2009年06月21日

充実した週末・・・の結末

 昨日の土曜日は充実した日であった。メインイベントは15:00から実施した【WAGNER 2009】の本数と価格と支払い条件に関する販売店との交渉。それに備えて4:00に起床して11:00まで資料作り。その後、BlogをUpし、家事をこなしてから出かけた。連れ合いが仕事でバーミンガムに8日間行っているので洗濯や猫のトイレ掃除など、ふだんやっていない作業を楽しんだ。

 15時からは、販売店の代表2人と、怠猫しゃんと拙者の4人で会談。拙者の作った5つの代替案のうち、第3案を持ち帰って検討して貰うことになった。こちらの一押し案なので、まずは成功と言えよう。

2009-06-21 04

 そのあと怠猫しゃんとタクシーで悪魔の館を訪問。店主が接客中に、いろんな箱を開けて中を物色。

 本当のお宝は思わぬところに隠れている。

 今回は古いペンケースばかりが入った紙箱が、段ボールの中に入っているのを発見し、それを開けて物色中に見つけた。【Pelikan's Pelican】と誰かが命名した販促Goods。今までにも大きいサイズの物は何個か入手したが、こんなに小さいのは初めて!しかも未開封!

 この【未開封】とうのが決め手で値段を聞いてしまった。予想額の2倍以上であったが、この店では値段を聞いたら買うのが(常連さんの)ルール。

 拙者自身は周辺Goodsを集めてはいないので、来年のペントレでお披露目じゃ!

2009-06-21 01 さらに色々物色していると、主が【これ面白いよ】と見せてくれたのが左の萬年筆、いや、万年筆。主がいう【面白い】は、関西で言えば【変なもん】。これは見ざるを得まい。

2009-06-21 02 しかし、どう見ても鍍金ペン付きの古い安物万年筆にしか見えない。

 ペンポイントの素材も極めて悪い。とてもVintage万年筆と呼べる物ではない。

 興味なさそうにしていると、店主は首軸を捻って胴軸から引っ張り出した。すると・・・

2009-06-21 03 なんと内部に蒔絵が描かれているではないか!値段を聞くと、上記の【Pelikan's Pelican】と同じ。

 これは買わざるを得まい・・・ということで買ってきた。スキャナーで画像を拡大してみてわかったが・・・これは春画じゃ。なぜ内側に描かれていたのかがやっとわかった。大笑い!

 さしずめ【刺青万年筆】といえよう。人前でインクを入れられない不憫さが良い!これなら【変なもん】扱いしても問題あるまい!

2009-06-21 05 それから2人連れだって銀座教会へ。ここでは拙者はカメラを一通り確認してから、萬年筆コーナーへ。怠猫しゃんは一目散で萬年筆コーナーへかけつけ、一回りした後で時計コーナーでじっくり・・・

 お買い得品はいくつか見つけたが、欲しいものではなかったので萬年筆はパス。かわりに28ミリのファインダーを購入した。

 今までに見つけたのは垢抜けないデザインの物ばかりだった。しかし昨日見つけたNikon製は良い!ということで2.2万弱で購入した。

2009-06-21 06 左画像のアクセサリーシューにつけているのが、Nikonの外付けファインダー。数がはけないこんな製品をNikonが設計、製造するわけはなく、当然外注に生産委託しているはずだが、拙者が【かっこ良い】と感じたのは【Nikon】のロゴ。

 これをCanon Pに取り付けてみたくなった。ソフトシャッターレリーズはニコン製を使っていたので、ファインダーもニコン製にしただけなのだがな。

2009-06-21 07 レンズはフォクトレンダーのULTRON 28F1.9。写真家K氏に薦められて廃盤直後に購入したのだが、このレンズとマウントの合うカメラを持ってなくて数年寝ていた。

 昨年、カメラ売り場を散策していた時、Canon Pに出会って、即刻購入した。このカメラは、拙者が中学校の写真部だったとき、顧問のK先生が使っていた物。拙者はキャノネットとかキャノン・デミなどを使っていたのでレンズ交換の出来るキャノンPに憧れたものじゃ。

