2005年10月21日

セーラーの変化球 魅了された2本5

 セーラーは時々変化球のような万年筆を販売する。メーカー側はあまり思い入れを持って作っていないかもしれないが、拙者が魅了されてしまう万年筆がたまにある。

 左の万年筆はキャップを取った時に、白い首軸とシルバーの胴体、またペン先の形状にまいった。田舎モン!と配偶者からののしられている拙者が言うのもなんだが、垢抜けないでカッコイイ!田舎のお姉ちゃんがせいいっぱいつっぱているような感じ。バカにしないでよぅ~と歌ってたころの山口百恵のような危うさを感じてしまう。いったいどういう人がデザインしたのだろう。ある種、天才的なセンスではないかと思う。造形的にも色彩的にも魅了されてしまった。拙者がパっと魅了された万年筆はMontblancのルイ14世とこれだけだ。ちなみにこいつの名前もモデル名も知らない。いつの間にか手元からも無くなってしまった。再度手に入れたい万年筆の筆頭!

 ピンクの方は女学生向けのRose Bloomとかいうシリーズだったはず。新宿の世界堂の万年筆売り場で見つけて、ピンク、緑、紺の3色を購入した。一本5000円でスチール製ペン先付だった。ひと目でこれはヤングプロフィットと同じ大きさのニブだとわかったので、それ用の14金ペン先のBを3本をデパートで注文した。当時はペン先だけでも自由に売ってくれた。

 ところが(当時は気付いていなかったわけだが)スチール製ペン先の方がニブが厚いので金ペンを入れてもグラグラして安定しない。これにはあせったな。結局は長時間かけて、瞬間接着剤を塗り重ねてニブの厚みをスチール製並みにする技法を編み出したが、自己満足だけは出来なかった。結局、事情を話して持参金付でお嫁に行ったが、オリジナルのまま使ってやればよかったと後悔!一目ぼれの万年筆だったのにペン先交換という夢を見たばかりに不幸の道を歩ませてしまった。やはり改造が目的で万年筆を買ってはならない。改造は最後の手段じゃ!と思ったはずだったのに、それはミニ檸檬で脆くも崩れてしまった。人間の決心なんて長続きしないもんじゃ。


2005-10-21 PM Sailor_Silver2005-10-21 PM Sailor_Rose_14K_桃

この記事へのコメント
左側のは、精巧な銀鍍金なのか、やたら黒ずんでこまった。もし銀鍍金だとしたら驚異。こういう複雑な表面には鍍金はむかないはず。
Posted by pelikan_1931 at 2006年02月05日 10:48
どうせやるなら、何とか26しゃんのように、ミニ檸檬でやらねば。
Posted by pelikan_1931 at 2005年12月18日 18:27
pelikan-1931様

最近では飲み屋のお姉ちゃんに同様のことをしています。ほとんど効果はありません。
Posted by kure-1911 at 2005年12月18日 11:18
中学一年生から女心を万年筆でとろかそうとは! イカンな!
Posted by pelikan_1931 at 2005年12月05日 21:56
Rose Bloomの緑軸とピンク軸を購入して、ピンクをガールフレンドにプレゼントしたら、相手の親から返された苦い経験があります。中学1年生がやることではないと親にも怒られた。
Posted by kure-1911 at 2005年12月05日 21:26