2020年10月11日

2020年10月11日(日) は第14回〔たこ娘Day@万年筆談話室〕です!

たこ娘調整Day Blogたこ娘Day@万年筆談話室〕は、毎月1回開催されるたこ娘さん中心のイベントです。


たこ娘
さんが受講者と1:1で約90分かけて教えるたこ娘のパーソナル調整講座〕がメインです。その詳しい内容については以下をご覧下さい。

各人2時間の枠内で約90分間の実習です。お師匠さん1人に生徒1人というパーソナル調整講座!ご自身のペースで調整が出来ます。

〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕約制です。できるだけお早めに下記メールアドレス宛てにお申し込みください。予約状況は適宜更新します。

調整したい万年筆を1本お持ち頂き、
調整の基礎的な部分とその万年筆をパーソナライズするまでマンツーマンで講習します。

一度講座に出席しても、また不明点が出てきた場合には、その復習や、少し高度な調整も勉強できます。すなわち再履修可能です!

調整講座受講希望者がいない時間帯には、個別のペン先調整を依頼することも可能です。

練習用教材は提供されますが、ご自分で書き味をよくしたい万年筆10倍から15倍程度のルーペはご持参ください。指導料は教材費込みで 3,500円/人

なをbelomoの10倍ルーペは万年筆談話室でも販売しています(ストラップ付き5,000円

個々の万年筆の状態によって調整手順は違いますので、何度受講されても 新鮮な感動を得ることが出来るはずです。

なを、〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕は調整部屋で開催されますが、その間は談話スペースでたこ吉がペン先調整や修理を行います。

すなわち、パーソナル調整講座と、通常の修理・調整は並行して行われます。


本業ではほんまもんお師匠さんであるたこ娘さんなので、人に技能を伝授するのは実にお上手です。


こちらの記事で紹介した Adjustment と Personalization の部分をわかりやすく、実習を含めて伝授いたします。


開催時刻は希望者のご都合を聞きながら決定していますが、今のところ予約状況は以下のとおりです。



1回目:10:30〜12:00 予約可能 

2
目:13:00〜14:30 予約済 

3
目:15:00〜16:30 予約可能

4回目:17:00〜18:30 予約可能



パーソナル調整講座の空き時間には個別調整をたこ娘さんにお願いすることも可能です。下記宛てメールでお知らせください。

たこ吉 
10:00〜20:00まで万年筆談話室の談話スペースで調整しますので、当方の調整をご希望の方も下記のメールで知らせ下さい。


〔たこ娘のパーソナル調整講座〕
〔たこ娘の個別調整〕や たこ吉調整 をご希望の方は


Mailofficial @ mituo.co.jp にお申し込みを!


 の前後のブランク を外してからメールして下さいね。 

 

場所は この記事
 に掲載してあります。
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月12日

2020年9月12日(土) は第13回〔たこ娘Day@万年筆談話室〕です!

たこ娘調整Day Blogたこ娘Day@万年筆談話室〕は、毎月1回開催されるたこ娘さん中心のイベントです。


たこ娘
さんが受講者と1:1で約90分かけて教えるたこ娘のパーソナル調整講座〕がメインです。その詳しい内容については以下をご覧下さい。

各人2時間の枠内で約90分間の実習です。お師匠さん1人に生徒1人というパーソナル調整講座!ご自身のペースで調整が出来ます。

〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕約制です。できるだけお早めに下記メールアドレス宛てにお申し込みください。予約状況は適宜更新します。

調整したい万年筆を1本お持ち頂き、
調整の基礎的な部分とその万年筆をパーソナライズするまでマンツーマンで講習します。

一度講座に出席しても、また不明点が出てきた場合には、その復習や、少し高度な調整も勉強できます。すなわち再履修可能です!

調整講座受講希望者がいない時間帯には、個別のペン先調整を依頼することも可能です。

練習用教材は提供されますが、ご自分で書き味をよくしたい万年筆10倍から15倍程度のルーペはご持参ください。指導料は教材費込みで 3,500円/人

なをbelomoの10倍ルーペは万年筆談話室でも販売しています(ストラップ付き5,000円

個々の万年筆の状態によって調整手順は違いますので、何度受講されても 新鮮な感動を得ることが出来るはずです。

なを、〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕は調整部屋で開催されますが、その間は談話スペースでたこ吉がペン先調整や修理を行います。

すなわち、パーソナル調整講座と、通常の修理・調整は並行して行われます。


本業ではほんまもんお師匠さんであるたこ娘さんなので、人に技能を伝授するのは実にお上手です。


こちらの記事で紹介した Adjustment と Personalization の部分をわかりやすく、実習を含めて伝授いたします。


開催時刻は希望者のご都合を聞きながら決定していますが、今のところ予約状況は以下のとおりです。



1回目:10:30〜12:00 予約可能 

2
目:13:00〜14:30 予約可能 

3
目:15:00〜16:30 予約可能

4回目:17:00〜18:30 予約可能



パーソナル調整講座の空き時間には個別調整をたこ娘さんにお願いすることも可能です。下記宛てメールでお知らせください。

たこ吉 
10:00〜20:00まで万年筆談話室の談話スペースで調整しますので、当方の調整をご希望の方も下記のメールで知らせ下さい。


〔たこ娘のパーソナル調整講座〕
〔たこ娘の個別調整〕や たこ吉調整 をご希望の方は


Mailofficial @ mituo.co.jp にお申し込みを!


 の前後のブランク を外してからメールして下さいね。 

 

場所は この記事
 に掲載してあります。
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月31日

2020年8月の〔万年筆談話室〕開室日

談話室_Lichtope_開室_202008018月1日〜8月31日の万年筆談話室の営業日/開室時間は 左のとおりです。

8月以降もCOVID-19対策は厳しく実施します。


万年筆談話室 
は Lichtope と たこ吉ペンクリニック からなっています。


Lichtope は萬年筆研究会【WAGNER】の調整師である〔たこ娘〕さんのセレクトショップです。営業日は左列をご覧ください。

書き味調整や研出しも行っています。ただしメーカー保証期間中の万年筆は調整/研出しを行う事によって保証がされなくなる可能性がありますので、事前にご相談下さい。

お問い合わせフォームこちらです。(画面の下の方までスクロールしてください)


ご来店ご希望の方はご来店希望日時をお問い合わせフォームにご記入の上、〔送信する〕を押して下さい。混み合いそうなときには時間調整させていただきます。

対面調整をご希望の方は希望内容(日時、開始時刻、症状、依頼本数など)をお問い合わせフォームにご記入の上、〔送信する〕を押して下さい。



なを動画を使った 遠隔調整 は常時行っています。お問い合わせフォームからお申し込み下さい。お問い合わせフォームは こちら です。

直接 info @ mituo.co.jp  にメールしていただいてもかまいません。


Online Store には こちら から入れます。(カード決済もPayPal決済も可能)



どうやら8月1日に、珍しい万年筆が Online Store に入荷したようです。



会員登録やメルマガ登録/削除も簡単に行えますので、お気軽に 
e来店 してみてください。


たこ吉
ペンクリニックについて
 
 


たこ吉ペンクリニックには事前予約が必須です。pelikan_1931 @yahoo.co.jp まで、ご希望日と時間帯、修理・調整内容をお知らせ下さい。

予約確認メールが届いてからおいでください。時間調整した上で予約確定メールをお送りします。

お預かりして修理・調整することは可能ですので、お持ち込み本数の制限はありません


たこ吉ペンクリニック基本的に対面調整/修理ですので、当日中にお返しします。お時間の無い場合はお預かりします。


〔修理/調整料金の目安〕


(01)インクフローや書き味の改善など、大幅な研磨を伴わないパーソナライズ   1,000円 パーソナライズは下記の研出し/修理とは別料金です。パーソナライズ(書き味調整)は下記全てに付加されます。

(02)一段階の研出し(BB
➡B、B➡M、M➡F、F➡EF)   1,000円

(03)二
段階の研出し(BB➡M、B➡F、M➡EF   2,000円

(04)三
段階の研出し(BB➡F、B➡EF   3,000円

(05)ペンポイントの形状変更 その1(オブリーク化、オブリーク
➡通常)   2,000円

(06)ペンポイントの形状変更 その2(ソフト化:ちとソフトン/ウェバリー、ハード化:らすポス/ポスティング
   2,000円

(07)UEF(超極細への研出しとパーソナライズ:M
➡UEF、F➡UEF、EF➡UEF   3,000円

(08)縦書き用(鉈形状)への
研出しとパーソナライズ:BB➡まさかり、B➡ふと鉈、F➡ほそ鉈、SF➡チビ鉈) 2,500円

(09)横
書き用への研出しとパーソナライズ:Stub化:F/M/B/BB、超絶化:B/M   2,000円

(10)本体の分解清掃(完全分解後清掃して再度組み立てる)
 1,000円

(11)鍍金剥がれの再鍍金(ロジウム鍍金ペン先の研出しの場合には、この料金が追加となります)
 1,000円

(12)ペン先曲がりの調整(かかった時間に連動)
 2,000円〜5,000円

(13)部品交換を伴う修理(テレスコープ吸入式のOリング化、レバーフィラーのサック交換etc.)
 部品代(1,000円〜5,000円)+技術料(1,000円〜5,000円)

(14)上記以外(お見積もりします)



万年筆談話室の地図〔万年筆談話室〕の 場所 :東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ 209号室 (エレベーターを降りて正面突き当たりの部屋)


 電話
03-5476-0361 (出られない場合は、留守番電話にメッセージを入れてください)  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月23日

2020年8月23日(日) は第12回〔たこ娘Day@万年筆談話室〕です!

たこ娘調整Day Blogたこ娘Day@万年筆談話室〕は、毎月1回開催されるたこ娘さん中心のイベントです。


たこ娘
さんが受講者と1:1で約90分かけて教えるたこ娘のパーソナル調整講座〕がメインです。その詳しい内容については以下をご覧下さい。

各人2時間の枠内で約90分間の実習です。お師匠さん1人に生徒1人というパーソナル調整講座!ご自身のペースで調整が出来ます。

〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕約制です。できるだけお早めに下記メールアドレス宛てにお申し込みください。予約状況は適宜更新します。

調整したい万年筆を1本お持ち頂き、
調整の基礎的な部分とその万年筆をパーソナライズするまでマンツーマンで講習します。

一度講座に出席しても、また不明点が出てきた場合には、その復習や、少し高度な調整も勉強できます。すなわち再履修可能です!

