2008年12月29日

月曜日の調整報告 【 Pelikan #500 14C-M ・・・ ニブ交換 】

2008-12-29 01 今回はPelikan #500。軸には【W.-GERMANY】の刻印がある。この時代の黒軸はインク窓が緑なんだ・・・

 当時発売されていた#600#250もキャプリングが2本だが、#500は一本。#600には尻軸リングがあるが、#250#500にはない・・・当時、装飾的には#500は一番下位モデルに見えるとかなり不満を持っていた。

 天冠のリングに関しては#600#500があって、#250は無いのだが、そのぶん天冠が大きくて好きだった・・・。#500は非常にコストパーフォマンスの悪いモデルとの認識だったな。

 今回詳細に調べてみて、#250#500とではクリップの作りがまったく違う事がわかった。#500#600は丁寧な成型で平面を出しているが、#250ではクリップの天冠で挟まれる部分の仕上げが簡単になっている。おそらくは下請け先を変えていたのだろう。

2008-12-29 022008-12-29 03 このペン先は拙者が一度簡単に調整しているはず。従ってインクフローも良いのだが、いかんせん字巾が細い。

 Montblanc No.149の【BBBを愛用する会員ゆえ、【M】程度では我慢できないのであろう。それではということで、拙者が持っている現行M250用の14金一色ニブを装填してみることにした。

2008-12-29 042008-12-29 05 【BB】ニブは見映えと太さは問題ないが、ペン先が硬すぎる。一般に先細のペン先ほど柔らかい。すなわちB→BBとなるに従って硬くなる・・・

 といって大幅な改造は出来ない。次世代に引き継ぐべき軸ゆえに、ペン先が改造されていれば将来の所有者に誤解を与えてしまう。

 ある程度の柔らかさを持ち、タッチが良く、流れるようにインクが出るには、#500のペン芯性能であれば【B】が最適ではないか?そこで手持ちの#250をチェックしてみると【B】付きがあった!

2008-12-29 06 この青キャップ&青尻軸の#250は最近の海外オークションでやたら見かける。ひょっとするとデッドストックが何箱も見つかったのかもしれない。フラッグシップモデルはどの時代でも評価は高いが、一番安価な金ペンモデルであった#250にプレミアはつかない。見つけ次第とっとと処分ということになっているのかも?。

2008-12-29 072008-12-29 08 こちらは未調整のため、スリットが強烈に詰まっている。スリットの中に、なにかゴミの様なものも・・・・

 ペンポイントの幅と軸の太さを鑑みると、#500#250のペン先は【B】で押さえておくのが妥当であろう。【BB】だとバランスが崩れてしまう。

 かなり肉厚のペンポイントなので、いかようにでも調整が出来る。マイクロ・スイートスポットを作り込めば見違えるように書き味が良くなる。

2008-12-29 092008-12-29 10 ということで、#250の青軸についていた【B】ニブを調整した後、#500に搭載した。

 まずはスリットを極限まで広げた。これである程度の字巾は稼げる。

 書き味についてはマイクロ・スイートスポットを作り込んだ。一目でそれとわかるようなスイートスポットは最近は作らない。わからない程度に微調整をする事を楽しんでいる。


【 今回執筆時間:5.5時間 】 画像準備2.5h 修理調整1.5h 記事執筆2h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整
とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間
   
        


【これまでの調整記事】

2008-12-20 Pelikan M700 トレド 18C-OBB ソケットゆるゆる・・・     
2008-12-17 Pelikan M800 18C-M 妖しく鍍金      
2008-12-15 Pelikan 500 14C-BB 生贄 ツユダク・・・       
2008-12-13 Montblanc No.256 14C-KM まるで新品!       
2008-12-10 1960年代 Montblanc No.149 18C-F 超合金-Z ?
2008-12-08 1950年代 Montblanc No.146 14C-F 自力スケルトン!
2008-12-06 Pelikan M205 Demonstrator ペン先交換 → 14C-EF 
2008-12-03 1950年代 Montblanc No.144 14C-KF 多少ひっかかる? 
2008-12-01 2008年10月29日のSheaffer Snorkel 14C-F 復活!      
2008-11-29 Montblanc No.242G 14C-F グレー縞 ガチガチ!       
2008-11-26 Pilot Elite 銀格子 18K-F 細くてカリカリ!     
2008-11-24 1950年代 Montblanc No.146 白ペン-KM 珍品!      
2008-11-22 HAKASE Lapis Blue 14K-M 隙間でインク切れ    
2008-11-19 Pelikan M1000 18C-3B → 2.2B その2     
2008-11-17 Pelikan 120 : 伝説の萬年筆 復活!     
2008-11-15 1970年代 Montblanc No.149 14C-B キュッキュッ!      
2008-11-12 Sailor Long Size モザイク 21K-M 長刀 ひっかかる・・・     
2008-11-10 Montblanc No.149 14C-EF ペン先交換     
2008-11-08 HAKASE Jade Green 14K-F  インクフロー絞り     
2008-11-05 1950年代 Montblanc No.142 14C-B ?     
2008-11-01 Pelikan M800 18C-M → 18C-B(PF) 交換しての仮説   
2008-10-29 Sheaffer Snorkel 14C-F サック硬化、そしてポロリ・・・
     
2008-10-13 Pelikan M805 18C-F 上品な書き味に      
2008-10-08 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB 何か変?     
2008-10-06 1990年代 Montblanc No.146 14K-BB 激変      
2008-10-04 1980年代 Montblanc No.149 14C-BB   
2008-10-01 1950年代 Montblanc No.146G 14C-M ペン先干渉    
2008-09-29 Montblanc Dumas 18K-M 新品      
2008-09-27 1950年代 Montblanc No.146G 14C-BB 柔らかく・・・      

2008-09-24 1950年代 Montblanc No.146G 14C-B クレーター       
2008-09-22 Pelikan 500NN 黒縞軸? 14C-EF 超段差!      
2008-09-20 Montblanc No.149 18C-F ペン先曲がり復活!       
2008-09-17 1950年代 Montblanc No.144 14C-KM 封印の呪い        
2008-09-15 WARL 金張り Pencil Set 14C-M ペン芯が緩い・・・            
2008-09-13 1950年代 Montblanc No.146 14C-KOB → KB 却下!
2008-09-10 1950年代 Montblanc No.144 14C-KEF クーゲルらしく 
2008-09-08 梅田阪急限定ブライヤー 21K-M・・・シャリシャリ感撲滅
2008-09-06 Montblanc No.242G 14C-KF クーゲルの書き味ではない 
2008-09-03 Sheaffer PFM- 幻の18K-B ニブ・・・インク吸入せず
2008-09-01 Montblanc No.134 14C-OB ペン先波打ち修整
2008-08-30 柘製作所 マイカルタ 21K-B ペン先段差   
2008-08-27 1950年代 Montblanc No.144 14C-OBB 生贄 
2008-08-25 1960年代 Montblanc No.72 ペン先曲がり、そして・・・
2008-08-20 Montblanc No.146 14K-F 首軸よりインク漏れ 
2008-08-18 Pelikan M800 現行品 18C-M 軽い引っ掛かり 
2008-08-16 1970年代 Montblanc No.149 14C-F 尻軸ユニット破損 
2008-08-14 NAMIKI Vanishing Point 14K-B インクフロー改善 
2008-08-11 1960年代 Montblanc No.149 14C-M 首軸破損 
2008-08-09 Parker Victory 酔いどれの後始末  
2008-08-06 Montblanc No.149 18C-EF ペン先曲がり   
2008-08-04 Sheaffer インペリアル 14K-F 手が伸びるペンに!
2008-08-02 Montblanc No.149 14C-F ピストン動かず・・・
 

Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 萬年筆調整 
この記事へのコメント
pelikan_1931しゃま
>20Cは14Cと
にゃるほど!
解答欄がすこぅしずれてましゅが、猫@ラテン系なので気にしましぇん♪
Posted by 怠猫 at 2008年12月29日 22:42
何のこだわりもなく、黒軸というだけでM500の3本セットを買ってしまいました。黒軸のみのモデルの多いモンブランと、カラーバリエーションのあるペリカンでは「黒」の持つ意味合いがずいぶん違う印象でした。「黒」のことばかり考えて、書き味その他のことを考えなかったので緊急入院となりました。スミマセン、感謝です。
ところであの店から御礼が届きました。ここまでよくされると、なんかあるんじゃないかとかえって不安です(笑)。そういえばカード払いだったしなぁ。香港のやばそうな店でカード使った時以来の脈の速さです。
Posted by ズミルクス at 2008年12月29日 21:51
怠猫しゃん

20Cは14Cと似た書き味じゃよ。
Posted by pelikan_1931 at 2008年12月29日 19:16
> ペンポイントの幅と軸の太さを鑑みると、#500や#250のペン先は【B】で押さえておくのが妥当であろう。【BB】だとバランスが崩れてしまう。

 M300のBBとなると…アンバランスを楽しむ感じですかね。
Posted by しまみゅーら at 2008年12月29日 13:53
500&250どちらも欲しい...
Posted by 怠猫 at 2008年12月29日 11:04