2008年09月20日

土曜日の調整報告 【 Montblanc No.149 18C-F ペン先曲がり復活! 】

2008-09-20 01 今回のは最初拝見したとき、【いくらなんでも、これは直らないでしょうな・・・】と依頼者にお話しした。

 物は1980年代のMontblanc No.149ラッパ型首軸先端だが、クリップはなで気味で、18Cのペン先。モデルチェンジの移行期に製造されたか、ペン先を後で交換したか、軸を修理に出して後の時代の物と交換されたか・・・であろう。

2008-09-20 022008-09-20 032008-09-20 04 左画像の状態を見れば、依頼者が凍りついた瞬間が想像出来よう。どうやらお子さんが萬年筆で遊んでいて、どこかにぶつけた結果らしいが・・・見事じゃ!

 通常ぶつけた場合は、左右同時に曲がるか、曲がらないかがほとんどだが、なんと片側だけ曲がっている。どうすればこのように曲げられるのだろう?

 いままでに曲がったのは何本も修理してきたが、これは曲がりすぎ!曲げを戻す際に折れる確率高いですぞ!と予防線を張った上で、生贄としてお預かりした。

2008-09-20 05  ところが、エイャ!のかけ声一発でもとの形状に戻った。今までと同じく、ゴムブロックにテープで固定した隙間ゲージの上にペン先を当て、スリットの内側から竹製の箸の先端で押しつけた。

 道具と作業は簡単だが、力加減は経験と勘のたまもの。それらはこなした本数に比例して上手くなるが、まずは頭を使うことが大切!

2008-09-20 062008-09-20 07 曲がりは直ったのだが、曲がるときにかかった無理な力はペン先の中にためられているのかもしれない。正常なNo.149と比べて書き味があまりに悪い!

 そこでペンポイント先端部を多少研磨し、紙への引っ掛かりを少なくした。細字-Stubのような形状だが、字巾は細字で、インクが盛り上がるようなインクフローにした。

2008-09-20 082008-09-20 09 こちらは横顔!二段式ペン芯1980年代No.14Xの特徴。インクフロー向上を目指して二段式にしたのではなく、ペン芯とペン先の密着調整における生産性向上が狙い。

 樹脂製ペン芯にしてから生産性やバラツキは格段に向上したので、エボナイト製ペン芯は姿を消した。二段式ペン芯はエボナイト製ペン芯の断末魔の喘ぎのような物だったのかも知れない。

 樹脂製ペン芯を使ったのはヘミングウェイから・・・(正確にはその少し前に出たNo.149から)。そこで【近代No.149をダメにした主犯がヘミングウェイじゃ】といじめている。

 今回の曲げ直して、改めて金ペンの修繕可能性がわかった!素材が柔らかいってことの意義がようやくわかりかけてきた・・・快心の修理じゃった!

 一つ気になるのは、このペン先にはエラを張らせた痕跡が残っている。以前にどこかのペンクリ(拙者かも・・・)で調整を受けていたのかもしれない!


【 今回執筆時間:4.5時間 】 画像準備2h 修理調整1.5h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
        
        

【これまでの調整記事】

2008-09-17 1950年代 Montblanc No.144 14C-KM 封印の呪い        
2008-09-15 WARL 金張り Pencil Set 14C-M ペン芯が緩い・・・            
2008-09-13 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB → KB 却下!
2008-09-10 1950年代 Montblanc No.144 14C-KEF クーゲルらしく 
2008-09-08 梅田阪急限定ブライヤー 21K-M・・・シャリシャリ感撲滅
2008-09-06 Montblanc No.242G 14C-KF クーゲルの書き味ではない 
2008-09-03 Sheaffer PFM- 幻の18K-B ニブ・・・インク吸入せず
2008-09-01 Montblanc No.134 14C-OB ペン先波打ち修整
2008-08-30 柘製作所 マイカルタ 21K-B ペン先段差   
2008-08-27 1950年代 Montblanc No.144 14C-OBB 生贄 
2008-08-25 1960年代 Montblanc No.72 ペン先曲がり、そして・・・
2008-08-20 Montblanc No.146 14K-F 首軸よりインク漏れ 
2008-08-18 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 
2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・
2008-07-30 Pelikan M700 雑巾トレド 18C-M 書き味微調整 
2008-07-28 Montblanc No.144G 14C-OB→B 研ぎ出し    
2008-07-26 Parker Duofold International 18C-XXB 生贄
2008-07-23 1950年代 Montblanc No.142 14C-M 書き味向上
2008-07-21 Parker Duofold センテニアル 18C-XXB 生贄
2008-07-19 1950年代 Montblanc No.146 14C-BB 生贄
2008-07-17 Pelikan 500N 茶縞 14C-M インクフロー改善
2008-07-15 Montblanc No.149 14C-M 書き味向上
2008-07-07 Delta ドルチェビータ オーバーサイズ 呼吸困難  
2008-07-05   Sheaffer インペリアル 純銀 首軸ユニット交換   
2008-07-02   Montblanc No.149 胴軸交換   

