2006年06月07日

【赤と黒】 最終章

 昨日lapitaの7月号が発売された。改造大魔王しゃん、kugel_149しゃん、TAKUYAしゃんとともに、拙者も登場して【赤と黒】について語った。本誌では紹介しなかったが、究極の赤と黒を紹介しよう。

2006-06-07 012006-06-07 02【赤と黒】の両側に控えしは、スタイペンが10年ほど前?に販売したハーレー・ダヴィットソン モデル。ガソリンタンクを模したケースに入っていた。本国では100ドルほどしたが、日本ではなぜか5,000円。スチール製ペン先じゃが、若干の屈伸運動を加えると滑らかなインクフローが得られる。スチールペンの最高峰じゃ。軸色の鮮やかさに惚れて13色集めた。日本ではその半分くらいの色しか販売されてなかった。USAではもっと少なかった。国によって発売している色が違ったので、奔走したなぁ・・・

 この赤色、黒色は本当にすばらしい。目が覚める! イタズラしてキャップと軸を入れ替えてみた。






2006-06-07 032006-06-07 04  赤軸に黒キャップを嵌めたほうは、首軸が黒いのであつらえたように似合う。一方、黒軸に赤キャップを嵌めたほうはなんともアンバランス。

 比較してみて【赤と黒】の色の按配が実に良いのがよくわかる。色の濃さが若干強いような気もするが、5000円のスタイペンに負けてはいない。負けているのは重さかな。【赤と黒】の26.7gに対してスタイペンは34g以上ある。なをスタイペンに内蔵されていたカートリッジは同じものが日本では入手不可能。困っていたのだが、カランダッシュのコンバーターがピッタリとおさまる事がわかったので安心。問題はダブった軸色が無いので使えないこと・・・いっぱい重複があったが皆が欲しがるのであげてしまった。チッキショー!

 過去の【ミニ檸檬】と【赤と黒】の比較 / 改造関係の記事を以下にまとめた。これにて【赤と黒】の最終章としたい。次に出てくるのは【限りなく透明に近いブルー】の時
じゃな。





2005-10-07    新旧檸檬比較
2005-10-13    ミニ檸檬長刀エンペラー完成
2005-10-14    改造檸檬続編
2005-10-15    ミニ檸檬とプラチナ・グラマーの比較
2005-10-16    らすとるむ しゃんの ミニ檸檬改造!        
2005-10-16
    らすとるむしゃんのミニ檸檬改造  Upgrade 版  脱帽!
2005-10-18    ゑでぃしゃんのぷち改造 ミニ檸檬
2005-10-21    ついに出た! 改造大王苦心の逸品! クロスmini檸檬
2005-10-23    改造大王しゃんのコロネット・ニブ
2005-11-05    ミニ檸檬出現より一ヶ月
2005-11-28    ミニ檸檬の成功事例 その1
2005-11-29    ミニ檸檬の成功事例 その2
2006-05-04    【赤と黒】 vs 【ミニ檸檬】 日本一早い比較画像!
2006-05-05    【赤と黒】 vs 【ミニ檸檬】 比較データ と ぷち改造
2006-05-07    【改造版】 赤と黒 その1 【改造大魔王のクレッセントフィラー】
2006-05-10    【改造版】 赤と黒 その2 【改造大魔王のオーバーサイズ】
2006-05-10    【改造版】 赤と黒 その3 【改造大魔王の超ミニ&デスクペン】 
2006-05-12    【改造版】 赤と黒 その4 【改造大魔王の超ミニ&デスクペン】



Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 万年筆 
この記事へのコメント
たかしまけん しゃん

カランダッシュ用ではなく、モンテヴェルディ用が良い!
ミニ檸檬に入るやつじゃ。

小さいがしっかりと入る。これが一番じゃ!カランダッシュは誤解だったみたい。すまぬ。
Posted by pelikan_1931 at 2007年02月22日 20:40
4
 はじめまして。実は、このハーレーダビッドソン万年筆を最近入手し、いろいろと情報を探していましたら、このブログに行き着きました。
 私のペンもカートリッジがなく、「カランダッシュのコンバーターがピッタリとおさまる」との記述を見て、早速買いに行こうと思っています。ところが、カランダッシュのコンバーターには、現在カタログにラインナップされているものが3種類あります。「レマン・旧マディソン供Ε┘リドール用」「ディナス・旧ヘクサゴナル用」「(スクリュー式)特別素材使用・新マディソン供新ヘクサゴナル用」の3つですが、ハーレー万年筆に合うのは、どのコンバーターか教えていただけないでしょうか?また、カランダッシュのカートリッジも使用可能なのでしょうか。いきなり不躾なおたずねで恐縮ですが、ご教示いただければ幸いです。
Posted by たかしまけん at 2007年02月22日 16:02
並木良輔しゃん

そうじゃ! よく覚えておったな。
Posted by pelikan_1931 at 2006年06月08日 21:53
このハーレーダビッドソン万年筆は、以前フェンテで紹介されたたやつですか?
Posted by 並木良輔 at 2006年06月08日 20:48
298しゃん

お嫁に出すケースとさらわれるケースがありますからな・・・

全部の記事ではなく、比較・改造ものだけでそれだけです。

しかし回数で見ると、赤と黒はミニ檸檬にはまけてますな。
Posted by pelikan_1931 at 2006年06月08日 02:35
らすとるむしゃん

> 「赤と黒」の幕引き用にあえて、これをあたためていたとは・・・

イヤ・・・ネタに困ってペンケース見ているうちに発見して、それから最終章を思い立ったわけでして・・・

それにしても赤軸に黒キャップはすばらしい! 
あつらえたよう!
Posted by pelikan_1931 at 2006年06月08日 02:33
記事の回数で『ミニ檸檬』のときのインパクトの強さがわかりますね〜♪
次回はどのような騒ぎとなるのか?? 楽しみです!! 花柄の赤と黒はお嫁に出しましたぁ!!  万年筆使う人がまた一人・・(笑)
Posted by 298 at 2006年06月07日 23:50
こんばんは。

もう一ヶ月経ってしまったんですね。あっという間でした。
私としましては何か宿題を残したままになってしまったような気がします。

ところで、ウオーターマンのハーレー・ダビットソンは知っていましたが・・・
スタイペンでも有ったんですね。キャップを挿げ替えると・・・これは「赤と黒」ですね!。
「赤と黒」の幕引き用にあえて、これをあたためていたとは・・・
流石に師匠!!!。おもわず絶句!!。脱帽です!!。
Posted by らすとるむ at 2006年06月07日 20:49