2014年12月04日

プラチナ・グラマーが好きなのだが・・・

1プラチナ・グラマーに初めて出会ったのはいつだったろう?萬年筆に興味を持ったあとか、持つ前かは定かではない。
プラチナ万年筆の歩みにも発売がいつかは記されていない。#3776が発売された1978年以降であることは確かだがな。
誰か知っている人がいたら教えて欲しい。1984年以前か以降かだけでもよいから。
実は、プラチナ・グラマーの萬年筆に関しては、色も含めて全てのバリエーションを持っていると考えている。
ある時、日本橋丸善にグラマーの白軸が出たときには、20本購入した記憶がある。

No.149などに慣れた手には、このプラチナ・グラマーの軸はとても握りやすい。ただ、萬年筆としては、#3776のおもちゃ?の位置づけだったので、ペン先は14金もスチールもMだけ。
しかもヨーロッパ・タイプの短いカートリッジしか装着できなかった。主戦場が海外だったというよりは、作ってみたら短いカートリッジしかはいらなかったわぃ・・・という軽いノリで作られたのではないか?
試行錯誤を市場でやる・・・という現在では考えられないような、おおらかな万年筆メーカーだったと勝手に解釈している。
そういえば、ずっと以前(20年ほど前?)、銀座三越で#3776のエボナイト製ペン芯を折ったので下さい!と頼んだら、エボナイト製ペン芯は何種類もあるのでどのタイプでしょう?と聞かれて驚いた。
まさに、市場で製品を成熟させていた感じだった。拙者はこういう伊太利亜的な時代のプラチナ製品が大好き!ちなみに今のプラチナ製品はLAMY並みのムラの無さで書き味も安定している。

そして何より、このぽっちゃりとした体型が拙者に似ていると思ったのが気に入った原因だった。 
2そのポッチャリの時は、1996年ごろで、当時の人間ドックの結果を読み返すと、体重は85.5kg。
なんと、あと二ヶ月で達成しようとしている目標体重と同程度だった。
実は、本日血液検査の結果を聞きにかかりつけのお医者さんに行ったのだが、その時に過去からの推移を教えてくれた。
そして拙者が提出したのが、左の体重推移と、下の毎日の血圧(上下)、脈拍、睡眠時間、朝昼晩の食事の内容、一日の歩行数のデータ。
これらに先生はビックリし、【貴重なデータなのでScanさせて!】とおっしゃったので、図表ごと差し上げた。
掲載したのは、最初と最後の10日間だけだが、全てを詳細に見ていくと、拙者の迷いが良くわかって面白い表なのじゃ。
先生はファイトケミカルの豊富な野菜スープと玄米を中心とした食事で、急激に血糖値が上がらないような順番で肉や糖質をとりましょうという指導だった。

34最初はそれに従って玄米を食べていたのだが、玄米といえども糖質であることには変わりない。
白米よりはマシとはいえ、やはり米は元々好きではない。
それと、松江大会でMECダイエットを教わり、少し勉強してみた。
その結果、プロレスラーのスタン・ハンセンが現役引退後に体重を半分にした低インシュリン・ダイエットの考え方に近いと知った。
実は、それは12年ほど前に試してみて効果は感じていたが、サラリーマン時代には、そういう食事をするには無理があったので挫折。
ただMECは野菜はごく少量で可という方式で、野菜の糖質さえ否定している。とはいえ肉好きとしては魅力的な食事ではある。
そこで、途中から少しだけMECの方式も取り入れた食事になっている。本日が、その良い例で、夕食は肉と卵のみ。
ま、この歳になれば、さほど長生きしようという気もなくなるので、自分の体色々と実験し、その記録を残しておこうと考えている。さて、明日は何を食べようかな? 
最初は野菜スープは決まりだがな。 
Posted by pelikan_1931 at 23:30│Comments(1)
この記事へのコメント
世界のコレクター氏より情報があった。

グラマーは1987年発売 88年にかけてマットブラック、色物ラインが出てます。

とか。

1978年に#3776で、1987年にグラマーか!
ということは、拙者が萬年筆に嵌まったあとじゃな。
ありがとう!
Posted by pelikan_1931 at 2014年12月05日 08:05