2008年10月04日

土曜日の調整報告 【 1980年代 Montblanc No.149 14C-BB 】

2008-10-04 01 今回の依頼品はNo.1491980年代14C-BBであり、歴代No.149のなかで最も形状の美しいペン先じゃ。拙者は最も醜い1970年代18C-BBBが好きだがな・・・

 国宝級に美しい逸品に思われるが、前の所有者の癖が残っているとかでゴツゴツ感が強いとか。

2008-10-04 022008-10-04 03 拡大画像を見ると、例によってペン先が詰まっている。これではインクは十分に出ず、書き味はゴツゴツしたものになる。またピストンは相当に硬く、インク滓が胴軸内側にこびりついていそう・・・

 しかし以前の所有者の癖などは残っているように見えない。正真正銘の開高健モデルのペン先。しかもBBというのは極めて珍しい。

2008-10-04 042008-10-04 05 横顔を見ても前の所有者の癖は見えない。そもそもこれだけ大きなペンポイントであれば、研磨しない限りは自然摩耗ではそう簡単には癖はつけられない。

 ペン先とペン芯の間にわずかな隙間がある。これではインク切れのおそれがあるので微調整が必要。幸いにして二段式ペン芯の場合は対応が極めて楽。二段の上側を上に反らせてペン先を乗せ、そのまま熱湯に入れ、数秒後に冷水に浸すだけじゃ。これでペン先の傾斜にフィットしたペン芯に変身する。

2008-10-04 06 ペン先の裏には夥しいエボ焼けがある。ということはMontblancの黒インクを使っていた可能性が高い。

 このインクとエボナイト製ペン芯を合わせるとすぐにエボ焼けが出来るという噂があったので、せっせと使った記憶がある。

 しかし意図してエボ焼けさせようとすると、なかなか出来ないもの。その時も途中で断念した。気長に時間をかけて待つ・・・という事が出来ない性格なので、プラモデルの車などまともに走った事がない。

 車軸にタイヤを固定したセメダインが乾くまで待てない・・・小学生の時ですら1時間も待てなかった。死期が近づいている今では一分と待てないかも知れない。

2008-10-04 07 こちらが調整後のペン先。綺麗に金磨き布で清掃した後で、スリットを開いた。Dumasの時と違い、エィっと0.5秒で作業を終わらせることは出来ない。

 調整戻りを考慮しながら左右を下げたり上げたりする微調整が続く・・・スリットを開くと言うことは、力を加えない限りは、ペン先を反らす事になる。とすれば、ペン芯とペン先との間の隙間はさらに拡がってしまうので、先ほど述べたペン芯調整をすることになる。

2008-10-04 082008-10-04 09 これがペン芯調整が終わったペン先。二段式ペン芯の上段と下段の間に隙間が見えよう。これは上の段だけ反らせた事によって発生した隙間

 もともとそういう作りになっている。そのむかしモンブランがペン芯だけを販売していたことがある。取り寄せてみると、上段と下段の間がハの字に開いていた。理由を聞くと、開いた状態でペン先を乗せて首軸に突っ込む。そうするとペ先は反ってスリットは開いた状態になる。

 その状態で首軸から先を熱湯につけるとエボナイトが柔らかくなり、ペン先を反らせていた力が弱まりペン先のスリットが元に戻る。その動きが止まったところで冷水につけ、エボナイトの変形を止めると、ペン先とペン芯がピッタリと密着するというわけじゃ。

 あまりに良くできた設計思想!おかげで二段式ペン芯を持つモデルは調整も非常にうまくいく。そうでない場合は、ペン先をお辞儀させてペン芯に合わせる必要があり、硬い感触になってしまう・・・

2008-10-04 10  こちらが完成した状態。まさに息を飲むほど美しい!インクを入れなくてもすばらしい字が書けそうな気がしてくる。こういう写真をコマーシャルに使えば、萬年筆はもっと売れるのに、強調しているのはボディラインとくさい台詞・・・

 萬年筆は説得商品ではない。言葉で必要性を説く必要はないし、効果もない。視覚に訴えかけ、錯覚を起こさせるのが最も効果的な商品ではないか?

 拙者も森山スペシャルの写真を見て、惚れて、入手した。理由は画像があまりに美しかったから。

 もし太字の萬年筆を販売するなら、上のような画像が効果があるのではないかな?


【 今回執筆時間:4.5時間 】 画像準備1.5h 修理調整2h 記事執筆1
h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間

     
   

【これまでの調整記事】

2008-10-01 1950年代 Montblanc No.146G 14C-M ペン先干渉    
2008-09-29 Montblanc Dumas 18K-M 新品      

2008-09-27 1950年代 Montblanc No.146G 14C-BB 柔らかく・・・     
2008-09-24 1950年代 Montblanc No.146G 14C-B クレーター       
2008-09-22 Pelikan 500NN 黒縞軸? 14C-EF 超段差!      
2008-09-20 Montblanc No.149 18C-F ペン先曲がり復活!       
2008-09-17 1950年代 Montblanc No.144 14C-KM 封印の呪い        
2008-09-15 WARL 金張り Pencil Set 14C-M ペン芯が緩い・・・            
2008-09-13 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB → KB 却下!
2008-09-10 1950年代 Montblanc No.144 14C-KEF クーゲルらしく 
2008-09-08 梅田阪急限定ブライヤー 21K-M・・・シャリシャリ感撲滅
2008-09-06 Montblanc No.242G 14C-KF クーゲルの書き味ではない 
2008-09-03 Sheaffer PFM- 幻の18K-B ニブ・・・インク吸入せず
2008-09-01 Montblanc No.134 14C-OB ペン先波打ち修整
2008-08-30 柘製作所 マイカルタ 21K-B ペン先段差   
2008-08-27 1950年代 Montblanc No.144 14C-OBB 生贄 
2008-08-25 1960年代 Montblanc No.72 ペン先曲がり、そして・・・
2008-08-20 Montblanc No.146 14K-F 首軸よりインク漏れ 
2008-08-18 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 
2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・
2008-07-30 Pelikan M700 雑巾トレド 18C-M 書き味微調整 
2008-07-28 Montblanc No.144G 14C-OB→B 研ぎ出し    
2008-07-26 Parker Duofold International 18C-XXB 生贄
2008-07-23 1950年代 Montblanc No.142 14C-M 書き味向上
2008-07-21 Parker Duofold センテニアル 18C-XXB 生贄
2008-07-19 1950年代 Montblanc No.146 14C-BB 生贄
2008-07-17 Pelikan 500N 茶縞 14C-M インクフロー改善
2008-07-15 Montblanc No.149 14C-M 書き味向上
2008-07-07 Delta ドルチェビータ オーバーサイズ 呼吸困難  
2008-07-05   Sheaffer インペリアル 純銀 首軸ユニット交換   
2008-07-02   Montblanc No.149 胴軸交換   

2008-06-30 Pilot 旧エラボー 14K SB ペン芯乖離
2008-06-28 Warl Eversharp Red Ripple 14K-Flexible
2008-06-25 Pelikan M800 18C-M 現行品最高の書き味に!
2008-06-23 Marlen スケルトン 18K-M 掠れと出過ぎ 
2008-06-21 Montblanc No.342 14C-EF ひっかかり 
2008-06-18 Sheaffer Tuckaway 14K-XF ペン先曲がり 
2008-06-16 AURORA 88 14K-B 書き出し掠れ解消

2008-06-14 Montblanc No.234 1/2G 14C-OB 斜面調整 
2008-06-11 Montegrappa 八角軸 バーメイル 18K-B 背開き

2008-06-09 Sailor キングプロフィット 21K-M ほんの少し・・・

2008-06-07 Montblanc 50年代No.146 14C-OB 斜面調整 
2008-06-04 Sheaffer PFM ?&? 部品そろえ!    
2008-06-02 性懲りもなく、ドボドボイジャー排斥への挑戦 
2008-05-31 Parker 75 赤ラッカー 18K-B 西の・・・・
2008-05-28 Pelikan 旧M800 18C-F EN+刻印  
2008-05-26 Platinum 純銀軸 18C・WG-Music 段差修正
2008-05-24 Pelikan M250 緑マーブル 14C-M カビと段差     
2008-05-21 Waterman セレニテ・ドラゴン 18C-M インク漏れ 
2008-05-19 Sheaffer Snorkel 14C-XF 内臓はボロボロ? 
2008-05-17 Montblanc No.149 14C-B 上品な書き味へ・・・ 

2008-05-14 Pelikan M400 茶縞 生贄:やりたい放題  
2008-05-12 セーラー・プロフィット・・・女王からの宿題 その2 
2008-05-10 Montblanc No.252 14C-F インクフロー改善
2008-05-07 Pelikan 400NN 14C-F 超硬いピストン
2008-05-05 masahiro エボナイト軸 ペン先交換 
2008-05-03 女王陛下のプラチナ・ミュージック 
Posted by pelikan_1931 at 06:00│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整