2020年06月30日

2020年6月の〔万年筆談話室〕開室日 *** 将来日付でのご案内 ***

@01 万談室開室日 サムネイル 2020-6月以降6月1日〜6月30日の開室日・開室時間は 左のとおりです。新型コロナウィルス(COVID-19)対策のため、通常月とは異なる開室時間帯です。

入室は無料。室内での喫煙禁止




万年筆談話室 
は Lichtope と たこ吉ペンクリニック からなっています。



Lichtope は萬年筆研究会【WAGNER】の調整師である〔たこ娘〕さんのセレクトショップです。営業日は左列をご覧ください。

書き味調整や研出しも行っています。ただしメーカー保証期間中の万年筆は調整/研出しを行う事によって保証がされなくなる可能性がありますので、事前にご相談下さい。

お問い合わせフォームこちらです。(画面の下の方までスクロールしてください)

6月中の開店日は、予約制とさせていただきます。お問い合わせフォームにご希望日、ご希望時刻、購入/見学 or 調整/修理依頼 などの来店目的を入力して〔送信する〕を押して下さい。

三密にならないよう時間調整いたうえでご返答します。なをLichtopeは非常に風通しの良い角部屋です。マスク着用で対応させていただきます。

なを動画を使った 遠隔調整 や通信販売は常時行っています。5月29日からは Online Store も始まりました。 こちら から入れます。(カード決済も可能)

会員登録やメルマガ登録/削除も簡単に行えますので、お気軽に 
e来店 してみてください。


たこ吉
ペンクリニックについて
 
 


たこ吉ペンクリニックには事前予約が必要です。pelikan_1931@yahoo.co.jp まで、ご希望日と時間帯、修理・調整内容をお知らせ下さい。

予約確認メールが届いてからおいでください。COVID-19対策として、1ゾーン(2時間)に2組(1組は2名以下で1時間以内)の予約とさせていただいております。

各組が重なることが無いよう、時間調整した上で予約確定メールをお送りします。

お預かりして修理・調整することは可能ですので、お持ち込み本数の制限はありません


  第1ゾーン
 
10:00〜13:00 と 第2ゾーン 14:00〜16:00 と 第3ゾーン 18:00〜20:00 となっています



たこ吉ペンクリニック基本的に対面調整/修理ですので、当日中にお返しします。お時間の無い場合はお預かりします。

〔修理/調整料金の目安〕

(01)インクフローや書き味の改善など、大幅な研磨を伴わないパーソナライズ   1,000円 パーソナライズは下記の研出し/修理とは別料金です。パーソナライズ(書き味調整)は下記全てに付加されます。

(02)一段階の研出し(BB
➡B、B➡M、M➡F、F➡EF)   1,000円

(03)二
段階の研出し(BB➡M、B➡F、M➡EF   2,000円

(04)三
段階の研出し(BB➡F、B➡EF   3,000円

(05)ペンポイントの形状変更 その1(オブリーク化、オブリーク
➡通常)   2,000円

(06)ペンポイントの形状変更 その2(ソフト化:ちとソフトン/ウェバリー、ハード化:らすポス/ポスティング
   2,000円

(07)UEF(超極細への研出しとパーソナライズ:M
➡UEF、F➡UEF、EF➡UEF   3,000円

(08)縦書き用(鉈形状)への
研出しとパーソナライズ:BB➡まさかり、B➡ふと鉈、F➡ほそ鉈、SF➡チビ鉈) 2,500円

(09)横
書き用への研出しとパーソナライズ:Stub化:F/M/B/BB、超絶化:B/M   2,000円

(10)本体の分解清掃(完全分解後清掃して再度組み立てる)
 1,000円

(11)鍍金剥がれの再鍍金(ロジウム鍍金ペン先の研出しの場合には、この料金が追加となります)
 1,000円

(12)ペン先曲がりの調整(かかった時間に連動)
 2,000円〜5,000円

(13)部品交換を伴う修理(テレスコープ吸入式のOリング化、レバーフィラーのサック交換etc.)
 部品代(1,000円〜5,000円)+技術料(1,000円〜5,000円)

(14)上記以外(お見積もりします)



万年筆談話室の地図〔万年筆談話室〕の 場所 :東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ 209号室 (エレベーターを降りて正面突き当たりの部屋)


 電話
03-5476-0361 (出られない場合は、留守番電話にメッセージを入れてください)
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(21) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月06日

〔アベノマスク〕 と ”こころリーフ”

@016月に入ったから〔アベノマスクが自宅に届いた〕という報告が全国各地から届くようになった。

定額給付金よりも早く届いたところもあれば、遅く届いたところもある。

地方の郵便局には、定額給付金の申込用紙とアベノマスクが同時に届き、どちらを先に配るか悩んだところもあったと聞いた。

優先順位をどちらにするのかの具体的な指示は、国の方からは無かったのかもしれない。

@02@03届いた報告 には、記念に未開封で取っておきますという意見が多かった。すぐに使うと言った方は3人のみ。

拙者も未開封で取っておこうと思ったのだが、中にどういう説明が書いてあるのか知りたくて開封してみた。

まぁ、何千万個もあるのでプレミアムはつかないだろう。

@04で、実際に着用してみた。上がアベノマスクで、下は本日夜遅くに届いた使い捨てマスク(500枚で2000円程度)。

少し暗く表現すると、使い捨てマスクがいかに薄いのかがわかる。それに比してアベノマスクは生地が厚く重厚感がある。思った以上に高級感あり。

しかし、いかんせん拙者の顔の大きさと比べると小さい。鼻を覆うように装着すると、かなりアゴが出てしまい不格好。

これで文句を言ってはいけない。子供から小柄の人まで、日本人の平均的な顔の大きさを考えた上で、この大きさを判断したのだろう。

日本の役所は、そういう細かいところの配慮は忘れないものだ。ただ、全戸配付がいつになるのかに関しては考えが及ばなかったかも?

緊急事態宣言が終わってから、上記の方な文章が書いてあるマスクが届くとなんだかなぁ〜と思うかもな。

自宅にはマスクが800枚ほどたまったので、ペントレで配付しても、十分に大きなマスクがあまるので、ありがたいがアベノマスクは外では使わない。

ただ、寝るときに使う可能性はある。けっこう呼吸が楽なマスクなのでな!

@05@06@07@08こちらはたこ娘さんがプロデュースした、こころリーフ

左端のような二種類のパッケージが有り、それぞれ文字と色が違う。

穴のあいた便箋と色つきのトレーシングペーパーを組み合わせて使うオシャレな一筆箋。

贈り物に添えるときなどよさそうじゃ。たこ娘さんとbechoriさんとのコラボ作品。開けてみて初めてかわいさがわかった。

アベノマスクと同じで、やはり、ブツは開封して使ってみた人でないと、本当の評価はわからないと痛感した。

やはり、三現主義は(現場、現実、現物)は正しい! はよこい、次の限定品!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月05日

万年筆談話室開室2周年記念万年筆が到着!

2020-06-05万年筆談話室開室2周年記念万年筆が本日万年筆談話室に200本搬入された。全て14K-C(コース)ニブ付き。

これをバトラフ(九厘魂人の名誉の剣)の先端部の形状に研いでお嫁にやることになっている。研ぎは細字、中字、太字だが・・・元々がCなのでとっても太い!

今回のペン先にはピンクゴールドが鍍金されていないので、思う存分研ぐことが出来る。

その気になればCからUEFにでも研げるのだが、あまりにもったいないのでやめておこう。

上は、同じタイミングで届いたマスク。明日も届くので合計で300枚以上は確保できた。

使い捨てマスクは、顔に当たる部分がかゆくなるのが弱点だが、飛沫拡散の能力は布製マスクよりも高いそうだ。

フェイスシールドも男女用とも各20個は確保できた。さらに男性用20個は運送中だが、こちらはまだ上海にあるので届くかどうかはわからない。

とりあえず第20回ペン・トレーディング in 東京の出展者分(男女合計で20名+α)は確保できたので一安心じゃ。  
Posted by pelikan_1931 at 23:57Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月04日

モンブラン・ブティックからカードが到着!

@01@02@03@04本日、モンブラン・ブティックからカードが来ました。

モンブラン銀座本店は緊急事態宣言が発生されてから約2ヶ月間休業していたそうだ。

そして5月末から再開したとのこと。

その連絡だけなら良かったのだが、上のようなとんでもなく高価な限定品の案内も同封されていた。

しかし拙者がこういう限定品に興味が無いのは百も承知二百も合点の強者の巣くう館!ちゃんと手書きで書き添えられていた言葉があった。

秋頃(発売遅延の可能性あり)には、No.149に〇〇〇〇ニブというモンブランでは新しいペン先がついて発売される予定です。

なんと、ことしも新しいペン先が出るのか!これは期待して待つしかないな。

でも興味本位に情報を得ようとしてブティックを訪問すると、あっというまに絡め取られてしまい、帰りにはホワイトスターの袋をぶら下げて帰ることになる。

ぶら下げて帰るのは、秋頃にしたいものじゃな。

今年のペントレに向けて、萬年筆研究会【WAGNER】会員に提案したいことがある。

それは手数料無しのフライングゲット予約じゃ。

ペントレに参加出来ない人でも、自分のコレクションをお嫁にやるチャンスを手数料無しで提供しようと考えている。

希望者は、まず、販売希望品と希望価格を書いた名簿を拙者まで送って貰う。

拙者がその値段なら売れる可能性があると判断したら、販売希望品を万年筆談話室まで送って貰う。

そして、その状態を吟味し、修理や調整が必要なら、その旨記載した上で、Blogで紹介する。持ち主は明かさない。

提示価格からの交渉は一切無し。

そのままの状態で商談が成立したら、その価格から送料を引いた金額を振込手数料相手払いで口座に振り込む。

修理調整が必要な場合は、購入者がその費用を負担する。修理調整は万年筆談話室で拙者が行ってから、購入者に着払いでお送りする。

すなわち、販売者と購入者との間の取引にマージンは存在しない。

コロナ時代なので、新しいペン・トレーディングを模索してみたいな。

拙者は転売を目的で購入してはいないし、販売者は自分のコレクションを売るだけなので、古物商許可の対象外だと思われる。

また、販売者も購入者も会員なので、個人は特定できる。

おそらくは来年からはこの方式は取らないが、コロナ発生の年なので、移動したくても動けないかたも多数いらっしゃる。

お預かりしたけれども縁が無かった万年筆は、ペントレ終了後に返送いたします。ペントレ当日に良縁がある可能性も少なくないのでな。

注意事項:ペントレは相場を熟知した人が集まる場所なので、相場より高ければ絶対に売れません。あわよくばの無い世界。販売価格はリーズナブルに!

     また不具合が発見された万年筆は販売しません。面倒でも全品こちらで検査してから俎上に乗せます。

会員の方には、後日連絡しますので、お嫁に出して良い萬年筆は、インクを抜き、綺麗に乾かして磨いておいて下さいね。

もし運良く軍資金が貯まったら、ぜひ新たな万年筆の購入にお使い下さい。万年筆もお金も天下の回り物です。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:58Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月03日

6月27日(土)、28日(日)の第20回ペントレに必要な備品が順次搬入されつつあります

6月27日(土)、28日(日)には、第20回 Pen Trading in 東京両国のKFCホール11階Room115で予定どおり開催される・・・見込み。

それに合わせて、フェイス・シールド(男性用40個、女性用20個)、医療用サージカルマスク(300枚)、入場人数制限用カードなどが続々と万年筆談話室に搬入されている。

フロアの換気、消毒は施設側で十分に行われるが、入場制限をするとはいえ、参加者による相互感染のリスクはゼロでは無い。

それをさらに低下させるための措置なので不自由な面もあるけど我慢して下さいね。

特に販売側の方は、座っていると、頭上から話しかけられることが多いので、出来るだけ立って接客するか、フェイス・シールドを着用して下さいね。

従来は初日と2日目の間は部屋を締めて、お掃除の人を閉め出すことで、展示物を放置してOKということでしたが・・・

今年は清掃と消毒が必須なので、初日の帰宅時机の上は何も無い状態にかたづけてからお帰り下さい。

なを、販売 / ミニイベント開催は、萬年筆研究会【WAGNER】会員以外でも大歓迎ですので、事前に pekikan_1931 @ yahoo.co.jp までお申し込み下さい。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:53Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月02日

長い旅から戻って、また長い旅へ!

@01こちらは本日、新嘉坡(シンガポール)から戻ってきた国際e-Packetの箱。

宛先の住所不明で戻ってきたのだ。もちろん、毎日Trackingし、宛先不明となった段階で先方と連絡し代替品を送った。

そちらは現在、日本から新嘉坡へ向けての旅行中!航空便とはいえ飛行機に空きが無いとけっこう待たされる。

@02では残ゼロとなっているWAGNER 2020の代替品を何故出荷できたか?

それはいつになったら発送できるかわからない米国向けの取り置き品から充当したのだ。

だからこいつが帰ってこなかったら大変な事態になっていたところだった。

今回は送付先が電話番号を教えてくれなかったために戻ってきてしまった。電話番号があれば住所が間違っていても連絡して届けてくれたのになぁ〜!

次回からの国際便には必ず相手先の電話番号を書いて送ろうと誓ったのであった。

ちなみに萬年筆研究会【WAGNER】会員宛に送る万年筆はけっこう戻ってくることがある。

今回は3本戻ってきており、1本が戻ってきている途中。計4本が戻ってきている。うち2本は既に相手先に届けられた。

萬年筆研究会【WAGNER】では、住所変更があったら事前に連絡していただく事になっているのだが、それを忘れる方がけっこういらっしゃる。

そうすると、古い住所に送られてしまうことになるのじゃ。ただ、この場合は、すぐに送り返されてくるので住所確認して送り直すので到着も早い。

今回、時間がかかったのは、初のケースだが、送り先を郵便局留めにしているケース。

不在がちだとか、家族に知られたくないなどのケースで局留めにしている方もいらっしゃる。

毎回確認しているわけでは無いので、そういう方には毎回局留めでお送りするのだが・・・

今回は、拙者が局留めで送りましたという連絡をするのを忘れてしまった!あまりに大量だったのでころりんと忘れた・・・すまんこってす。

出来れば局留めではなく、職場にしてくれると助かるなぁ〜!

