2009年05月05日

火曜日の質問コーナー その76

万年筆評価の部屋では毎週火曜日に、質問コーナーを設けているが

第76回目の今回は筆記具全般に関する質問!


今回のアンケート修理必要な萬年筆眠っていませんか


昨日は、お預かりしている萬年筆の中で、特に修理の面倒な物、構造をまったく知らない物を集中して直した。

面倒な物の修理は、どうしても時間に余裕がある時でないと無理。ゴールデンウィークは絶好のチャンス!

5本の修理にかかった時間は15時間。さすがに疲れたがこの達成感は何事にも代え難い。

そこで、今回の質問は、皆さんが持っている萬年筆で修理しなければ使えなさそうな物を教えて欲しい。

軸が折れたり、ペンポイントが飛んだり・・・というようなジャンクではなく、ちゃんと修理すれば直りそうな気がする物。



具体的にブランド、ペン先、壊れている状況などを教えて下され!


生贄候補募集の一環じゃ!



それでは
Go



Posted by pelikan_1931 at 11:11│Comments(14) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 質問・アンケート 
この記事へのコメント
検討した結果、師匠への依頼に適したものを挙げていくと・・・

1、カルティエ/パンテール・・・キャップがくるくる回ることからインナーキャップに不具合があると思われます

2、丸善120周年記念・・・付属のパイロット製コンバーターのシールが甘くなっておりインキ漏れする、ペン先からもインキ漏れ有り

3、プラチナ/プレジデント・・・ゴムサック交換、このプレジデントは現行品ではなく昭和10年代のものです

4、ウォーターマン/ル・マン200黒軸・・花月さんのル・マン100と同じ症状、交換部品がないと修理不可だと思います

5、番外/セーラーの回転吸入式と思われる古いセルロイド製万年筆。
吸入機構が全然役にたっていないが、簡単には修理できないと思う。。

あたりでしょうか?神戸に持っていきますのでよろしくお願いします。
(他インキ止め式のパッキンが効いていないものが多数あります)
Posted by 二右衛門半 at 2009年05月07日 14:20
ペリカン#500EF茶縞

※キャップと尻軸が金張りで、ニブはマークもありません。
(多分、フルハルターさんのHPに載ってる#500だと思います)

インクを3分の1しか吸いませんので、漬けペンでたまに使っています。
書き味は結構良いと思うのですが、初心者なのでわかりません。

いつか近所に巡ってくる?かもしれないペンクリに出そうか
悩んでいるところです・・・。
Posted by はっしー at 2009年05月07日 07:25
こんばんは。

Pelikan Ibis が1本
尻ノブがクルクル回って、吸入ができません。
自己調整の練習台にするか、どなたかに献体するか
思案中です。指に吸いつく感じは好きです。
Posted by カッコー at 2009年05月06日 22:47
遅ればせながら・・・

1:パイロットの60年代ゴムサック固定吸入式。ゴムサックが硬化して割れています・・・
2本あります。

2:パーカー75。フランス製ラッカー・バーガンディ。お約束の首軸痩せでキャップも胴軸も固定されません。首軸先端のリングも紛失。ニブはFです。

3:モンブラン#220前期。ピストン吸入式。ペン芯後部のインクタンクに突き刺さる部分が折れてます。よってインクが出ません。吸入はできますが・・・

といったところでしょうか。
ジャンクのパーカー61(ペンポイント欠け)もありますが。
Posted by mercuryo at 2009年05月06日 22:28
こんばんわ。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
私の場合、問題のある万年筆は三本です。
。暁ほど前に新品で購入したパイロットのエラボー。インクのボタ落ちがおさまりません。某メーカーのペンクリでペン芯の状態を見ていただきましたが、欠けなどはないそうです。不思議です。
▲廛薀船覆痢△そらくは1970年代のものと思われるエボナイトペン芯のついたギャザード及び蘭の蒔絵が施された万年筆。この二本はインクの出が非常に悪いため、何回も水洗いしましたが、改善しません。カートリッヂを差し込んでも、水のように薄い色でしか筆記できず、やがて全く書けなくなります。インクの色粒子が詰まるのでしょうか。とても難しい万年筆です。
追伸:土日はなかなか時間が無いのですが、いつかワグナーの会員になりたいと思います。そして皆様方から万年筆を愛するいろいろな気持、調整技術など勉強したいと思います。
Posted by sem at 2009年05月06日 22:18
こんばんわ♪
「怠け」が「眠り」になりつつある猫でございましゅ。(^^;
下賜された銀無垢パーカー。
ペン先をひっこ抜こうとしたら・・・猫@号泣
どうやら首軸交換だけでいけそうでしゅが・・・
夏までに直らんとドエライことになりそうでしゅ・・・
当時の定価を知って、猫目@トリプルアクセル♪
今なら、成層圏まで30秒で飛び上がらんばかりに喜ぶんでしゅが・・・
当時は知る由もなし・・・

Posted by 怠猫 at 2009年05月06日 18:29
…以前、水に漬けてやわやわになってしまった軸がありまして、
(カゼインの存在を知りませんでした。)
やや、形が歪んで乾いた、レバーフィラー式の万年筆があります。
軸の形状が激変した、あまりのショックに、
洗浄途中で放置したため、
中のチューブが劣化したのと、
軸の歪みの為、レバーが上手く働きません。
今日、ちょっとチャレンジして、歪みを治そうかと思いますが…。
成功しましたら、中身のゴムの交換をお願いしても、よろしいでしょうか?
…それとも、最初からお願いした方がよろしいでしょうか?

Posted by あおい at 2009年05月06日 13:55
師匠、会友のみなさま、こんにちは。久しぶりの書き込みになります。
修理必要な万年筆、先日立て続けに壊してしまった2本です。

.襯泪鵤隠娃
ペン先を引き抜こうとして首軸先端の金属部分とペン先が一緒に取れてしまいました。内部のプラスチックが劣化していて破断したようです。
▲皀鵐屮薀146
ペン先ユニットを外そうとして工具差し込み穴からソケットを破壊(同時に自作工具も破壊)。我ながら怪力に驚きます。

両方とも部品があれば修理できそうですが、その部品がなかなか見つかりません。九州大会で診断していただけたらと思います。
Posted by 花月 at 2009年05月06日 09:43
がらくた件数が多すぎて判別不可能です。
Posted by 二右衛門半 at 2009年05月06日 07:12
5
師匠 皆さん こんにちは。
情報提供等 何でもかまいませんので、お力添え宜しくお願い致します。

クランケ1:Montblanc3-42茶縞軸 
症状:軸内径がコーラの瓶のように湾曲して居るため、コルクではカバー仕切れずインク漏れ発生
樹脂シールに交換したいが首軸が外れず、シール部品入手の目処も立たず。

クランケ2:Centoroprn(多分)銀軸 一見ピストンフィラー風
症状:nib無し。
何方かnibをお持ちでしたら、お譲りいただけませんか?
今は4番前後の代用nibを付けてしのいでいます。

クランケ3:ERO 銀縞
症状:ピストンのコルク腐食。ピストンはお尻からばらすのでokでしょうか?

クランケ4:Pelikan 60 pencil(万年筆じゃなくて済みません)
症状:クリップ根元の樹脂部クラック
溶剤で補修したいのですが、樹脂の材質や溶剤をご存じの方居られませんか?
ABSならメチル・エチル・ケトン、セルロイドなら酢酸アニルだとは思うのですが・・・
Posted by stylustip@136 at 2009年05月06日 00:02
会長、こんにちは!マジェスティです。私の修理必要のペンは、ロットリング・マルチペン・エグゼグティブ4in1とアルトス3in1です。


このタイプのロットリングはノックを押してリフィルを出し、クリップを持ち上げリフィルを引っ込める、通常の他社の製品と変わりませんが、
このクリップのバネが恐らく家出してしまい、本体にバネで押されて切り欠で嵌まっている物が、どちらもクリップが取れてしまっております(T_T)

この様な『ゲテモノ』を生贄に捧げて、会の発展に寄与したいと考えているのですが、果たして萬年筆以外でも宜しいのでしょうか?


Posted by マジェスティ at 2009年05月05日 17:34
国産 コメット金ペン 1950年代?

以前、WAGNER定例会勉強会講師、Nさんに診ていただいたもの。師匠のお好きではないインキ止め式の安価なものです。コルク等の部品の交換、修理には、ペンの価値以上の価格がかかるものであるそうで、私としては、特に修復して使う理由がなければ、現状で保管しようと思っているものです。

ただ、外見の問題として、所謂どぶ漬けの漆が塗られていたものの、一部分はげております。その修繕方法はお伺いいたしましたが、忙しくて全く手を入れていない状態です。

生贄候補にはならないものでしょうが、これが現在手もとにある、唯一修理が必要な万年筆です。
Posted by Bromfield at 2009年05月05日 13:33
こんちわ。部屋を掃除してましたらば、上京したての頃に買った旧プロフィット21が出てきました。
これ、萬年筆くらぶにすら入る前、研ぎすぎて駄目にしたものです。
ズームなんですが、それとしてはもう使い物になりませんな。ただ細字分くらいのポイントはありそうです。
キャップは行方不明。小田原の予定は合いませんので近日、他の機会に。
Posted by 『蓮覇』 at 2009年05月05日 12:33
M500の茶縞が 一本。

キャップを尻軸にさしても、固定することができません。乗っているだけの状態です。ついでに、ペン先が芯から浮いており、直そうと思ったら、ソケットがスカスカで、すっぽ抜けてきました。

名古屋でお会いできることを今から楽しみにしております。
Posted by きくぞう at 2009年05月05日 12:27