヴァンドもBニブを注文してしまった。ついでに出雲も!

234こちらが
濃茶のスケルトン・マット軸についているペン先。
左から酉冠(トリカン)のC(極太)ニブ付き、鳳凰のF(細字)ニブ付き、模様刻印無し(ノッペラピン)のUEF(超極細)ニブ付き。
実はあまり人気の無かった
酉冠(トリカン)の刻印がすごく綺麗。
元々Pelikanへのオマージュ(敬意)として意図を隠して出したデザインなのだ・・・ということは今回初めて公表するのではないかな?
そういわれれば、Pelikanの昔のペン先に似てるでしょ?ペリカンのかわりに鶏だけど(*^O^*)

647こちらが
黒のスケルトン・マット軸についているペン先。
左から
模様刻印無し(ノッペラピン)のMusic ニブ付き、鳳凰のB(太字)ニブ付き、酉冠(トリカン)のF(細字)ニブ付き。
刻印模様刻印無し(ノッペラピン)でUEFとMusicを作ったのは、ペンポイントの特徴を強調するためには、あえて模様がない方が良いと考えたから。

ペどのペン先も、どの模様も好きだったので、どれも捨てられず、結局各50本ずつ、合計で300本も注文した。通常は150本ほどなのに・・・

300本といえば、WAGNER 2009と同じ本数!2009年に頒布開始して、まだ10本ほど手元に残っている・・・

一番人気は鳳凰のFで、最も人気が無かったのが酉冠のFだった。拙者の予想と正反対。酉冠のFが一番人気だと思ったのになぁ〜!

各軸、ペン先とも在庫はありますので、ご希望の方は pelikan @ hotmail.co.jp にご希望のペン先と軸色を書いてメール下さいね〜!

Musicは23,000円、それ以外は18,000円です。税込み&送料込みの値段で、クリックポストで送ります。
いずれも、ピンクゴールドのコンバーターと、ヨーロッパ型のカートリッジを取り付けられるアダプター100が同梱されます。

既に申し込みされている方は、もう少しお待ち下さい。台湾から帰ってからお送りします。

家族にばれないように送り先を職場や友人宅にされる方はお早めに連絡下さいね。
もちろん、メールで確認はしますが・・・家庭内争議が発生しても当局は一切関知しませんぜ〜!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:23Comments(1)

2017年11月15日

萬年筆着色のための機材が到着

1萬年筆の透明樹脂部分を着色するには【樹脂用染料SDN】を使うのだが、ちゃんと着色するには60度〜80度で5分間処理する必要がある。

当初は携帯用の魔法瓶を購入した。しかし大量の萬年筆を着色するには無理がある上、中に軸を入れて振り回すと内部が破損するリスクもある。

といって恒温槽を購入すると2万円以上かかり、1,000円のカクノを着色するにはもったいない・・・

そこで60度〜80度の温度管理が出来るIHヒーターをamazonで見つけ、IH対応の小さな(内径14僉房茲端衂佞の鍋と一緒に購入した。

鍋の小ささとIHヒーターの大きさがアンマッチだが、ペンクリに持ち歩くわけではないので良しとしよう。

鍋は料理用と兼用するわけにはいかないので、拙者の部屋に保存。IHヒーターもこの目的以外で使う事は無い。合計で6,200円!

2あまりに小さな鍋なので萬年筆が入るかいな?と心配だったのだがキャップを外せばカクノは入る。

これなら萬年筆の着色をまとめて出来そうだが・・・すでに拙者の中では萬年筆の着色に関する情熱は冷えてきている。

実はもっと別のものを着色してみたくなっている。

たとえば、半透明の遠沈管を中に入れるインクの色に合わせて着色するとか、遠沈管立てのアクリルリングを着色するとか・・・

もちろん、来年の泉筆五宝展やペントレにはこのセットを持参し、皆さんに着色を楽しんで貰う予定。

それまでに綿密な実験をして失敗の無い着色が出来るようにする所存。

なを、来年の一部の地方大会には魔法瓶を使った萬年筆等の染色実験も出来るようにする予定。お楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:52Comments(0)

2017年11月14日

火曜日のアンケート調査 【 ペリカン へのお願い 】

前回は、 モンブランへのお願い を書いていただいた。

その内容はこちら

回答者のほとんどは、今のモンブランに期待してもなぁ〜 というしらけた気持ちのようだ。

みなさん、往年のMontblancの製品がお好きなようだ。

しかしですよ、修理している側に立てば、往年のMontblancは伊太利亜製かと思うほど弱いです。ギヤマンの器のよう。

それに対して現在のMontblanc製萬年筆は(一部を除いて)きっちりと作られてます。
まるで数年前のパイロットのような手堅い製品を作り出しています。
ペン先の形は左右対称でまったく隙が無い!こういうペンポイント作りが出来るのはパイロットとモンブランだけでしょう。

素晴らしい製品を作りながらちょっとした修理にも莫大な修理費を取るのは、いかがなものかな?

海外ではニブ交換サービスもやっているが、日本でもあるのかな?


修理がリーズナブルな料金になり、ペン先調整サービスでもやってくれれば、ユーザーは増えると思うがな。
森山さんがモンブランサービスセンターにいたときのようなサービスを考えて欲しい。

製品については、往年の製品は悪夢だが、往年のサービスはモンブランがNo.1だったぞ!


5は、ペリカンへのお願い

萬年筆に関すること以外でも結構ですので、どんどん書き込んで下さい。また賛同の意見、反対の意見もどんどん書き込んでね!


それでは  Go
 
  
Posted by pelikan_1931 at 22:37Comments(30)

号外! WAGNER 2017 限定萬年筆 完成 & 11/16日到着予定!

1先ほど連絡があり、WAGNER 2017 萬年筆が完成し、11月16日に我が家に搬入されることがわかった。

とはいえ、拙者は11月17日〜20日までソウルペンショー、台南ペンショーを回遊するし、来週末には神戸ペンショーがある。

従って皆様のお手元に届くのは11月末頃になる予定。

左の写真よりははるかに良い仕上がりなのでお楽しみに!

そういえば、インクマイザーを注文されている方も多かったなぁ、同梱しなくては・・・

以上号外でした。

どうやら完成品を目するのは萬年筆研究会【WAGNER】会員よりも、ソウルと台南の萬年筆愛好家の方が早くなりそうだ。
  
Posted by pelikan_1931 at 12:36Comments(0)

2017年11月13日

一日の最大歩数更新 & 2018年 春の泉筆五宝展 記念萬年筆の仕様と本数と価格

2017年11月6日に生涯最多の48,500歩の歩数を記録した。

1その時、今月更新できる可能性は13日と30日しかないと書いた。そして本日が13日!

結果は歩数計をつけて外を歩いた数字が53,695歩。
そして自宅内で歩いた数字はいくらなんでも305歩よりは多いだろう。

ということで、本日の記録は  54,000歩 とする! これは一日の生涯最多歩数! 
おそらくは更新する気にはならないだろう。同じところをぐるぐる回って達成するのは飽きるからなぁ〜!


本日、あまりに急ぎすぎて右足首を捻ってしまった。痛くて足を引きずりながら歩いたのだが、おかげで腰まで痛くなった。もう記録更新は出来ない・・・

拙者も今週末の18日で65歳になる。幸いにして老眼だけは来ていないが、血圧の薬、糖尿病の薬、前立腺肥大の薬を毎日飲んでいる。

そのせいか、寝起きの血圧は 114-72 で脈拍は52/分。A1Cも基準値内!

あとはじりじりと戻りつつある体重を制御すれば良いだけのはず・・・


@00そして歩数の記録が出れば、同様に2018年 春の泉筆五宝展 記念萬年筆の話も出る。先日と同じパターン!

既に会員の方や11月6日の記事に反応していただいた方からの仮注文は確定した。

そして最終申込日11月15日(水)21:00 

もちろん本番の泉筆五宝展で記念萬年筆が一本もありません・・・というような無様な真似はしないので、買い逃しても安心召されよ!
各2本は必ず本番まで残しておきます。

@02製造本数の総数は100本で変わらないが、会員からの申込状況を見ながら、EFとMを多少減らし、FとStub1.1を増やした。

ちなみに、最もコストのかかっている鍍金は表が24金鍍金で裏がロジウム鍍金というBのペン先。

裏にロジウムを鍍金するとインクフローが向上するという都市前説があるので、試すことにした。
ぬるぬるぬらぬらの書き味がお望みならBを!手帳用ならEFを!お手紙や日記などの速記にはFを!英語用ならMを、横細縦太の線がひきたければStub1.1を!

そう、今回は全ての万年筆に、例外なく【狙いにふさわしい鍍金と研磨】を施すので、お楽しみに!


ちなみに価格は1本25,000円で確定しました!12
WAGNER会員の方でまだ申し込まれていない方はメールへの返信でお申し込み下さい。
メールが届いていない方は、拙者宛にその旨メールを送って下され。

WAGNER会員以外の方は、 pelikan @ hotmail.co.jp にご希望のペン先と住所氏名を書いてお申し込みを!
軸が確保出来そうなら折り返し振込先情報をお知らせします。

@00そうそう、実際のモデルは黒い塗装を施したブラスですからね!上のはプロト!

<=== こちら!





  
Posted by pelikan_1931 at 23:28Comments(0)

2017年11月12日

第1回 【春の泉筆五宝展】のご案内

萬年筆研究会【WAGNER】会員には別途ご連絡済ですが、2018年2月18日(日)に、第1回 【春の泉筆五宝展】を開催いたします。

国籍を問わずどなたでも参加出来ます。今から来年の予定に入れておいていただければ幸いです。

下記のPPCIM(泉筆五宝)に関係のあるものであれば、何でも売買可能です。
販売だけではなく、買取専門のブースを出展することもOK牧場!

また、小イベント等は自由に開催できますので、ご希望があればメールして下さい。時間調整いたします。

連絡先は  Pelikan @ hotmail.co.jp です。@ 前後の空白を削除してからメールをお送り下さい。

下記画像はクリックすると拡大されます。

なを、販売代行のアルバイトも募集中! 謝礼は1日5,000円

年齢は問いませんが、1日で50,000円以上の売上をあげる自信のある方、こぞってご応募下さい。

万年筆販売なら1日あれば5万円の売上達成は簡単です! 連絡先は 
Pelikan @ hotmail.co.jp  ただし、万年筆に関する知識が少ないと厳しいかな?


1
  
Posted by pelikan_1931 at 22:16Comments(2)