2008年03月04日

火曜日の質問コーナー その22

万年筆評価の部屋】では毎週火曜日に、質問コーナーを設けているが、第22回目の今回はどの分野の質問でもOK!


そして・・・

今回の質問は、皆さんのハンドルネームの由来じゃ。
   
   

  
拙者の場合: pelikan_1931

             Pelikan 100 を原型とした復刻シリーズ【Originals Of Their Time】の第一弾である 【Pelikan 1931】からいただいた。

     たしか限定本数5,000本で1997年に発売。

     ハンドルネームを考えていたときに、たまたま目の前にあった萬年筆!

     これでいいや というわけで・・・・・・




最終結果発表! 4日午後10時!



1:本名に由来 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2:肉体的特徴 当時の状況 雰囲気 色 星座 ・・・・・

3:住んでいる場所 家族 親族 ペット 友人 ・・・・・

4:職業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5:萬年筆 筆記具 インク ・・・・・・・・・・・・・・

6:映画 音楽 小説 落語 漫画 ・・・・・・・・・・・

7:飛行機 車 自転車 カメラ 時計 ・・・・・・・・・




Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(41) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 万年筆 
この記事へのコメント
stylustipしゃん

エンジン全開ですな!
Posted by pelikan_1931 at 2008年03月08日 20:01
ご無沙汰しています。
暫くバタバタしてました。
それでも毎日、会社の書類もしっかり万年筆で書いたりサインしています。
私のハンドルは趣味(オーディオ、万年筆)や嗜好(記録すること)、
そしてライフスタイルから決めました。
ではでは。(あー、じたばた)(;_;)
Posted by stylustip at 2008年03月08日 12:40
しまみゅーらしゃん

文章では説明できないが、技があるのじゃ。そのうちわかるじゃろう。
Posted by pelikan_1931 at 2008年03月06日 18:54
 プラチナ#3776平型ニブ、丸ハート穴、JISマーク付き、太字、エボペン芯のスタンダード軸です。ハート穴のところが盛り上がっています。下(ペン芯側)から押し上げる形でハート穴をあけたのではないか?という感じの盛り上がり方で、ハート穴を中心にして全体的に背開きになっている感じです。(イリジウムに光を当てるとよく分かるくらいの背開きです)

 ハート穴にボールペンを突っ込んで押し込み、なるべく平らになるように頑張ってはいますが、ペン芯に乗せると切り割りが開いてしまいます。ここでエラをつまむとあら元通り背開きに、という感じでして。

 何度も頑張ってみるべきなのか、ペン芯を湯通しして合わせた方がよいのか…。どっちにしても、変形させづらい、剛性の高い素材ですね(泣)。
Posted by しまみゅーら at 2008年03月05日 09:59
日々花びらを広げて楽しい事がやってくるよう準備をして待っております。信じ続ければいつかは真実になる そんな気持でしょうか。
Posted by 夢待ち人 at 2008年03月04日 06:41
しまみゅーらしゃん

エラをつまんで背開きになる個体は、ペン先をペン芯と分離してやった方が良いでしょう。ちなみにブツはなんでしょう?
Posted by pelikan_1931 at 2008年03月04日 04:47
こんばんは。
いたって単純です。小学校以来、皆からこう呼ばれています。(゚゚ )☆\ぽか
Posted by orichan at 2008年03月04日 00:00
本名の名前_名字からです。何の変哲もなく。発想が貧弱で・・・・。
Posted by t_stone at 2008年03月03日 23:58
 今晩はです。

 HNを思い付いた当時、時間を持て余していたからというしょ〜もない
理由からつけました(汗)。それが今では忙しい毎日。こちらを閲覧する
暇がなかなかありません。
Posted by 閑人 at 2008年03月03日 22:59
1
万年筆関連の名前にするのは、諸先輩方を目の前にしてさすがに憚れましたので、
好きな飛行機の型式を付けました。
文房具関係でなくて恐縮です。
ちなみに会員番号は、767です。情けない。
Posted by b787 at 2008年03月03日 22:42
アブラクサス社の「プラネタリー・インク」という惑星の名前の付いた付けペン用インクからの連想で。
もう一つは、エドガー・アラン・ポーの「大鴉」の一節から。
「黄泉 閻羅の王の禁領にして 首長の本名を何とか號ぶ(Tell me what thy lordly name is on the Night's Plutonian shore!)
鴉いらへぬ「またとなけめ。」(Quoth the Raven "Nevermore.")」
Posted by Plutonic Blue at 2008年03月03日 22:00
こんばんは。