そういえば、アベノマスクが到着したという連絡もどんどんと入ってきている。

都会だとマスクはいくらでも手に入るのでありがたみは少ないが、田舎で暮らしている人でありがたいと言う人は少なくない。

拙者と同い年の友人も、ありがたいとFBで感謝していた。

政府の批判をするのは簡単だが、その前にまずはありがとうと感謝し、そのうえで言いたいことがあれば〔でもね〜〕と言う方が感じが良いな。

(政治家はともかく)役人は、まずは国のために役に立ちたいという信念を持ってなったはずだからね。そういう人たちのやったことにはまずは感謝の気持ちを持ちたい。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:36Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月01日

WAGNER 2020 for Lichtope 14K-M 20本瞬殺!

@01萬年筆研究会【WAGNER】では最近では毎年限定万年筆を企画しているが、年々制約要件が厳しくなってきてる。

WAGNER 2020に関しては200本が最低ロットで、ペン先の太さは一種類(M)のみとなってしまったので完売させる自信は無かった。

そこでたこ娘さんに企画に入っていただいたところ、拙者からすると考えられないようなデザインのペン先と軸デザインになった。

え〜?これで200本行くかなぁ〜?と疑問だったのだが、試作品を作ったプラチナの工場の女性がかわいいと絶賛されたという話を聞き、自信が持てた。

とはいえ、国内だけで200本は無理だと考え、台南ペンショー、ソウルペンショー向けに30本、TIPS向けに20本、ペントレと神戸ペンショー向けに10本というアサインにした。

すなわち、萬年筆研究会【WAGNER】会員からの申込を140本とみたのだが、それは驚くほどピッタリとあたり、138本が会員・会友向けにお嫁に行った。

ここで状況が変わったのはコロナ!台南ペンショーが中止になり、TIPSもペントレも第二波が来れば中止となる。

そこで、たこ娘さんのインスタで宣伝してもらう条件として、20本はLichtopeで販売ということにした。

インスタで宣伝を初めてから3日で40本は全て行き先が決まった。米国だけはまだ出荷の目処が立たないが、アジア各国と欧州にはほぼ届いたようだ。海外約15本というところかな。

そして本日21時からたこ娘さんのお店Lichtopeのオンラインショップで20本を販売開始したところ、4分で完売したそうな。

買えた方は、先に会員登録しておいて、21時にショップがオープンすると同時に買い物かごに入れて決済したようだ。

21時になってから会員登録した人は画像をクリックしたら、品切れ状態になったとか・・・

いずれにせよ、もうありませんから〜!自分の分以外は・・・

@02次に出る限定品は万年筆談話室2周年記念モデルで、8月18日発売となる。

ベースモデルはWAGNER 2020 と同じくセンチュリー。ただし不透明軸だし、ピンクゴールド鍍金も無い。

ペン先は14K-Cのみで、製造本数は200本。仕様はWAGNER 2020の方が高級だが、値段は万年筆談話室2周年記念の方が高い。

@03それはペン先の研ぎに秘密がある。

ペン先の刻印は、スタートレックに出てくるクリンゴン人の名誉の剣をイメージしたイラストをポンちゃんに作っていただいた。

クリンゴン人は戦国時代の日本人の士がモデルで、戦って死ぬことが名誉と考えている。

戦いに行くときの決め台詞は〔今日は死ぬには良い日だ〕。クリンゴン人の文化は名誉を重んじ、虚言や臆病などを良しとしない。

ペン先は14K-Cのみだが、これを3種類のペン先に研ぎ出していく。

ペン先の刻印はBS(バトラフ・シェイプ)で、ペン先にはBS-F、MS-M、BS-Bの三種類がある。

研ぎ上げたサンプルは万年筆談話室にあるが、研ぎ上げるのが誰かは口が裂けても言えねぇ〜。

こちらに関しては、まずは萬年筆研究会【WAGNER】会員・会友に申し込んでいただきます。

研ぎ上がったペン先の画像が会員から直接SNSに出回ることはありえないが、会員・会友から二次市場に流れた場合には見られるかも?

こちらは注文が決まってから研ぎを始めます。1日に5本が限度という難しい研ぎです。ペン先の仕上げもバフをかけてピカピカに磨き上げます。

海外には何故か情報が漏れており、日本人の知り合いから買おうと画策している方もいるようです。

ただ米国にだけは送れない。航空便4ヶ月、船便2ヶ月で到着といわれた状態は、さらに悪化しているようです。なんでやねん・・・


@04こちらが古美仕上万年筆の中の変化球。

上は、牧門堂さんに漆を塗ってもらった軸で、ペン先は18K-F。

下は真鍮軸のくすみを出さないよう、金色の塗装をしたもの。曇って困るなら、金色の塗料を噴霧すれば良いと考えたのじゃ。結果大成功!

@05こちらは、お遊び軸。一番下は三色で塗り分けたもの。

上二つは透明軸がウリのアイドロッパー式の胴軸を塗装で見えなくした物。

同じ色(茶色)で胴軸を塗った物と、胴軸だけ違う色(紫)で塗った物を作った。

いずれもインクの残量はかろうじて見えるようになっている。インクの色が見えるのがオシャレで無いという人には良いかもしれない。

ああ、趣味文の現行の〆が明後日というのに、拙者は何をしてんだろう!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:56Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月31日

2020年6月の萬年筆研究会【WAGNER】関係イベントは第20回ペントレのみとなります!

緊急報告;


6月14日日) 
10:00〜16:30 ひょっこり訪問【新潟】 は、残念ながら
中止 とします。  


6月18日までは 東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道との間の不要不急の県をまたぐ移動は慎重に!


というお達しが本日(5/31)までに解除されませんでした。


ということで、次の開催機会は 第20回ペントレ@両国です。第二波が発生しなければ良いのですが・・・


2020詳細日程V11<=== 新しいスケジュール
  
Posted by pelikan_1931 at 09:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月30日

春の泉筆五宝展2020記念万年筆の亜流

@01左画像は、過去に何度か紹介した春の泉筆五宝展2020記念万年筆。

デスクペンの長さを追求した万年筆ということで、プラチナのスチール製ペン先付きのデスクペンとほぼ同じ長さにした。

この万年筆を企画した段階では、万年筆のかなり後ろを持って書いていたのだが、最近では少し前を握って書くように変化した。

そこで、この万年筆もキャップを後ろに挿さないで利用している。しかし写真を撮影する際にはどうしてもキャップをポストする。かっこいいからな・・・

@02@03春の泉筆五宝展2020記念万年筆は Adjustment 調整だけを施して出荷していたのだが、本日、Bニブを鉈研ぎにしてから送って欲しいという要望を受けた。

普通なら一本物の特殊調整はリスクが高いのでお断りするのだが、昨日、M鉈研ぎを20本近く出荷して、手が鉈研ぎに慣れていたので大丈夫だろうとお引き受けした。

切り割りはハート穴のセンターから外れているのに、ペンポイントはちょうどまん中にスリットが通っている。実に良い按配じゃ。

Bから鉈に普通に研ぐと、さほど面白くない書き味になってしまう。鉈研ぎはMから研ぐM鉈が一番楽しい。またSFから研ぎ出すチビ鉈も悪くない!

でも普通にBから研ぎ出すと少しぼやけた鉈研ぎの書き味になってしまう。そこで今回は敢えて冒険をしてみようと思う。

少しペンポイントの横を削ってから少し長めの長鉈研ぎ(ながなたとぎ)をつくってみようかな?

長刀研ぎではない(そちらは何度か練習したけど上手く研げんわ)。
長鉈研ぎ(ながなたとぎ)でーす。

まぁ、先に名前を思いついて、研ぎ方は明日考えることにしよう。先に研ぎが完成して後で名前がついたのは、拙者の場合【たこスペ超不細工】だけですな。

@06こちらは先日紹介した春の泉筆五宝展2020記念万年筆の胴軸替えパーツ。

人気は左端の中央に集中しており、他の希望が全くない。拙者は中央の白い軸の捻りも悪くないと思うのだがなぁ・・・

なを、これらは春の泉筆五宝展2020記念万年筆専用に作るとすれば、数が少なければ一個あたりの価格が高くなる。

替えボディーを希望の方は、拙者までメールかコメントでお知らせ下され。

@04こちらは、真鍮ダメージ万年筆を作る過程でいたずらされた胴軸達。

ショッキングピンクやブラウン、パーピル、水色、緑などに塗り分けることも出来る。

ピンクだけは3回〜4回くらいかけて重ね塗りする必要があるので時間がかかるが、他はさほど時間はかからない。

万年筆談話室に軸を持ってきて下されば、ご自分で塗り(スプレー)を楽しむことも可能です!いろんな色のラッカーが完備してまーす!
  
Posted by pelikan_1931 at 23:37Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月29日

Pelikan 四神 青龍 18C-F PF & Lichtope Online Shop 始動!

@01左はPelikanの四神シリーズ第一作の【青龍】で、ゴールデン・ダイナスティーとも呼ばれている。

以前にも書いたが、発売当初はまったくのノーマークだった。キャップが通常のM800と同じだから・・・と考えていたから。

そしてアジア限定 888本と言われていたから。どう考えても中国市場向けと思われたので、なら欧米では人気が出ないので価格は上がらないなと考えた。

しかし、実はそうではなかった!第一作の青龍と第二作の朱雀だけは、手彫りの部分が残っていたのが後になってわかった。

いいかえれば、第三作から第五作までは、手彫りの部分が無い機械彫りだけの限定品なのじゃ。

で拙者が最初に手に入れた青龍は34万円で朱雀は35万円・・・だったかな?名古屋の三光堂さんとユールボックスさんで購入したはずだ。

当時、青龍は40万円以下では買えないほどに値上がりしていたので、嬉しかったなぁ!ちなみにその時、白虎や麒麟は10万円程度で買えた。

それが今ではとんでもない値段に値上がりしている。買って置いて良かったぁ〜!

