2005年10月22日

これは良い! 絶対お奨め! Sheaffer タルガ 純銀5

 拙者はSheafferの万年筆は相当数購入した。原因は世界のコレクターS氏がSheafferが好き!と雑誌のインタビューでも語り、本人からも直接聞いた事も影響している。もっとも、Montbalnc好き?パイロット好き?と聞いても【好き】という答えが返ってくるはずだ。万年筆はどんなものでも愛しいというのも聞いたからな。

 いろいろ購入して調整した中で、一番拙者の趣味に合う書き味なのがSheaffer タルガのBニブじゃ。前にも言ったがSheafferのBニブは非常に大きい。PelikanならBBと3Bの中間くらいの大きさかもしれない。購入当初はやや丸研ぎ状態になっているので、これを平研ぎにするとえもいわれぬ書き味になる。古典的ヌルヌルヌラヌラの書き味だ。なんのひっかかりも感じない。最近、多少ザラザラ感があるほうが好きになってきたので、古典的と表現した。

 タルガの時代の純銀軸はなんとラッカー軸と同じ値段だった。たしか3万円。これはお買い得だった。今ではMint物はずいぶんと入手困難になってきた。とはいえ、3年ほど前から言われている兆候はまだそれほど出ていない
,泙今丕瓧鬘襭紕 75の純銀軸のMintが世代を問わず値上がりする
△修亮,錬咤茖紕瓧罍罍紕 タルガの金属軸。No.1がインペリアルブラスのケース入りでNo.2
が純銀

 ただしインペリアルブラスのブラスケース入りはここ3年間ほどまったく見かけない。これはカートリッジを入れるケースと万年筆を入れるケースがセットになっていた超お買い得品だったが、当時は素材のブラスに興味が無かったので買いそびれた。

 写真の純銀タルガはペン先をロジウム鍍金し、ボディとトーンを合わせてある。今でも保持している本当のお気に入りだ。

2005-10-22 AM Sheaffer_Targa_925_Rodium



Posted by pelikan_1931 at 06:00│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 万年筆 | 万年筆
この記事へのトラックバック
  以前にも書いたが製造中止になったSheaffer タルガの金属軸の値段がじわじわと上がってきている。ただし予想されたよりもはるかに遅いペースだし、このままの推移で行けば発売時の定価を超える事はなさそうじゃ。日本市場ではまったく評価されていないタルガじゃが根....
カメラを持たずに旅行に行くなら・・・TARGAを持ってくよ!【万年筆評価の部屋】at 2006年02月07日 08:23
この記事へのコメント
ブラスは錆びるのが魅力なのじゃがな。錆びないのが良いなら純金軸しかないよ。
Posted by pelikan_1931 at 2006年02月07日 21:52
インペリアル・ブラスはすぐに錆びてしまいそうですが、どうやって保存すれば良いのでしょう?昔からケースが気になっているのですが、錆が不可避なので躊躇しています。
Posted by 井筒屋 at 2006年02月07日 19:16
最近、拙者も含めてインペリアルブラスのMintを3人ほどが入手した。この記事を書いたころには見かけなかったインペリアルブラスがどどっと出た。値段はマチマチじゃが、まだ安い!
Posted by pelikan_1931 at 2006年02月05日 10:52
タルガのペン先は丈夫なので、屈伸運動すればさらに書き味はよくなります。お試しを。
Posted by pelikan_1931 at 2005年12月09日 22:50
シェーファーのタルガのBは、買ったばかりではペン先のスリットが詰まっていてインクが出てきません。(個体差かもしれませんが)
万年筆は刃物! で教えていただいた道具類を駆使して調整したら、インクは出てくるようになりました。調整はまだ恐いので、今度実地指導をお願いします。
Posted by 井筒屋 at 2005年12月08日 21:48