2005年10月13日

ミニ檸檬:インクフローが悪い個体の原因か?5

 ついにミニ檸檬不具合の証拠発見! 調整を頼まれたミニ檸檬を分解してみたら、通常はペン芯から5亢出ている管が出ていない。ペン芯内から引っ張り出してみたら、なんと8ミリほど短い。これではペン芯からカートリッジまでインクを導く道がないのと同じ!

 これじゃ一滴のインクを使い切ったら次に空気がはいってくるまでインクはペン芯にこない。もし、この短い管がある確率で発見されるとすれば、これがインクフロー個体差の原因かもしれない。ほかにも原因と思われる部分はいっぱいあるがな。

2005-10-13 PM 檸檬エンペラーペン芯








Posted by pelikan_1931 at 23:43│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 万年筆 | 万年筆
この記事へのトラックバック
改造ミニ檸檬の続編??ペン先はParker Duofold センテニアルのXXBをスタブに研ぎ出したものを装着  クリップはParker 51 復刻ものから移植。マンダリン・イエローもどき。  motherofpearl26しゃんの真似っこ。??ペン先は昔のPelikan M350の12C-Fニブに二段式エンペラーを取....
改造檸檬続編【万年筆評価の部屋】at 2006年04月10日 19:00
 すでにここそこで、ミニ檸檬の改造が始まっているので、そろそろ真打登場かなと思い、ミニ檸檬長刀エンペラーを作ってみた。 これは簡単で、セーラーの14金の小型ペン先を長刀に加工し、それにエンペラー付ニブから取り外したエンペラー部分を短く切って軸に入るように加....
ミニ檸檬長刀エンペラー完成【万年筆評価の部屋】at 2006年04月10日 18:49
 とりあえず通りかかった書店でlapitaを見かけたので一冊ゲット。さっそく出してオリジナルの檸檬と比較してみた。ここからしばらく数値データが続く、、、重量(コンバーターもカートリッジもつけない状態) 全体:檸檬【20.7g】 lapita【27.2g】  lapita 檸檬の方が6.5g...
新旧檸檬比較【万年筆評価の部屋】at 2006年04月10日 18:47
この記事へのコメント
>振る
 めだかさん、それよりも、ちょっと先端を水に浸すと出てきますよ。誘引ですね。
 
 墨水筆是不具合振、誘引技是更良。
Posted by stand_talker at 2005年10月16日 13:24
師匠!我安心満足也!

カミさんネタを・・・。
本日帰りがけに、カミさんから携帯にメール。「ミニ檸檬のインクが出なくなっちゃったんだけど、どうすればいい?」で、即返事。「振れ!」
・・・帰宅したら床にインクをつけた後がたくさん。どうやら、思いっきり振ったらしい。アホか。
Posted by めだか at 2005年10月15日 01:21
目高君

熱湯強引変形問題無推進万歳!
Posted by pelikan_1931 at 2005年10月15日 00:57
めだかです

ゑでぃさんの言うとおり、ぐぃ・きゅ・ぱきっの世界だと思います。でも、ペンポイントは個体差がほとんどなく、驚き!(私のだけかな。でも6本見ましたぜ。)

で、師匠!ペン芯の問題でもう一つ。未調整だと、コンコルドみたいに前傾姿勢していますよね。沸騰した湯につけたらまっすぐになったんですが、こんな方法、邪道でしょうか?どうも、前傾の部分でニブが浮いてしまうのが、気になったので、やってしまったのですが・・・。
Posted by めだか at 2005年10月15日 00:53
ゑでぃしゃん

折ったんでしょうな。しかし、軸内には破片はなかったので、工場側で何食わぬ顔で放置したんでしょう。恐るべし!
Posted by pelikan_1931 at 2005年10月15日 00:48
ぐはぁっ、こんな所に激しい個体差があったのですね。
しっかし8mmは個体差というべきレベルなんでしょうかね?

何となく、流れ作業で組み立ててるおばちゃまが、ぐぃ・きゅ・ぱきっ・・・まいっかという光景が脳裏を斜め45度でかすめさっていきました。

さっすが中国製ですねぇ、四千年の歴史恐るべし(違
Posted by ゑでぃ at 2005年10月15日 00:43