2015年06月14日

6月14日(日)は萬年筆研究会【WAGNER】 裏定例会@横浜 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:614日(09:0016:45 (解錠8:45  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:横浜情報文化センター 7 大会議室  住所:横浜市中区日本大通11番地   
2015/16年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙に会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方はこちらを読んでね!
迷()ビンゴ大会はありません。また、二次会中華街で行います。安くておいしい中華料理にご期待下さい!
 調整依頼に関してはこちらも読んで! 
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2015年06月06日

6月6日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 中部地区大会 in 名古屋 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:66日(9:0016:45 (解錠8:45  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:ウィンク あいち愛知県産業労働センター9906会議室  住所:愛知県名古屋市中村区名駅 4-4-38  電話052-571-6131
2015/16年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙に会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方はこちらを読んでね!
迷()ビンゴ大会の景品を大募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい!
 調整依頼に関してはこちらも読んで!
   続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(0)

2015年05月30日

5月30日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 九州地区大会@博多 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:530日(10:0016:45 (解錠10:00  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:アクロス福岡 6階 604会議室  住所:福岡市中央区天神1丁目1番1号 電話:092-725-9111(代表)
2015/16年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙に会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方はこちらを読んでね!   
開始時刻は10:00ですのでお間違えなきよう!福岡空港/博多駅から雨に濡れずに会場に入れます!
調整依頼に関しては こちらも読んで!
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(3)

2015年05月26日

火曜日のアンケート【 税抜き1万円定番品対決  ”パイロット カスタム 74”  vs  ”プラチナ #3776 センチュリー”  さぁ、どっち? 】

前回のアンケートは・・・

 (M805 + M1005 vs   (No.149 + No.146)

あなたは20万円払って、上記どちらかのセットを購入し、おつりは家族に巻き上げられるとしたら、ペリカンの2本を選びますか、あるいは、モンブランの2本を選びますか? 


だった。

結果はMontblanc:28票、Pelikan:15で、No.149+No.146の圧勝であった。
これが金トリムで、なおかつ、お釣りは貰える設定だったら良い勝負だったかも?


今回のアンケートは、昨年の同時期と同じ質問!

10,800円を貰い、デパートで自分用に一本買うなら、
   パイロット カスタム 74 と 
   プラチナ #3776 センチュリー では、どちらを選びますか?

軸色は、定番品であろうとショップ限定色であろうと、現在入手可能であれば自由とする。

ペン先の種類は、いずれも1万円のモデルで許されてるもののみ

パイロット カスタム 74 :EF・F・SF・FM・SFM・M・SM・B・BB の 9種類
プラチナ センチュリー  :超極細、極細、細字、細軟、中字、中軟、太字、極太 の 8種類 (昨年より中軟が増えた)


10.800円を貰い、デパートで自分用に一本買うなら、

   パイロット カスタム 74  (説明)  

   プラチナ #3776 センチュリー
 (説明)  とでは、どちらを選びますか?


可能ならば、軸色ペン先の種類もお書き下さい。



  それでは Go

   
Posted by pelikan_1931 at 23:00Comments(17)

2015年05月25日

月曜日の調整報告【 Pelikan M800 旧軸 18C-O3B 書き味調整 & キャップトップ外し・・・ 】

1今回の依頼品はM800の旧軸。普通でないのは18C-O3Bという変態ペン先がついていること。M800のペン先の中で一番利用価値のないものだが、OBBよりは数が多いかも?
使いようによっては3Bよりも太い字を書けるので、調整依頼は何度か受けた記憶はある。いずれも【なんとかまともに書けるようにして!】というものだった。
普通の持ち方では(普通の字を)綺麗に書くのは難しいので、筆記角度に合わせてかなり研ぎ込む必要がある。
要望内容は【書き味の改善】と【天冠を外したい】ということ。後者の目的は何なのだろう?

23こちらが調整前のペン先の拡大図。まずはペン先とペン芯の位置関係が(拙者が提唱する)理想状態ではない。
またスリットが詰まりすぎているので、インクがスムーズに流れないように思われる。これだけ幅広のペンポイントで書き出し掠れを防ぐには、少しスリットを開く必要がある。
おやおや、ペン先の先端部に擦れた痕が残っている。これは金磨き布で擦れば綺麗になるので拭っておこう。
このペン先はPF刻印付きで、ホールマークが付いていない時代の物だな。拙者が持っているO3Bのニブにもホールマークは付いていなかったな。付いているのもあるのかな?

