2008年12月17日

水曜日の調整報告 【 Pelikan M800 18C-M 妖しく鍍金 】

2008-12-17 01 今回の依頼品はPelikan M800。ペン先は現行のMニブが付いている。拙者は現行のMとBだけはPF付きのニブよりも出来が良いのではないかと考えている。

 つい先日までは、BはPF付きが書き味が上と考えていたのだが、現行Bニブを使ってみて考えが変わってきた。少しずつは進歩しているのか、ロットのバラツキかはわからない。まあ、あまり筆記しな拙者の筆記感評価なのでアテにはならんが。

 依頼は、これを20金鍍金してほしいとのこと。バイカラーからシングルカラーへの変更と言うことになる。実は拙者も一本20金鍍金したものがある。それを見て心が動いたのであろう。

2008-12-17 022008-12-17 03 まずはペン先のチェックだが、スリットは開いているし、ペン芯とペン先の関係も、ペン先と首軸との関係もパーフェクト。

 現行ニブらしいカチっとした書き味を提供してくれる。形状にも破綻はない。ただスリットの両側に、スリットを拡げる際に出来た金の盛り上がりがある

 隙間ゲージで拡げるとそうなるのだが、これは通常の短時間ペンクリでは直しているヒマは無い。今回はタップリ時間があるので、金磨き布の上に擦りつけてめだたなくしておこう。そもそも表面が滑らかでないと安い鍍金セットでは鍍金がかからないのでな・・・

2008-12-17 04 横顔は美しい。スイートスポットも埋め込まれているし、背中で書いても良い書き味。M800のニブでありがちな、寝かせて書いた場合の腹の引っ掛かりもないし、書き出しスキップもほとんど感じられない。

 特にペン先とペン芯の密着度合いは絶妙で、これなら良いインクフローで書き続けることが出来るであろう。この状態で販売されていれば・・・M800は今ほど数が出てないかも知れない。一本で十分となったかも?

 もっとも依頼人が持っている萬年筆の数から考えれば、数本の書き味の良い萬年筆が【欲しい欲しい病】を癒してくれるとも思えない。

 【金と萬年筆はたくさんあっても困ることはない】とは名言であるが、【エネルギー保存則】から派生した【金+萬年筆保存】によれば、萬年筆が増えれば金が減る・・・ことになる。【欲しい欲しい病】にかかるとこの理論を忘れてしまうらしい。

2008-12-17 052008-12-17 062008-12-17 07 こちらが鍍金のプロセス。左端がソケットから外した状態。真ん中が表面を金磨き布で徹底的に磨いて表面を滑らかにした状態。プラチナ鍍金は所々に残っているだけ。右端はそれに20金鍍金をしたもの。

 金に金を鍍金する場合は、下地にニッケルを鍍金する必要はない。脱脂したあと、直接20金を鍍金するのじゃ。準備も含めて約10分もあれば終了。そのほとんどは鍍金装置の準備と清掃であり、脱脂と鍍金の時間は各20秒ほど。まさにアッという間!

2008-12-17 082008-12-17 09 それをソケットにセットして首軸にねじ込んだ状態が左。

 けっこう地味なM800が多少華やかになったのがわかるかな?

 バイカラー嫌いの拙者ではあるがM800のバイカラーはまったく気にならない。ただし、同じ太さのペン先を調整を変えて同時に使う場合は一瞥でペン先を見分けたい。そういう思いがあって一本だけは鍍金している。さて依頼者の意図は何であったのかな?


【 今回執筆時間:2.5時間 】 画像準備1h 修理調整0.5h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
      
   


【これまでの調整記事】

2008-12-15 Pelikan 500 14C-BB 生贄 ツユダク・・・     
2008-12-13 Montblanc No.256 14C-KM まるで新品!       
2008-12-10 1960年代 Montblanc No.149 18C-F 超合金-Z ?
2008-12-08 1950年代 Montblanc No.146 14C-F 自力スケルトン!
2008-12-06 Pelikan M205 Demonstrator ペン先交換 → 14C-EF 
2008-12-03 1950年代 Montblanc No.144 14C-KF 多少ひっかかる? 
2008-12-01 2008年10月29日のSheaffer Snorkel 14C-F 復活!      
2008-11-29 Montblanc No.242G 14C-F グレー縞 ガチガチ!       
2008-11-26 Pilot Elite 銀格子 18K-F 細くてカリカリ!     
2008-11-24 1950年代 Montblanc No.146 白ペン-KM 珍品!      
2008-11-22 HAKASE Lapis Blue 14K-M 隙間でインク切れ    
2008-11-19 Pelikan M1000 18C-3B → 2.2B その2     
2008-11-17 Pelikan 120 : 伝説の萬年筆 復活!     
2008-11-15 1970年代 Montblanc No.149 14C-B キュッキュッ!      
2008-11-12 Sailor Long Size モザイク 21K-M 長刀 ひっかかる・・・     
2008-11-10 Montblanc No.149 14C-EF ペン先交換     
2008-11-08 HAKASE Jade Green 14K-F  インクフロー絞り     
2008-11-05 1950年代 Montblanc No.142 14C-B ?     
2008-11-01 Pelikan M800 18C-M → 18C-B(PF) 交換しての仮説   
2008-10-29 Sheaffer Snorkel 14C-F サック硬化、そしてポロリ・・・
     
2008-10-13 Pelikan M805 18C-F 上品な書き味に      
2008-10-08 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB 何か変?     
2008-10-06 1990年代 Montblanc No.146 14K-BB 激変      
2008-10-04 1980年代 Montblanc No.149 14C-BB   
2008-10-01 1950年代 Montblanc No.146G 14C-M ペン先干渉    
2008-09-29 Montblanc Dumas 18K-M 新品      
2008-09-27 1950年代 Montblanc No.146G 14C-BB 柔らかく・・・      

2008-09-24 1950年代 Montblanc No.146G 14C-B クレーター       
2008-09-22 Pelikan 500NN 黒縞軸? 14C-EF 超段差!      
2008-09-20 Montblanc No.149 18C-F ペン先曲がり復活!       
2008-09-17 1950年代 Montblanc No.144 14C-KM 封印の呪い        
2008-09-15 WARL 金張り Pencil Set 14C-M ペン芯が緩い・・・            
2008-09-13 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB → KB 却下!
2008-09-10 1950年代 Montblanc No.144 14C-KEF クーゲルらしく 
2008-09-08 梅田阪急限定ブライヤー 21K-M・・・シャリシャリ感撲滅
2008-09-06 Montblanc No.242G 14C-KF クーゲルの書き味ではない 
2008-09-03 Sheaffer PFM- 幻の18K-B ニブ・・・インク吸入せず
2008-09-01 Montblanc No.134 14C-OB ペン先波打ち修整
2008-08-30 柘製作所 マイカルタ 21K-B ペン先段差   
2008-08-27 1950年代 Montblanc No.144 14C-OBB 生贄 
2008-08-25 1960年代 Montblanc No.72 ペン先曲がり、そして・・・
2008-08-20 Montblanc No.146 14K-F 首軸よりインク漏れ 
2008-08-18 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 
2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・
 

Posted by pelikan_1931 at 07:40│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
会計士しゃん

鍍金セットで検索すれば出てくるでしょうな。
ちなみにロジウム鍍金液は1万円以上するので、M205につける金ペン先より高いのでは?
Posted by pelikan_1931 at 2008年12月21日 20:41
怠猫しゃん

ロジウム鍍金はインクフローを増加させ、金鍍金、銀鍍金はインクフローを減らすのじゃが・・・いいのかなぁ・・・
Posted by pelikan_1931 at 2008年12月21日 20:40
達哉んしゃん

おお、かなり銀座方面に出没しているようですな・・・
Posted by pelikan_1931 at 2008年12月21日 20:19
鍍金の話題は度々でてますが、個人でも購入でき、扱えそうな装置なのでしょうか?差し支えなければ、お聞かせくださいませ。
デモンストレーター205のロジウム金ペン化を企んでおります。
Posted by 会計士 at 2008年12月18日 22:10
こんばんわ。
依頼“猫”でございましゅ。
>見て心が動いたのであろう。
鳴動して不眠症?!(^^;
>【欲しい欲しい病】を癒してくれるとも思えない。
ま、まぁ...そにょ通りなんでしゅが。
>意図は何であったのかな?
会長邸で祈祷師さまから教示を授けられて、
念願叶い週末ミサで...
149のバイカラーは許せるんでしゅが、ペリカンはモノゴル?
の方が...
ありがとうごじゃいましゅたm(_ _)m
Posted by 怠猫 at 2008年12月18日 21:31
このペン、ご依頼主本人に見せていただいた気がします。

みた瞬間、明らかに800、でもペン先が金…!?とビックリさせられてしまうあたり、まだまだですね…。
Posted by 達哉ん at 2008年12月17日 12:34