2018年11月14日

続く海外遠征用にポケトークを購入した

2018-11-14明後日からはソウル2泊3日、26日からはベルギー2泊4日の旅が予定されている。

ソウルには日本語が堪能な若者が多いので、特に言葉には困らないのだが、ベルギーはそうはいかない。

そこでWiFiと同時にポケトーク (POCKETALK) を借りることにしていたのだが、友人から【一台だけだと会話のたびに自分の言語を切り替えるのですんごい面倒】とアドバイスをもらった。

そこで昨日自分専用のポケトークを頼み、それが本日到着した。試してみると実に精度が高い。

慣らしをしなくても拙者の言葉を100%認識してくれる。試しに相手方言語を英語にしてみると、短いセンテンスならほぼ完ぺきに訳してくれる。

気に入ったので、本日もう一台注文し、それが明日届く! ということは、ソウルペンショーに持っていけるわけだ。

日本語と韓国語は文法が似ているので、普通の翻訳機でもほぼ正確に翻訳できるそうなので、ポケトークなら問題ないだろう。

ここで2台用意すると、ベルギー行きの際には3台のポケトークを持っていくことになるが、会う相手は複数人なので何台あっても困らない。

最新型はWiFiが無い環境でも使えるようだ。技術は進歩しているなぁ〜

ただ、中国本土で使う際には設定を変える必要があるようだ。

そのうち、上海には行ってみたいと考えているのでそのときには使い方をよく調べなくてはな。

万年筆関係ではなく、父が中国で唯一褒めていた場所なので行きたいだけ。

父親は大学卒業と同時に満州銀行に就職したはずだが、何度か上海の不思議な話を聞いたことがある。

それ以来、上海には行ってみたいなぁ〜と考えていたのだが、ポケトークが使えるのならいきなりハードルが下がる!

まずは2台を使い込んでみよう!
  

Posted by pelikan_1931 at 20:35Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote