2008年11月08日

土曜日の調整報告 【 HAKASE Jade Green 14K-F インクフロー絞り 】

2008-11-08 01 本日の依頼品は、鳥取万年筆博士のジェード・グリーン軸。これはかなりかわいそうな過去を持つ萬年筆らしい。

 数ヶ月前、ある人が試し書きしたところ、ペキンとペンポイントの右上半分が飛んでしまった・・・・。非常に気に入っていたので大ショック!元々はMFのペン先がついていたらしいが、古いタイプのペン先だったため、Fしか残っていなかったとか・・・

 そこでFを装着してもらったのだが、書き味がザラっとして、しっとり感がなくなってしまった。またインクの流れが良すぎて困っているので、細字でも良い書き味にして欲しい!なをかつインクフローは多すぎず・・・

 はっきり言って無理難題!細字での書き味はインクフローで決まる。それを絞った上でしっとり書きたいというのはあり得ない要望。

 ただし、依頼者はかなり筆圧が低い。また往年のように手首を返しながら書くことは矯正されたらしく、書き味に関しては【気むずかしいおじさん】から脱却した。それならばやりようはある!

2008-11-08 022008-11-08 03 左側の画像をよく見ると、スリットが開き、その両側に盛り上がっているところがある。これは過去にスリットを拡げようとした事を意味している。また表面に細かい擦り傷がある。おそらくは、製造中止となって新規在庫が無かったため、古いペン先を手を尽くして捜して装着してくれたのであろう。

 ペンポイントは多少エッジが立っているが問題はない。依頼者の筆記角度と合わないだけ。ただ、スリットはかなり開いている。これは多少狭めた方が良かろう・・・これがあとで大変なことになる。

2008-11-08 042008-11-08 05 左が調整前、右が調整後のペン先。まずは表面のなめらかさと、スリット両側の仕上げの変わり具合を見て欲しい。これが素人調整の妙味。隅々まで美しくするだけの十分な時間を費やせるのが生産性を考えなくても良い素人の強み。

 特に依頼者はDetailに非常にこだわる人(拙者と同年齢)なので、ルーペで眺めたときの小さな破綻にも心を痛めてしまうのじゃ・・・ここまえ綺麗なら問題あるまい!

2008-11-08 06 これがペンポイントの拡大図。パイロットが製造して万年筆博士向けに出荷しているペン先。恐ろしいほど美しい!

 インクフローを絞るため、かなり強くスリットを寄せている。細字でインクフローが悪い調整など、ほとんどやらないので加減がわからない・・・細字調整が得意なshokubutsuen99しゃんにお願いすれば良かったかなぁ・・

 実はここから8時間悪戦苦闘。首軸から外したペン先はスリットが詰まっているが、ペン芯に乗せるとスリットが開いてしまう・・・

 ペン芯のカーブよりもお辞儀の具合が大きいので、ペン芯のどこかがペン先を押すような形になっていたのじゃ。

 エボナイト製ペン芯なら曲げたり削ったりが簡単に出来るのだが、プラスティック製ペン芯は熱で変形させても戻ってしまうことが多いので曲げても意味はないし、削るなんて事は出来ないほどの精密設計!

 といってペン先を変形させようとしても、14金ペン先は曲げても曲げても戻る!特に万年筆博士のペン先は戻りが大きい。寄せては戻り、寄せては戻りを8時間やった・・・疲れ果ててしまった・・・

2008-11-08 072008-11-08 08 やっとペン芯の上に乗せてもスリットが開かなくなった時は、朝だった。さすがに鶏は鳴かないが新聞はとっくに届いていた。

 日本人のノーベル賞受賞者(科学者)に肥満体は少ないが、研究に没頭して寝食を忘れるからかも知れない。拙者もこういう調整が何本もあれば、多少はダイエットになるかもしれない・・・お腹がすいたので、【どん兵衛特盛(当社比)かき揚げうどん】を食べるとするか。

2008-11-08 09 ああ、おいしかった!昔の会社に【山ちゃん】と呼ばれる巨漢がいて、社員食堂のランチの量が少ないと【まずい】、量が多いと【うまい】と表現していたが、拙者もやっと同じ境地になれたかも?

 ちなみに1年ほど前に【山ちゃん】に会ったら、拙者の方がはるかに巨体になっていた・・・

 8時間もいじくり回してもペンポイントが無くならないのは経験の賜物。やっと望み通りの書き味が実現できた!さてそれではお休みなさい!


【 今回執筆時間:10時間 】 画像準備1h 修理調整8h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間


【これまでの調整記事】

2008-11-05 1950年代 Montblanc No.142 14C-B ?     
2008-11-01 Pelikan M800 18C-M → 18C-B(PF) 交換しての仮説   
2008-10-29 Sheaffer Snorkel 14C-F サック硬化、そしてポロリ・・・
     
2008-10-13 Pelikan M805 18C-F 上品な書き味に      
2008-10-08 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB 何か変?     
2008-10-06 1990年代 Montblanc No.146 14K-BB 激変      
2008-10-04 1980年代 Montblanc No.149 14C-BB   
2008-10-01 1950年代 Montblanc No.146G 14C-M ペン先干渉    
2008-09-29 Montblanc Dumas 18K-M 新品      
2008-09-27 1950年代 Montblanc No.146G 14C-BB 柔らかく・・・      

2008-09-24 1950年代 Montblanc No.146G 14C-B クレーター       
2008-09-22 Pelikan 500NN 黒縞軸? 14C-EF 超段差!      
2008-09-20 Montblanc No.149 18C-F ペン先曲がり復活!       
2008-09-17 1950年代 Montblanc No.144 14C-KM 封印の呪い        
2008-09-15 WARL 金張り Pencil Set 14C-M ペン芯が緩い・・・            
2008-09-13 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB → KB 却下!
2008-09-10 1950年代 Montblanc No.144 14C-KEF クーゲルらしく 
2008-09-08 梅田阪急限定ブライヤー 21K-M・・・シャリシャリ感撲滅
2008-09-06 Montblanc No.242G 14C-KF クーゲルの書き味ではない 
2008-09-03 Sheaffer PFM- 幻の18K-B ニブ・・・インク吸入せず
2008-09-01 Montblanc No.134 14C-OB ペン先波打ち修整
2008-08-30 柘製作所 マイカルタ 21K-B ペン先段差   
2008-08-27 1950年代 Montblanc No.144 14C-OBB 生贄 
2008-08-25 1960年代 Montblanc No.72 ペン先曲がり、そして・・・
2008-08-20 Montblanc No.146 14K-F 首軸よりインク漏れ 
2008-08-18 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 
2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・
2008-07-30 Pelikan M700 雑巾トレド 18C-M 書き味微調整 
2008-07-28 Montblanc No.144G 14C-OB→B 研ぎ出し    
2008-07-26 Parker Duofold International 18C-XXB 生贄
2008-07-23 1950年代 Montblanc No.142 14C-M 書き味向上
2008-07-21 Parker Duofold センテニアル 18C-XXB 生贄
2008-07-19 1950年代 Montblanc No.146 14C-BB 生贄
2008-07-17 Pelikan 500N 茶縞 14C-M インクフロー改善
2008-07-15 Montblanc No.149 14C-M 書き味向上
2008-07-07 Delta ドルチェビータ オーバーサイズ 呼吸困難  
2008-07-05   Sheaffer インペリアル 純銀 首軸ユニット交換   
2008-07-02   Montblanc No.149 胴軸交換   


Posted by pelikan_1931 at 10:00│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
mochiduki しゃん

特盛かき揚げうどんは2008年10月にリニューアルしたばかりなんですな・・・知らなかった。

かき揚げがきつねなら言う事ないんですが・・・
Posted by pelikan_1931 at 2008年11月09日 09:25
特盛かき揚げうどんは最高です。
つゆもしょっぱくないし、かき揚げは謎の食感だし。
http://sv2.nissinfoods.co.jp/product/p_1914.html?ref_page=srch&br%5B%5D=3

日清のどん兵衛シリーズではほかに「ノンフライ 京風うどん」と「きつねそば」が好きです。
Posted by mochiduki at 2008年11月09日 00:45