2006年04月01日

万年筆画家との戦い  今回は完敗!5

 【万年筆の達人】は、古山画伯の鬼気迫る迫力で書き上げた傑作じゃ。分類するなら【奇書】にあたるかもしれんがな。拙者はカバーを外して枕元においており、眠りにつく前に毎晩読んでおる。悪い宗教のバイブルのようなもの。読むたびに物欲が刺激される。ユーロボックスを【悪魔の館】と名付けた拙者からいえば【万年筆の達人=悪魔の経典】である。

 古山画伯と拙者の愉快な戦いの模様は【万年筆の達人】の318頁から記載されているのでお楽しみあれ! その【万年筆の達人】をペントレで販売した初日に、まんまと罠にかけられた・・・足を折って注意力散漫になっていたのがまずかった! ペントレなどのイベントでは、お互いに相手に対して罠を張っている。

1回目は拙者の負け。→ http://pelikan.livedoor.biz/archives/50101977.html

2回目は拙者の勝ち。これは以下の記事
 http://pelikan.livedoor.biz/archives/50183481.html
 にコメントを書いた後で、画伯に売った。【Blogを読んでいるとわかる弱点があるよ!】と通告したところ【フフフ、隅々まで読んでますぜ】ということでお嫁に行ったのじゃが、実は読んでなくて、被害がメダカしゃんに及んだわけじゃ。なんせ販売したのは2005年10月末のフェンテ交流会じゃからな。

3回目は拙者の負け!画伯はサインに忙しく、こちらの罠に気付かなかった。そして拙者は画伯の罠に嵌った!足を折った拙者に追い討ちをかけるように!
その愉快な顛末を以下に!

画伯:『これガラクタ市で買ったんだけど動かない。直る?』
拙者:『PFM-垢覆5分もあれば直るでしょ。PFMの修理にかけては拙者は世界一よ!』
画伯:『じゃ、直してみてよ!』
拙者:『OK。あれ〜・・・内部で金属が錆びて密着してる。熱湯が無いと直らないから、直して明日持ってくるよ』

・・・・・これが罠であった・・・・・

自宅に帰って、軸を開けるが、金属部分は出てこない・・・軸をつまむと『ベキッ』
と音がして軸が崩れる、ありゃりゃとつまむと『ベキベキ、ベッキー!』とどんどん軸が割れていく。ここまでくりゃ同じだわい。ペンチでスノーケルをつまんで引き抜こうとするが、ビクともしない。最後はトンカチとルーターで粉々に!

【ハー、ハー、ゼイ、ゼイ】切り裂きジャックの犯行後のような風貌で、松葉杖姿で歩き回る。はて画伯にどう報告するか・・・

2006-04-01 xxxx 01 PFMで、これが画伯のもとへ人質交換として送られたわけじゃ。【壊れたよ】といって、差し出すと。【同じようなのがあと3本ほどあるんで持ってくるわ】。【ゴメンじゃ!】
というような会話があって、今回は拙者の完敗!

さっそく次回の罠を考えることにした。



Posted by pelikan_1931 at 07:59│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 万年筆 
この記事へのトラックバック
海外出張が多かったころ【combo】に嵌っていた。海外で万年筆を大量に買う危険性をはらんだ海外出張においては国外に持ち出す筆記具は最小限にしておくのが鉄則。箱なんてかさばって持って帰れないので、全て箱は捨て、調整してインク入れて、販売地の空気を吸わせてか....
Fountain pen & Pencil Combo 【究極の筆記具】【万年筆評価の部屋】at 2006年04月02日 23:55
ウォーターマン ル・マン100シリーズのアルレカンは1992年の輸入筆記具カタログに突然登場して拙者をあわてさせた。実は1991年までカタログに掲載されていたル・マン100 オペラの模様が大好きで購入一歩手前だった。ただ最初に自分用に購入したル・マン100があま....
因縁のWaterman アルレカン【ハーレクイン】【万年筆評価の部屋】at 2006年04月02日 23:54
 Sheaffer社は、1959年の10月にPFM(Pen For Men)と呼ばれるスノーケル吸入式を利用した太軸万年筆を発売した。それまでのスノーケルが大きな手を持つ男性には細すぎた上に、インク吸入量も少なかった反省の上で開発されたものだろう。PFMには5種類のタイプがある。PFM-....
PFMとセットのペンシル【万年筆評価の部屋】at 2006年04月01日 22:06
 古くからのフェンテの会員の方には有名な【シェーファー みどりちゃん】。投稿者の方が万年筆の特徴だけを挙げて、この万年筆の名前を教えて欲しいという問いだった。当事の拙者には何の知識も無かったので手も足も出なかったが、数人の方が、それはSheaffer P....
Sheaffer Pen For Men 【シェーファー みどりちゃん】【万年筆評価の部屋】at 2006年04月01日 22:03
この記事へのコメント
長い付き合いでのぅ。
Posted by pelikan_1931 at 2006年04月01日 23:39
師匠と巨匠の化かし合い。信頼関係があればこそですね。
Posted by Mr.Snake at 2006年04月01日 21:52