昔、むかしの音楽家が五線譜を書く道具で熊手みたいな格好をしているもの。
それがラストルムというそうです、大学教授から教わったので確かです。

実は皆様にHNを覚えていただきたいと思って・・・思いっきりインパクトのある変なHNの方が印象が強くて覚え易いと思ったのですが・・・失敗でした。
逆に覚え難いようですね!!。「ひらがな」にしたのは当時は皆様が平仮名のHNが多かったためです。
Posted by らすとるむ at 2008年03月03日 19:58
ある方のある1本を通じてWagnerの入口に導かれました。
その方のハンドルネームを一部戴き、
九州らしく、ということで。
Posted by とんこつ at 2008年03月03日 19:50
本名に当て字をして、別読み。
漢字で署名すると、リアルの知り合いは本名で、
ネットの知り合いはHNで、読んでくださいます(^^)
Posted by ぱいたん at 2008年03月03日 17:52
言わずと知れたライツ社製名玉からいただきました。35・50・75ミリ全て細密描写、豊かなトーンのレンズです。世の中にはズミクロン伝説というものがありますが、今やそれに取って代わる素晴らしい評価になっています。腕におぼえがないとちゃんと写らないのもいいですね。
Posted by ズミルクス at 2008年03月03日 17:24
乙女座だから・・・っていう単純な理由。
でも、何気に中学生から呼ばれてたり。
Posted by とめ at 2008年03月03日 15:23
本名です(^^ゞ
Posted by カミオソウイチロウ at 2008年03月03日 13:18
 monolith とは、私が最も好きな映画「2001年宇宙の旅」に登場する黒い板状のものです。某サイトに登録した時、既に5人が登録していたようで「6」が追加され、まぁいいかと今に至っているものです。
Posted by monolith6 at 2008年03月03日 12:36
子供の頃、読んでいたまことちゃんに出ていたどど彦様にインパクトを受けたので、一部とらせて頂きました。
Posted by dodomen at 2008年03月03日 08:32
ひらがなで三文字、アルファベットでも三文字で、
表記が楽だから、選びました。
色も、命名当時は蒼が好きでしたので・・・。
Posted by あおい at 2008年03月03日 07:03
名と空き番が一致して
Posted by 92 at 2008年03月03日 02:13
ポンチ絵描きなので、ポンちゃんです。
(ポンチ絵=本の漫画風挿絵)
今日も朝までポンチ絵描き…。
Posted by ポンちゃん at 2008年03月03日 00:48
久しぶりに火曜の企画に参加です。
私の場合、お気に入りの自転車ホイールの名前からです。

魔法少女アニメのキャラクターが同じ名前らしく、最近
新規登録しようとするとすでに使われていることが多くて
苦労しております。
Posted by shamal at 2008年03月02日 21:54
初めて書き込みさせていただきます。ロクリンパパと申します。由来は、自動車(四輪)と自転車(二輪)を活用しながら、可能な限り子育てに関わろうという志からです。万年筆にはまりだしましたのは、つい最近のことでして、現在は、師匠が初めに購入されたという、マン100(ただし、自分のものはパトリシアンで、ハート穴がないタイプですので師匠のモデルとは違うのではないかと思います。)に夢中になっています。いろいろと勉強させていただいている途中です。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ロクリンパパ at 2008年03月02日 21:49
学生時代、飼っていた猫の生態から。
とら猫でご主人様の布団で寝たがる。
ろくに散歩にも行かずごろごろしておりました。
社会人になるとき友人にもらわれて行きましたが,
今でも生態変わらずとか。
いやっ、今じゃご主人様が“ごろごろ”好きに...
Posted by 怠猫 at 2008年03月02日 20:46
ラフカディオ・ハーン......これ以上はヾ( ̄▽ ̄;)
Posted by 八雲 at 2008年03月02日 18:50
当時2〜3歳だった甥っ子が
自らの腹にパンパンに詰まった雲古のことを
「ポンタロウ」と呼んでいたことに由来します。

Posted by ぽん太郎 at 2008年03月02日 18:00
基本、中村主水から取っております。

まあ、影でこっそり仕事ができる人間であるようにとのことで(笑)

「それで今日は、どこのどいつを殺ってくれとおっしゃるんで?」と言うセリフがたまりませんね。

榊って名字も、確か仕置人か何かに出てくる殺し屋の名前の候補だったかと。

そんな感じで、時代劇好きなところから設定しました。

宜しくです。
Posted by 榊 主水 at 2008年03月02日 17:54
フラメンコギターを弾く変わった趣味を持っているので、世界NO1と言われるフラメンコギタリストのパコ・デ・ルシアからもらいました。
Posted by パコ at 2008年03月02日 17:41
こんにちは、HNは本名を少しいじっただけのシンプルなものです。
これをメアドなどに使うとチョット理解がいただける事があります。
Posted by けんたー at 2008年03月02日 16:12
<質問>
 前にも出たかもしれませんが…(最近の前置き、こればっかり)

 エラ開きで開いたスリットを閉じるには、どうしたらよいでしょう?

 エラをつまんでスリットを閉じると背開きになってしまうので、腹開きを保持したままスリットを狭める方法があれば(もしくは背開きにならないエラのつまみ方があれば)、ご教示くだされば幸いです。m(_ _)m

 ちなみに、今スリットが開きすぎて困っているのは、プラチナ#3776平型ニブ、丸ハート穴(変な表現)、JISマーク付き、太字、エボペン芯のスタンダード軸です。
Posted by しまみゅーら at 2008年03月02日 13:57
ブログ名から省略&娘に付けたかった名前から決めました。
utasun(うたさん)にしたかったのにヤフーでは既に登録済みだったようで、utasun3となり、更に「さん」を付けられて「うたさんさんさん」と呼ばれてしまうので、ちょっと失敗したなと思ってます(笑)変更しようか考え中です。
Posted by utasun at 2008年03月02日 13:21
大学の先輩に「おまえ、望月って感じだな」って言われたからです。
Posted by mochiduki at 2008年03月02日 12:53
 私のHNは、(ネット上のHNとしては)もうかれこれ10年来の付き合いとなります。

 由来は、高校の時のALTが、名前をローマ字で書いた座席表を見て、「しまみゅーらさん」と指名したことです。それ以来私のあだ名となりました。あだ名としてはもう18年間呼ばれ続けています。
Posted by しまみゅーら at 2008年03月02日 12:16
目の前に都内有数の植物園があるため。
最初は「syokubutsuen」のみのつもりでしたが、たまたま登録番号が99番目だったのでその番号が気に入り99をプラスしたものです。
もう少しまともなネーミングもあったかもしれないけど、なにせ登録した時点では万年筆を始めて2ヶ月目だったものなので。
Posted by syokubutsuen99 at 2008年03月02日 12:09
大学のドイツ語のジジイ教授が、出席を取るときに
目をしょぼしょぼさせながら、「目高君」と呼んだのが始まり。
だぁれも返事をしないので、「おい、お前じゃねえか?」と周りから言われ、「え?オレ?」…ということで、ず〜っとこのあだ名。
本名は、1本足りないのですが…。
「めだか」って、ホントに「目高」って書くの知ってました!?
Posted by めだか at 2008年03月02日 11:31
師匠
こんにちは 好きな以下のメーカーの万年筆型番を、こじつけで圧縮させて仮想型番表示としました。

Montblanc 1950' Masterpiece 74*(744/2),64*(644/2)
Pelikan      M760

M7*4→(Montblanc+Masterpiece) 74*(744/742)
M*64→(Montblanc+Masterpiece) 64*(644/642)
M76*→Pelikan  M760
Posted by M764 at 2008年03月02日 10:32
ファーバーカステルの伯爵コレクション・ペルナンブコからです。

以前に誰かのブログにも書きましたが,「初めて自分のお金で購入した万年筆」です。

ちなみに,「初めて買ってもらった万年筆」(入学祝)はシェーファーのスリムタルガ。(これは,発売されて間がない頃だったと思います。)
「初めてもらった万年筆」は母に中学生の時にもらった国産のミニ万年筆でした。
Posted by ペルナン伯爵 at 2008年03月02日 10:09
私の場合は・・・ 本名を「もじり」ました。
少々ジジ臭い名前でしたな^^;
Posted by しんのじ at 2008年03月02日 09:14
え〜、毎度ばかばかしいお話を、、、
ウチの師匠は、、、、

って、有名な落語家さんから戴きました。って書けると格好いいのですが、本名を少しいじりました。

落語ネタが続きますが、古典落語は生活習慣の変化と共に、なかなか判りにくくなりましたが、とても好きです。
Posted by きくぞう at 2008年03月02日 08:43
落語「花色木綿」を見ればわかります、うちの苗字とのかねあいで撰びました。
かの有名な人物との縁戚関係はありませぬ。

丁度「ちりとてちん」で落語が注目を浴びていますし、ここは一つ講談社の「古典落語」シリーズでも古本屋であさってみてはいかがでしょうか。
Posted by 二右衛門半 at 2008年03月02日 06:42