調整講座受講希望者がいない時間帯には、個別のペン先調整を依頼することも可能です。

練習用教材は提供されますが、ご自分で書き味をよくしたい万年筆10倍から15倍程度のルーペはご持参ください。指導料は教材費込みで 3,500円/人

なをbelomoの10倍ルーペは万年筆談話室でも販売しています(ストラップ付き5,000円

個々の万年筆の状態によって調整手順は違いますので、何度受講されても 新鮮な感動を得ることが出来るはずです。

なを、〔たこ娘のパーソナル調整講座 〕は調整部屋で開催されますが、その間は談話スペースでたこ吉がペン先調整や修理を行います。

すなわち、パーソナル調整講座と、通常の修理・調整は並行して行われます。


本業ではほんまもんお師匠さんであるたこ娘さんなので、人に技能を伝授するのは実にお上手です。


こちらの記事で紹介した Adjustment と Personalization の部分をわかりやすく、実習を含めて伝授いたします。


開催時刻は希望者のご都合を聞きながら決定していますが、今のところ予約状況は以下のとおりです。



1回目:10:30〜12:00 予約済 

2
目:13:00〜14:30 予約済 

3
目:15:00〜16:30 予約済

4回目:17:00〜18:30 予約済



パーソナル調整講座の空き時間には個別調整をたこ娘さんにお願いすることも可能です。下記宛てメールでお知らせください。

たこ吉 
10:00〜20:00まで万年筆談話室の談話スペースで調整しますので、当方の調整をご希望の方も下記のメールで知らせ下さい。


〔たこ娘のパーソナル調整講座〕
〔たこ娘の個別調整〕や たこ吉調整 をご希望の方は


Mailofficial @ mituo.co.jp にお申し込みを!


 の前後のブランク を外してからメールして下さいね。 

 

場所は この記事
 に掲載してあります。
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月22日

2020年8月22日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中国地区大会 in 岡山 *** 将来日付でのご案内 ***

中・四国地方からの参加希望者が規定の6名に至りませんでしたので、岡山大会は中止します。


時:
822日(  10:0016:30 開場9:30  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:
岡山国際交流センター 5階会議室(3)   住所:岡山県岡山市北区奉還町2-2-1


2020/21年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!        
 

入会申込書 V3

新規入会ご希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!

18
未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね! 
 

じゃんけん大会 の景品を募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい! 



注意事項;

★会場に入る前に体温測定を行います。37.5度以上の方は会場には入れません。

★各自マスクの着用をお願いします。また手の消毒にご協力下さい。

★会場入口のドアは開放しますので、大声での会話はご遠慮下さい。


★ペンクリを依頼する万年筆は、インクを抜き清掃してからお持ち下さい。インクが入ったままだと清掃料(500円)がかかります。

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月15日

2020年8月15日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 表定例会 in 大宮 は 中止とします。

東京都から大人数が埼玉県に行くのははばかられますので、大宮大会中止します。

状況によっては
都内で開催する可能性はありますので、心の準備だけはしておいて下さいね。


日時:
815(10:0016:45 解錠9:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:大宮ソニックシティビル 9 905  住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 


2020/21
年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  
  
 

入会申込書 V3

新規入会ご希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!

18
未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!



今回は定例会ではなく、表定例会です!水道橋会場では三密対策が施せないので会場変更しました。



ゴミは各自持ち帰り
となりますので、ドリンクはペットボトルのみで、お菓子類持ち込まないで下さい。


注意事項;

★会場に入る前に体温測定を行います。37.5度以上の方は会場には入れません。

★各自マスクの着用をお願いします。また手の消毒にご協力下さい。

★会場入口のドアは開放しますので、大声での会話はご遠慮下さい。


★ペンクリを依頼する万年筆は、インクを抜き清掃してからお持ち下さい。インクが入ったままだと清掃料(500円)がかかります。

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月14日

JOWO 6号ペン先 Steel製 Stub1.5 は少し研ぐと驚くほど変わる!

@01左はトモエリバーで作られたB5の萬年筆研究会【WAGNER】原稿用紙(泉筆五宝展)に書いた文字。


@02じつは、この春の泉筆五宝展2020の軸に取り付けたStub1.5个良跡。

ただし、当然のことながら未調整というわけではない。

大きな形状を変えない程度に・・・死ぬほど調整している。

Stubなので当然のように横細縦太の線になると思うかもしれないが、けっこう面白い字が書けますぞ。

本日、万年筆談話室にいらしたbechoriさんも面白がっていらっしゃた。


@03@04@06BockのStubニブとの大きな違いは、先端部が丸く研がれていること。

これが縦横無尽にペン先を捻りながら書いても追随してくれる理由だろう。

このペン先かっこ良すぎですわ!刻印がカワイイのはもちろんだが、形状そのものもカワイイ!

そこで、五芒星の代わりに右端のアマビエを刻印し、なおかつペン先が真っ黒なモデルを発売することにした。

真っ黒なペン先に銀色のアマビエが浮かび上がるように刻印されている。

ちなみに、アマビエには14金ロジウム鍍金ペン先付きモデルもあります。

そしてオリジナルのペン先と、アマビエの(スチール製)ペン先の2個が付属する。

軸の長さは泉筆五宝展2020の軸よりも少しだけ短いもの。来週になれば公開されるのでお楽しみに!


@05最近、お掃除ばかりしているのだが、毎日のように変な物と出会う。

左は典型的な、嫌がらせじゃんけん大会に供出する景品。

こいつも、いつの間に購入してしまったのか記憶が全くない。とほほ・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:06Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月13日

本日、机の上(と下)に転がっていた筆記具

@01本日は、万年筆談話室もLichtopeも休業日。

ということで、朝から室内を念入りに掃除していたときに発見したのが・・・左端の朱色の筆ペン。

そもそも、何故ここにあるのか?なんの目的で購入したのかも覚えていない。

その割にインク?はほとんど残っていなかったので、速攻でゴミ箱行き。何に使ったんだろう?それとも誰かの忘れ物?

いやいや、万年筆談話室で筆ペンを出すような無粋な人はいないだろう。しかも朱筆なんてな・・・

一番右は、アマビエのダブルアクション(緑軸)。アマビエのプレジールはバイオレットが一番人気だが、3in1は緑が高人気じゃ。

アマビエの目がペン先模様なのが気にいって使っているが、説明を読まないで気付いた人は何人いるだろう?

右から2番目はロットリングのペンシルで、0.7仗弔2B・・・ということは芯はFaber-Castellじゃな。

アマビエ(緑)のボールペンは黒も赤も0.7个覆里濃箸い笋垢い里世、ペンシルは0.5弌

これでは拙者の筆記角度では折れてしまう。ということで、ペンシルはKawecoの短い軸かロットリングの0.7个砲覆襦

握り部分が細くてギザギザがあるので、小さな模様が描きやすい。これは名作ペンシルじゃよ。

中央は昨日紹介したOPUS88のFLOW。ストーリアの赤との相性が良いのか、書き味が良くて手放せない。

尻軸を締めた状態で書き続けると、すぐにインクが出なくなるので、インク止めの能力は抜群!

@02左から2番目はKAWECOのリリプットの万年筆(スチールブラックペン先付き)。

ほったらかしていたら黒っぽくなっていたのだが、シルバーのくもりを取る液を塗ったら一瞬で綺麗になった。

銀のお風呂が銅にも効果があるとは知らなかったな!

インクはLichtopeのGarden Pot。ペン先がBなので、インクがドクドクと出てくるのでやめられない。

いつもバッグに入れているのだが、小さすぎていざというときに見つからないのが難点かな?


  
Posted by pelikan_1931 at 23:39Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月12日

★ OPUS88 FLOW 赤軸 EF ★  時は過ぎて・・・

@01今回紹介するのはOPUS88のFLOWという名のモデル。これは実に持ちやすいモデルじゃ。

本日万年筆談話室を訪れた方から、【師匠がインク止め式万年筆でスチール製ペン先付きのモデルを熱く語る日が来ようとは・・・】と呆れられた。

拙者は、形状がダサイとか、書き味が平べったい・・・ということで敬遠していたのじゃよ。

ところが、OPUS88が作るインク止め式万年筆は、ほとんどのモデルが魅力的。

大きさもさることながら、形状にも変化があって面白い。

その中で、もっともおとなしいのがこのFLOWではないかな?


@05しかし、拙者はこれに惚れてしまい、ストーリアの顔料インクを入れて使っている。

軸は模様のところ以外は透き通っているので、インクの色が浮かび上がって面白い。

軸色とインクの色とで楽しめるのがOPUS88の魅力。それと・・・インクがいっぱい入るので軸が重くなる。

実はこれも筆圧の弱い拙者にはありがたいことなのじゃ。


@02@03FLOWは比較的新しいモデルなので、BOCK製のスチール製ペン先がついている。

少し古いモデルはJOWO製のニブがついている。安定した書き味ならJOWOで、やんちゃな書き味ならBOCKが良いだろう。

BOCK製のスチールニブは肉薄なのか、スチール製でもかなり撓る。

その分、エッジが紙に当たりやすいので、極上の書き味を期待するには長い調整時間が必要となる。


@04筆記時には尻軸を2.5个曚紐けたまま筆記するのがインク止め式のお手前なのだが・・・

OPUS88のインク止め式モデルは、購入直後は中芯がカサカサでスムーズに動かないので、グリースアップした方が良い。

ちなみに、中芯はエボナイト製のようだ。なかなかやるな!


@02@03またスチール製にしては薄くて柔らかいタッチのペン先は、ペン芯とペン先とが少しズレやすい。

そこでペン芯とペン先との位置調整をし、ズレにくくしてから首軸に突っ込む必要もある。

またペンポイントも少しはAdjustmentした方が良い。少しばかり手はかかるが、その手を加えれば、まさに極上の万年筆に早変わりする。

ちなみに、先日紹介したOPUS88 FLORAと同じく、尻軸後端部が机に立つので、インクを入れるのに非常に都合が良い。

OPUS88に限らず、日本に輸入代理店がないブランドの場合には、購入する店が検品・Adjusutmentをやってくれるかどうかを確認していないと痛い目に遭う確率大じゃよ。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月11日

使用頻度の高い意外な筆記具たち

2020-08-11拙者は萬年筆研究会【WAGNER】の会長なので、当然万年筆で字を書く機会が多いと思われているが、あまり万年筆は使わない。

左は割と頻繁に使う筆記具たちだが、万年筆は一本のみ。それも実用ではなく手慰み用。いわゆる息抜き用じゃな。

昨日紹介した長い軸もほとんどが手慰み用。だって筆記すること無いんだもの・・・暇で。

一番上のMontblancのボールペンには緑のインクが入っている。ラインマーカーの代わりのような使い方。

握る部分が細いので、筆圧が低い拙者でも力を入れやすい。

上から2本目はJETSTREAMのタッチペン。使うのはほどんどタッチペン部分だが、海外から戻る時には税関申告書用にBPが重宝する。なにより軽いのが良い!

上から3本目はKawecoのミニ・ボールペン。短くても鉛筆型の軸なので握りやすい=筆圧をかけやすいので重宝する。

上から4本目はKAWECOのDIA2という万年筆。通常はスチール製ペン先付きだが、14K-BBのペン先に換装してる。

スチール製ペン先付きの本体よりも、14金ペン先の方がはるかに値が張るのだが、贅沢感はプンプンする。

このペン先のヌルヌル感は凄い!ま、調整したからだけどな・・・

下から2本目はノック式の修正ボールペン。ボールペンのようにボールが回転しながら修正液が出てくる。

乾かないのが特長じゃな。拙者の用途はただ一つ。M800のペン芯をソケットに押し込む際の位置合わせよう。

一番下は以前にも紹介した、ノックしていると数回に一回は、ライトがともるボールペン。

検針員の方が暗いところでメーターを読み取る際に便利と聞いたが・・・いまやデジタル検針じゃないのかなぁ?

最後に業務連絡!

8月22日の萬年筆研究会【WAGNER】岡山大会は中国四国地方の参加者が6人に満たなかったので中止とします。希望者は5人でした。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月10日

2020年8月半ば以降のイベント

2020詳細日程V14左画像が2020年の萬年筆研究会【WAGNER】関係のイベント開催スケジュール。

COVID-19による緊急事態宣言の影響を受け、3月以降、ほとんどのイベントが中止に追い込まれている。

10月末から11月のはじめに予定されていたフェンテの集いも、三密回避が不可能なため中止となり、でべそ会長より広報の依頼があった。

地方大会に関しては、地元の方々からの要望が有り、かつ、(拙者が)飛行機を利用しなくても日帰りできる条件で開催する予定。

ただし、三密(集近閉)を回避できる会場であること、入場規制が出来ること、会場側が受け入れること受け入れることが条件。

もう一つの条件は、地元の方が6名以上参加すること。

これは特に、岡山と福島に課せられた条件。いずれの会場も、他地区からの参加者を含めれば条件は軽くクリア出来るのだが・・・

地方大会と言うからには、地方の方が参加しなくては意味が無い。

岡山大会の場合は、四国4県、中国地方5県の合計9県から6名が参加すること。

福島大会の場合は、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の6県から6名が参加すること。

岡山大会については、事前にアンケートを出しており、明日が締切日。現在5人の方が参加意向を表明されている。あと1人の参加で開催となる。 中止となりました

岡山大会の会場は、窓が全開に出来る上、広いベランダに出ることが出来るので、換気は万全。電車も今のところガラガラ!

福島大会に関しては、福島県と宮城県以外からの参加は無理だろう。そして地元の人々の反応も気がかりだ。

いずれにせよ、地元の人々の意向を考えて決定したい。

今後で一番大きな大会は東京インターナショナルペンショー(TIPS)。

今年は大幅に入場者を減らして開催すると聞いている。例年【超過密】になっているので、今までのようには開催できない。

入れ替え制とか、入場者数制限、限定品の販売制限・・・などが今後、検討の俎上に上がってくると思われる。

萎縮するのではなく、気をつけながら楽しむというスタンスで行きたいものじゃ。参加する/しないは自分で判断すれば良い。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月09日

筆圧が低い拙者が愛用している万年筆と慣らし中の万年筆

@01最近、拙者が使っている万年筆はどれも丈が長い。一番上はセンチュリーで標準的な長さ。

上から二番目のLaman Wisteriaに関してはNo.146程度と考えていたのだが、M1000くらいありそう。

一番全長が長いのは、春の泉筆五宝展2020記念万年筆で、上から三番目。ペン先はオリジナルの五芒星。

もうすぐ日本市場に投入されるのが尚羽堂のWinter Night。本来は黒いペン先に羽のロゴが浮き上がって見えるのだが・・・

とりあえず軸だけ送ってもらったのでペン先が無い・・・

そして意外と長かったのが真鍮古美仕上万年筆。キャップを後ろに挿せるように仕様変更したのが効いたな!


@02Lichtopeで販売するWisteriaには14K Flex-EFがついているが、このペン先は14K Flex-Fじゃ。

この軸の重さとバランスではFlex-FとFlex-EFのどちらが良いかを判断するために購入した物。

どちらも素晴らしいのだが、Flex-Fは比較的数が出ているので、今回はFlex-EFとした。

いすれにせよ、Flexで書くお作法を理解していれば十分に楽しませてくれる逸品じゃ。


@03このJOWOのStub1.5个離撻鸚茲肋し調整するだけで脅威的な文字を描いてくれる。

bechoriさん風に言えば、【実にけしからん字】が書けます。ただしインクは選んで下さいね。

エーデルシュタインのタンザナイトなどの、割と濃いめでドロドロした感じのインクの方が良い感じの書き味と字形が出せます。

固まりが心配なら胴軸内にステンレス玉を2〜3個入れて下され。拙者はクラシック系の超危険インクを入れた方の胴軸内にステンレス玉を2個入れておる。

効果のほどは知らんけどな・・・


@04こちらの真鍮古美仕上軸についているJOWOの18金ペン先が凄く好きだ。

そして、鉄刀木の5弁の花びらのイラストも好き!そこで、このペン先をスチール製ペン先のモデルに換装してみようと考えている。

ただ、軸に金色部分が一切無いので、ペン先にはロジウムメッキを施すことにした。

銀の中に金の花びらが浮かび上がるというペン先じゃ。

組み合わせる軸を知ると驚くかも?残念ながらこちらは萬年筆研究会【WAGNER】会員限定で一般公開はしませーん。

その他にも、先日お話ししたアマビエペンもあるので、お楽しみに!

ちなみに慣らしているのはペン先ではなく、拙者の書き方をペン先に合うように慣らしているのじゃ。Stub 1.5个妨造辰討了だがな・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月08日

台湾製万年筆の魅力について・・・

2020-08-08左は萬年筆研究会【WAGNER】やLichtopeで販売した(している)台湾で作られた萬年筆。

一番上はLabanのWisteria 14K Flex-EFのたこ娘調整済みモデル。

この万年筆についている14K Flex-EFは非常にしなやかだが、オリジナルの状態では日本語の筆記はけっこう厳しい。

ペン先とペン芯の位置を調節し、ペンポイントの接紙面をFlexにふさわしい状態に丸める必要がある。

このたこ娘スペシャルFlex-EF調整を施したLabanのWisteriaはLichtopeのネットショップですぐに売り切れになってしまった。

しかし、すでに台湾から日本に向かって出荷されたそうなので、来週末くらいにはLichtope オンラインショップに復活するでしょう。

上から2番目は昨年末に発売されたWAGNER 創立14周年記念モデル。

キャップと胴軸の一部と尻軸が黒水牛の角、胴体はカゼインの漆塗り、ペン先は既に廃版となったJOWOの8号ペン先という豪華版。

ただ、届いた段階ではキャップが閉まりにくかったり、ペンポイントがキャップの天井に衝突しそうな個体もあった。

そこで全て分解調整し、出荷時には完璧な状態となった。さらにパーソナライズを施すと極上の一本に変身。最も使用頻度の高い逸品じゃ。

下から2本目はOPUS88のFLORA。たこ娘さんが発見して購入し、惚れこんでついには発売にこぎ着けた一本。

これも到着したときにはペン芯の中心とペン先とがズレていたり、ペン先とペン芯との位置が正確ではなく、ペン先に段差が出来たり背開きだったり・・・するものも少なくない。

それを全て分解し、位置調整を施してから出荷されている。税・送料込1万円強の万年筆には過剰品質・サービスじゃないかな?

このFLORAにはStub 2.3丱撻鸚茲ラインナップされており、そちらは瞬殺されたのだとか。

現在、追加で輸入しているそうなので、品切れも解消されるだろう。

買い主はほとんどが女性。インクを大量に使いたい女性が騒いでいるようですな。

ちなみに、インク止め式なので、ラメ入りインクにも問題なく対応できるようですぞ。

ペン先はこのモデルでは従来のJOWO製ではなく、BOCK製になっている。これが少しだけJOWO製よりも緩いので、抜き差しするのは危険!

書き味が悪くなったらLichtopeの遠隔調整を受けるか、万年筆談話室にお持ち下され。

一番下は、尚羽堂さんの【Winter Night】で、萬年筆研究会【WAGNER】で尚羽堂さんに製造依頼した、春の泉筆五宝展記念万年筆と同じくらい長い万年筆。

こちらが仕様変更していなかったら同じ長さだったかも?しかしちゃんとクリップがついている。キャップを後ろに挿すと長さで負けるような気がする。

世界中で販売希望のお店があるらしく、現在順番待ちなのだが、日本では関西の文具屋さんが最初にリーチしたのではないかな?

コンバーターでもアイドロッパーでも使える便利な逸品。値段は安く、書き味は極上なのでお試しあれ。

きっとインクをたくさん使いたい女子に人気が出るのではないかな?スチール製ペン先には黒メッキがほどこされているようだ。

台湾製の万年筆はTWSBI以外は出荷前の書き味検査を十分にしていないのかもしれない。工場見学したときのTWSBIは凄い検査体制だった。

だからこそ、台湾製の万年筆を購入する際には、ちゃんと調整してから出荷するお店から購入しないと、完全な状態にするまでに一度は調整を受けるはめになる(と思う)。

特に、このコロナの時代、デパートなどのペンクリも自粛しているようなので、途方に暮れている方もいらっしゃるだろう。

本日も、来週から始まる司法試験に備えて、セーラーのブラック・ラスター21K-Mを複数本持ち込まれた方もいらっしゃった。

無料ペンクリで調整を受けたという調整前の状態では、引っかかって実に不快な書き味だった。

書き味を調整すると同時に、ひっくり返すと試験用紙に小さな字で書き込みが出来るようにしておいた。

これは助かる!と大いに満足されて帰られた。受かることをお祈りしています。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:45Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月07日

アマビエ・ニブの色が反転した!