 ただし、このカメラはファインダー内は35弌50个100个硫莖僂靴表示されないので、28ミリのレンズは実質使えなかった。

 まだ1枚もCanon Pで撮影していないので【さてどう料理してやろう?】と考えていたら岡山の妹から携帯メールが入った。【光風会展を見に行ったらS先生が来られて、常連さんに作品解説していたので、ちゃっかり聞かせて貰いました】。S先生は拙者と妹が卒業した高校の美術教師。ちなみに前述のK先生は社会の先生。妹の担任でもあった。

 どうやら昨日は、我が兄妹にとっては昔の共通の恩師を思い起こす日であったらしい。



Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(12) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 情報提供 
この記事へのコメント
小太郎しゃん

お会いできると良いですな。
Posted by pelikan_1931 at 2009年06月23日 01:26
二右衛門半しゃん

帰宅してスキャナーに乗せるまで知りませんでした。
知っていたら買わなかったでしょうな。
Posted by pelikan_1931 at 2009年06月23日 01:24
さくらんらんしゃん

お預かりしている2本はしばらくお待ち下され。Blogに掲載されるでしょうな・・・成功したら。
Posted by pelikan_1931 at 2009年06月23日 01:23
ローカルネタで申し訳ないです。
ここしばらく帰省できてないのですが、首尾よく帰れたらおじゃまさせていただきたいと思います。
Posted by 小太郎 at 2009年06月22日 22:58
こうした春画もの、たまに見かけますが、なかなかご縁にありつけませんね。
入手しちゃうのが凄いです(笑)
Posted by 二右衛門半 at 2009年06月22日 00:13
本日は、大変御世話になりました。
オークションで勇んで購入したものの、書いてみたら後悔ばかりだった万年筆が。。。うっうっ感涙ものです。
どうもありがとうございました。
Posted by さくらんらん at 2009年06月21日 21:42
小太郎しゃん

8月15日の岡山大会はいかが? お盆で帰っていませんか?
Posted by pelikan_1931 at 2009年06月21日 20:52
しげおしゃん

この手はマニアが多いので、スピード勝負になりそうですな! チビペリカン・・・
Posted by pelikan_1931 at 2009年06月21日 20:50
ズミルクスしゃん、小太郎しゃん

S先生は、絵の中に白を使うと、不機嫌になりました。【自然光の中に白ってないんだよ】ということで、雲も障子も全て違う色で描かなければなりませんでした。

拙者の夏休みの宿題は、意地で障子と雲を白で描いたので、かすりもしませんでした。
リターンマッチで、妹の夏休みの宿題は(拙者が描いたのだが)白を使わないでブルー系で雲を描いたら、講堂に掲示されました。

彼がブルー好きだったとは初めて知りましたが、やっと掲示された理由がわかりました。

それにしても、ローカルな話題・・・
Posted by pelikan_1931 at 2009年06月21日 20:49
S先生お元気なんですね。久しぶりに高校時代に思いを馳せることができました。
私も高校の美術ではお世話になりました。息子とも小・中一緒だったのでズミルクスさんとも同級なんだろうな・・。

数年前に実家の大掃除で昔の万年筆を見つけ出してから、数十年ぶりに万年筆にはまっております。
今はブログを読ましていただいているだけですが、いつの日かWAGNERの回定例会におじゃましたいものです。
Posted by 小太郎 at 2009年06月21日 17:34
S先生は絵の中にブルーを使うと評価が高いのを発見した僕達劣等生数人は、
とにかく、これでもか!というほどブルーな絵を描きました。
おかげで美術の点数は卒業まで良かったです。
演出家になったS先生の息子とは同級生です。

このメーカー総出の組み合わせカメラは、デザイン的にはすごくまとまってますね。
Posted by ズミルクス at 2009年06月21日 11:25
羨ましい1日をお過ごしですね。私はP&MでM500を入手致しました。
来年のペントレのターゲットが一つ決まりました(笑)
Posted by しげお at 2009年06月21日 08:38