2008年01月18日

Pen Doctors' Rules その2

Doctors Rules それでは、今週もドクターズルールの続きじゃ!

 まずは青字の文章を読む。

 それに対する萬年筆界での解釈例を下に書いてある。

 これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


 今週も、まじめな医師が書いた物から紹介しよう。 今週は7編ある。



‐評のある患者に「どこも悪いところはありません」と言ってはならない

 →書き味に不満を持つ相手に「どこも悪いところはない」と言ってはならない
 →書き手の感覚がすべて。ただし、感じられ表現できる相手の場合だけ。


△△覆燭変えられることが出来るのは何かを知りなさい。あなたが変えることが出来ないのは何かを知りなさい。その違いに気付くだけの知恵を持ちなさい。

 →そのまま合致。(^_^)


ヒステリー患者には決して気を緩めないこと。

 →感情的なユーザの万年筆は調整を見合わせる


そ于颪Δ垢戮討隆擬圓ら何かを学ぶこと

 →出会うすべての万年筆仲間から何かを学ぶこと
 →触ったすべての万年筆から何かを学ぶこと


ノ彎屋絣悗好きでなければ、今すぐ臨床医をやめなさい

 →文学が好きでない人には、万年筆はあまり必要な道具ではない
 →字を書かないのなら、あなたには何本もの万年筆は必要ない
 →本を読まない人は、万年筆の本当の役割を知ることができない
 →万年筆を集めるだけの人には調整は必要ない。インクも必要ないかもしれない

 時間は最も偉大な診断医である。うまく利用すること
 →万年筆調整の最も効果的な方法は時間を利用することである
 →書き味に不満がある万年筆だけを長く使いなさい
 →「書く」ことが最も偉大な調整法である
 →万年筆調整の結果はすぐに判明するものではない。3ヶ月は使うこと。

Г△覆燭里曚Δ粘擬圓離據璽垢帽腓錣擦覆気
 →本当に気に入った万年筆に、あなたの書き癖を合わせなさい
 →インクフローに筆記速度を合わせなさい
 →柔らかいペン先には少し強めの筆圧を。ただし、指が痛いヒトには逆効果。
 →極軟のペン先は書き出しに一瞬の「タメ」を。書き出し掠れは万年筆のせいではない。

さあ、それでは皆さんの解釈は?



【過去の記事】

Pen Doctors' Rules その1 



Posted by pelikan_1931 at 00:01│Comments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 情報提供 
この記事へのコメント
ぽん太郎しゃん

→他人のビョーキぶりを笑っていたら、自分にも全部当てはまっていた。

さしずめ定例会は、町内の病院の待合室のようなもの。
みんなで病気自慢!
Posted by pelikan_1931 at 2008年01月22日 07:21
しまみゅーらしゃん

ァГ弔戮海抔世錣困法△泙困聾Δい納最圓擦茵

けだし名言ですな。失敗のない進歩はありえません。
Posted by pelikan_1931 at 2008年01月22日 07:19
とんこつしゃん

最後の一本は、翌日には10本になっています。
Posted by pelikan_1931 at 2008年01月22日 07:16
そ于颪Δ垢戮討隆擬圓ら何かを学ぶこと
 →他人のビョーキぶりを笑っていたら、自分にも全部当てはまっていた。

時間は最も偉大な診断医である。うまく利用すること
 →字幅やバランス等が気に入らない万年筆も、数年ぶりに取り出して使ってみると「手放さなくてよかった!」と思うこともある。
 →「調整戻り」というものがあるらしい。
Posted by ぽん太郎 at 2008年01月21日 13:09
 ペンドクターになったつもりで…

 Г匹海皸いところがないペンをそのまま返すのは勿体無い!何か面白い実験をしておくべき!
◆Дぅ鵐の成分は変えられないことを知れ。腐ったインクは世界一の調整師でも改善することはできない。赤インクを清掃することはできない。
:ヒステリーな所有者は、何度でも壊すので、色々な修理・調整方法を学ぶ(実験する)いいチャンス!
ぁЫ于颪α瓦討僚衢者から、専門外の知識を色々得よう。
ァГ弔戮海抔世錣困法△泙困聾Δい納最圓擦茵生贄の本数を増やせない者は、今すぐ調整をやめなさい(できない人は、できる人に任せよう!)。
ΑО貪戮把汗阿鮟わらせようと思うな。時間をかけて、ゆっくり洗脳していけば、いつかは納得してくれる(調整師の癖に慣れる)。
АО好家はいつか必ずペンを壊す日が来る。生贄が差し出されるその日を虎視眈々と待ちなさい。
Posted by しまみゅーら at 2008年01月21日 11:14
続きです〜

5)書き味が悪いのを無理に使って機嫌悪くなるぐらいなら、
  とっとと生贄にしなさい。
  九州大会の時、よろしくお願いします<(_ _)>

6)「最後の1本」に飛びつくな。2本ある(かも)。
  3本有っても、私ゃ飛びつけませんが。

7)いろんなブログにどんどんコメントを書き込もう!
  (^^ゞ
Posted by とんこつ at 2008年01月19日 19:47
しょの1は出遅れたので、今度は!


1)愛好家やコレクターに、
 「あなたの探してるのはありません」と言ってはならない。
  勝手にごそごそ探し回られる。オレか?

2)その万年筆がウン万円もすることは、
  家族は逆立ちしても理解してもらえない。
  高額なヤツは職場で保管しましょう。涙!

3)延長のあるオークションは限度額を決めよう。
  延長無しの方がスッキリで好き。ほぼ負けるが!自慢!!

4)美味しそうなのに入札の無いオークションも覗いてみよう。
  どこかに「ありゃ?」という点があるはず。勉強になります!
Posted by とんこつ at 2008年01月19日 19:46
続いて

ノ彎屋絣悗好きでなければ、今すぐ臨床医をやめなさい
 ==> 乞食とペンクリは3日やったら止められない
 ==> ペンクリは始めたら終わるまで食事は出来ない。耐えられる人のみペンクリをやること

時間は最も偉大な診断医である。うまく利用すること
 ==>まずは一ヶ月ほど使ってから、それでも具合が悪かったら持ってきなさい
   ・・・一ヶ月も経てば、萬年筆に手を合わせてしまうので誰も持ってこない

Г△覆燭里曚Δ粘擬圓離據璽垢帽腓錣擦覆気
 ==>依頼者の書き癖を自分に合わせて直させれば調整は楽


Posted by pelikan_1931 at 2008年01月19日 12:02
では拙者も・・・

‐評のある患者に「どこも悪いところはありません」と言ってはならない
==> 症状が無くても持ち込まれた萬年筆の不具合を見つけると、生贄が増える!

△△覆燭変えられることが出来るのは何かを知りなさい・・・
 ==>自身がない修理・調整はかならず生贄でやれ。間違っても自分のコレクションではやらないこと。

ヒステリー患者には決して気を緩めないこと。
 ==>ヒステリー患者(萬年筆)にはトドメをさせ

そ于颪Δ垢戮討隆擬圓ら何かを学ぶこと
 ==>出会う全ての生贄になんらかの罠を仕掛けること

Posted by pelikan_1931 at 2008年01月19日 11:57
ギャグが思いつかないので、実体験を。。。

時間は最も偉大な診断医である。うまく利用すること
調整して頂いたても、どうしてもインク切れ・書き出し掠れが出る時は、自分で時間をかけて地道に5000番のペーパーでペン先を擦ってなさい。そのうち、その問題は解決されます。

Г△覆燭里曚Δ粘擬圓離據璽垢帽腓錣擦覆気
どうしても書き出しの第一画目で掠れが出る時は、インクをプラチナのカーボンインクに変えなさい。そうするとその問題は解決します。

どちらも最近調整して頂いた万年筆での実体験です。どんなに素晴らしい調整をして頂いても、100%他力本願でなく、最後の1%は自分で何かしないと自分が望む完璧は得られないととらえました。
Posted by venezia 2007 at 2008年01月18日 19:20