2006年07月27日

パイロット会社案内 その15

2006-07-27 Pilot 32 今回が15回続いたパイロット会社案内の最終回。それにしても膨大な内容の会社案内じゃった。

 その前に、伺い状について【紙物コレクター】よりの情報が入った。要約すると【大正12年ごりには、一ヶ月、半年、一年、一年半、二年、三年、四年、五年の計8枚発送。これがだんだん減ってゆき、昭和10年頃は4枚、戦後は2枚から1枚。平成13年頃まで続いた。ここ2−3年は個人情報の問題で止めたらしい】とか。ものすごくお客様を大事にしていたのだと、改めて感激!ちなみに伺い状は葉書形式。

 パイロットタイムスに記載された記事をまとめて【萬年筆と科学】がつくられたのかな?逆かな? 販売店に対する技術移転をも目的としていたようだが、完璧に理解していた店主は少なかったろう。完璧に理解していたら金ペン堂やフルハルターのような店がどこにでもあるはずじゃ・・・

 ペン習字倶楽部は今でもある。その昔、拙者の母も通信教育でやっていた。ただし万年筆は使っていなかったな。拙者が小学校2年生のころの話。

 わかくさ通信の主たる目的は【会員相互間の親睦を高めること】とか・・・フェンテ交流会やペントレ、WAGNERの先駆け!

 上の頁と下の最終頁との間には、福利厚生施設や初任給の情報を示した3頁が挟まれている。万年筆とは直接関係無いので省いたが、当時のパイロットの大卒初任給が18,100円。当時サラリーマンをしていた拙者の父の手取りが3万円で、村一番の金持ちじゃった・・・ことから考えれば、相当の初任給ではなかったのかな?営業職はこれ以外にも様々な特典があったと聞いた。時代の最先端を行く業種だったのじゃろう。

2006-07-27 Pilot 33 最終頁のこの絵は迫力がある!戦争で焼失したが、同じ画家によって再度描かれたとか。それほど和田氏、並木氏の志を伝えようとしたのじゃろう。

 【時が移り、人が変わろうとも、このパイロットの伝統精神は、必ず後世の社員に受け継がれることでしょう】と結んである。

 万年筆全盛期に描かれたこの絵の精神が、現在のパイロット社にどれくらい影響を与えているのかはわからないが、和田、並木両氏の魂が乗り移ったような絵の瞳には感動を覚えてしまう。

 パイロット社もデザイナーの世代交代が進み、最近では非常に野心的な製品も出てくるようになった。これからも眼がはなせない。プランジャー式も良いが、出来れば回転吸入式を作って欲しいものじゃ。尾栓を緩めたまま書くという行為にはどうしてもなじめないでな。

パイロット会社案内【その1】   パイロット会社案内【その2】   パイロット会社案内【その3】

パイロット会社案内【その4】   パイロット会社案内【その5】   パイロット会社案内【その6】 

パイロット会社案内【その7】   パイロット会社案内【その8】   パイロット会社案内【その9】

パイロット会社案内【その10】  パイロット会社案内【その11】   パイロット会社案内【その12】
      
パイロット会社案内【その13】  パイロット会社案内【その14】

  

Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) 周辺Goods 

kugel_149 しゃん の 【 いよいよ夏らしい夏が始まりそうな… 】

http://blog.livedoor.jp/kugel_149/archives/50807380.html

そろそろ梅雨明けかな?

澄んだ空の色

というのは

場所によってずいぶん違うんだろうな

  
Posted by pelikan_1931 at 06:00Comments(0)

centenaire26 しゃん の 【76】

http://blog.livedoor.jp/centenaire26/archives/50715960.html

centenaire26 しゃんは現在海外出張中ですな・・・

  
Posted by pelikan_1931 at 05:05Comments(0) 周辺Goods