2008年08月14日

木曜日の調整報告 【 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善】

2008-08-13 01 今回の調整依頼は【 NAMIKI Vanishing Point 】じゃ。最後に10,000本製造して打ち止め!という知らせが海外から入った時に赤、青、緑軸を各40本ずつ注文した。香典返しに使ったり、お嫁に行ったりで、手元には既に2本ずつしかない。全てBニブ付で注文した。

 このクリップを製造する機械の寿命があと10,000本で終わる!というようなまことしやかな噂だった・・・ 拙者はこういう噂に極端に弱いのじゃ。そういえば【最後の一本攻撃】にも毎回轟沈している。

2008-08-13 02 なぜか日本では赤、青、緑の色軸は販売されなかった。ただ世界の万年筆まつりで、NAMIKIではなくPILOTとクリップやペン先にロゴを刻印したキャップレスが限定販売されたことがある。みんなに買え買え!と薦めておいて自分では一本も買わなかったのが悔やまれる。

 シャッターを前に押し倒すようなメカニズムでペン先が押し出される。従ってペンポイントは、万が一にでもシャッターに触れないようにクーゲル形状をしている。

 そのペンポイントを上手に研げばぬらぬらの書き味が実現できる。【キャップレスでぬらぬら】という意表をついた書き味は必ずや病み付きになるであろう。

2008-08-13 032008-08-13 04 症状はインクフローが悪いこと。内部構造に金属部品が多いキャップレスでは、軸内で酸性インクが漏れてしまうと取り返しが付かない状態になる。現行のパイロットのインクに酸性の物がひとつも無いのは、あるいは、売れ筋であるキャップレス対策かもしれない。

 もしそうであれば、コンバーターでプラチナのブルーブラック(酸性度 世界一)など使うのは言語道断ということになる。

 インクフローが良いほど漏れやすくもあるので、意識的にペン先の寄りを強く調整してあるように思われる。筆圧をかけないとインクが出ない。この場合、書かれた字の色が濃い部分(筆圧がかかったところ)と、薄い部分(力が抜けて書いたところ)が出てしまう。これを嫌う人も多い。

2008-08-13 052008-08-13 06 そこでスリットをグイと拡げてみた。0.15伉度の隙間ゲージを差し込んで左右を広げるようにする。

 この場合、スリットの両側にえぐられたような痕がつく。これをサンドパーパーで削り取り、仕上げに金磨き布で丹念に拭いてスリットの両側を綺麗にするのじゃ。

 なを金磨き布を用いると、滓が残っている場合があるので超音波洗浄器などで洗浄する必要がある。超音波洗浄器が唯一役に立つ場面じゃ。

2008-08-13 072008-08-13 08 こちらが調整後の画像。依頼者の筆記角度に合わせてスイートスポットを作り、その前後左右を念入りに調整する。

 萬年筆を使い始めて時間がたつと、だんだんとペンポイントの右側が紙に当たるようになる人がいる。思いのほか多い。拙者もそうじゃ。一般的に右傾斜した状態で線を引くと、筆圧は下がってくる。特に書き出しで左から右に線を引く事が多い人の場合、かなりの確率で・・・掠れる!

 今回も右傾斜対策を施しておいた。これが有効になる日は来るかな?

2008-08-13 09 そして最後の仕上げ!ペン先をロジウムで鍍金する!クリップやリング、尻軸のノック機構の全てが銀色をしているのにペン先だけ金色というのは、かなり不細工!

 またロジウムにはインクフローを良くする働きがあると言われている。パーカー
やオマスがペン先の裏にロジウム鍍金を施すのも、インクフロー対策だと聞いた。

 ロジウム鍍金は道具さえあれば、準備から終了まで10分で出来る。ドイツではNAMIKI Vanishing Point  のペン先にロジウム鍍金を施したものを大量に販売している店があった。これが純正か、後鍍金か気になるところじゃ。


【 今回執筆時間:3時間 】 画像準備1h 修理調整1h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
    


【これまでの調整記事】

2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!      
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・    
2008-07-30 Pelikan M700 雑巾トレド 18C-M 書き味微調整    
2008-07-28 Montblanc No.144G 14C-OB→B 研ぎ出し    
2008-07-26 Parker Duofold International 18C-XXB 生贄    
2008-07-23 1950年代 Montblanc No.142 14C-M 書き味向上     
2008-07-21 Parker Duofold センテニアル 18C-XXB 生贄       
2008-07-19 1950年代 Montblanc No.146 14C-BB 生贄      
2008-07-17 Pelikan 500N 茶縞 14C-M インクフロー改善      
2008-07-15 Montblanc No.149 14C-M 書き味向上     
2008-07-07 Delta ドルチェビータ オーバーサイズ 呼吸困難  
2008-07-05   Sheaffer インペリアル 純銀 首軸ユニット交換   
2008-07-02   Montblanc No.149 胴軸交換   

2008-06-30 Pilot 旧エラボー 14K SB ペン芯乖離                     
2008-06-28 Warl Eversharp Red Ripple 14K-Flexible                      
2008-06-25 Pelikan M800 18C-M 現行品最高の書き味に!   
2008-06-23 Marlen スケルトン 18K-M 掠れと出過ぎ   
2008-06-21 Montblanc No.342 14C-EF ひっかかり 
2008-06-18 Sheaffer Tuckaway 14K-XF ペン先曲がり   
2008-06-16 AURORA 88 14K-B 書き出し掠れ解消   
 
2008-06-14 Montblanc No.234 1/2G 14C-OB 斜面調整      
2008-06-11 Montegrappa 八角軸 バーメイル 18K-B 背開き

2008-06-09 Sailor キングプロフィット 21K-M ほんの少し・・・

2008-06-07 Montblanc 50年代No.146 14C-OB 斜面調整 
2008-06-04 Sheaffer PFM ?&? 部品そろえ!    
2008-06-02 性懲りもなく、ドボドボイジャー排斥への挑戦 
2008-05-31 Parker 75 赤ラッカー 18K-B 西の・・・・
2008-05-28 Pelikan 旧M800 18C-F EN+刻印  
2008-05-26 Platinum 純銀軸 18C・WG-Music 段差修正
2008-05-24 Pelikan M250 緑マーブル 14C-M カビと段差     
2008-05-21 Waterman セレニテ・ドラゴン 18C-M インク漏れ 
2008-05-19 Sheaffer Snorkel 14C-XF 内臓はボロボロ? 
2008-05-17 Montblanc No.149 14C-B 上品な書き味へ・・・ 

2008-05-14 Pelikan M400 茶縞 生贄:やりたい放題  
2008-05-12 セーラー・プロフィット・・・女王からの宿題 その2 
2008-05-10 Montblanc No.252 14C-F インクフロー改善
2008-05-07 Pelikan 400NN 14C-F 超硬いピストン
2008-05-05 masahiro エボナイト軸 ペン先交換   
2008-05-03 女王陛下のプラチナ・ミュージック   
2008-04-30 Pelikan M700 18C-F → BB ペン先交換 
2008-04-28 Pelikan M800 18C-3B ペン先交換 
2008-04-26 Montblanc No.644 14C-B ピストントラブル
2008-04-23 Pelikan 400 茶縞 14C-BB 秀逸なペン先  
2008-04-21 ROLEX Pen 14C-M インク吸入せず! 
2008-04-19 Omas ミロード 青軸 18K-M 生贄
2008-04-16 Waterman Gentleman かなりボロボロ!
2008-04-09 Pelikan 100N 14K-O ペンポイントが・・・   
2008-04-07 Montblanc No.264 14C-F ペンポイント段差 
2008-04-05 Pelikan 400NN 茶縞 14C-F ソケット交換 
2008-04-02 Montblanc No.254 14C-BB インク切れ 
Posted by pelikan_1931 at 11:30│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
みーにゃ しゃん

スキャナーの良いところは、いきなり入力するので、画像の変換による劣化が少ない為と思われる。結構便利じゃよ。
Posted by pelikan_1931 at 2008年08月16日 06:07
こんばんは!ありがとうございます〜♪嬉しいです〜☆
そのままでも書きやすかったのですが、あれがぬらぬらになったらなんと素晴らしいことでしょう。楽しみです。

なんとロジウム鍍金まで!ありがたいです。
金銀まぜこぜのアンバランスさが古くささを感じさせて気になっていたんです。

右傾斜…というのは考えたこともありませんでした。
どういうことがちょっと分からないのですが、勉強します。。

この緑の軸色、大好きなのですが、私が写真を撮ると漆黒になってしまいます。この画像はまさにそのものを表現していますね!

Posted by みーにゃ at 2008年08月16日 01:03