456こちらは横顔。真ん中画像は上がスキャナー、下がTG-3の深度合成。右端は、深度合成の拡大。
良く見ると、奥側のペンポイントが手前側よりも上に出ているのがわかる・・・・かな?

7正面から見ると、このようになっている。背開き、段差、スリット詰まりの三重苦。これではまともにインクは出てこないし、紙にバリバリに引っ掛かる。
それに少しでも書き出しでペンを倒したら、スリットが紙に接しない=インクが紙に付かない=書き出し掠れとなってしまうだろう。
今回はペンポイントの研磨はやめておこう。こういう大きなペンポイントの研磨では、詳細に筆記状態を見ないと適正な研磨は出来ないのでな。
目の前で字を書いていただくのを詳細に眺めてから調整し、その場で確認していただく必要があるのでな。

8こちらは、ペン芯と分離したペン先。それを綺麗に磨いた上で、スリットを拡げ、上下の段差を取り除いた状態じゃ。
いつ眺めてもM800のペン先単独画像は美しい!特に大きなペンポイントを持つペン先の画像は実に綺麗だ。眺めているだけで気持ちよさが想像できる。

9こちらは天冠を外して、天冠+インナーキャップ+クリップ+キャップ本体に分解したところ。天冠部分をゴム板でつまんで左に強く捻れば天冠は外れる。
実は難しいのは再アセンブル。クリップとキャップの位置は1カ所のみ。また、インナーキャップに刻まれたペリカンの下がクリップ側に位置するようにして天冠を固定するのじゃ。
心配なら、分解前に正しい状態の写真を撮影しておくべきだろう。まぁ、実際に拙者がやっているところを見て、実習すれば一回で覚えるがな。

10こちらが理想的な位置にセットされたペン先と首軸の位置。O3Bの刻印は首軸先端部より前にあり、ペン芯の先端部は模様刻印の先端部と同じ位置。
そしてスリットはちゃんと開いているが、毛細管現象を弱めるほどには開いていない。あくまでも書き出し掠れ対策じゃ。
本日は、ここまでで終了。あとは対面調整で5分ほど時間をかければおしまいじゃ。続きは定例会にて!

【 今回執筆時間:3時間 】 画像準備1h 修理調整1h 記事執筆1
h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
Posted by pelikan_1931 at 22:22Comments(2)

2015年05月24日

奥様と【下男たこ吉】の素敵な日々 ★ 同期会 ★

昨日のたこ吉は、萬年筆研究会【WAGNER】の表定例会と、高校の京浜地区同期会のダブルブッキングでてんやわんやの忙しさだった。

後者についてはたこ吉も幹事を務めている関係上、日程は都合の良い日を選んだはずだった。それに従ってWAGNERの開催日を一日ずらして日曜日(本日)にしていたのだが・・・
WAGNERの日程表を眺めていて、なんでこの回は日曜日開催なの?順番から考えれば土曜日開催だろう!と開催日を土曜日に戻してしまっていた。

その誤りに気付いたのは、幹事会の当日!奥様よりも数倍厳しい女性同期生の前で、同期会の日を変えてぇ・・・とはとても言えず、WAGNERを早退して会場に駆けつけることにあいなった。

幹事なのでスーツでも着ねば・・・と1年半ぶりに押し入れから引っ張り出したのだが、当時と比べて10kg以上痩せているのでブカブカ! 奥様は・・・

ヒャッヒャッヒャー!子供がおとうさんのスーツを着ているみたい!】 と床でお腹を抱えて笑い転げ、咳までするしまつ。サスペンダーを使ってもまったく様にならないのでスーツは断念。

この日に備えて購入していた小型三脚を引っ張り出したら、クイックシューが行方不明!これでは三脚としての価値は無い。
そこでプロ写真家から譲ってもらったジッツオの大型三脚を持って行くことに。これが実に格好良いのだが、重い!

カメラや必要資料を詰め込んだTUMIの革製バッグにカメラを入れて萬年筆研究会【WAGNER】会場まで運搬したのだが、KENKENさんが【肩から背中が汚れてますよ!】 と教えてくれる。

見ると、こちらも何年も使っていなかったバッグの肩パットが劣化してワイシャツに滓がこびり付いている。これじゃ肩紐は使えないので、バッグは手でぶら下げるしかない。重いぞぅ・・・(涙

たこ吉の役割は、写真係と、ビンゴ係。写真の方はなんとかなったはずだが、ビンゴの方は焦った。

なぜかいつまでたってもビンゴが出ない。最初にリーチがかかったのが30回目、ビンゴがでたのが35回目。すでにビンゴのソフトが黄色になっていた。
そして3回目のビンゴが出てからすぐに、赤い画面に変わった。(いいかげんに終われよというサイン)

