2018年12月07日

萬年筆愛好家に大人気の 〔 ゼブラ Lightwrite 〕

@01@02本日は、萬年筆愛好家に隠れた人気(もはや大人気?)のゼブラ・ライトライト〔Lightwrite〕を紹介しよう。

先日の KOBE Pen Show で fuku4 さんに見せてもらい、世界のコレクターと絶賛!

さっそくNAGASAWAの方にお店から持ってきてくださいと連絡したのだが、大人気で欠品中だったとか!

どうやらめちゃくちゃヒットしている商品らしい。右の写真で上の二本がそれ。

1回目のノックではボールペンの芯が出る。2回目のノックでボールペンの芯が出て同時に先端部にライトが点灯する。

下の二本は専用のライトなのだが、光線は直進するので横から見ると点灯状態がよくわからない。

しかしLightwriteは先端部で光を拡散しているので、たしかに暗闇で字を書くにはもってこいだ。

@03しかし、萬年筆愛好家は当然別の目的でこれを使う。

そう、萬年筆のキャップ内の汚れ具合を見る時に非常に便利なのだ。

ライト部分が細いうえ、胴体も細いのでかなり奥まで押し込んでも隙間から汚れがよく見える。

定価税込み540円ですが、ようやくamazonでも送料込み2本で1080円くらいで出てくるようになりました。

今までは色が限られていたり、800円くらいと高かったのであえて紹介しませんでした。

注意点は、中に入っているライト用の電池は確認用なので、早めにSW626SWという腕時計用無酸化銀ボタン電池4個と交換すべきということ。

電池は安いサイトでは5個で200円強(送料込み)で販売されているようです。普通は400円程度。

萬年筆愛好家にとっては、待望久しい名品です! ぜひお試しくだされ!
  

Posted by pelikan_1931 at 23:21Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック