2008年06月11日

水曜日の調整報告 【 Montegrappa 八角軸 バーメイル 18K-B 背開き 】

2008-06-11 01 今回の依頼品はモンテグラッパの八角軸。バーメイル仕上げでBのペン先という完璧な組み合わせ。初めてこの万年筆の存在を知った頃は欲しくてしかたなかったのを思い出した。どうして買わなかったのかなぁ?

2008-06-11 02 おそらく、当時の拙者は尻軸のネジの精度が許せなかったのだと思う。キャップを尻軸にねじ込んで筆記するのだが、最初はクリップの延長上にセットされていたペン先のスリットが、使っているうちにズレてくる。そこだけが気になって購入にいたらなかったのであろう。純銀軸でその症状が出たので、バーメイルには手を出さなかった・・・

 依頼者はそのことを十分知っているので、おそらくは尻軸にキャップを挿さないで使うであろう。この個体は未使用のまま保存されていた。

2008-06-11 03 では何故依頼品となったか?その理由は後で述べるにして、まずは現品確認じゃ。

 ペン先には(新品なので当たり前だが)傷ひとつ無い。ハート穴もちゃんとハートの形状をしている
。スリットの途中は十分開いているのに、先端部は詰まっている

 ペン先が曲がっているようには思えないので考えられるのはアレしかない!


2008-06-11 042008-06-11 05 横顔を見るとペン先はペン芯にストレートに乗っている。非常に柔なペン先なので、もう少しお辞儀させないと、万年筆の自重でペン先が開いてしまう。

 ペンポイントは、実にに仕上げられている。形状は整っているが、魂のこもった研磨になっていないので、書き味は下品になる。しかも・・・

2008-06-11 06ああ、なんと言うことでしょう!出荷状態でここまで背開きがあるとは!

 下品な書き味という以前にエッジがひっかかってガリガリする上、インクはまともに出てこない。

 ペン先先端部がお辞儀すれば腹開きになるのだが、ペン芯が反りすぎているので、手の施しようがなかったのであろう。このまま出荷するなよ!

 これで状態はわかった。あとは調整するだけじゃ。今回の調整は難しくない。ペン芯を寝かせるべく熱湯に入れて曲げる。次にペン先をお辞儀させ、ペンポイントの背開きを補正する。最後にペンポイントを依頼者の筆記角度に合わせて研磨するだけじゃ。

2008-06-11 072008-06-11 08 書くのは簡単じゃが、このペン先の背開きを直すのには苦労した。ペン芯がそう易々とはお辞儀してくれない上、ペン先も調整戻りが激しく、曲げても曲げても時間が経つと多少戻ってしまう。

 それを30分ずつ何日間か継続してここまで来た感じかな。やっと絶妙のスリットの状態となった。


2008-06-11 092008-06-11 10 書き味にスパイスを加えるのと、背開きを補正する為に、ペン先をかなりお辞儀させた。これでも書き味が硬くはならない。背開きを直した状態で、以前のストレートなペン先の曲面なら、筆圧をかけた瞬間にインクが切れてしまうほど反りやすいペン先・・・従って万年筆の重量+筆圧に耐えられるだけの形状に変えたのじゃ!

 万年筆を寝かせて書くにもかかわらず、たまに捻ってしまう依頼者の癖に合わせるべくペンポイントを研磨した・・・と言いたいところだが、今回は多少味付けを変えた。

 依頼者は最近、自分の書き方を貫き通してペン先をそれに従わせるという書き方から、出来るだけペン先のおいしい部分を選んで書くようになった。万年筆に対して寛容になってきたのじゃ。

 そこで捻って書いても大丈夫・・・ではなく、スイートスポットの許容範囲を多少少なくするかわりに、当たれば極上の感触!という調整に変えた。

 どのインクを入れて使っているのかな?このエボナイト製ペン芯は、多少インクを選ぶ。けっこうドロドロ系のインクと相性がよい。拙者ならMontblancのボルドーを多少に煮詰めて使うかも知れない。


【 今回執筆時間:7.5時間 】 画像準備2h 修理調整4h 記事執筆1.5h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
           
  


【これまでの調整記事】

2008-06-09 Sailor キングプロフィット 21K-M ほんの少し・・・  
2008-06-07 Montblanc 50年代No.146 14C-OB 斜面調整 
2008-06-04 Sheaffer PFM 掘 部品そろえ!    
2008-06-02 性懲りもなく、ドボドボイジャー排斥への挑戦 
2008-05-31 Parker 75 赤ラッカー 18K-B 西の・・・・     
2008-05-28 Pelikan 旧M800 18C-F EN+刻印  
2008-05-26 Platinum 純銀軸 18C・WG-Music 段差修正  
2008-05-24 Pelikan M250 緑マーブル 14C-M カビと段差        
2008-05-21 Waterman セレニテ・ドラゴン 18C-M インク漏れ   
2008-05-19 Sheaffer Snorkel 14C-XF 内臓はボロボロ? 
2008-05-17 Montblanc No.149 14C-B 上品な書き味へ・・・   

2008-05-14 Pelikan M400 茶縞 生贄:やりたい放題  
2008-05-12 セーラー・プロフィット・・・女王からの宿題 その2 
2008-05-10 Montblanc No.252 14C-F インクフロー改善    
2008-05-07 Pelikan 400NN 14C-F 超硬いピストン     
2008-05-05 masahiro エボナイト軸 ペン先交換   
2008-05-03 女王陛下のプラチナ・ミュージック   
2008-04-30 Pelikan M700 18C-F → BB ペン先交換 
2008-04-28 Pelikan M800 18C-3B ペン先交換              
2008-04-26 Montblanc No.644 14C-B ピストントラブル  
2008-04-23 Pelikan 400 茶縞 14C-BB 秀逸なペン先  
2008-04-21 ROLEX Pen 14C-M インク吸入せず! 
2008-04-19 Omas ミロード 青軸 18K-M 生贄               
2008-04-16 Waterman Gentleman かなりボロボロ!
2008-04-09 Pelikan 100N 14K-O ペンポイントが・・・   
2008-04-07 Montblanc No.264 14C-F ペンポイント段差 
2008-04-05 Pelikan 400NN 茶縞 14C-F ソケット交換 
2008-04-02 Montblanc No.254 14C-BB インク切れ 
2008-03-30 Pelikan M800 螺鈿 18C-M 未使用 & おまかせ 
2008-03-28 Montblanc No.234 1/2G 14C-BB 賽の河原の・・・
2008-03-26 Pelikan 140 緑縞 14C-B ソケット交換
2008-03-24 プラチナ #3776 赤軸・黒軸 ペン先交換
2008-03-22 Montblanc No.254 14C-M ぬるぬるに・・・  
2008-03-19 Waterman ラプソディ Green 18K-F 胴軸痩せ?
    
2008-03-17 Parker 75 18K-M 自然コンコルド 魑魅魍魎  
2008-03-15 Pilot New エラボー 14K-SF スイートスポット形成
2008-03-12 Parker Duofold センテニアル 18K-F 生贄
2008-03-10 Montblanc No.32 14C-B インクが出ない・・・ 
2008-03-08 Montblanc No.256 18C-EF 仏蘭西 珍品!   
2008-03-05 Montblanc No.149 75周年記念 18K-EF 
2008-03-03 Montblanc No.342 14C-F 満身創痍 
2008-03-01 Pelikan 140 緑縞 14C-M ペン芯調整:苦闘3時間 
2008-02-27 Montblanc No.142 14C-M 壮絶なる死闘
2008-02-25 Pelikan 1931 ホワイトゴールド スイートスポット 2点 
2008-02-23 '80年代後半 Montblanc 14K-M 再鍍金    
2008-02-20 Pelikan 100N 14C-KF あやしいペンポイント 
2008-02-18 プラチナ Sterling Silver 地獄からの復活 
2008-02-16 Montblanc N0.142 14C-O はたして直るか?  
2008-02-13 Pelilam M250 バーガンディー 切り割りからドクドク  
2008-02-11 Montblanc No.149 14C-M 掠れる・・・実は大変 
2008-02-09 Pelikan M320 オレンジ 14C-M 呼吸困難 
2008-02-06 Montblanc No.144G 14C-M ペンポイント凸凹
2008-02-04 Pelikan 140 14C-M ペン先交換 → BB 
2008-02-02 Montblanc No.149 合体して開高健 

Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
monolith6しゃん

確かにペンポイントの溶接の仕上げの悪さはSheafferに似てますな。
Posted by pelikan_1931 at 2008年06月18日 22:14
 ペン・ポイントのアップを見ると、何となくシェーファーのニブに似ているような気がしてきますね。
Posted by monolith6 at 2008年06月18日 18:50
 いえいえ、気になりだして止まらなくなってしまったことがあったのです。
首軸内側の樹脂筒を外せばどうにかなるんじゃないかと思って腐食覚悟でロットリング洗浄液に漬け、界面活性効果を期待しましたが外れませんでした。そんなわけで現在は(見たところ腐食はないものの)首軸から酢のようなネギのような臭いがします。
Posted by 魚眼 at 2008年06月17日 23:25
魚眼しゃん

丸軸なら角軸ほど気にならないのではないかな?
そえとキャップを後に嵌めなければ心はいたまないですぞ。
Posted by pelikan_1931 at 2008年06月17日 17:32
 丸軸で銀無地のものを持っています。
やはり同じようにクリップと切り割りが直線上に並ばず、ペン先は背開きです。
 ペン先を外しクリップに合わせて首軸に差し込めば、と思ったら差込位置が決まっていて断念したものでした。
Posted by 魚眼 at 2008年06月16日 23:41
快ショク快ペンしゃん

小さなビーカーとアルコールランプ、金網、アルコールを東急ハンズで買ってきて、コトコト煮詰めるのじゃ。芯を出し過ぎないようにするのがコツ!
Posted by pelikan_1931 at 2008年06月12日 21:45
最近は変なのばかり買っているので、
このような美しい物は後光が差して見えます。
Posted by stylustip at 2008年06月11日 17:47
おはようございます。インクを煮詰める方法を教えてください。私はモンテグラッパの万年筆にMontblancのレーシンググリーンを入れていますが、もう少しヌルヌル感が欲しいと感じています。
Posted by 快ショク快ペン at 2008年06月11日 06:39