2015年03月11日

現代の名工【長原宣義】先生、ご逝去のお知らせ

現代の名工、万年筆の神様と呼ばれ、その巧みな技と話術で万年筆復興の最先端で活躍された長原宣義先生が、本日10時にご逝去されたそうです。

奇しくも3月11日、第16回世界の万年筆祭開幕の瞬間に静かに息を引き取られたことになります。

会場ではご子息の長原幸夫先生がひとつの時代が終わったとおっしゃっていたのが印象的だったとか・・・

長原宣義先生のご冥福をお祈りいたします。


Posted by pelikan_1931 at 14:00│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
この記事へのコメント
遅れ訃報に接しました。一度だけ調整していただく機会がありました。もう7,8年も前のことになるでしょうか。古いウォーターマンのペン先を診て、「これは鍛造されたペン先、一生あなたが大事にしなさい」と言われたことが忘れられません。ありがとうございました。
Posted by SEM at 2015年04月04日 08:14
 長原さん,どうもお世話になりました。研いで頂いたクロス・ポイント長刀は,終生大切に使わせて頂きます。心よりお悔やみを申し上げます。
Posted by monolith6 at 2015年03月12日 13:55
長原先生には、何度ペンクリでお世話になったことか。
幸運にも、何度か「これ、入院させんしゃい」と言っていただきました。
そして退院してきた万年筆が極上の別物になっていた感動!
万年筆を渡してくださるときの笑顔が実にチャーミングな大先生でした。
心よりの感謝と共に、ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 浦島 at 2015年03月12日 09:41
わしの好きにしてえぇかのぉ---
先生! どうするんですか!!!
という現場を名古屋で目撃できた
私は幸せ者です。
心より御冥福をお祈りいたします。
Posted by でらくろ at 2015年03月12日 00:32
クロスポイントを研いでいただいた際、
海外で大歓迎された思い出話を嬉しそうにされていました。
あの時のキラキラした瞳が目に浮かびます。
すす竹、一本欲しかったなあ・・・。
ご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。
Posted by tojy in 富山 at 2015年03月11日 18:19
心より御冥福をお祈り申し上げます。
Posted by きゃんでぃ小海老爺です。 at 2015年03月11日 15:53