@06昨日紹介したJOWO 6号ペン先のアマビエ・ニブ Unit(ペン先、ペン芯、ソケット)の意匠が少し変化した。

ペン先本体の色が黒で、それにレーザーで左のアマビエの模様を彫っていく。

黒色ペン先はステンレスの銀色の上に黒メッキをかけているので、そこにレーザー刻印すると白黒逆転する。

ロジウムメッキされた14金ロジウムメッキペン先に施されたアマビエは、左画像の黒いところが金色になる。

それに対して黒いスチールペン先にレーザー刻印した物は、黒地に白い線でイラストが表現される。

一方がネガでもう一方がポジ的なデザインになるはずじゃ。

サンプルが出来るのが楽しみ!

ちなみに黒字に白く浮き上がるアマビエ・ペン先は全部で75個作る。内訳は・・・

EF   15本
  F   25本
 M   15本
 B    10本
1.1  10本

となっている。お楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月06日

最近気になる万年筆たち

@02本日からプラチナのアマビエが万年筆と3in1で発売された。くわしくはこちら

プラチナ万年筆のFacebookには、アマビエを取り扱う全国のお店が掲載されているのだが・・・

びっくりしたことに、ECサイトでアマビエを取り扱うのは2店のみ。そのひとつがLichtopeということでさっそく(2日ほど早く)購入してみた。


@03@04アマビエの姿は、元々伝えられている姿に近いようだ。

しかし目がペン先の形をしている。実に可愛い!

このアマビエシリーズは、プレジール型の万年筆が4色、3in1が二種類4色の展開となっている。

先日紹介したように、拙者はエメラルド色のダブルアクションを購入した。

3in1の中では一人勝ち!とおっしゃる販売員の方もいらっしゃるが、さらに疫病退散の御利益を求めて購入される方も増えそうじゃな。

Lichtopeでは総額1万円以上になると送料無料なので、他の万年筆やケース、紙類、インクなどと合わせて買うとお得ですね。

ちなみにプレピーやプレジールにラメ入りインクを入れると詰まるという報告が多数上がっているので、樹海などは入れちゃだめ!


@05ラメ入りインクを入れるなら、左のようなアイドロッパー式(右2本)とか、インク止め式(左2本)などがおすすめ。

いずれもラメ入りインクや古典インクを長期間入れてもつまらないようです。

右端と左から2番目はLichitopeで販売中。ただし右端はネットショップには取り扱っていない。

左から2番目はOPUS88のFLORAで、たこ娘さんが〔杏仁豆腐〕と名付けたとかで人気沸騰しているようだ。

いくつかのペン先は追加発注されたと聞いた。それにしても、よくぞ見つけたな、こんな奇妙な形の万年筆!

左端は拙者が購入したもの。あまりに立派なので、まだ使い道を思いついていない。

左2本はBOCK製スチール製ペン先で、右2本はJOWO製スチール製ペン先。右から2番目はWAGNERの泉筆五宝(PPCIM)のロゴ入り。

右端は尚羽堂のロゴ入り。


@06そして、WAGNERが作るアマビエ万年筆のデザインが左。

なんとなくオッチャンコインと雰囲気が似ている。

こちらは、(スチール製ペン先に限り)ペン先ユニットだけでも販売する予定なので、交換されたい方は期待して待っていて下され。

ただし、過去に泉筆五宝展記念万年筆(スチール製ペン先付き)を購入された方だけの特典です。

ちなみに、左はスチール製ペン先のデザインですが、金ペンにも同じ図柄があります。

そちらには疫病退散の文字も入ってます。ご期待あれ!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月05日

真鍮古美軸の魅力は・・・

@01以前から紹介している泉筆五宝展記念万年筆をカスタマイズした真鍮古美仕上万年筆。

その中で非常に地味な軸を紹介しよう。ペン先は18K-EF付き。

このJOWO製の18K-EFニブは少し癖があるので、Adjustment調整が必須。

それを施すとPersonalizationしなくとも結構良い感じで筆記できる。

この個体は、ラメインクを入れても問題なく使えるよう、ステンレス玉が3個入っている。効果のほどは未定だが、カチャカチャと音を立てて楽しい!

キャップ、尻軸、首軸は真鍮を劣化させる液を塗って黒化させた後、上にアサヒペンのラッカーを噴霧してある。

これは時間とともにラッカーが剥がれてボロボロの軸に見えるから。

新しい軸なのに、古く見えるところにロマンを感じて作ったのだが、日本の男性にはほとんど受けないなぁ・・・

海外の男性(若い男性)や日本の女性には結構人気があるのに不思議。

ちなみに拙者は3本使っているが、そのうちの2本にはラメインクを入れている。

未だに詰まったことが無いところを見ると、このJOWO製のペン芯はアイドロッパーで使う限りは問題は起こらないのかもしれないな。

製造者の特権として、軸を落下させたり、ぶつけたりして大きな傷をつけてしまったような場合にやる作業には二種類ある。

(1)塗装が剥がれたところに、さらに真鍮劣化液を塗って黒くする(ボロボロ感の強調)

(2)同じ色の塗装を上塗りして傷を目立たなくする

本来なら(1)が正しい方向性なのだが、現状では2:1で(2)の作業も結構ある。まだまだ粋さ加減が不足しているな拙者は・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月04日

不思議なプレジデントに出会った・・・その2

@01昨日紹介した不思議なプレジデントは、青軸の極太(C)だったが、本日紹介するのは超極細(UEF)だ。

これまたカタログには掲載されていないが、あるところにはある!

プレジデントのペン先はかなりお辞儀しており、また18金製ということもあり、センチュリーの14金のペン先とかかなり感触が違う。

拙者が感触が違うというのは、あくまでも調整時の感触が違うということであって筆記しての感触ではない。万年筆で字を書くことは滅多にないのだよ、諸君。

プレジデントとセンチュリーとを比べると、拙者の判定では・・・

FとMとはセンチュリーの勝ち、BとCはプレジデントの勝ち!

そしてUEFとEFは引き分けかな?強いて言えばUEFはセンチュリーの勝ちで、EFはプレジデントの勝ちだと思う。個体差を平均すればというところ。


@02@03実はUEFは二段研ぎになっている。MからFに研いだ物からUEFを研ぎ出したのかもしれない。

書き味はUEFなので良いわけがない。UEFは書き味を犠牲にして徹底的に細さを追求したもの。

従って使い手にもお作法がいる。筆圧をかけない、捻らないで書く、筆記速度はゆっくりというのがまんざらでもない書き味を演出するコツ!


@04@05研出しは横だけではなく、縦系でも行われている。

ペン先先端部の金の部分が斜め上に切り上げられている。初期の細美研ぎと同じような削り方だが、削る角度は浅い。

拙者がUEFを研ぎ出すとするならば、今なら、たこスペ超不細工に研ぐ。最近の細美研ぎも拙者に似た形状に変わってきている。

今回、どちらのペン先で遊ぼうかなぁ〜?と考えているのだが、やはり削りしろの大きなCの方が面白そうじゃ。

成功すれば、そのうち紹介するのでお楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:48Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月03日

不思議なプレジデントに出会った・・・

@01左画像は、いまではなかなか出会えないプラチナ・プレジデント(18金ペン先付き)じゃ。

下は万年筆談話室開室一周年記念モデルで、少し暗い水色軸+金属部分は全てピンクゴールド鍍金仕様。

上は在庫限りで廃版になるはずのプレジデントのブルー軸。数年前からカタログには限定生産なので在庫確認の事と書かれている。

プレジデントは内部構造が複雑なのか、限定品を頼むハードルがかなり高かった。

生産効率を考えれば、(想像だが・・・)工場はあまり作りたくないはずだ。

@02確かに細字系はセンチュリーの方が書きやすいが、太字や極太(C)はプレジデントも負けていない・・・というか若干勝っているような気もする。

左の定番品のCに比べると限定品のFは細すぎるかもしれないな。

しかし不思議なことに、ブルー軸にCというラインナップは(カタログ上は)存在しないのだがなぁ〜

拙者はつい最近入手した! 近々、これまたラインナップに無いUEFも入手出来るかもしれない。

プレジデントの色軸の最高傑作は米国で販売されたバイオレット軸だと思う。

萬年筆研究会【WAGNER】会員で一人だけ持っている方がいらっしゃる。

元祖【紫好きん(むらさきずきん)】さんじゃ。これいつか再生したいと考えている。

プレジデントのニブは剛性が高いので、極太(C)から研ぎ出すのにが面白そう。

ただしプラチナのペンポイントはかなり硬いので研ぐ方は少し苦しむかもしれない。

それにしてもブルー軸の18K-C・・・どこにあったのかは秘密です。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:50Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月02日

Lichtopeが販売開始した OPUS88 FLORA はとんでもなく可愛い・・・インク止め式

@01Lichtopeのオンラインショップを覗くと見たことも無い形状をした万年筆が販売されている。

実物を見るまで拙者もまったく知らなかった。たこ娘さんが一目惚れし、紆余曲折も無く販売に至ったのが、このOPUS88 FLORAなのだ。

昨年の台南ペンショーでOPUS88の責任者の方とお話ししていたので連絡したところ、心良く了解いただけたのじゃ。

拙者が敬遠していたインク止め式なので、使いこなせるかなぁ?と心配していたのだが、説明書が実にしっかり出来ているのでOK牧場。

実は、拙者もOPUS88のインク止め式を持ってはいたが使っていなかった。でもこの説明書を読んでやっと使い方が理解できた。

なかなかユニークな形をしているのだが、インク止め式としては理想の形状といえる。


@02@03@04左画像のように、胴体もキャップも自立することが出来る。

しかもインク止め機構を引っ張っているときにも自立する。

右端の画像のように、首軸を外し、インク止め機構を引っ張った状態でスポイドでインクを入れられる。これは画期的!

キャップが可愛いので、軸内にウィスキーを隠し持つのにも使えるかも?軸内からウィスキーをキャップに注いで一気飲み!うまそう〜


@05拙者がいつも迷っていた事・・・尻軸を何亟砲瓩譴丱ぅ鵐が出るのか?

今回実験を繰り返し、左画像のように2〜3弌弊騎里砲2.5弌砲罎襪瓩譴弌▲ぅ鵐フロー潤沢状態で使えることがわかった。

これ電子ノギスで計測したので間違いありません。このゆるめ具合がわからなくてインク止め式を嫌っていたのでなぁ〜


@06@07このFLORAは実は大柄。右側画像が今回入荷したペン先の種類と、PENLUXの吸入式との大きさ比較。

MontblancのNo.149とほぼ同じ大きさのPENLUX(Lichtope 開業記念モデル 14K Flex-F)よりも少し太い?

画期的なのは、左側画像のようにキャップが尻軸側にぴったりとはめられること。拙者のように寝かせて書く者には涙が出るほどうれしい!


@08@09@10@11軸の模様色合いも一本ずつ違うが、どの一本を取ってもカワイイ。

ペン先の種類もEF、F、M、B、Stub2.3个箸修蹐辰討い襦ちなみにペン先製造メーカーはBOCK。

これまではJOWO製を使っていたが、つい最近のモデルからBOCK製に変更したらしい。

金ペンだとBOCKは硬い、JOWOは柔らかいというのが定説なので心配したのだが、スチールペン先のBOCKはなかなか良い。


@12@13@14@15@16@17左端からの5枚の画像がペン先バリエーション。

左側から順にEF、F、M、B、Stub2.3个離撻鸚莠命燭如右端がペン芯の画像。

昨日のLabanと同じくたこ娘さんのLichtopeのオンラインショップで販売している。

かなりの人気でペン先によっては〔最後の一本〕になっているものもあるようだが、在庫数ゼロで買えなくてもご安心を!

こちらのお問い合わせフォームからお願いすれば取り寄せてもらえますよぅ〜!

ちなみに、今回のFLORAも、たこ娘さんが全てAdjustment調整(研磨無し)を施してから出荷!拙者もたこ娘調整のEFを入手して楽しんでます。

Lichtope店頭での購入であれば軸の模様が選べま〜す!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月01日

Laban Wisteria 14K Flex-EF (たこ娘調整)の書き味に目が覚めた!

@01左画像が 先日Lichtopeに入荷して出荷を待っていた〔Laban Wisteria 14K Flex-EF〕じゃ。

前回台湾に行った際、Labanの若社長とお話しをし、過去から近未来までの万年筆を見せていただいた。

その種類の豊富さにびっくりしたと同時に、企業姿勢のも感銘を受けた。

すぐに金ペン付き万年筆に走るのではなく、スチールペンで一定の評価を得た後で金ペン付き万年筆にチャレンジする!

しかも最初の金ペンがJOWOの14K Flex ペン先付きとは恐れ入った。

他の金ペン先は、いまだラインナップに無い。チャレンジはするけど冒険はしない。

出来そうで出来ないことなのだが、若社長はちゃんと先代の教えを守っているようだ。そういえばオフィスで先代とおぼしき方にもお会いしたな。

その時にいただいたカタログを持ち帰ってたこ娘さんに見せると、このWisteriaとあと数本に興味を持ったようだ。

その後、コロナ騒動でたこ娘さんは社長とは面識が無いまま商談を進め、ついにWisteriaをLichtopeのネットショップで取り扱うまでになった。

@02@03@04しかも、全品がたこ娘さんのAdjustment(+研磨)調整を施してから出荷されるという。

実はFlexのEFニブというのは、ペン先先端部が筆圧によって暴れやすい。

従って買ったままの状態では、あっちこっちが紙に引っかかって具合が良くない。

しかも調整師もFlexの調整に慣れている方はほとんどいないので、市井のペンクリでどうにか出来る代物ではない。

幸いたこ娘さんは、Lichtope創立記念モデルで50本のFlex(14K Flex-F)の調整をされた経験がある。


@05@06その50本の経験を持ってしても、この14K Flex-EFの調整は一筋縄ではいかなかったようじゃ。

しかし、今、拙者の前にあるLaban Wisteria 14K Flex-EF (たこ娘調整)の書き味は凄い!

Flexをなめらかにする流儀は〔たこ流〕に間違いは無いのだが、丁寧さが際立っている。

残念ながら拙者にはこの書き味は出せないなぁ〜悔しいけど。

その書き味の秘密は研ぎ上げた画像を見ればわかる。全てにおいて手抜きが無く、極めて美しいフォルムを保っているのじゃ。恐れ入りました!

興味のある方はページの左にあるLinksの上から6番目を押してLichtopeのオンラインショップに入ってみて下さい。

無事に出られなくなっても自己責任で〜す。
  
Posted by pelikan_1931 at 21:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月31日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆の仕様がもうすぐ決定!

@01左は数年前に発売した最初の泉筆五宝展記念万年筆。先に金ペンペン先付きモデルを出して、あとでスチール製ペン先付きモデルを発売した。

これには理由があった。スチール製ペン先の書き味が非常に良くて、そちらを先に販売すると金ペン先付きモデルが売れなくなるリスクがあったから。

2020年秋の泉筆五宝展記念モデルは、金ペン先付きとスチール製ペン先付きを同時発売。

@02しかもスチール製ペン先付きモデルには一捻りある。

そして金ペン先モデルは、全てロジウムメッキの施された18金/14金ペン先がつく。

9月から金製ペン先の値段が上がると聞いて、同時に金ペン先モデルをも作ってみた。

この金ペン先の値上がり前にと、急遽金ペン先モデルを特注する店舗もあるようじゃ。

WAGNER関係では、春の泉筆五宝展2020 限定万年筆(スチール製ペン先付き)にロジウムメッキの金ペン先化し、胴軸を色軸に換えたモデルを出す予定。

そして同時に秋の泉筆五宝展2020 限定万年筆(金ペン付き/スチールペン付き:一捻り)も用意されているので、お楽しみに!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:40Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月30日

プラチナからアマビエ筆記具シリーズ登場

2020-07-30プラチナからアマビエ・限定デザインのプレジール万年筆、ダブルアクション多機能筆記具、ピノバ多機能筆記具が8月6日にリリースされる。

たこ娘さんのショップ【Lichtope】も取扱店になるので、サンプルで納品された軸を撮影させてもらった。

既にプラチナの公式FBで紹介されているので、拙者が掲載しても問題は無いそうです。

どうやらWAGNER 2020 を担当していただいた営業さんの発案で実現したシリーズらしい。

そのご縁でLichtopeでも販売することにしたようですな。

万年筆のプレジールは、黒と淡い紫とイエローとレッドの4色展開。

ダブルアクション多機能筆記具はペンシルは0.5个世ボールペンが黒赤とも0.7个箸いΔ發痢色はエメラルドとクールパイン。

一方のピノバでは、ボールペンの字幅が0.5弌ペンシルの芯はダブルアクションと同じく0.5弌色はブルーとエンジ。

万年筆と多機能ペンとで色を合わせられない?という面白い商品設計。こういうところがプラチナらしくて好きだ。

実はプラチナのダブルアクションは地方では他社製と比べてダントツに売れると聞いた。

最近、Jetstreamの書き味に飽きてきていたので、プラチナの0.7丱棔璽襪僚颪味が斬新で良い!

圧倒的にダブルアクションのエメラルドが良いと思う!

実はアマビエをペン先に入れるアイデアはWAGNERでも進んでおり、現在ポンちゃんが鋭意デザイン中!

アマビエの図柄を入れた筆記具はこれまでにも数多く出ていたが、万年筆はプラチナが最初。

そしてペン先にアマビエを入れるのはWAGNERが最初・・・となると良いな。

デザイナーのポンちゃんは、定例会で受付をやって下さっているaurora_88さんと仲良し・・・

ということは、一つくらいはオッチャンとアマビエが合体したようなデザインが出てくる可能性は否定できない。

既に素案は書き終わっており、あとは清書だけと聞いているので、非常に楽しみ!値段は万年筆も多機能ペンも全て1,800円(税抜)!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:19Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月29日

DAVIDOFF 18K-EFはセーラー製!

@01セーラーが自社ブランドで18金ペン先をつくらなくなったのは、DAVIDOFFに独占供給するからだと、以前に聞いたことがある。

その瞬間から、いつかはDAVIDOFFを買おうと決心していたのだが、思わぬところから入手できた。

このDAVIDOFFのペン先はセーラー製で、ペン芯もセーラーが作っているし、セーラーのカタログにも掲載されている。

しかし付属のコンバーターはシュミット製とまったく同じで、セーラーのカートリッジは入らない。付属のカートリッジもヨーロッパ型。

プラチナのグラマーがヨーロッパ型のカートリッジなのは丈が足らなくてプラチナのコンバーターは使えなかったからだが・・・

DAVIDOFFでは、ヨーロッパ・ブランドであることを強調したいというのかもしれない。

セーラーの18金ペン先は、23金や14金よりも評判が高かったので、ラインナップから消えたときには残念だった。

その後、y.y pen でノッペラピンのペン先が復活したときにはうれしかったが、DAVIDOFF登場で消えてしまった。


@02今回、DAVIDOFFの万年筆を少しだけ試してみたのだが、重量感は素晴らしい。

インクを入れない状態で39gあり、ある程度重い万年筆でないと筆圧不足となる拙者にとってはありがたい。

18K-EFのペン先は購入したままでは、かなり引っかかる。ルーペで見ても、どこにも破綻は無いのだが、カリカリする。

セーラーの細字ではMFが一番安定して書き味も良いと言われており、EFはけっこう味を出すのが難しいと聞いた。

だからこそ今回、EFを選んでみたのじゃ。ワクワク!

さっとインクをつけて書いてみたのだが、インクが紙にのらない。

ひょっとしてDAVIDOFFではインク誘導液に浸さないで出荷しているのかな?

セーラーの製品ならインク誘導液に浸してから出荷してると聞いたので、店頭でつけ書きしてもすぐにインクが乗るはずなのになぁ〜?

ブランド物は、ブランド側の基準に合わせるのか?たまたまインクが乗りにくい個体だったのか?

インク誘導液は売るほどあるので、それに浸してみたが・・・インクが出にくい!

どうやら拙者の筆圧ではインクが出にくいくらいペン先が寄っているようじゃな。

少し寄りを弱くし、少しエッジを丸めて楽しむことにした。

こういう時に、自己調整できる事の喜びを感じるなぁ〜!

約15分間、徹底的に調整したらシルキータッチのEFに変貌した。ええでぇ〜
  
Posted by pelikan_1931 at 23:58Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月28日

Pelikanの赤い限定品に惹かれる

2020-07-28上はオーストリア1000で、下はゴールデン・フェニックス。このBlogでも何度か紹介している。

最近、Pelikanからトレド系の限定品があまり発売されないので寂しいなぁ・・・

とはいっても、拙者が狂ったように買っていたのはペン先が【pf】ニブのころ。

それ以降に出たトレド系限定品にも買い集めた【pf】ニブをつけてコレクションしている。

理由はペン先の姿形が美しいから。とはいえ拙者と同じように美しさを語れる人は少ない。仲間が増えて欲しいなぁ・・・

書き味で言えば、ペン先がもっとも不格好だった時の18C-Mニブが好きだが、別に万年筆で字を書く習慣は無いので置いといて・・・

やっぱり見栄えでしょう、ペン先の!

ここに紹介する2本は、軸の色に惚れて購入した物。定価はいずれも20万円以下だったはずだが、上は13万円ほど、下は35万円で購入した。

Pelikanの888本限定の四神が出た時、これ中国向けでしょうとうっちゃっていて、ゴールデンダイナスティとゴールデンフェニックスは買いそびれた。

なので入手する際にはそれぞれ30万円以上支払うはめになった。

オーストリア1000の軸色は今でもいちばん好みの赤なのだが、軸の赤い部分を雑巾で擦ると剥がれる・・・という都市伝説がある。

万年筆の軸はアルコール除菌の布やスプレーに弱いという噂もあるので、絶対に消毒した手で触らない方が良い。

除菌スプレーで消毒したあとで、一度石鹸で手を洗ってから触ってね。杞憂かもしれないけど、泣くよりはマシ!
  
Posted by pelikan_1931 at 22:47Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月27日

万年筆談話室開室二周年記念万年筆の秘密?

@01左は、万年筆談話室開室二周年記念万年筆の・・・ペンポイント未研磨のものじゃ。いわゆる【なにもしないC】。

これをバトラフの形状に研ぎ出していくわけだ。軸は200本作ったのだが、現在は嫁入り中止期間に入っている。

200本の内訳だが、3本はサンプル、一本はStubに研いだ。そして15本はTIPS用に未研磨の状態でキープしてある。

すなわち、181本のバトラフを作ったわけだ。

そのうち、お嫁に行ったのが169本で、残りはBS-Fが2本、BS-Mが3本、BS-Bが7本ある。

@02@03@04BS-Bは海外からの引き合いが多く、その要望を受け入れると既に完売状態。


ただし、EMSの取扱が停止している米国からの引き合いなので現在はペンディング状態。

可能であれば、国内やEMSがストップしていない台湾、韓国、香港、中国、新嘉坡などに嫁がせたい。

右2つの映像はバトラフではなく、まだ研がれていないペン先を持つ15本の内の一本!

TIPSで研磨権付きで輿入れしようかと考えていたのだが、雲行きが少し怪しい。コロナでな・・・

研ぎのお奨めは、BS-B → BS-M → BS-F の順で面白いというのが大方の意見じゃ。

オリジナルは、どの形状にでも研げるので、悩ましいところだが、拙者ならBS-Bを選ぶなぁ〜!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月26日

第11回 y.y Day でお嫁に行った万年筆を考えると・・・

昨日開催された【第11回 y.y Day】は収容人数のちょうど半分程度という理想的な参加者人数だった。

出展者の数を絞ったり、検査を徹底したり、雨が吹き込むのもかまわず換気するなど、皆で折り合いをつけて開催したイベントだった。

開催地区大会ではつきものの、大声での値引き交渉もまったく聞こえず、【ここは本当に関西か?】というほど静かなイベント。

一番驚いたのは、参加1家族につき1箱、50枚入りのマスク箱が渡されたこと。なんでも竹内文具店さんからのプレゼントだとか!ありがとうございました。


2020-07-26拙者は、例によって現行品やパーツ、改造品などを並べていたのだが、お嫁に行ったのはいつもと同じく・・・

インクを入れて拙者が愛用している万年筆であった。

今回は万年筆談話室開室2周年記念のバトラフ研ぎのBを自分用にパーソナライズしていた物が嫁いだのはショック!

なんせプロモーション用に研いだので、また一本新たに研ぐ必要がある・・・婚約者のいる軸が多いので、誰を生贄にするか迷ってしまう。

PENLUX Deep Seaのスチール製ペン先のMもアチャーという感じ。相当時間(と日数)をかけて徐々に拙者の書き癖に慣らした物だった。

これで試し書きすると、みなさん【なんや、金ペンいらんやん!】とおっしゃる。そりゃそうでしょう!拙者が納得いくまで研いだんだもん!

中に入っているのは、限定のエーデルシュタインなのだが、偶然にも嫁いだ先の紳士もその限定インクが大好きとのこと。良いご縁であった。

一番下は、嫁いだモデルと比較的雰囲気の似た軸。中にステンレスボールを3個入れてある。

お嫁に行ったモデルには2個入れておいたはずだ。インクはラメ入りの【樹海】なのでステンレスボールは実に都合が良いはずだ。

それにしても、何故使った軸がお嫁に行くのか?  拙者もようわからんのだが、関西では使ってみない物は信用しないのかな?

これは想像だが、拙者の書き癖が極めて平均的で、誰が書いても100点満点の90点くらいの書き味は出せるのかもしれない。

あるところにわざと馬尻を埋め込んで、ハネやハライの感触をよくするような研ぎにしている。

ま、いずれにせよ、自分の調整を喜んでくれる人がいるうちは、出来るだけ長生きしたいものじゃな。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:30Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月25日

ラメ入りインクを万年筆で快適に使うための秘策?

2020-07-25写真の左側の万年筆は、真鍮古美仕上万年筆にピンクと塗料を塗ったもの。

下地に古美仕上げを施しているので、塗料が剥がれるほど良い感じに変身していく。

さらに塗料が剥がれたところに真鍮劣化液を塗ると、その部分だけが黒く変色して趣が出るのじゃ。

ピンク軸にLichtopeのDance Party というラメ入り桃色インクを入れているのだが、下の方に黒い点が2個見える。

実は、y.y Dayで友人がステンレスボールを持ってきてくれたので、それを2個入れてみた。

プラチナのカートリッジ内にあるステンレスボールよりも一回り大きいので、攪拌効果も高い。

何より攪拌する際の音が良い。もっとたくさん入れたいのだが、その分、重くなるのでいくつにするか思案中。

こういう悪巧みしているときが一番楽しいな!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:09Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年7月25日(土)は 第11回 y.y Day@神戸・元町 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:725日(  10:0016:30 

場所:
兵庫県民会館 9 303  住所:兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 


詳細は
こちらをご覧下さい!


料金は1家族2,000円ですので、ご家族でおいで下さいね!

@01
 

  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月24日

さようなら Pelikan M300 !

@01拙者は元々は伽藍鳥倶楽部(ペリカンクラブ)の会員なのでPelikanの熱狂的愛好者。

一時はありとあらゆるメーカーの万年筆をコレクションしていたが、最近では自分でプロデュースする万年筆以外は主としてPelikanを購入している。

そしてそれ以外の外国製メーカーの万年筆はどんどんお嫁にやっている。

Pelikanの中ではM800>M300>M400>M1000>M600の順で好き。主として握った時のバランスに依存している。

M800の中でもトレド系の限定品が手に合うような気がしている。まずインクは入れないけどな・・・

M300は非常にしなやかなペン先を持っているのだが、それは主として初期のM300についていたものに限られる。


@02これら2本についているものがそうだが、左の2本はいずれもがニコイチ、サンコイチなのが残念。

ペン先は18C-BBのペン先がついている。このペン先の形状は、それ以降のものと全く違うのじゃ。

ウェストがきゅっと締まった魅力的なシェイプをしている。これ以降の年代はおおむね寸胴に近い形状に変わってしまった。

そして柔らかさも弾力も、この時代の物が実に良いのだ。


@03@04左はいずれも18C-BBで製造された時代もほぼ同じ。

この画像と、それ以降のM300のペン先とを比較すれば、美しさの差がわかるはずだ。

M320もM300もM350もいっぱい購入したが、最期まで手元に残ったのは、緑マーブル軸とM350。

その理由はこれらのペン先の魅力に尽きる。

小さくて細い軸にBBのペン先を取付け、英文の契約書にサインするのに憧れたものだが・・・

いざ実際にサインする時には軸が短くて拙者の超高速サインには厳しすぎた。結局使われないまま現在に至っている。

きっと次の世代に引き継がれることになるのだろうな。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:13Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月23日

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆は・・・改良型三種類くらいかな?

秋の泉筆五宝展2020 記念万年筆としては三種類出す予定で進めている。

毎年、秋の泉筆五宝展では春のモデルの亜種を販売することになっているのだが・・・

今回は亜種は1種類で、他は市販モデルのSpec-Up Version。ほとんどがWAGNER Originalのペン先付きになる予定。


@01@02こちらが亜種の一種類で、ベースは春の泉筆五宝展2020限定万年筆。

上はプロトタイプで、下が販売モデルだった。

キャップを後ろに挿すとプラチナのデスクペンよりも全長が長くなることを目指して設計した。

この万年筆のペン先を14金ロジウムメッキに変えて発売する。

WAGNERではJOWOの6号ペン先(WAGNER刻印付き)の14金ロジウムメッキモデルを出していなかった。

しかし過去の泉筆五宝展限定モデルで使った14金ペン先の感触が素晴らしかったので、今回はロジウムメッキを施して復活させる。


@03模様の候補は左の春の泉筆五宝展2020モデル用の他に、ペントレ記念で出したスッポンが万年筆を加えている図柄も候補。

また鉄刀木の花びらを表現したやつなど、候補はたくさんある。

さすがにWAGNER 2020の図柄はあり得ないが、いろいろ並べて頭を悩ませている。もしご希望がありましたらお知らせ下さいね。

この万年筆は、プロトタイプから仕様変更して、内部の金属まで全てシルバーにしてある。

そしてロジウムメッキを施した14金ペン先。すなわちレーザー刻印したところは、シルバーから金の図柄が浮かび上がるのじゃ。

ペン先の種類は、14K-EF、F、M、B、Stub1.1 と もう一種類考えているが、そちらはずっと遅れて登場する予定じゃ。年末になるかも?

いずれにせよ、総本数40本で9末に発売できるのは30本だけ。

金ペン先単体の市販価格が$160という時期にスチール製ペン先モデルの13,000円増しで特殊刻印付きモデルを提供出来るのは、値上がり前にペン先予約してたから!

8月はペン先メーカーが夏休みで9月からはドカーン!とペン先が値上げされると噂されている。知らんけどな・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:54Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月22日

Sheaffer コノソアール が 気になる・・・・

@01左画像は拙者が持っているSheaffer コノソアールの一部。先日万年筆談話室を訪問された方が最近気になるとおっしゃっていた。

昔はずいぶんとたくさん持っていたが、今では飽きてコレクションも散逸してしまった。

左端は New コノソアールとか、プレステージ・コノソアールと呼ばれた高級ライン。純銀とかラッカー仕上げだった。

左から2番目と3番目が発売当初からコノソアールと呼ばれていたモデル。黒のチェイス模様に緑軸。

いずれも発売当初は日本では販売されていなかったと記憶している。

右端はコノソアールと同じ形状だが、米国の通販サイトLevengerが発売した半透明軸のモデル。

@02比較してみると、プレステージコノソアールのペン先の大きさが際立っている。

また、コノソアールは18金ペン先付きだが、Levengerでは14金ペン先モデルであることもわかる。

プレステージコノソアールは6万円前後、コノソアールは35,000円前後だったはずだが、Levengerモデルは100ドル程度。

@03@04@05しかもよく見るとLevengerモデルは14K-580という刻印がある。

普通は14K-585と刻印するはずだ。これは安く売るための方便として580と表記したのだろう。

わざわざ金の配合率を変えてまでLevenger専用のペン先を作るメリットは無かったと思われる。

それにしてもLevengerのペン先の作りは酷い。安かろう悪かろうの象徴かも?

このLevenger ModelのころからSheafferの迷走がはじまったのではないかな?

製品の品質に企業体力の差が如実に表れる。海外企業では、企業が左前になったとき、品質管理の人材を一番に切るのかも?

それがさらに企業体力を奪う最悪の方法なのだがな・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:44Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月21日

万年筆談話室で作った【樹海】が24分で・・・

@01万年筆談話室で作ったTono&Limsの【樹海】は濃い緑色+茶色+ラメのインク。

そのコンセプトはとても人には言えないほど複雑怪奇なのだが・・・忘れた。

初回はお付き合いで50個作ったが、万年筆愛好家に売れるような気がしなかった。

そこで、真鍮製古美仕上万年筆とセットで、細々と販売していたのだが・・・

インスタライブで評判になったらしく、単体で欲しいという要望がぽつりぽつりと入るようになった。

そこで、100個追加生産したのだが、とても老体にむち打って拙者が(昔の演歌歌手のように)インクを手売りするわけにもいかない。

そこでたこ娘さんが運営するLichtopeのネットショップに70本だけ掲載してもらった。21日12:00より発売開始!

そして発売から24分後には完売となった。しかも購入者の大半が女性!

樹海は今回で終売とし、同じインクは二度と作りません。

ただし、100個作っているので、あと30個は残ってるはず。

それらはLichtopeのリアルストア(実店舗)やWAGNERのイベントで販売する予定。

今週の25日に予定されているy.y Day@兵庫県民会館でも販売しますよ。少しだけね・・・

関西地区で買い逃された方は覗いてみて下さいね。Dance Party や Garden Pot も 関西初上陸しま〜す。知らんけどな・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:47Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月20日

プラチナ センチュリー 世界の万年筆祭り 限定品

@01@02左は、【世界の万年筆祭り】で購入したプラチナの限定品。

当時は【世界の万年筆祭り】限定の品が各社から出されていた。

拙者は Conway Stewart の Doctor's Pen のような、黒軸にチェイスがはいったものが大好きだったし、今でも好きだ。

この万年筆のチェイスに似た軸も、その後の限定品で各種発売された。

これって市場調査用に出していたのかも?なんて勘ぐったりしたものだ。

拙者は握りる力が弱いので、出来るだけ滑らない軸が良い。そうNICEが一番好きだ。

ただ握りの強い人のなかには、溝が痛い・・・という人もいるようだ。

全員に求められる万年筆を作る必要は無いと思う。一部の人だけでも良いので熱狂させられる萬年筆を作りたい。


@01明日の12時からLichitopeさんのOnline Storeで、樹海の通信販売が始まる。

100本作ったのだが、10本はLichtopeの実店舗での販売、20本はWAGNERの地方遠征時に販売。

そして残りの70本が
Online Storeで発売される。

既にLichtope Online Store の 会員登録のページ(右下のメンバーシップの欄)には、すぐに購入できるように、会員登録がどんどんされている。

すぐに売り切れるとは思わないが、転ばぬ先の杖!検討されてはいかがでしょうか?
  
Posted by pelikan_1931 at 23:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月19日

【春の泉筆五宝展2020記念万年筆】のお召し替え?

@01正式な【春の泉筆五宝展2020記念万年筆】の基本となる姿は左から3番目。

その他は左端の一本(プロトタイプ)を除いて拙者がいじってしまったもの。

調整師になる前は、【万年筆改造小僧96kg】だったので、体重が10kg以上減った今でも、オリジナルよりも改造した方が好み。

ただし、それは数がいっぱいあって、本体価格がさほど高くないものだけがターゲット。

幸いにして【春の泉筆五宝展2020記念万年筆】はスチール製ペン先付きだったのでさほど高くなかった。

萬年筆研究会【WAGNER】では、スチール製ペン先付きモデルは、金ペン先モデルと比べてはるかに嫁がせにくい。

そこで自分で塗りたくってみたのだが、付加価値に関しては否定的な意見しか出なかったので挫折。

とはいえ、一度塗りたくったラッカーを剥がそうとしても、右から2番目のようになるのがオチじゃ。

@06そこで、かねてより予告していた、胴軸交換のスケジュールを早めていこうと考えた。

ただし、胴軸部分の価格がけっこう高価になりそうなので、左端中央の【捻りのきいた青】の一種類だけに絞ってカスタマイズすることにした。

さらに、スチール製ペン先付きの【春の泉筆五宝展2020記念万年筆】に対して、【秋の泉筆五宝展2020記念万年筆】を作ることにした。

とはいっても、胴軸交換とペン先交換だけじゃよ。

ペン先はスチール製から14金製に変えての再登場。金ペン先付き軸の本数は40本のみ。

ペン先の太さは6種類の中から選択可能(詳細は会員のみ)。ペン先刻印は五芒星。

 もっとも、製造国でもコロナの影響は出ているので、予定通り納品可能かどうかは不明じゃ。

しかも、一昨日までにペン先の種類をコミットしないと、値段ががばっと上がる!と聞いたので、予測で発注してしまった!

最近は当たらないので有名な拙者の予測機能をフルに使って・・・やっちまった。

ペン先の過不足が出てきたら、やっぱり拙者の予想が当たらなかったと笑ってくだされや。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:26Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月18日

2020年7月18日(土)の大宮大会は面白かった!

2020年7月18日(土)の大宮大会は参加者6名に遠隔参加した親方含めて7名という少なさ。

過去を振り返っても、東京から3人、地元の方1人という沖縄大会、台風で東京からの飛行機が飛ばなかった高松大会の5人に次ぐ少なさ!

首都圏としては二度と無いであろう少なさ!

これには理由が3つあって、一番大きなのはコロナによる外出自粛要請。

2番目は大雨!いくら雨の大宮大会とはいえ、東京から出発する時にも大雨だった。

三番目は最近になって、日曜日だった当初の予定を、土曜日に1日シフトしたこと。

これは個人的な理由で、日曜日に開催される再開発準備組合総会の司会を急遽やらなければならなくなったから。

その告知をBlogで簡単にお伝えしただけだったので、気づいていただけなかった可能性は高い。

メールで、日程間違えてました!と連絡してきてくれた方もいらっしゃったしな。

通常は開催日の数日前に、ご案内の念押しをするのだが、今回はご時世もあり、念押しするのをやめていたのだ。

@01@02開催人数が少なかったので、参加した方々とは普段は出来ない深い会話が出来た。

そして普段なら絶対に手を出さないGoodsを購入してしまった!

聿竹さんが作った〔夜の標べ〕万年筆のクリアファイルとプレート(台付き)

いっぱい人がいるところでこんな物は購入しにくいが、人が少なければ抵抗も少ない。

最近、過去の言動を否定するように、ラメ入りインクを作ったり、萌え系キャラを購入したり、インク止め式万年筆を購入したりしているが・・・

完全にボケたわけではなく、新たな自分にチャレンジしているだけなのじゃよ。(言い訳がましいが・・・)


@03左の画像の上側を見ていて、〔夜の標べ〕万年筆(ペン先ユニットは自分で調達)に似てるなぁ〜と思い、

聿竹さんに〔パクリじゃないからね〕と言ったところから、面白い話が始まった。

聿竹さんは自分の企画がパクられると喜ぶらしい。

そもそもヒットしないモノは
パク
られない。そしてパクられるころには、本家は少しは下火になっているものらしい。

だからパクった方が話題になれば、本家も話題になるので新たな仕掛けをするチャンスだとおっしゃる。

美川憲一がコロッケのものまねから再ブレイクしたのと同じ効果が狙えると前向きに考えているようだ。

そういえば、以前、たこ娘さんもココシャネルの名言を引用されていた。
「コピーされてこそ、本物なのよ」
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年7月18日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 裏定例会 in 大宮 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:718(10:0016:45 解錠9:30  ペンクリ会員限定開催日当日会員登録された方も調整は受けられます)

場所:大宮ソニックシティビル 8 807  住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 


2020/21
年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れなく!  
  
 

入会申込書 V3

新規入会ご希望の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。

記入例は
 ここ にあります!  携帯メールアドレスを記入される方はPCからのメール拒否を外して下さいね。 

参加を逡巡されている方は
 こちら を読んで安心して参加を!

18
未満の方は参加費無料です。友人を誘って・・・勇気を持って覗いてみてね!


ゴミは各自持ち帰りとなりますので、ドリンクはペットボトルのみで、お菓子類持ち込まないで下さい。


注意事項;

★会場に入る前に体温測定を行います。37.5度以上の方は会場には入れません。

★各自マスクの着用をお願いします。また手の消毒にご協力下さい。

★会場入口のドアは開放しますので、大声での会話はご遠慮下さい。


★ペンクリを依頼する万年筆は、インクを抜き清掃してからお持ち下さい。インクが入ったままだと清掃料(500円)がかかります。

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月17日

幻の JOWO 14K-BB の 6号ペン先

@01左は過去に提供した泉筆五宝展記念万年筆。

基本的にはスチールペン先付きモデルとして販売されている台湾の販売店が作ったモデルがベース。

そのペン先をWAGNER 特別デザインにして100本〜200本ほど作っている。

そして、その内の50本〜100本ほどは14金ペン先付きモデルとしている。

基本的には安価なスチール製ペン先付きモデルだが、現在の大型ペン先の価格は異様に高騰している。

ほんの小さなKawecoの14金ペン先であっても単体で税抜き15,000円だ。

同じボディを流用しながら金ペン先付きとスチール製ペン先付きで30,000円の価格差があるケースも少なくない。

今年の秋の泉筆五宝展に合わせて14金ペン先付きモデルを企画しているのだが、今までに14K-BBを作っていないことに気付いた。


@0214金ペン先は、18金ペン先よりは価格は安く、弾力は上と信じているので良い選択だと考えたのだが・・・

依頼先からペン先製造会社に問い合わせてもらったところ、既に14K-BBはとっくに廃版になっているとのこと。

どうしてもBBが欲しければ18K-BBを選んで欲しいとのこと。これ痛いなぁ・・・

販売店の店頭とは異なり、萬年筆研究会【WAGNER】ではEFやFよりもBBの方が金ペン先なら希望者が多いことも少なくない。

BBを外すと会員をガッカリさせてしまう。しかたないのでBBだけは18金ペン先を使うことにした。

実はJOWOのペン先はBBとStub 1.1は他のペン先よりも高い。14K-Bと18K-BBとでは値段の差がどれほどになるのかなぁ・・・

鉄刀木の花びらを模したこのペン先模様は大好きなので、今回はロジウムプレートのペン先にこの模様をレーザー刻印しようと考えている。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月16日

台湾製万年筆の良さは背伸びしない潔さ!

@01左の3本はPENLUX Deep Sea のスチール製ペン先付きモデルで、右端はOPUS 88のOMAR Purple Amethystというモデル。

PENLUXの3本は回転吸入式で、OPUS 88はインク止め式。

いずれもJOWOのスチール製ペン先を装着していたのだが、最新モデルからOPUS 88はBock製ニブに変わった!

一番大きな差はJOWOでは1.5佗のペンポイントが一番幅広だったか、Bockでは2.3舒幣紊梁世気鮖つペンポイントが選べること。

ペン先のロゴも旧OPUS 88はシンプルだったか、新ロゴはかなり格好良くなった。

PENLUXもOPUS 88も、昨年のペンショーで、機構設計した方や販売責任者の方々とお会いしたので、少し肩入れしている。

いま、台湾の万年筆業界では新興企業がどんどん出来てきているし、それぞれが特徴を出していて面白い。


@02一番、好感が持てるのは無理して自社生産のペン先にこだわったりしないこと。

ペン先の優秀性で差別化するのでは無く、軸の大きさや機構や色の美しさを訴求しようとし割り切っている。

自社で金ペン先を作るには高度なノウハウが必要なので、今までパーツを作っていた会社がすぐに作れるはずも無い。

台湾のメーカーは、そういうところにはドライで、得意なところから調達してくればいいやと考えている。実にまっとう!

左画像の万年筆は、全てJOWOのスチール製ペン先だが、左から2番目だけは付け替えている。

春の泉筆五宝展 2020 記念万年筆用に準備した五芒星のStub 1.5个離撻鸚茲鯀着した。


@03@04五芒星ペン先もJOWO製のスチール製ペン先なので、ペン先をペン芯に合わせて押し込めば左側画像のようなペン先の変更が出来る。

なをPENLUXもOPUS 88もペン先ユニット後毎交換する方式ではない。

あくまでもペン先とペン芯は首軸から引き抜いて交換する必要がある。

OPUS 88ではペン先は EF、F、M、B、Stub1.5とペン先はそろっているが、PENLUXではFとMしかバリエーションが無い。

そこでJOWO製の別のペン先を付けたくなるのだが、それが簡単に実現できるのが楽しい!

ペン先単体の値段はせいぜい1000円〜1500円程度なので、ペン先単品で追加購入して交換する事も出来る。

自由度か高いだけに、楽しみ方も多い。やはり今後は台湾製万年筆から目が離せないな。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:21Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月15日

WAGNER 2019 14K-EF トライバル 亜種研ぎ版の改良!

@022020年2月10日のBlogで紹介したまま、ペンケースの肥やしになっていた万年筆を本日微調整した。

正確に言えば、掲載されていた3本の内の2本と言うべきかな?

名古屋大会に持って行こうとしていたが、忘れてペンケースに入れたまま使わずに放置されていた。

@01@03いずれも昨年度のWAGNER 2019 限定品の14K-EFのペン先を改造・研磨した物じゃ。

一本はウェバリー風に先端部を上に反らせた物、もう一本はEFを鉈研ぎ風に改造した物。いずれも調整に非常に時間がかかる。

プラチナはペン先の形ががっちりと成型されており変形しにくい。

その分、調整師がアレンジしようとしても、そう易々とは曲げさせてくれない。

往年のOMASの18金ペン先のように、指でつまむと指紋がペン先に刻まれるのではないかというほど柔なペン先とは全く違う。

剛性が高く、曲げてもすぐに元の形に戻ってくれる。その分、作ってしまった段差を戻すのには、時間と力が必要じゃ。

@04ウェバリー風に反らす際には、曲げると同時にペン先が背開きになってしまう。

従って力でもって背開きを直す必要があるのだが、センチュリーのペン先でウェバリーに曲げた背開きを直すのはかなりの力業。

セーラーは21金なので曲げやすく、パイロットは剛性が低いのでさほど力はいらない。

プラチナの場合は、独特の剛性の高い弾性がウリなので、柔らかいペン先は別のライン(細軟や中軟)で楽しんで下さいという姿勢。

間違っても魔改造を前提とした設計にはなっていない。

しかし入手して、もはや手に入らなくなった万年筆を手に合わせて欲しいという要望があれば、調整師としては冥利に尽きる!

以前の状態でもなかなか良かったのだが、今回は異次元の書き味になった。ただし筆圧をかけず、速記もしないという条件でだがな。

表で書けばソフトEFもどき、裏で書けばなめらかなUEFというところかな。

2度と作れないような気がするので、自分で使うことにした。


@05こちらは、EFを鉈研ぎにした物。まるでチビ鉈のような雰囲気だが全く違う。

チビ鉈は細軟(SF)のペンポイントを研いでこそ得られる書き味で、硬いEFでチビ鉈の書き味を出すことは出来ない。

そこで開き直って、インクフローを絞った上で字幅に変化をもたらせるような極細にチャレンジしてみた。

拙者のようにインクフローの多いのが好きな者には向かないが、描かれた線は実に綺麗だ。

EFというか、UEFに近い線幅で、ここまで綺麗な線が描けるとはびっくり。

これ以上触ると特長が消えそうなので、インクフロー改善には走らないでこのまま使うことにした。

今日はたっぷり睡眠をとったせいか、実に良い調整が出来たわい!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:59Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月14日

購入したときに【これだ!】と思った筆記具たち

2020-07-14左の3本は初めて見たときに【これは凄い】と感じた筆記具じゃ。

一番上は一昨日紹介したpencilistというフリクションのレフィルを使うホルダー。代官山で自分で見つけたもの!

重量感があって実に書きやすい。約37gあるのでPelikan M815とほぼ同じ重量なのだ。Good!

既に軸の6個のエッジはサンドペーパーで削って下の真鍮を露呈させている。これによって実に握りやすくなった。

弱点は消しゴムがあまり役に立たないこと。幅が広すぎ、かつ柔らかいので擦るときに力が入らない。

ではどうしているのかといえば、消しゴム用にインクの切れたフリクションを側に置いている。ここが少し残念だが、1日でこれほど一本の筆記具を愛用したことは無い。


まん中はJetstreamのタッチペン。もちろんボールペン側はJetstreamなので書きやすい。軸が軽いので書きにくそうなのだが、インクフローが良いのでストレス無く書ける。

20本くらいまとめて購入して机の上にも、バッグの中にも、冬用のベストにも常備している。

こちらは先日、間違って洗濯までしてしまったのだが何の問題も無く使える。

ただ常備しているにもかかわらず、iPhoneの文字入力に使う事はあまり無い。

実に精度が良いのだが、使いたいときに限って手元に無いのじゃ。タッチする際の感触は今までで最高だと思うがな。

拙者が気にいる万年筆以外の文具は、ほとんどがfuku4さんに教えてもらっている。たしかこれもそうだったような気がする。


一番下は、最初見たときに一番感激したプラチナの限定品【春暁】。紫雲よりも薫風よりも衝撃的だった。

なんせ
ペンポイントは、細字、細軟、中字、太字、極太(C)の5種類も用意されていた。限定品に極太(C)を準備したのは画期的。極太は売れないからなぁ・・・

ただし拙者が気にいるモデルは売れないらしく、この春暁も(販売店では)売れなかったらしい。次のモデルでは製造本数が減った・・・

今回の【紫雲】では製造本数を【春暁】と同じ3,776本に増やしたが、製造本数の倍の引き合いが世界中からあったそうだ。

ペン先バリエーションの乏しい紫雲が大成功で、豊富な春暁はこけた。

やはりマーケットに対する宣伝方法がここ2年ほどで大きく変わったからだろう。

もはや売れ行きは発売前の評判で決まってしまう時代になったと言える。実物を見せる前に勝負を決めないと在庫になる時代なのかも?

ティーザー広告すら古くなってきているのかもしれない・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 23:49Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック