2008年12月06日

土曜日の調整報告 【 Pelikan M205 Demonstrator ペン先交換 → 14C-EF 】

2008-12-06 01 今回は拙者の持ち物が対象。左画像の下、Pelikan M205 Demonstratorで、先日の萬年筆研究会【WAGNER】関西地区大会で入手した。

 その時は通常のM200 ペリスケ(上画像)と思ってよく見ないで速攻で購入したのだが、家に帰って比べてみるとシルバートリムだった。う〜む、まずいかも・・・

2008-12-06 02 M200 Demonstratorのころの金鍍金ペン先は非常に柔らかくて、むしろM250用の金ペンよりも書き味が良かった。ただ金鍍金が弱くてペン先が斑模様になって小汚くなるのが唯一の欠点だったはず・・・

 鍍金のないスチールペン先になってから、書き味が激変したように記憶していたので・・・まずいかも・・・という表現をした。

2008-12-06 032008-12-06 042008-12-06 05 金鍍金ニブのころの、どことなくぎこちないペンポイントの取付具合に対して、鍍金無しのほうは、スマートだが、横顔を含めて愛想がない。

 書き比べてみても・・・ペリスケ伝説を崩すような乾いた感触。時計の部品にたとえれば歯車のような感触。出来ればひげぜんまいのような感触が望ましい。

2008-12-06 062008-12-06 07 そこで、M600についていたと思われる14金バイカラーのニブを移植することにした。これはEFニブということもあり、ペンポイントから2个らいの部分がペコペコと反応し、なかなか良い感触なのじゃ。

 ただバイカラーのままではボディとの見映えが悪いので、鍍金を施すことにした。まずは金磨き布でゴシゴシこすって銀色の部分を剥がし、表面をピカピカに磨き上げる。鍍金は表面は滑らかなほど綺麗にかかるからな

 しかるのち、ベースにニッケルを鍍金したのち、ロジウムを鍍金した。金へのロジウム鍍金はニッケルがなくても出来るのだが、ベースにニッケルを鍍金した方が耐久性が増すらしい。

 ロジウム鍍金はすばらしい輝き・・・・ではない。プラチナは綺麗に輝くが、鍍金セット用のロジウムではかなり暗い色になってしまう。

2008-12-06 08 そこで仕上げにを鍍金した。銀鍍金は剥がれやすいし、インクで汚れやすいのだが、書き味を変える効果がある。なんとなくねっとりとした書き味になるようにいつも感じる。

 拙者はこのねとねと感が大好きなので、自分で使う萬年筆には頻繁に銀鍍金を施す。

2008-12-06 092008-12-06 10 仕上がり状態は左画像のとおりじゃ。EFではあるがスリットはしっかりとひらいており、ペンポイントの丸めも完璧。

 で、書き味は? わからん! 拙者はデモンストレータにインクを入れない主義。その脱皮をM800デモとこのM205デモで試みたかったのだが、やはり出来なかった。汚れが透けて見える状態はどうしても我慢できない。

 そこで別の使命を与えた。2本のDemonstratorには【インク誘導液】を注入した。これをペンケースに入れて持ち歩くことにより、インクフローが悪い萬年筆に出逢ったら応急措置が出来る。

 M800デモの方はBBのペンポイント、M205デモはEFのペンポイントということで、インク誘導液を目的別に使い分けることも出来る。萬年筆をインク誘導液タンクとして使うという邪道だが、おかげでどの萬年筆もいつもいい状態で使うことが出来るようになった!パチパチ!


【 今回執筆時間:6時間 】 画像準備2h 修理調整2.5h 記事執筆1
h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
  
    


【これまでの調整記事】

2008-12-03 1950年代 Montblanc No.144 14C-KF 多少ひっかかる?    
2008-12-01 2008年10月29日のSheaffer Snorkel 14C-F 復活!      
2008-11-29 Montblanc No.242G 14C-F グレー縞 ガチガチ!       
2008-11-26 Pilot Elite 銀格子 18K-F 細くてカリカリ!     
2008-11-24 1950年代 Montblanc No.146 白ペン-KM 珍品!      
2008-11-22 HAKASE Lapis Blue 14K-M 隙間でインク切れ    
2008-11-19 Pelikan M1000 18C-3B → 2.2B その2     
2008-11-17 Pelikan 120 : 伝説の萬年筆 復活!     
2008-11-15 1970年代 Montblanc No.149 14C-B キュッキュッ!      
2008-11-12 Sailor Long Size モザイク 21K-M 長刀 ひっかかる・・・     
2008-11-10 Montblanc No.149 14C-EF ペン先交換     
2008-11-08 HAKASE Jade Green 14K-F  インクフロー絞り     
2008-11-05 1950年代 Montblanc No.142 14C-B ?     
2008-11-01 Pelikan M800 18C-M → 18C-B(PF) 交換しての仮説   
2008-10-29 Sheaffer Snorkel 14C-F サック硬化、そしてポロリ・・・
     
2008-10-13 Pelikan M805 18C-F 上品な書き味に      
2008-10-08 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB 何か変?     
2008-10-06 1990年代 Montblanc No.146 14K-BB 激変      
2008-10-04 1980年代 Montblanc No.149 14C-BB   
2008-10-01 1950年代 Montblanc No.146G 14C-M ペン先干渉    
2008-09-29 Montblanc Dumas 18K-M 新品      
2008-09-27 1950年代 Montblanc No.146G 14C-BB 柔らかく・・・      

2008-09-24 1950年代 Montblanc No.146G 14C-B クレーター       
2008-09-22 Pelikan 500NN 黒縞軸? 14C-EF 超段差!      
2008-09-20 Montblanc No.149 18C-F ペン先曲がり復活!       
2008-09-17 1950年代 Montblanc No.144 14C-KM 封印の呪い        
2008-09-15 WARL 金張り Pencil Set 14C-M ペン芯が緩い・・・            
2008-09-13 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB → KB 却下!
2008-09-10 1950年代 Montblanc No.144 14C-KEF クーゲルらしく 
2008-09-08 梅田阪急限定ブライヤー 21K-M・・・シャリシャリ感撲滅
2008-09-06 Montblanc No.242G 14C-KF クーゲルの書き味ではない 
2008-09-03 Sheaffer PFM- 幻の18K-B ニブ・・・インク吸入せず
2008-09-01 Montblanc No.134 14C-OB ペン先波打ち修整
2008-08-30 柘製作所 マイカルタ 21K-B ペン先段差   
2008-08-27 1950年代 Montblanc No.144 14C-OBB 生贄 
2008-08-25 1960年代 Montblanc No.72 ペン先曲がり、そして・・・
2008-08-20 Montblanc No.146 14K-F 首軸よりインク漏れ 
2008-08-18 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 
2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・
 

Posted by pelikan_1931 at 08:30│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
確かスケルトンにはインクを入れないと伺っており、その割にペン先にずいぶんとこだわって銀メッキまでされ、さてさて、どんな色を入れられるのかと、興味津々でしたが、、、、

最後に思わずズッコケました。

でも、アマチュアの王道を行かれている気もします。
Posted by きくぞう at 2008年12月06日 17:12
おー!

素晴らしいです^^
σ(^^)もM205を持っているのですが、やはりインクは入れられず・・・
観賞用になっています。

ペン先も同じくEFなので、旧M400タイプの極太を入手して、鍍金を・・・
なんて事を考えておりました。

銀の鍍金・・・非常に参考になりました。
このブログは・・・まさに、情報の宝庫です!!
Posted by しんのじ at 2008年12月06日 09:35