2020年03月12日

2020年3月20日(金)春分の日、Lichtope の1日限りの〔POP-UP STORE〕が渋谷に出現!

@01たこ娘さんのセレクトショップ〔Lichtope〕の(1日限りの)POP-UP STORE が、2020年3月20日(金)春分の日に、渋谷のCOHSA-SHIBUYAに出現します。

住所は東京都渋谷区渋谷4-5-5で、渋谷駅15番出口より徒歩8分、表参道B1出口より徒歩9分。行きは表参道駅からの方が下り坂なので楽です。地図はこちら

表参道のB1出口を出てまっすぐ進み、青山学院大学を越えた歩道橋のところを左折し、六本木通りにぶつかったところにあります。もちろん入場無料!

@02@03@04左は今回初めて公開されるLichtope オリジナルの万年筆です。

拙者が昨年の台南ペンショーで入手した類似品にインスパイアされたたこ娘さんが、あれよあれよという間に実現したLichtope限定品です。

メーカーは台湾のPENLUX(ペンラックス)で最近米国では人気がうなぎ登りのブランドです。

ほぼMontblanc No.149と同じ大きさのボディに独自に開発した回転吸入機構を備えています。

金属部分はペン先を除いて全てレッド・ゴールド鍍金が施されています。なを会場でお求めの方には、(ご希望があれば)その場でペン先のレッドゴールド鍍金も行います。(無料)

たこ娘さんがLichtope専用にと、無理?を言って(万年筆愛好家でないと気づかない)細かい仕様変更もお願いしたそうです。拙者も全部は知らされていない・・・

ペン先の仕様は14金フレックス・ニブ付きだけ!これをなんと50本も製作!そのせいか、PENLUXのフレックス・ニブ付きが代理店のカタログから消えてしまっています。

この14金フレックス・ニブは、このままでも十分にいけてますが、細Stubに研ぎ上げると夢のような書きごこちになります。たこ娘調整済み細Stubに驚愕し、拙者のも研ぎ直しました。

価格はSNS上では公開出来ないそうなので、興味のある方はLichtopeまでお問い合わせ下さい。

@05@06@07左の万年筆はPENLUXの定番品のスチール製ペン先付きモデルで、Lichtopeに入荷済み。これらもPOP-UP STORE で販売されるそうです。

縞模様はGrande Blue Swirlでペン先はFのみ、
スケルトンのブルーはGREAT NATURAL Deepseaでペン先はFとMとがあります。

会場で購入するメリットは、その場で気にいるまで調整してもらえること。(ボランティア・スタッフのたこ吉が無料で調整!)

JOWOが製造したスチール製ペン先は、オリジナル状態でもかなり良い感じですが、調整を施すと激変します。2〜3文字書いてみて、不思議そうにペン先をのぞき込む人も多い。

え?これ本当にスチール製なの?とびっくり!14K-Flexはまったく別物の書き味ですが、18KF/Mなどであれば、かなり調整を施してもスチール製とどっこいどっこい。

早い話がスチール製で十分に満足のいく書き味が得られます。14K-Flexと比べて展示本数が少ないので早めに売り切れる可能性がありますのでお早めに。

拙者は14K-Flexだけは調整の練習用に1本お預かりして、色々と研究しているが、やはり(たこ娘型)細Stub に研いだ書き味が一番似合っているようだ。まずは会場で試し書きを!
  

Posted by pelikan_1931 at 23:25Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック