2009年03月19日

解説【インキと科學】 その21 

 「クロ(仮名)」の写真を冒頭に載せようとしたのだが・・・カメラが無くなった。正確に言うと、宅急便の配達待ち。札幌からの帰りの飛行機の座席前のポケットに入れたまま降りてしまった・・・

 幸いなことに、座席番号の記録が残っていたので、連絡して着払いで送ってもらっているところ。

 「クロ(仮名)」は最近、おいしい物をもらっているせいか、ドッグフードをガツガツとは食べなくなった。多少残してこちらの顔色を見て、もっとおいしい物を出すのではないかとうかがっている。ダメだとわかると、少しゆっくりと食べてみたりする。多少悪知恵がついたらしい。

 この21章は、【おばあさんの知恵】のように役立ちそうな内容じゃ。題して【インキの染み抜き】

 当時のインクにもウォッシャブルとパーマネントがあった。当時から衣類の汚染をいやがって重要書類以外はウォッシャブル・インキを用いる人もいたらしいが、主流はあくまでもパーマネント・インキ。

 渡部氏の指摘では、衣服についたブルーブラック、ブラックを落とすのは難物中の難物だったとか。いわんや証券用のインキのシミを落とすのは、本職の洗濯屋でももてあますもので、インキの色はどうにか落とすことが出来ても、シミの跡が残り、それが容易には綺麗にならなかった。

 この章で紹介されているのは、3つの液を使った染抜法で、たいていの場合、見事に成功すると太鼓判を押している。

 ただし、以下の方法は木綿、麻、絹に対しては有効だが、羊毛に施してはならない。それは羊毛自体の染色まで落とす恐れがあるから・・・

 逆に羊毛以外であれば、大抵の物に有効で、縮みも起こさず、地色も害せず、生地も傷めないで染みが抜ける。

 まずは、3液を準備する。

 A液:石鹸を温水に溶かして、非常に濃いシャボン液を作る。
 B液:26%アンモニア水と過酸化水素とを半々に混合した液を作る。
 C液:十匁の重亜硫酸ソーダを三合の温水に溶かした液を作る。

 シミのついたものをA液に少なくとも5分間浸け、時々液の中を上げ下げして、液を十分に染みこませる。すると、その間にシミのインキの色はほとんど消えるはず。

 要するに、アルカリ液に入れるとインキの色は消えやすいと言うことか?そういえばpH12.5のアルカリイオン除菌クリーナーをスプレーすると手についたインクはほとんどが落ちる。

 次にシャボン液のついているままB液に浸ける。そして同じく5分間は品物を上げ下げしながら液を良く染みこませる。

 それでもシミが落ちていなければ、C液にの中に入れ、黄色いシミが消えるまで浸けておく。そして綺麗になったところで薬液を洗い流せば終了!

 補足として、インキのシミを抜くには、早いだけ落ち易いということ。シミがついた直後なら最も良く落ちるのじゃ。

 ペンクリにインクを入れたままの萬年筆を持ち込む人がいる。調整を始めると途中で一々手を洗えないので、時間が経過してしまう。となれば、調整終了後は手はインクのシミで汚れ、アルカリイオンクリーナーで洗ってもクレンザーで擦っても汚れたまま・・・。時間が経過するとインクは手から落ちにくくなるのじゃ。特に色彩雫が入っていると悲惨な状態になってしまう。

 絶対に色彩雫を入れたままの萬年筆をペンクリに持ち込んではならない。プロの調整師の方々は何もおっしゃらないが、手を洗う際に非常に難儀されている。手荒れで悲惨な状態になっている方もいる。色彩雫の成分が手を荒らすのではなく、長時間ゴシゴシ洗う必要があるので手に悪いのじゃ。インクを抜いて持ち込むのが礼儀!お忘れ無く。



【過去の記事一覧】

解説【インキと科學】 その18−20  
解説【インキと科學】 その17   

解説【インキと科學】 その16    
解説【インキと科學】 その15   
解説【インキと科學】 その14     
解説【インキと科學】 その13           
解説【インキと科學】 その12   
解説【インキと科學】 その11      
解説【インキと科學】 その10−2    
解説【インキと科學】 その10−1    
解説【インキと科學】 その9   
解説【インキと科學】 その7−2     
解説【インキと科學】 その7−1 
解説【インキと科學】 その6−2 
解説【インキと科學】 その6−1  
解説【インキと科學】 その5  
解説【インキと科學】 その4   
解説【インキと科學】 その3−2 
解説【インキと科學】 その3−1  
解説【インキと科學】 その2−3    
解説【インキと科學】 その2−2  
解説【インキと科學】 その2−1  
解説【インキと科學】 その1

  

Posted by pelikan_1931 at 08:00Comments(18) 文献研究