13人目のビンゴが出たのは、なんと48回目。ちなみにビンゴは1〜75の数をランダムに(重複しないように)出してくる。なんと引きの悪い集まりだろう・・・

ちなみに、拙者はまだ誰もビンゴが出ていない33回目でリーチが4カ所、34回目にはビンゴになってしまったが、知らん顔してパスしてした。
今回の商品はけっこう重い物が多かったので、カメラと三脚以外には何も持ちたくなかったのでなぁ・・・ 

ぜひ、次回からもビンゴ係を引き受けて、重い物を持ち帰らなくて良いようにしよう。なんせ本日は体中が痛くて、14時になってやっと動けたほど疲れていた。昨日、奥様にモーラステープを6カ所も張っていただいたのに(涙

参加者24人の話を聞くと、みなさん夫婦円満な方ばかり。そのコツを端的に表現された同期生がいた。

主人とはテーブルをはさんで、真向かいには座らないの。座ると納豆の糸が見えたりして一言言いたくなるでしょ。でもって主人が言うことを聞かないと罵るでしょ。これがいけないのよね】 

でね、主人が退職して家にいるようになってからは、食卓に並んで座るようにしたのよ。そうすると、庭に落ち葉が落ちる様子や、風で枝がなびく様子を一緒に見られるでしょ。そう会話が増えるのよ!】 

ああ、主人と同じ時間を共有していると感じると、細かいこと(納豆の糸など)は気にならなくなるわけ】 

この話は大受けで、参加者の何割かは試してみる様子だった。しかし、これは我が家では適用できない。

我が家では、テーブルは2m × 1m程度の細長い物を使っている。短い方の一辺壁に密着させ、逆側にたこ吉が座る。
そして2mの辺に奥様が座る。すなわち90度の角度で座っている。

納豆の糸は当然見えないし、奥様がお怒りになった時でも、隙を見て目を合わさずにすーっと立ち去ることが出来る。

何より、キッチンへも冷蔵庫へもたこ吉の方が近いので、奥様のご命令に対し、機敏に動くことが出来る。これが一番重要な理由かな?
それに、横に並んで座っていては、上下関係が曖昧になって下男が増長する危険性もあるし・・・  
Posted by pelikan_1931 at 17:00Comments(4)

2015年05月23日

テストの珍回答 その125

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す
                                                              
1:
 
家庭科 鯖(さば)は釣った直後に塩でしめます。それは何故でしょう?(岡山県の中学校

解答: 鯖(さば)はすぐに腐ってしまうから とか 帰省中がいるから 

Yahoo! 知恵袋によれば・・・

サバの生き腐れ とよく言われるように、サバには分解酵素が含まれていて死ぬとすぐに自身で自分の身体を消化してしまう。分解が始まると今度は腐敗菌の増殖が始まる。

塩と酢で〆る事でこの腐敗を食い止める事が出来る。塩で余分な水分を抜き、菌の増殖を防ぐとともに酢によって多くの雑菌を死滅させる事が出来るから。

あとサバで怖いのは寄生虫
アニサキスをはじめとするこれらの寄生虫は酢では死なない。生きている間は内臓に潜んでいるが魚が死ぬと内臓から身の方にも広がっていく。

これらの理由で酢ではなく、塩でしめるらしい。 
 
 
2: 英語 次の英単語の意味を答えよ。 (千葉県の中学校など
      immediately

解答: ただちに (すぐに)

immediatelyをGoogle翻訳で翻訳すると・・・・

直ちに      immediately, directly, at once, in person
即時        immediately, promptly
直ぐ                  immediately, soon, right, easily
すぐさま            immediately, promptly
早速                 immediately, at once, promptly, without delay
即刻                 immediately, at once, instantly
即座に              immediately, right away
忽ち                 suddenly, immediately, in a moment, at once
立ち所に          immediately, instantly, at once, on the spot
直ぐ側             near, immediately
直に                directly, immediately, in person, headlong, readily
早く                  immediately
今                    now, at the present time, just now, immediately
命令一下    immediately 

てなかんじ。 命令でimmediatelyと言われた時のニュアンスは・・・【大急ぎでやらんかい!】かな?

 
3:保健体育 人間の体内には血管があり、その中を【〇〇】が流れて、全身に酸素が届けられる。【〇〇】に入る言葉を答えよ。(兵庫県の中学校

解答: 血液

解答を見ると簡単だが、酸素は血小板につくのか、赤血球か?はたまた白血球か?なんて本気で考えたら解答できない。
そういう意味で、中学生が答えるなら妥当な質問と回答なのだが・・・
えてして理科が好きな子供達は、昔なら百科事典、現在ならGoogle検索で、授業に先行して勉強していることが多い。
拙者は小学校3年生の時に買ってもらった百科事典で、原子爆弾の作り方を知っていたしな・・・
そういう子供は、血液・・・という正解を答えられないかも知れない。拙者も間違った。

 
4: 国語 〔調子に乗せればなんでもやる〕という意味のことわざは?(愛知県の中学校
      (   )もおだてりゃ木に登る
 
解答: 

このことわざは〔能力の低い者でも、おだてられて気をよくすると、能力以上のことをやり遂げてしまうことがあるというたとえ〕と解説されている。

これが全国的に広まったのは・・・ヤッターマンのおかげという噂もあるようで・・・・以下のような解説を見つけた。真偽は定かではない。

私は幼少の頃、とてつもないお調子者であった。
まあ、それは今も変わらないが、当時はもう、青天井のお調子者だったのである。ちょっと褒められて調子に乗ると、部屋の中でスキップしたり、意味もなく駆け回ったりして、母親によく「あんたは『ブタもおだてりゃ木に登る』だね、まったく……」なんて言われたものである。

さて、この「ブタもおだてりゃ木に登る」という言葉。古くから全国で使われていることわざだと思っている人もいるかもしれないが、実は1977年に放送が開始した『ヤッターマン(旧作)』から全国に派生した言葉なのである。この作品以降も、タイムボカンシリーズでは頻発していただけに、同世代の人にはなじみ深い言葉だろう。

ではこの言葉、いったいどのように生まれたのだろうか。さっそく、タツノコプロの広報に聞いてみた。
「タイムボカンシリーズの総監督を務める笹川ひろしが、子どもの頃に住んでいた福島県で使われていた言葉のようです。ですから、言葉自体は本作品のオリジナルというわけではないんですよ」

なるほど。それを踏まえて調べてみると「ブタもおだてりゃ木に登る」は、もともと福島県会津地方で使われていた、いわゆる“囃し言葉”だったようだが……。
それにしても、一地方の“囃し言葉”がことわざと勘違いされるほど全国で親しまれる言葉になるとは。タイムボカンシリーズが、いかに絶大な影響力を持っていたかがよくわかる。ちなみに『ヤッターマン(旧作)』の平均視聴率は20.1%、最高視聴率は28.4%というから驚きだ。

もちろん現在放送中の『ヤッターマン』でも、「ブタもおだてりゃ木に登る」は健在。ちなみに、この言葉を発するブタ型のメカは、その名もズバリ『おだてブタ』。声は、「おっはー」でおなじみの山ちゃんこと、山寺宏一さんが当てている。

ところで新作の『ヤッターマン』は、旧作から数えて実に30年ぶりの復活となる、記念碑的作品でもある。つまり、1977年当時に『ヤッターマン(旧作)』を観ていた人は、現在30代後半から40代になっているわけで。
もしかしたら、お調子者を部下に持つ偉いさんが、陰で「あいつは『ブタもおだてりゃ木に登る』だな、まったく……」なんて言っているかもしれないわけですな。

とか。 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 23:00Comments(0)

5月23日(土)は萬年筆研究会【WAGNER】 表定例会@御徒町 *** 将来日付でのご案内 ***

日時:523日(09:0016:55 (解錠8:45  ペンクリ会員限定(開催日当日会員登録された方には順番を繰り上げて優先的に調整を行います)
場所:LEN貸会議室:御徒町木下ビル(2F) 住所:東京都台東区上野3-20-10 木下ビル2F  
2015/16年の予定  ここ を押して! 名札をお持ちの方はお忘れ無く!

@01新規入会の方は左記の記入用紙会員番号以外を書き入れて持参して頂くと、受付時間が短くなります。ご活用下さい。
参加を逡巡されている方はこちらを読んでね!
迷()ビンゴ大会
の景品を大募集しています。ご自宅や勤務先の雑多な物をぜひお持ち込み下さい!
調整依頼に関しては こちらも読んで!
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(4)

2015年05月22日

金曜日の調整報告【 Montblanc Donation Menuhin 18K-M 書き味とインクフロー改善 】

1今回の依頼品は2015年05月15日と同じくMontblanc Donationシリーズ。前回はカラヤンだったが、今回はMenuhinだとか。わしゃ知らんがな。
カラヤンはキャップの口の部分に鍵盤が描かれていたが、今回はクリップに弦楽器の弦を止める部分があしらわれている。
このシリーズの欠点?はキャップが尻軸にうまく挿さらないこと。スキャナーの上に乗せて撮影するのに非常なストレスとなる。
何もドネーション・シリーズに限ったことではなく、No.146系に共通の弱点。だからこそ、たまにキャップがきっちりと挿さる軸を見つけるとうれしい。プルーストなどは秀逸!

23中古で入手したが、インクフローが少ないのと書き味が悪いとのことだった。この時代のMontblancはペンポイントを寄せていたのでさもありなん。
ペン芯とペン先の位置は固定なのでいじりようはないが、スリットは少しだけ開いた方が良いだろう。このままではインクが余り出ないはずだ。
前回のカラヤンではプラチナ鍍金のペン先に金色のハトだったが、今回は金色のペン先に銀色のハト。このハトはプラチナ鍍金かな?

45こちらは横顔。右側画像を見ると、明らかにペンポイントが薄く研磨されている。こちらの画像と比較すると明らか!
どうやら森山スペシャルを真似して研磨したようだが、その域には遠く及ばないなぁ。でも努力は認められる。精進すればいつかは・・・というところかな。
こういう成長途中の研磨を見ていると頼もしく思える。そもそも拙者がこのレベルに到達するのにはずいぶんと時間がかかったはず。
しかし、Blogで調整方法を公開してから、若い人の調整の腕はすさまじい勢いで伸びている。別に教え子とは思わないが、何となくうれしい!

6どこが悪いのかは、こちらの画像を見ればよくわかる。せっかく薄く削ったのに、そこからさらにエッジを取ろうとして、腹が馬尻になっている。
ペンポイントを薄く研磨した場合、よほど寝かせて書かない限り腹の部分はさらっと数回擦る程度で良い。
それよりもインクフローを上げて筆圧を下げさせた方が、書き味の点でははるかに有利。そこが理解できれば、このペン先を調整した人は伸びるな。
ただ、このペン先はひっくり返して書くようにも調整されているが、依頼人はそういう事はしないので、戻しておこう。

7こちらは首軸から抜いて、スリットを拡げ、清掃が終わった段階のペン先じゃ。大きなコストカット穴があるなぁ。これってヘミングウェイのペン先の時代から存在していたはず。
スリットはペン先単独の段階でこのくらい離しておくことをお薦めする。
ペン芯に載せて首軸に突っ込んでからでもスリットを狭めることは簡単だが、開くのはリスクがともなう。開くと同時に段差が出来てしまうこともあるからな。
段差は出来るだけペン先単独の段階で直しておくのが好ましい。先端部だけではなく、ハート穴からペンポイント先端部までの全てで段差が無いように微調整するのですぞ。

8こちらは、先端部のとんがりと、腹の馬尻を削り落とし、秘密のペーパーで研磨した後に、金磨き布でバフがけ(8の字旋回)を施したペンポイント。
もちろん、水で洗浄した後、インクを浸けて試し書きしてから乾燥させて撮影した物。
この段階から2日ほどで少しだけ調整戻りするはずなので、その分だけ過剰補正してある。どこだかわかるかな?

910先端部のとんがりを削り落としたのは、シャキっとした字形にするため。前のままだとぼんやりとした書き出しになり文字が乱れる。(愛の終着駅)
左画像を見ると、スリットはペン先単独の場合よりも少し寄っている。これは首軸に差し込んでからペン芯の上でペン先を少し寄せたから。
Vintageのペン先は一度ペン芯に載せて首軸に突っ込むと、その後にスリット調整するには時間とコツが必要になるが、現行品(特に18金ペン先)では容易に寄せが出来る。

インクを付けて書いてみる・・・まるで別物の万年筆になった。大成功!


【 今回執筆時間:3.5時間 】 画像準備1.5h 修理調整1h 記事執筆1
h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
Posted by pelikan_1931 at 23:30Comments(2)

2015年05月21日

木曜日の蘊蓄【 チビブーへの贈り物 】

一ヶ月前まで我が家にはにゃんこが三匹いた。チビブー、コギちゃん、クロの同い年三姉妹。同じ母親から同じタイミングで生まれたにゃんこ。

毛の模様から考えて、チビブーとコギちゃんは同じ父親で、クロだけが伝説の雄猫ブースカの子供と思われる。
ブースカは野良猫だったが大胆不敵で、窓を開けて風呂掃除している間に、居間の真ん中でひなたぼっこしていたこともあった。

あわてて追い出そうとするも、なんとなく不満そうな顔をしてノソノソと出て行くだけ。何故追われるのかわからないというような態度だった。 

そのブースカは黒猫だったので、クロも茶色が少しだけ混じった黒猫。今から18年前のことであった。

当時は元々は野良猫であったきなこ(きなこ色)をおせち料理の残り物で餌付けして飼い始めたころ。
まだしょっちゅう外出していたのできなこがブースカと出来てしまったらしい。その後は二匹とも去勢したので似たにゃんこは増えていないはず。

先月の23日にコギちゃん、25日にクロが逝ってから、チビブーは急にワガママになってきた。

お風呂で使う小さな手桶に水を入れて与えていたのだが、一匹になってからは、なかなかそれではお水を飲まなくなった。
いつまでもニャーニャー泣くので、奥様が冷蔵庫の氷を手桶に入れたら、それが気に入ったらしく、頻繁に氷を要求するようになった。

奥様がお風呂で手桶を使っている間も、水飲ませるとうるさいので、専用の水飲み桶を購入することにした。

とはいっても、今までとまったく違う形だとチビブーも戸惑うかも知れないので同じ形にしてねと奥様から言われて捜した。

それが・・・・   続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 23:15Comments(0)

2015年05月20日

水曜日の調整報告【 Waterman Red Ripple No.52 14K-F 吸入不良修理とインクフロー改善 】

1今回の依頼品は、(今度こそ)Waterman の Red Ripple。まさに赤いエボナイトに黒いエボナイトが波紋のように浮かび上がっている。実に綺麗!
調整票によれば、2008年1月に購入し、しばらくは吸入していたが、最近インク吸入しなくなったのと、ボタ落ちが激しくなったとのこと。
この症状は明らかにゴムサックが劣化して破れた時の物。インクを入れたままで長期間放置すると必ずこうなってしまう。
もっともゴムサックもエボナイトもゴムから出来ているので、ひっついていれば同化してしまう事が多い。根本的に直すのなら、ゴムサックはやめてシリコンのサックに交換するのがよかろう。

2345ペン先の寄りは強烈でそう簡単にはインクが出ない。
これは見てもわかるようにペン先が異様にお辞儀しており、そのせいでペン先が内側に強烈な力で寄っているのじゃ。
この強烈な寄りを直すには、ペン先のお辞儀を弱め、スリットを少し開くしかないだろう。

6こちらは苦労して胴軸から首軸を抜いたところ。サックはベトベトに溶けており胴軸内部にこびり付いたゴム破片を取り除くのに2時間以上かかった。
熱湯に浸ければゴムが硬化して取りやすいのだが、そうすれば軸のエボナイトも強烈に変色してしまうのでそうはいかない。
このねっとりとしたゴムが接着剤の働きをしており、胴軸から首軸を抜き出すのにも、30分以上かかった。これほどヒートガンを長時間使ったことはないなぁ。

7寄りの状態を正面からTG-3の深度合成で撮影した物。スリットはたしかに詰まっているが、あれほどお辞儀させていても腹開きにはなっていない。
ということは、ペン先のエラを寄せた上で先端部をお辞儀させたのだろう。ということは目的はただ一つ、インクフローを絞って紙に滲まないようにすること。
すなわち、インクフローを良くして欲しいという依頼者と正反対の調整がなされているのじゃ。

8こちらがペン先を首軸から抜き取り、綺麗に清掃してからお辞儀を直し、スリットを少しだけ拡げた状態。
お辞儀を直す方法は、堀切の久保さんの真似をして小鎚で背中側をコンコンと叩いて直す。力加減がわかれば大体は成功する。
それにしても往年のペン先ってのは刻印だらけだなぁ・・・。刻印が多いとペン先は硬くなりがちなので、最近は刻印を少なめにするメーカーが多い。
しかし、それはある程度の肉厚のペン先に対してやる加工で、この時代の薄いペン先を無刻印にしたらフニャフニャ過ぎて困るかも知れないな。
それを考えた上で文字刻印だらけにしたのなら脱帽するが・・・どうなんだろう?
まぁ、過去に拙者の新説だぁ!・・・とはしゃいだ事が戦前の萬年筆と科学に掲載されていたという笑い話もあるので無いとはいえない。

910こちらが調整後のペン先。お辞儀を弱め、スリットを少しだけ開いて抜群のインクフローになった。
ペンポイントの粒子はかなり粗いので、絶品の書き味とはならないが、インクフローがカバーしてくれるので、Vintageらしいシャキシャキとした書き味になった。
ちなみに、インクサックはシリコン製に変えるべく、米国に発注した。あと数日で届く・・・すなわち、今回Blogには間にあわなかった。


【 今回執筆時間:5時間 】 画像準備1.5h 修理調整2.5h 記事執筆1
h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
Posted by pelikan_1931 at 23:45Comments(1)

2015年05月19日

定番品対決 Montblanc vs Pelikan さぁ、どっち?

