2008年08月18日

月曜日の調整報告 【 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 】

2008-08-18 01 今回の依頼品は現行のPelikan M800の青縞軸。M800にはプロトタイプを含めると数多くの軸色が存在するが、最も派手なのが、この青縞軸だと思う。

 緑縞や茶縞(珍品)はVintage Pelikanで見慣れているせいか、非常に地味に感じるし、赤縞は日常使用しているが、手に持った感じは落ち着いている。一番華やかな感じがするのは青縞軸だなぁ・・・

2008-08-18 022008-08-18 03 今回の依頼品は誰かの調整済じゃ。ただどこか引っ掛かる感じがすると言うことで、お預かりした。

 数年前に飲み屋で書いているところを拝見しただけなので、まったく書き癖を覚えていない。ただ、拙者の研いだ萬年筆の書き味が良いとおっしゃっていたので、とりあえず自分用の研ぎにしてみることにした。そういえば今回も飲み屋での預かり物じゃな。

 手元に未調整のM800用のニブがあるので比較してみた。上から見た画像では差は認識できない。先端部の丸めもスリットの開き具合もまったく一緒。

2008-08-18 042008-08-18 05 ただし横顔を見ると左の調整した画像は、オリジナルと大きく異なっている。

 調整後のペンポイントは左画像のように、先端部の背中側が大きく削り落とされている。この状態は背書き出来るように研磨する際に発生する。

 実はM800のペン先は裏書きする際に非常に良い味を出してくれる。そのことを知り抜いた人の調整であろうな。


2008-08-18 06 そしてペン芯を見て驚いた!上が今回の萬年筆についていたもの。下がオリジナルのペン芯じゃ。

 オリジナルのペン芯に対して、空気通路は拡げないで、インク通路をカッターナイフ?で拡げる加工をしている。またペン芯先端部をかなり削っている。これは、おそらくはペン先の段差対策じゃな。

 ペリカンのペン先は、ペン芯から外すと段差が出来る物がたまにある。これはペン芯のペン先内側の曲面のアタリが上手くいっていないのを、ペン芯とペン先を装着したまま直した場合に発生する。力ずくでペン先先端部だけを曲げる為、かなりの反発力を持ったままソケットに装填された状態になり、ソケットをはずすと惨い段差となって現れてくる。

 ソケットに装填したまま、段差調整をしないとすれば、どうやって段差調整をするか?それはペン芯とペン先の曲率を見ながら、ペン芯側を研磨するのじゃ。

 要するに、ペン先調整の極意をわかっている人が調整したペン先であろう。

 実はペリカンのインク溝を拡げるという調整は全国の調整師の間で広く行われている技らしい。拙者はペン芯も芸術作品と考えているので、醜くなるような溝拡げ加工は最近はやらなくなった。

 溝さらいとインク誘導液洗浄、段差調整用ペン芯研磨程度はやるが、メインはペン先のスリット拡げかな。ある程度の筆圧のある人にはそれで十分だと考えている。

 拙者の場合、書き味よりも見映えを悪くしないことに腐心している。そこが萬年筆コレクターがやる調整の妙味だと考えている。

2008-08-18 07 こちらがソケットを外してスリットを拡げた状態のペン先。依頼者は拙者の萬年筆の書き味を絶賛していたので、拙者の好みに調整することにした。

 まずは先端部を多少平べったく調整し、筆圧によるペン先段差が発生しにくいようにする。また先端部は、密着状態よりは多少緩めに拡げる。とにかく書き出しでインクが紙に付かない状態だけは避ける必要がある。

2008-08-18 082008-08-18 09 左図のように先端部を削り込み、スリットは肉眼でも見えるくらいに拡げてみた。

 また裏研ぎの研磨跡は出来るだけ消しつつも裏研ぎでも書ける特長は残すことにした。

 拙者の調整の基本は、オリジナルよりも美しいのに、書き味も良いということ。出来るだけ加工跡を目立たなくするのにも腐心した。

2008-08-18 102008-08-18 11 まずはオリジナルと比べ、ペン先をペン芯先端よりも前に移動した。拙者はこの位置が一番美しいと感じている。またペン芯の誤差の影響も一番受けにくいのじゃ。

 背書きは出来るが、通常の丸めのように見える程度にスイートスポット小さくした。裏書きするケースはほとんど無いはずなので、そちらの書き味に血道を上げるよりも美しさ重視で調整した。なにせ、自分用の調整を施すわけだからな。

 調整が終了した軸に少しだけインクを吸入し、ペン先のインクを拭ってから、おもむろに書き出してみる。ヌメっとした感触とともにインクがにゅるにゅると出てくる。引っ掛かりは無い。あとは拙者の筆記角度が依頼者に合うかどうかじゃな!


【 今回執筆時間:3.5時間 】 画像準備1.5h 修理調整1h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
    
    


【これまでの調整記事】

2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!      
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・    
2008-07-30 Pelikan M700 雑巾トレド 18C-M 書き味微調整    
2008-07-28 Montblanc No.144G 14C-OB→B 研ぎ出し    
2008-07-26 Parker Duofold International 18C-XXB 生贄    
2008-07-23 1950年代 Montblanc No.142 14C-M 書き味向上     
2008-07-21 Parker Duofold センテニアル 18C-XXB 生贄       
2008-07-19 1950年代 Montblanc No.146 14C-BB 生贄      
2008-07-17 Pelikan 500N 茶縞 14C-M インクフロー改善      
2008-07-15 Montblanc No.149 14C-M 書き味向上     
2008-07-07 Delta ドルチェビータ オーバーサイズ 呼吸困難  
2008-07-05   Sheaffer インペリアル 純銀 首軸ユニット交換   
2008-07-02   Montblanc No.149 胴軸交換   

2008-06-30 Pilot 旧エラボー 14K SB ペン芯乖離                     
2008-06-28 Warl Eversharp Red Ripple 14K-Flexible                      
2008-06-25 Pelikan M800 18C-M 現行品最高の書き味に!   
2008-06-23 Marlen スケルトン 18K-M 掠れと出過ぎ   
2008-06-21 Montblanc No.342 14C-EF ひっかかり 
2008-06-18 Sheaffer Tuckaway 14K-XF ペン先曲がり   
2008-06-16 AURORA 88 14K-B 書き出し掠れ解消   
 
2008-06-14 Montblanc No.234 1/2G 14C-OB 斜面調整      
2008-06-11 Montegrappa 八角軸 バーメイル 18K-B 背開き

2008-06-09 Sailor キングプロフィット 21K-M ほんの少し・・・

2008-06-07 Montblanc 50年代No.146 14C-OB 斜面調整 
2008-06-04 Sheaffer PFM ?&? 部品そろえ!    
2008-06-02 性懲りもなく、ドボドボイジャー排斥への挑戦 
2008-05-31 Parker 75 赤ラッカー 18K-B 西の・・・・
2008-05-28 Pelikan 旧M800 18C-F EN+刻印  
2008-05-26 Platinum 純銀軸 18C・WG-Music 段差修正
2008-05-24 Pelikan M250 緑マーブル 14C-M カビと段差     
2008-05-21 Waterman セレニテ・ドラゴン 18C-M インク漏れ 
2008-05-19 Sheaffer Snorkel 14C-XF 内臓はボロボロ? 
2008-05-17 Montblanc No.149 14C-B 上品な書き味へ・・・ 

2008-05-14 Pelikan M400 茶縞 生贄:やりたい放題  
2008-05-12 セーラー・プロフィット・・・女王からの宿題 その2 
2008-05-10 Montblanc No.252 14C-F インクフロー改善
2008-05-07 Pelikan 400NN 14C-F 超硬いピストン
2008-05-05 masahiro エボナイト軸 ペン先交換   
2008-05-03 女王陛下のプラチナ・ミュージック   
2008-04-30 Pelikan M700 18C-F → BB ペン先交換 
2008-04-28 Pelikan M800 18C-3B ペン先交換 
2008-04-26 Montblanc No.644 14C-B ピストントラブル
2008-04-23 Pelikan 400 茶縞 14C-BB 秀逸なペン先  
2008-04-21 ROLEX Pen 14C-M インク吸入せず! 
2008-04-19 Omas ミロード 青軸 18K-M 生贄
2008-04-16 Waterman Gentleman かなりボロボロ!
2008-04-09 Pelikan 100N 14K-O ペンポイントが・・・   
2008-04-07 Montblanc No.264 14C-F ペンポイント段差 
2008-04-05 Pelikan 400NN 茶縞 14C-F ソケット交換 
2008-04-02 Montblanc No.254 14C-BB インク切れ

Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
ダルタニャンしゃん

調整師がだれかわかるほど、人の調整はうけておらんので・・・わかりませぬ。想像は出来ますが・・・
Posted by pelikan_1931 at 2008年08月19日 05:14
師匠、ありがとうございます!
わがペリカンの中身はこんなことになっていたんですね。
ヌメっとにゅるにゅるになったペリカンちゃん楽しみです!

師匠は、この調整師が誰だか本当はわかっているんでしょうね。

今度はしらふの時にお願いします!
Posted by ダルタニャン at 2008年08月18日 21:37