@02@03拙者はフトジスキー(太字好き)なので、B/BB/3Bがコレクションの中心。ただし尻軸に太さラベルが貼ってある物は細くとも購入してきた。

この青龍についているのは、pf刻印付きだがホールマーク無しのペン先。実に凡庸だ。

キャップの内側を触ってみると、なんと面取りがされていない。つうことは買ってからすぐやるべき事が無視されていたものじゃ。

拙者のコレクションの中で、面取りがされていない唯一のM800系モデルじゃな。

ただしペン先とペン芯との位置関係は正しいので、こちらは分解してから組立直しされている。

スリットは開いているが、研ぎは施されていない。いずれにせよ、ウェストの絞られた綺麗な造形のペン先じゃ!

現行モデルのM800系のペン先は、一時の寸胴型に近いシェイプから、ウェストが絞られた形に戻ってきてはいるのだが・・・

金型が違うらしく、やはりpf刻印時代のシェイプは取り戻せていない。まだまだen刻印、pf刻印モデルの高値は続きそうじゃな。


本日の12時に 調整師たこ娘さんの EC Shop がオープン した。元々のLichtopeのHPが こちら

そこからOnline Storeをクリックし、さらに


5月29日(金)午後12時より、ECサイトのオンラインストアが開店いたします。

https://www.mituo.co.jp/

↑ をクリックするとLichtopeのオンラインストアに入る。


拙者もさっそく ヌルリフィル を3冊購入した。運送手段にレターパックライトも選べるので、小物を買うには助かりますな。

1万円以上の購入では送料が免除されるそうですよ。お試し下され。

なを6月1日からは WAGNER 2020 が20本限定でLichtopeから発売されます。200本作ったうちの最期の20本です。

たこ娘プロデュースの記念すべき第一作万年筆!

萬年筆研究会【WAGNER】で販売するのは180本、Lichtopeが20本という予定だったが、たこ娘さんがインスタに上げてから買い注文が殺到!

台南ペンショー用、ペントレ用、ソウルペンショー用にキープしていたものが一挙に無くなってしまった。

台南ペンショーは既に中止、第二波が発生すればペントレも中止、ソウルペンショーまでに日韓の入出国が出来るかどうかも不安なのでWAGNER枠は放出してしまいましたぞな。

あとはLichtope枠だけなので、6月1日 21:00 に(満を持して)ポチって下され。なを海外発送はされないそうです。日本国内限定20本!  
Posted by pelikan_1931 at 23:55Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月28日

春の泉筆五宝展2020 限定万年筆 1.5丱撻鸚茲了箸て

@01先日、公開した〔春の泉筆五宝展2020 限定万年筆〕には6種類のペン先を用意した。

あえて拙者が大好きなBBニブを避け、EF / F / M / B / Stub 1.1 / Stub1.5亅 の6種類に絞った。

そしてペン先のレーザー刻印も2種類準備した。

とにかく長い軸をたくさん(100本以上) 準備したい・・・という切なる要望を聞いてくれる人は日本では見つけられなかった。

そこでいつものところに長さと太さを指定して作ってもらったのが〔春の泉筆五宝展2020 限定万年筆〕

なんとかしてデスクペンの長さに迫ろうとして設計したのだが、実は左画像一番下のキャップを後ろに挿さないケースが最もバランスが良いことがわかった。

@02@03@04今回はStub 1.5个箸いΕ撻鸚茲鬚燭辰廚蠅藩儖佞靴燭里世、意外と注文された方が少なかったなぁ〜。

エッジが立っていないので、少し調整するだけで引っかかりが無い横細縦太の字が書けます。

Stub好きの拙者としては絶賛したい気持ちは山々だが、自分で使っていないので、宣伝する言葉を持たないなぁ〜

先日配布を開始したWAGNER 2020では、M-StubとM鉈研ぎに人気が集中した。ただこの2つはまったく性質が異なった研ぎじゃ。

M-Stubはペンポイント先端部を直方体のように研ぎ、そのエッジで書かせるようにするもの。

従ってStubに合った持ち方をして書かないとインクが出ない!

拙者が調整する場合には筆記角度が55度よりも低い位置で書くことを想定して研ぎ出した。

一方でM鉈研ぎは、縦書き専用と言ってよい。横太縦細の線を操りながら書く人に向いている。

そして、まず絶対に書き出しかすれが発生しないはずじゃ・・・などと書いていて思いついた。

春の泉筆五宝展2020 限定万年筆用の、スチールのMやBもStubや鉈に研ぎ出してみるかな?

WAGNER 2020の出荷前調整が全て終わって、M鉈研ぎの最後の15本を明日の朝出荷する・・・と暇になる。

腕が鈍るのを防ぐために、研ぎ出し訓練をするのも悪くないかも?
  
Posted by pelikan_1931 at 23:42Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月27日

2020年5月27日(水)に使用した万年筆

@01@02本日、実際に使用した万年筆は左の12本。インクを入れてある万年筆はあと3本ある。

5月20日の記事と同じく、定番品と呼べるブツは左から3本目のPENLUX Deep Sea だけ。

あとの11本は何らかの限定品か、定番品とは違う仕様のブツなのじゃ。

(01)左端はLichtope開業記念のPENLUXの特殊仕様モデルで、限定50本。ペン先は14K-Flexの細字。

(02)左から2本目は昨年の台南ペンショー限定で30本(本当は33本?)作られた14K-Flex付きのRainforest。

(03)左から3本目はPENLUXのDeep Sea のMニブ付き。これを試筆した人の3人に1人は堕ちている!
    Lichtopeでは定番品として販売中!