2008-06-30 Pilot 旧エラボー 14K SB ペン芯乖離
2008-06-28 Warl Eversharp Red Ripple 14K-Flexible
2008-06-25 Pelikan M800 18C-M 現行品最高の書き味に!
2008-06-23 Marlen スケルトン 18K-M 掠れと出過ぎ 
2008-06-21 Montblanc No.342 14C-EF ひっかかり 
2008-06-18 Sheaffer Tuckaway 14K-XF ペン先曲がり 
2008-06-16 AURORA 88 14K-B 書き出し掠れ解消

2008-06-14 Montblanc No.234 1/2G 14C-OB 斜面調整 
2008-06-11 Montegrappa 八角軸 バーメイル 18K-B 背開き

2008-06-09 Sailor キングプロフィット 21K-M ほんの少し・・・

2008-06-07 Montblanc 50年代No.146 14C-OB 斜面調整 
2008-06-04 Sheaffer PFM ?&? 部品そろえ!    
2008-06-02 性懲りもなく、ドボドボイジャー排斥への挑戦 
2008-05-31 Parker 75 赤ラッカー 18K-B 西の・・・・
2008-05-28 Pelikan 旧M800 18C-F EN+刻印  
2008-05-26 Platinum 純銀軸 18C・WG-Music 段差修正
2008-05-24 Pelikan M250 緑マーブル 14C-M カビと段差     
2008-05-21 Waterman セレニテ・ドラゴン 18C-M インク漏れ 
2008-05-19 Sheaffer Snorkel 14C-XF 内臓はボロボロ? 
2008-05-17 Montblanc No.149 14C-B 上品な書き味へ・・・ 

2008-05-14 Pelikan M400 茶縞 生贄:やりたい放題  
2008-05-12 セーラー・プロフィット・・・女王からの宿題 その2 
2008-05-10 Montblanc No.252 14C-F インクフロー改善
2008-05-07 Pelikan 400NN 14C-F 超硬いピストン
2008-05-05 masahiro エボナイト軸 ペン先交換 
2008-05-03 女王陛下のプラチナ・ミュージック 

Posted by pelikan_1931 at 08:00│Comments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
きくぞうしゃん

ペン先を金にするのは、耐酸性だけではないことがわかりますな。
加工の容易性、修理の容易性もありそうです。特に、現代のアルカリ性インクの時代には。
Posted by pelikan_1931 at 2008年09月21日 18:48
すごいなぁ、、、
伸びるモンなのですね。驚きです。
内部に曲げの残留応力があると、ペン先のしなり方が違い、書き味が悪化するのでしょうか。

やはり金なのですねぇ

Posted by きくぞう at 2008年09月21日 09:20
しんのじ しゃん

花粉症の季節は隙間ゲージは危険なようですな。
くしゃみしそうになったら、ゲージをすぐに引き抜く事を頭に入れておきます。
Posted by pelikan_1931 at 2008年09月21日 07:04
二右衛門半 しゃん

おお、獲物が! 楽しみにしております。金ペンですよね。
Posted by pelikan_1931 at 2008年09月21日 07:02
上から2、3、4枚目の画像から・・ん〜何て見事な『おさかなちゃん』なんでしょう。
この間お世話になったヴィクトリーでここまでやったら、間違いなく臨終ですね。
怖いので仕舞っときます。
Posted by 三日堂 蓮覇 at 2008年09月20日 23:07
相変わらずお見事です!

実はσ(^^)も片方だけ曲げてしまった経験があります。
スリットに隙間ゲージを差し込んだ瞬間にクシャミをしまして・・・
60年代18Cのペン先が・・・^^;

勿論、師匠のブログを拝見していたので、自分で修理できました。
Posted by しんのじ at 2008年09月20日 08:21
おみごとー!
これはスゴイ!
朝から良いものを見せていただきました。
また、お会いしたときにお任せする品ができてしまいました。
その時はよろしくお願いします。。。
Posted by 二右衛門半 at 2008年09月20日 07:58