2012年10月12日

判佝任茲蝓NOTE & DIARY Style Book Vol.7】が発売!

2012-10-12発売と同時にamazonで注文していたブツが帰宅するとポストに入っていた。

拙者ほどノートが役に立たない人間はいない。TAKUYAのノートカバーに包まれたフェンテ・ノートを長い間愛用しているが、ほとんど役にたっていない。

けっこう小まめに会話やキーワードをメモする方なのだが、字がいいかげんなのでほとんど自分でも解読出来ない。

そこでデジカメにたよることになる。ホワイトボードに書いた内容をデジカメで撮影し、忘れないうちにパワポにまとめる。そしてそれを縮小印刷してノートに貼り付けるのじゃ。
どうせ読めないからと萬年筆の書き味を試している落書きも数多くあるのだが、そこに清書したまとめを挟むと、読めなかった文字が見えてくる。

そもそも会議はホワイトボードに書いていくものにしか参加しない。またノートにはホワイトボードの内容ではなく、自分で思いついた事や、ホワイトボードに書いてないことを書いている。

従ってノートだけ(よしんば文字が読めたとしても)では意味がわからない。ノートとホワイトボードの内容をまとめたものがあって初めて内容が理解出来る。

以前、横着してホワイトボードの写真を印刷して貼ったが、まとめる作業をやっていないと内容を忘れてしまっており、こちらも意味不明になってしまう。

そういう苦労をしている拙者にとっては、他人のノートを覗いてまとめるヒントを得たいというがこの本を買った理由じゃ。

いやぁ・・・ええ勉強させてもらいました!

Posted by pelikan_1931 at 03:30│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック