2008年06月15日

Pilot 広沢先生のペンクリ & penandmessage. 訪問

2008-06-15 032008-06-15 012008-06-15 01 昨日6月14日には神戸まで飛行機で日帰り旅行だった。

 目的はパイロットの広沢先生のペンクリ見学と、元町penandmessage 訪問界のコレクターすなみ氏と、萬年筆研究会【WAGNER-関西】代表のY氏と行動を共にした。

 広沢先生のペンクリは、西神中央駅にあるプレンティ1番館とダイエーの間にあるスペースで本日まで行われている。

 屋根があり、風は吹き抜けてくれる明るい空間!ミニ・コロッセウムのような場所で実施されている。今までに多くのペンクリを見たし、自分でもやってみたが、こんな快適な空間は他にない。調整をやる人間にとっては非常に居心地がよい。

 10時から始まったペンクリで、拙者が到着したのは10:50くらいであったが、既に15本ほどが待ち行列に入っていた。

 順番待ちの間に、近くでショッピング出来るので、ひたすら待つという行為は必要ない。

 2日間限定のCUSTOM 74 透明軸のEF付が20本限定で販売されていた。通常はFとMだけらしい。

 拙者が一番感心したのは、広沢先生の動きに無駄がないこと!非常にエレガントに調整される。しかも調整している時間よりも、現在の症状と、どういう調整を施すかという図解説明の方に時間をかける。患者は納得した上で治療を受ける訳じゃ。

 また調整する必要がない場合や短時間では直らない場合(研磨・調整に1時間もかかるなど)は、順番待ちの人に迷惑をかけるので、理由を説明してキッパリと断ってらした!

 今回、初めて広沢先生の調整を間近で見せていただいたが、これこそが本来のペンクリだなぁ・・・と感銘を受けた。最大多数の最大幸福!

 右端の写真の広沢先生の指を見て欲しい。既に10本以上は調整しているのに、親指と人差し指の腹しか汚れていない。別に患者さんがインクを抜いてくるわけではないにもかかわらずじゃ!

 拙者のペンクリでは必ずインクは抜いてから持ってきていただく。しかし、3本も調整すれば、手はインクまみれになる。普通は皆そうじゃ・・・にもかかわらず広沢先生の手は綺麗なまま!このあたりに広沢マジックの秘密がありそうじゃ!


2008-06-15 04 その後、ランチをはさんで元町のpenandmessage.へ到着!

 想像していたとおりのシャレたスペース。こういうのが東京にもあればなぁ・・・という感じ。

 萬年筆以外の文房具にも非常にこだわった品揃えをしているのは、吉宗氏が文具店で働いていたからであろう。しかも(おそらくは)ご自身が好きな物だけを並べたような店作り!

 種類の多さを誇るのでも、品物の過剰なまでの品質を誇るのでもなく、ふっと唇が緩むようなセンスの物をさりげなく薦めているようじゃ。まんまんと嵌ってあれこれ買ってしまった。本日宅配便で届くので楽しみじゃ!

2008-06-15 05 この店にある時計は柱時計。ゆっくりと時を刻んでいるような感じがするが・・・午後2時に12回ボーンボーン・・と鳴った!【回数あってないやんけ】とすかさず世界のコレクターから鋭い突っ込み!

 吉宗さん、にこやかに長針と短針を回して調整!考えてみれば最近の若者は柱時計に接した事はないはず。時計が鳴ると、無意識に数を数えてしまう拙者らとは違う年代層の人が多いのであろうな。

 そばにあるカメラは何かな?気にしてなかったが、パーレットかな?あるいはフードがついていそうなのでコダックのベス単かな?詳しい人がいたら教えて下され!


2008-06-15 06 これは、萬年筆研究会【WAGNER-関西】代表のY氏が委託品のコーナーを目をルーペにして覗き込んでいるところ!

 penandmessage.で展示されている全てのペリカン萬年筆のペン先を眺めてみたが、一本たりとも段差やズレが無い。全て調整してから棚に並べているに違いないと考えて聞いてみたら・・・やはり、そのとおりとか!

 買ってから調整してくれる店は多いが、既に調整してある物を展示している店というのは意外に少ない。拙者の知っている限りでは、神田金ペン堂長崎マツヤ万年筆病院くらいかな?

 ここまで調整【研磨ではなく、形状を整える作業】をしてあれば、書き癖に合わせる研磨はホンの少しでよい。この寸止め調整手法は、1回で最後まで調整するより非効率だが、萬年筆を購入するまでのお客様の心理状態をトレースしてみると、非常に効率的な手法であることがわかる。

 コーヒーもおいしかったので、いっしょに送った。実は手でもって返る予定だったのだが、飛行機にもっかわらず、インクを買ってしまった・・・このまま持って乗れば、没収か逮捕されてしまうところだった。早めに気付いて良かった!


Posted by pelikan_1931 at 11:00│Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 情報提供 
この記事へのコメント
しまみゅーら しゃん

土日のペンクリの場合は、広沢先生の可能性が高いですぞ。お楽しみに!
Posted by pelikan_1931 at 2008年06月16日 19:45
怠猫しゃん

845、エラボーなど、造れば造るほど・・・系には何故か惹かれますな・・・
Posted by pelikan_1931 at 2008年06月16日 19:43
 昨年は東京で惜しくも川口先生のペンクリ初体験の機会を逃してしまった私ですが、この7月にパイロットのペンドクターが青森までペンクリしに来てくれる!ということで、大変楽しみにしています。

 この記事を読んで、さらに期待が高まりました。
Posted by しまみゅーら at 2008年06月16日 13:40
こんばんは。

>広沢先生

 65”のお話をご拝聴しました。
→しみじみ、買ってよかった〜。

#845をお勧めいただきました。いわく、造れば造るほど...
→ほほぅ。そりゃ買うしかない!
→イイ♪。“大トロ万年筆”と勝手に呼んでいます。

平塚大司教様ですね〜(カンタベリ大司教の韻)

またお会いできればいいなぁ〜
Posted by 怠猫 at 2008年06月15日 23:12