(04)左から4本目は尚羽堂さんが拙者の特注軸に少し手を加えて販売した限定品。
    そのペン先を18金極細ニブに付け替えて使っている。ペン先の柔らかさと軸の重さのバランスが絶妙!

(05)左から5本目は尚羽堂さんに依頼した拙者の特注軸を古美仕上げにしたもの。インクはラメ入りインクの樹海。なんと今までに一度も詰まったことがない!
    実はペン先を18金極細ニブに付け替えて使っている。ペン先の柔らかさと軸の重さのバランスが絶妙でつい手が伸びてしまう!本日最も長い間使った軸だ。

(06)左から6本目は尚羽堂さんがその昔に作ったアイドロッパー式の万年筆。そのペン先先端部を上に曲げて使っている。樹海だと詰まるので、ラメを入れる前の樹海もどきを入れている。
    ラメ入りインクはペン先とペン芯とインク(ロット)との相性で詰まるかどうかが決まる。拙者の実験では金ペン先の方が詰まらない傾向がある。ロット数が少ないのであてにはならないがな・・・

(07)左から7本目は萬年筆研究会【WAGNER】創立12周年記念のモデル。台湾に依頼して作ってもらった初の限定品じゃ。
    この18K-BBのペン先のここちよさは、とても文章では言い表せない。ぜひ万年筆談話室で試してみて下され。売らんと誓ったわけではないかも?

(08)左から8本目は萬年筆研究会【WAGNER】創立14周年記念のモデル。これは購入された方にSNS等に姿をさらさないでとお願いしたもの。
    キャップと首軸と尻軸が黒水牛、胴体がカゼインに漆塗り、ペン先は既に製造中止となったJOWOの18号ペン先付きと豪華。Back-Upで作って置いた軸が数本あるので1〜2本ペントレに出すかも?

(09)左から9本目はKaweco Dia2。定番品なのだが、ペン先を14K-BBに換装してある。
    とっても小さいペン先なのに書き味は抜群!ペン先の値段が税抜きで15,000円を高いとみるか安いとみるか?

(10〜12)右からの3本は、春の泉筆五宝展2020の限定品として出した軸の亜流。
      右端は胴軸に紫のラッカーをスプレーしたもの。
      右から2本目はいろんな色のラッカーを塗ってからナイフで剥がしたもの。 
      右から3本目は上記のプロトタイプ!

全てペン先調整が施されているので、拙者の手にはピッタリと合っている。普通は書き味が良くなると飽きるものだが、それぞれ個性が違うので、書き比べながら楽しんでいる。
  
Posted by pelikan_1931 at 23:56Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月26日

萬年筆研究会【WAGNER】よりも古いグループ

第1回のPen Trading in 東京が開催されたのは2001年2月10日〜12日の三連休だった。

そして萬年筆研究会【WAGNER】が出来たのは2005年12月17日。

その間の4年10ヶ月の間には、紆余曲折もあった。

まずはkiyomiさんが立ち上げていた【万年筆談話室】という掲示板に集う人たちのオフ会が、年に一回のペントレの隙間を生めるように始まった。

そしてその中で発生した事件の解決策として、拙者が萬年筆研究会【WAGNER】を立ち上げて、オフ会のメンバーの遊び場を継続したのじゃ。

実は、その5ヶ月ほど前に、ぱいたんさんのBlogに感銘を受けて拙者もBlogを立ち上げた。

それが万年筆評価の部屋で第一回は2005年7月26日の、たった4行のBlog。それでも間違いがあるなぁ。

@01@02その記事を書く前に出来上がっていたグループもあった。

その証拠がこの未使用のライターじゃ。

2014年に Pelikan Club  の10周年記念の記念品として作られた物らしい。

当時の拙者はPelikanよりもMontblancの方が好きだったので、Pelikan Clubの会員ではなかった。

たしか・・・顧問がアドバイザーだったような気がする。

思い出してみても、Pelikan Club に喫煙者は少なかったような気もするのだが、何故ライターを作ったのだろう?

いずれにせよ、2004年当時にはPelikanにさほど惹かれてもいなかった拙者が、2005年12月にはWAGNERというPelikanバリバリのグループを立ち上げた。

この間に何があったのだろう?まったく覚えていない・・・ちなみにPelikan Clubとしての活動は停止したままだ。

Pelikan Hub よりもはるかに古い、日本最古のPelikan ファンクラブだったのかもしれない。

ちなみに、正式名称は【辺里缶倶楽部】だったかな?らすとるむさん覚えてる?
  
Posted by pelikan_1931 at 23:02Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月25日

6月27日(土)、28日(日)に開催予定の 第20回 Pen Trading in 東京の運営について

本日、東京にも緊急事態宣言の解除が出たので、このままいけば、記念すべき 第20回 Pen Trading in 東京 は予定通り開催できそうだ。

ただし、展示会等は収容人数の50%を目安とするという条件がついている。

ペントレ会場の収容人数はおおむね140人ということなので、同時に会場内にいられるのは70人ということになる。

そこで、各種の条件をお知らせしておこう。

★密着を避けるために、出展者は1テーブルに1人だけとする。共同使用は無し。

出展者の上限は20人とする。

同時に会場に入る入場者(出展者を除く)は50人までとする。

★入場者にはPVCカードを配り、50枚配ったら入場制限する。別に首からぶら下げる名札も配付(入場料支払確認用)

★1度入場しても、部屋から外に出る際にはPVCカードをいったん返却する。(トイレに行って帰ってきたら入場制限にひっかかることもある)

★出展者は、この入場制限からは外れるが、出展品目に関わらすテーブルチャージを1日5,000円/台 負担(入場料は免除)

★ワークショップを行う際には1テーブルに1人だけ座っていただく。

★入室の際には毎回必ずアルコール消毒する(出展者も参加者も)

★室内では必ずマスク着用する。マスク着用されていない方は入場禁止。(受付でマスクは購入できます)

★入場者はクラスターが発生した場合に連絡がつくように受付名簿に、氏名と電話番号を記載する。

★会場内に歓談スペースは設けない。10階に広い歓談スペースがあります。

★フライングゲット予約を推進し、会場では受けとるだけというのもあり。販売希望の会員の方はメール下さい。

てな事を考えているのですが、いかがでしょう?

基本はずーっと会場内にとどまるのではなく、出たり入ったりしながら楽しんでいただくのを目標にしたいです。

出展希望の方はどんどんお申し出下さい。ペントレを盛り上げていただけそうな内容の出展者を歓迎します。WAGNER会員で無くとも大歓迎。

販売店の出店も可能、作家さんの出店も可能、イベンターの出店も可能です。もちろんコレクションを売る方も!

テーブルが20箇所しか用意できないので、出展内容を吟味させていただいてから出展者を決めます。

いずれにせよ、お申込みはお早めに! pelikan_1931 @ yahoo.co.jp まで。 の分を削除してから送って下さい。  
Posted by pelikan_1931 at 23:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月24日

【真鍮古美仕上万年筆】がどんどん別の方向へ!

@01こちらは今や世界で大人気のyurieさんのペンケース。

WAGNER 2013用のケースとしてたくさん作っていただいてから毎年新作をお願いしている。

昨年は一枚に9本が展示できるペンレストを作っていただき台南ペンショーなどで大活躍した。

最近では海外からの注文も多く、大半が女性からの注文と聞く。

25日に緊急事態宣言が解除されれば、6月27日と28日の第20回のペントレにも参加していただけるそうじゃ。

HPによれば、オーダーは現在4ヶ月待ちとのことなので、楽しみに待つ余裕は持っておいて下され。

@02@03左側画像の,王道の【真鍮古美仕上万年筆】で。右側のような18金ペン先がついている。

こちらは真鍮をありとあらゆる物で腐食させたものじゃ。キャップにはブツブツも見えるだろう。

,諒が高級モデルで、△諒が安価モデル。高級モデルの首軸素材はネジの部分まで黒い。

一方でスチール製ペン先がついている△亡悗靴討録随色の区に軸素材だ。

こちらは真鍮色の首軸を処理した物で、,呂發箸發塙色仕上げの真鍮で作られている。

一番地味だが耐久性は抜群と考えて良いだろう。もうこれ以上の腐食は起こらないだろうからな。

,拙者の中では最高峰のモデルなのだが・・・そこを見抜く眼力のある方は見当たらない😢

@04こちらは古美仕上げをした後で、液体ラッカーで塗装したもの。

首軸と胴軸とキャプを同じ色で塗装した状態じゃ。ちなみに、今回紹介している物は、全てキャップが尻軸に挿せます。

超重いのでキャップを尻軸に挿して書く人は少ないはずだが、後ろに挿せると言うことをウリにしているのでなぁ・・・

@05こちらは先日Δ鮠匆陲靴燭薜奮阿肇Ε韻燭里如∈限Δ盧遒辰討澆泙靴拭

本日、水色の塗料が届いたので早速試してみたのだが、なんとなくぼんやりした印象だなぁ〜。

ピンクがおとなしいからかな?もっとどぎついピンクの方が良いのかなぁ〜?

@06@07こちらはキャップと首軸と尻軸の色を変えてみた。キャップが尻軸におさまる感触は全ての中でが最高!

統一感が無いので拙者は好きではないのだが、拙者が好きではないものの方が評判は良いし、拙者が好きな物にはあまり同調者がいない。

あんた変わり者だね! と言われることに無上の喜びを感じてしまうのでさもありなんか?
  
Posted by pelikan_1931 at 23:45Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック