2009年05月14日

90日間の旅

 独逸のeBayで落札したのが2月のはじめごろ。当初は第九回ペントレでお披露目するはずだった。

 いやな予感はしていた。PayPalでの支払いが出来ない。多額の手数料がかかる銀行決済を回避してPostal Money Orderにしたので、かなりの情報量を先方とやりとりする必要があった。

 しかも英語が極端に下手。拙者ではなく先方が!”This are one pens." というレベルの英語。長い間eBayで先方と取引していて、拙者より英語が下手な相手に遭遇したのは初めてじゃ。

 独逸語で書かれた内容を類推しただけで飛びついたので、商品が壊れているかも知れないというリスクもあった。

 過去にこういう場合は何かが起こった。悪い予感があたって、商品が届いたのは昨日。実に3ヶ月かかって到着したことになる。

 その間、英語で督促すること20回。【何時送った?】【まだ来ないぞ!調べろ】【どうなっている?返事位せよ!】・・・・

 返事があったのは、【24時間以内に返答がなかった場合はマイナス評価をつける!】とメールした時のみ。それも何を言い訳しているのかすら意味不明だった。それが20日前。

 いくらなんでも酷いので、eBayを始めて依頼初のマイナス評価をしようと決心した日にブツは届いた。それは、こちら・・・・・


2009-05-13 01 Pelikanの小さな置き時計。電池式で単三電池一本で稼動する。高さ12僉幅9僂らい。

 電池式なので中に入っている機構はメカというより、回路に近い。しかし、これを時計とは考えていない。

 拙者にとっては【ペリカン・グッズ】でしかない。それにしても精神的負担を考えれば高い買い物であった。

 電池式時計だけに時計としての精度は高い。Spring Drive式の腕時計と精度は変わらない。よく見ると【Quartz】の表示がある。これなら時計としても使えるかも・・・

 耳の感度が人一倍高い拙者には音が静かなのもよい。いずれにせよこの時計が価値があるのは、【Pelikan】のロゴと子ペリカン2匹のマークのみじゃ。そう、置き時計にPelikanのロゴが入っているのは珍しい。

2009-05-13 02  こちらは、同時に同じ出品者から購入したトラベルウォッチもどき。大きさは高さ5.5僉幅5.5僂曚鼻重さは130gほどある。ちなみに拙者の腕時計が147.7g。

 ゼンマイ式のトラベルウォッチだが精密機械の集まりという感じでもない。ゼンマイが2個有り、1個は時計の稼動用。もう1個はベルを鳴らす動力を得るためのもの。

 たしかに動力源を共有していてはベルが鳴り終わると時計も止まってしまう・・・

 こちらの精度は酷い。調整が必要と思われるが、時計自体に興味がない拙者には分解は出来ない。だれか時計調整の達人はいないもんかな会員で・・・


Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(13) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 周辺Goods 
この記事へのコメント
いや師匠、新品の現行品なんですが・・・
単にハズレを引いただけと思われます。
Posted by 二右衛門半 at 2009年05月18日 07:00
とんこつ しゃん

おお、時計の調整ですか!こんど話しを聞かせて下され!
Posted by pelikan_1931 at 2009年05月17日 18:15
どど しゃん

情報ありがとしゃん。もし関西方面の方が将来手にするような事があれば、その件、お伝えしておきます。

1.5日でゼンマイを使い切るので、ネジまくのが面倒で・・・もはや手を焼いています・・・
Posted by pelikan_1931 at 2009年05月17日 18:14
マジェスティ しゃん

一度見て貰いましょうかな。
Posted by pelikan_1931 at 2009年05月17日 18:12
Keny しゃん

独逸は欧州で最も英語が通じにくい国だそうです。30年前にある企業の守衛さんに訪問先を伝えると、【アイ カント スピーク イングリッシュ】といって、逃げるように目の前から消えられて途方に暮れた経験があります。
Posted by pelikan_1931 at 2009年05月17日 18:11
たがみたけし しゃん

ありがとしゃん。関西地区大会で、多くの人から蘊蓄を聞いた。萬年筆と時計は必要な金額の桁が違うだけで、同じく愛しいものらしい。
Posted by pelikan_1931 at 2009年05月17日 18:07
二右衛門半 しゃん

古い時計遅れてくるのは、油切れが原因らしいです。分解清掃が必須とか聞いた(関西地区大会で)
Posted by pelikan_1931 at 2009年05月17日 18:05
機械式時計の金ペン堂、フルハルター、ユーロボックス…といえば、
広島県福山市の「さとう時計店」でしょうか。
ホームページあります。

私が書くのもどうかと思われるのですが、
腕のケタが違うと思われます(私が他店の腕を知らないので)。

私は古いスミス(イギリス)の置き時計と、
トラベルウオッチならば直したことありますが、
(同じくスミス製の車の古いスピードメーターも)
自分の物なのでガシガシできましたが、
他の方、特に師匠のものとなればとても(滝汗
Posted by とんこつ at 2009年05月16日 12:36
初めまして

たがみさまご紹介の時計職人さんのお店は県民会館から歩いていける範囲にあります。
阪神間でペン先の修理と手巻き時計の修理ができる店を探していた際に、P&M⇒鞄屋さんのブログで見つけ、時計の修理をお願いしとてもよい対応をしていただきました。
Posted by どど at 2009年05月14日 23:11
会長、おはようございます!
マジェスティですo(^-^)o

私の同級生に伊○丹池○店、横○高○屋の時計売り場の修理責○者が居ります!


Posted by マジェスティ at 2009年05月14日 11:02
ドイツ人で英語が下手な人がいるんですか…私の知っているドイツ人は皆一様に英語は達者ですけどね。もともと英語とドイツ語は姉妹のような言語ですから、習得は簡単なはずなんですけど…
Posted by Keny at 2009年05月14日 09:38
神戸は三宮に腕のいい時計職人さんがいらっしゃるようです!某鞄屋さんがよく行かれるとブログに書いておられましたので、一度ご相談されてみては……
Posted by たがみ たけし at 2009年05月14日 08:45
そういやうちにもドイツ製の機械式目覚ましがあって、現行品のくせに1日に3時間ぐらい狂います。
うちのも調整して欲しい。。
Posted by 二右衛門半 at 2009年05月14日 08:01