2016年06月20日

ついに入手した! ライニガー洗浄液

1つきみそうさんのBlogで脚光を浴びたライニガー洗浄液をついに入手した。

先週土曜日の萬年筆研究会【WAGNER】関西地区大会@神戸に参加した際に pen and message. でGet!

ネット検索してもなかなか引っ掛からなかったので焦ったのだが、ちゃんと在庫はあった。
買い占めてはいないが、とりあえず4個入手した。関東地区で欲しい方は連絡下され。
先着1名様に一個だけ左記と同じ値段で販売しまーす!

師匠の好きそうな匂いがしますよぅ〜】 とつきみそうさんがおっしゃるので嗅いでみたが、かなり甘い香り。
同時に嗅いだ人からは、【テレピン油の匂いだ!】 という声も上がった。
なるほど、油絵の具を溶かすテレピン油なら、インクも溶かすかもしれない。

ボトルのラベルには、独逸語で【万年筆用】 と印刷されている。元々は何を洗浄するつもりだったんだろう?

拙者が使う機会があるとすればただ一つ!

それは、Parker75の首軸内部の洗浄!あの部分は何度も超音波洗浄液にかけたり、超電解水、ロットリング洗浄液等で何度洗っても汚れたインクが内部に残っているようだ。

この洗浄にライニガー洗浄液とスピッツ管を使おうと言う事じゃ。スピッツ管にしたのは洗浄液の量が少なくて済むから。

これで綺麗になれば長年の課題が一挙に解決することになる。

しかし、この瓶の内部にある洗浄桶?のようなものは何?ここでペン先を洗ったら、汚れた液はどうやって捨てるのかな?
注射器で吸い上げるのだろうか?今一歩この桶の意味がわからない。

せっかく内径31个離▲リル管が出来上がったので、このアクリル管の中に外径30.5个15ml入りの小分けボトルに入れたライニガー洗浄液を保存することにする。

もちろん、持ち歩くときにはスピッツ管も一緒! 今週末の松山大会で、これが必要な場面があるかな?

Posted by pelikan_1931 at 23:00│Comments(12) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
pen and messageさんのスタッフさんのブログで使い方を紹介されていましたよ(^o^)
Posted by キサラギ at 2016年06月30日 08:28
これは、吸入して書くことによって洗浄すると聞いていますけれど、違うのでしょうか?
買ったものの使ってない人間です。
Posted by 関船 at 2016年06月30日 08:09
おはようございます。
おおっ、白星さん。それが本当なら、大変有り難いです。
ただ悔しい哉。ワタクシ水道橋の頃は、業界の資格試験が近く、緊迫した時期にあります。横浜までは、出られません。
自分の為に、お使い下さい。その御気持ち、感謝します。
Posted by 蓮覇fe500rs at 2016年06月22日 07:21
蓮覇fe500rs さん

次回水道橋へお越しになられるなら、ライガニー、折半しますか〜〜?
Posted by 白星 at 2016年06月22日 01:32
pen and message. で通販してくれるようですので、必要な方はそちらへ連絡を!
Posted by pelikan_1931 at 2016年06月21日 22:09
蓮覇fe500rsさん

当方への情報の到着は、白星さんの方が4分早かった!またの機会に。
Posted by pelikan_1931 at 2016年06月21日 22:08
お師匠さま、こんちはー。

ライニガー、ライニガー、どっかで聞いたことあるような?、と思っていたら、玄関で革靴のメンテ用品の中にいました!ww
ドイツのコロニル社の革用汚れ落とし(カビ落とし)スプレーでした。
これとは別物なんですかね?

Posted by ぽち at 2016年06月21日 17:23
こんにちは〜師匠!
アップ後すぐ、希望の旨書いた師匠宛てメールしましたけども、届いてますか?
すぐ振り込む準備、出来てますけども。
Posted by 蓮覇fe500rs at 2016年06月21日 16:30
主成分はなんでしょうかね?
R&K社は顔料系インクもリリースしているとのことですが、顔料系だと
何で色素・色粒子を分散させているのでしょうか。アラビアゴムかなぁ?
墨液では最早、膠なぞ使わず接着剤(酢酸ビニル系?)が主です。
すると、有機溶剤もありえますが、テレピン油は考えにくいでしょうね。
油は後が厄介ですから。アルコールはありえますが、プラスチックを劣化
させますので、高濃度ではないでしょうね。でも低濃度(ワイン位?)
だったら接着剤を膨潤させる効果は期待できますね。
「テレピン油の匂い」というとイソプロピルアルコールみたいな炭素数
の多いアルコールの可能性もありますね。あ、黄色の元はなんだろう…
うーむ ┐(‘〜`;)┌
Posted by 継蓬 at 2016年06月21日 13:36
ドイツ語のreinigerってブランド名でなくて「洗剤」って意味?---普通名詞?
ラベルに印刷されているのは「万年筆用洗浄液」ってことですね。

発売元が「ローラー&クライナ−」ってことは、没食子酸のインクがこびりついた
やつでも溶かしてくれそうな予感&期待大?
ink-collector式ペン芯にこびりついて固まったインクは、洗浄液を取り替えながら二晩でも三晩でも漬け込んでインクが全部溶け出すのを待つという根気と忍耐も大事だと思いますけど。
Posted by Mont Peli at 2016年06月21日 12:08
白星さん 了解!確保しておきます。
Posted by pelikan_1931 at 2016年06月21日 07:11
挙手します!
残っているようでしたら水道橋で
お願いします(笑)
Posted by 白星 at 2016年06月21日 00:19