2005年08月06日

番外編:ペンシル・ナイフ Combo

一時期 Combo(Combination) Penに凝った。普通は万年筆とペンシル(1.18弌砲箸Comboだが、稀にオイルライターとペンシルとか、下のようにナイフとペンシルとのComboなどがある。このモデルは彫ってある文字の部分がコマーシャルであり、多くはドラッグストアーの名称であった。
安い割りに非常に作りが良い。2年くらいかけて5本ほど集めた時に初めて首軸(黒い部分)と赤線の部分の間がスライドして外れることに気づいた。立派な消しゴム、それをはずすと替芯入れが出てきた。あまりに精度が良く、ぐらつく事も無かったのでまったく気づかなかった。

ペンシルとナイフのComboでナイフ部分とペンシル部分が分割出来るというのは結構便利。1.18个梁世た弔鮑錣襪里暴妬した。またナイフ部分が小さいので、封筒を開けるのにも便利。ボディも非常に重くて、筆圧の低い拙者でも濃い筆跡を残せる。芯はユーロボックスで入手出来る4Bを使用。

話は飛んでしまうが、拙者は純銀製のペンシルは好きだ。ただヤード・オ・レッドだけはなじまない。2〜3本購入したのだが、芯を出す為に捻る量と出てくる芯の量がアンマッチ!捻っても捻ってもチビっとした芯が出ない。あまりにストレスを感じるのででバザーに寄付した記憶がある。いまなら性格も穏やかになったので使えるかもしれない、、、

それに引きかえ、このメーカー名も定かでないペンシル・ナイフは好きだ。うまく説明は出来ないんだが気に入っている。なんていうのか、交際期間が長すぎて友達関係になってしまった恋人のような感じかな。PIX 75と比べてどっちが好き?と問われた場合【コレクションとしてならPIX、使うのならCombo】と答える。迷いは無い。

Pencil knife 


実は今回の記事の掲載時間は、ちと意地悪している。Pelikan倶楽部の会合時間帯に掲載されるようにセットした。すなわちPelikan倶楽部の仲間は、この記事を閲覧する時間がほかの人より6時間は遅れてしまう。ケケケ!

でも、万年筆ではないから許してね。


Posted by pelikan_1931 at 14:00│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ペンシル | ペンシル
この記事へのトラックバック
海外出張が多かったころ【combo】に嵌っていた。海外で万年筆を大量に買う危険性をはらんだ海外出張においては国外に持ち出す筆記具は最小限にしておくのが鉄則。箱なんてかさばって持って帰れないので、全て箱は捨て、調整してインク入れて、販売地の空気を吸わせてか....
Fountain pen & Pencil Combo 【究極の筆記具】【万年筆評価の部屋】at 2006年04月09日 09:55
 以前、New Bankerのコンボを紹介したが、Blogで紹介した直後に真っ二つに折れてしまった。それは瞬間接着剤で繋いで使っている。ついでにキャップの空気穴を昔ながらのセメダインで塞いだら、インクの乾燥がピタリと止まって快適になった。 ペン先のスチール製にありがち....
コンボ第二弾 ストラットフォード・コンボ【万年筆評価の部屋】at 2006年04月09日 09:53
 拙者は一時COMBOに凝っていた時期があり、その時にはおびただしい数のCOMBO万年筆を保持していた。ただ殆どが壊れた物を10本50ドルくらいで購入し、修理して使えるようにして楽しんでいただけでお金はかかっていない。その中でも軸色が本当にきれいな物は限られていた。....
姿形の美しいCOMBO その名も Diamond Combo【万年筆評価の部屋】at 2006年04月09日 09:52
この記事へのコメント
拙者は万年筆軸のゴミ取り、爪の間に入ったインクの色取り、、、なんぞじゃ。
Posted by pelikan_1931 at 2005年12月19日 23:11
ペンシルナイフは意外と便利です。ペンシル部分が外れるのでナイフで芯を削ることも出来ます。私はレターオープナーのかわりに使ってます。
Posted by Carter at 2005年12月19日 20:20