前回のアンケートは 万年筆以外で頻繁に使う筆記具は何ですか? であった。

結果は・・・

第一位:18票   昔ながらの油性ボールペン
位:11票   ペンシル(シャーペン)
位:10票   easyFLOW系のボールペン(ジェットストリーム含む)
第四位:04票   ゲルインキボールペン
第五位:03票   フリクション
第五位:03票   鉛筆

となった。昨年と同じく、昔ながらの油性ボールペンがダントツのトップ。ただ皆さん、様々な筆記具を目的に合わせて利用しているようじゃな。 

昨年と同様、Parker のインジェニュイティに入っている5thインクと回答した人がゼロだった。
萬年筆愛好家には容赦出来ない筆記具なのだろう。”インジェニュイティ使うくらいなら萬年筆を使う!”かな?

昨年はペリカンモンブランンの定番品ガチンコ対決 (M800 + M1000) vs   (No.149 + No.146)で、Pelikanの勝ちだった。 

しかし、票差が詰まっていたので、Pelikanが負けたら萬年筆研究会【WAGNER】解散!というルールは止めた。
なので、今年から正直に申告して下され。諸般の事情も鑑みて・・・

今年のペリカンモンブランンの定番品ガチンコ対決は (M805 + M1005 vs   (No.149 + No.146)とする。

あなたは20万円払って、上記どちらかのセットを購入し、おつりは家族に巻き上げられるとしたら、ペリカンの2本を選びますか、あるいは、モンブランの2本を選びますか? 

           それでは、Go! 
 

拙者の場合は、昨年度と同じ問だったらMontblancに入れるだろう。だって金トリムのPelikanはそれこそ売るほどある。に対してNo.149もNo.146も1本も持ってない。
ただ、M805M1005なら悩む・・・Pelikan は銀トリム似合うし、黒軸のM1005は持ってないしなぁ・・・もう少し悩んでみよう。
  
Posted by pelikan_1931 at 11:00Comments(46)

2015年05月18日

月曜日の調整報告【 Pelikan M800 茶縞 オリジナル 18C-B ペン先調整 】

17今回の生贄はペリカンのM800茶縞のオリジナルバージョン。スペインだけで販売されたとかの噂があったと記憶している。
なんせ本数が少ないので、一時は日本円で40万円ほどの値段が付いていたはず。
数年前に正式発売されたM800茶縞との違いは尻軸に金属リングがあることと、天冠が金属と樹脂が合体した凝った作りになっていること。
それと、茶縞の模様が復刻茶縞とは色のトーンが異なっている。おそらくは軸素材の作り方も違うのだろう。
茶縞狂い者の究極の1本といっても過言では無い。もっとも、ほとんど市場に出回らないので、見つけた時は、迷わず入手じゃよ!最近、サイクル君も入手したらしいな。

23こちらはペン先を真上から見た画像。左側画像を見ると、太さ刻印が首軸に一部隠れている。拙者はこの状態が大嫌い。
そこで、ペン芯をソケットに押し込む位置を180度変えることにしている。この方法は、現行M800のニブには適用できない。ペン先とペン芯が離れてしまうでな。
雛2匹のニブであれば、
ペン芯をソケットに押し込む位置を180度変えても問題ないはずじゃよ。
右側画像は、例によって上側がスキャナー画像で、下側がTG-3による深度合成画像。これらを見ると、このペン先が背開きであり、かつ多少段差があることがわかる。

45左側画像を見て感心したのだが、M800はスキャナーでも横顔は(拡大さえしなければ)十分に綺麗な画像になるな。
ただし超クローズアップとなると、TG-3の深度合成(右画像下側)が圧倒的に綺麗じゃ!
それを見れば、ペン先に左右の段差があることや、ペン先とペン芯との間に隙間があることがわかる。

6ではと、正面映像を深度合成で入手してみると・・・これは酷い!単なる段差だけではなく、捻りも加わって超背開きになっている。
おそらくは書き味も最低の部類だったろう。これは、ペン芯とペン先をセットしたあと、インクフローを絞ろうとしてペン先を力一杯摘まんだせいだろう。
その際に、左右均一にぶつからず、向かって右側だけに力が入って下に曲がったのかも?
この状態を見て、最初はスリットを挟んで存在するペン先の片方がO脚気味に曲がっていると思ったが、気のせいであった。ペン先をペン芯と分離して、チチンプイプイと魔法をかけたら約1分で普通に書けるようになった。

8こちらは、調整前のペン先。PFマーク入り、ホールマーク入りという拙者の一番好きな組合せなのだが、ペン先の形状が少しおかしい。
普通はもう少しエラが張っているはずだ。どうやらペン先のエラ部分を左右から強く押してスリットを狭め、インくフローを押さえようとしたらしいが、書き味が劣化した・・・ということでは?
それにしてもペン先の裏側があまりに汚れすぎじゃ。ちと清掃しておこう!

910こちらが調整後のペン先。左画像を見ると、太さ刻印はきちんと全部目で確認できる。ここに拘った調整方式なのであたりまえだがな・・・
ペン先のエラを張らせることによって寄りの力を弱め、スリットが若干開く事によってインクフローが増加する・・・という期待をしている。ちゃんとペン先とペン芯との位置も決まった!
それではと、インク瓶に浸けて書いてみる・・・・もうなんというか、ありきたりな表現しか出来ないが、とろけるような書き味。これこそが18CのPFニブwithホールマークの書き味なのじゃ!


【 今回執筆時間:
4時間 】 画像準備1.5h 修理調整1.5h 記事執筆1
h
画像準備
とは画像をスキャ ナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
Posted by pelikan_1931 at 22:00Comments(2)

aurora_88さんの〔 萬年筆研究会【WAGNER】第37回関西地区神戸大会報告 〕


 部屋の中の温度差のギャップに悩んだ大会であった。

入口を開けておかなければならない受付席付近は、冷房の風が当たらず暑い。しかも受付には暑がりが二人。

一方で、調整師の席は上から冷気が直撃。特に親方の真上に送風口があった。しかも親方は寒がりなのに半袖、半ズボン姿・・・寒いわけだ。

ということで、次回からは受付を奥に設置し、調整席を手前に変更予定。でも忘れそうなので誰か覚えていてね!   
Posted by pelikan_1931 at 16:30Comments(0)

2015年05月17日

奥様と【下男たこ吉】の素敵な日々 ★ オカマの朝帰り ★

我が家(マンション)の前には、違法建築の木造モルタルのアパートが建っている。摩訶不思議なアパートで、奇妙な住人ばかりで・・・実に面白い(奥様談)らしい。

一階の部屋には、引っ越しの時、大人数の若い男が入っていったが、それ以降、夜でも部屋に一度も火が灯ったのを見たことがない。

過激派のアジトに違いないわ。きっと毒ガスでも調合してるのよ!】と奥様はおっしゃるが・・・単なる物置かもしれないので通報はしていない。

少なくとも、人の話し声も聞こえないので、オレオレ詐欺のアジトではなさそう。

そのアパートの2階に、都合の悪い時だけ関西弁で話す男と、その奥方が住んでいた。その部屋には固定電話が無いらしく、男はいつも廊下に出て携帯電話していた。
従って、奥様にはその男の商談がうまくいっているかどうかが手に取るようにわかったらしい。そう、都合が悪くなると、関西弁になるから。

ある日、その男が電話ですーっと(関西弁で)謝ったあと、急に奥方と怒鳴り合い、二人別々にその日のうちに部屋を出て行ったらしい。

奥様は、【夜逃げをごまかすための、やらせの喧嘩ね!】と断言されていた。その自信の根拠が何なのかたこ吉にはさっぱりわからない。

それから半年後、中年男性が2人、上の部屋に荷物を運び込むのを奥様は目撃したらしい。それからしばらくは昼間に部屋に出入りしたのを見たことは無かったのだが、先日・・・


先日、午前6時頃、酔っ払いがドスのきいた声で歌いながら2階へ上がっていくのが見えたとか。

しばらくモタモタしている空気が読み取れたのだが、そのうち・・・

あれ〜ぇ、空かな〜い!どうしよ〜う!ドスの効いた色っぽい声が聞こえたので窓の外を覗くと・・・

木の枝の隙間から、スカートと太い足が見えたの!最初は洗濯物かと思ったのよ。だけど、どう考えてもその男の足としか思えないの。だって地団駄踏んでいるんだもの。そしてね・・・

あ、そうだ、良いこと考えちたぁ〜!と大声で叫んだ後、ゴソゴソという音に続き・・・

どうだぁ? 空いた〜ぁ!ダッダーン!

あまりにおかしくて、何にも仕事が手につかなかったわ。だから伝票はまだ整理できてません!

また今晩、妹に小言を言われるのだろう・・・かわいそうな奥様!   
Posted by pelikan_1931 at 22:00Comments(0)