2017年02月17日

萬年筆研究会【WAGNER】創立11周年記念萬年筆・・・日曜日にはポスト投函出来そう!

1これは、つい先ほどの我が家のベッド上の状態。

ベッドの上に一畳の段ボールを敷き、その上に萬年筆研究会【WAGNER】創立11周年記念萬年筆とケースを並べたもの。

ケースにはラベルプリンターで印刷した【ペン先のレーザー刻印種類(アポロ/エース】 とペン先の太さ【UEF/C/SM】が貼り付けられている。

本日の18時以降は、ほぼこの作業に費やされた。しかし、まだまだ作業はたくさんある。

(1)萬年筆のペン先を確認しながら、ケースに収めていく。ただし本日の作業は明日受け取る人の分だけ。
   明日の名古屋大会会場で受け取ると指定された方はこの状態で受け取ることになる。
   岡山大会時点ではケースが届いていなかったので、ケース付きでの入手は名古屋大会が最初となる。
   ケースはレターパックで送る際の保護用なので、普通は不要だろう。明日は調整道具の隙間に押し込むのでケース無しでは怖いのでケース付きとした。

(2)残りの萬年筆をケースに入れる。

(3)レターパックに宛先ラベルを貼る。(宛名ラベルには注文内容と電話番号も印刷され、テプラで会員番号も貼ってある)

(4)レターパックに送付元ラベルを貼る。

(5)宛先ラベルを見ながら、該当の萬年筆をレターパックに入れてふたをする。
   一つのレターパックに3本の萬年筆(+ケース)を入れて送る方が4人いらっしゃるが、その場合には間に緩衝材を入れる。
   2本、1本の場合は緩衝材は無しでも大丈夫だろう。

(6)一つのポストに入っても20個程度、かつ、一回の運搬で持ち運べるレターパックが 12個程度なので、6カ所以上のポストを見つけて、12〜15往復程度歩く!
   歩くのには慣れているので問題は無いが、ポストに押し込む姿があまりに怪しいのでまずいなぁ・・・
   前回は口から引っ張り出せるような状態になったので、一度投函したレターパックを再度引き抜いて別のポストに持って行った。
   深夜だったから良かったが、昼間にやったらポスト泥棒と間違われそう。

   いずれにせよ、後は流れ作業なので、なんとか日曜日中には投函出来るだろう!お楽しみにね! 

Posted by pelikan_1931 at 22:54│Comments(4)
この記事へのコメント
2本以上申し込まれた方、UEFやCを1本だけ申し込まれた方のレターパックは投函済みです。

SMを1本だけ申し込まれた方の分は、20日の午前中に郵便局から集荷に来ていただきます。いましばらくお待ちください。
Posted by pelikan_1931 at 2017年02月19日 23:40
集配窓口の電話番号を名古屋大会でつきみそうさんより教えていただいたので、明日、連絡してみま〜す!
Posted by pelikan_1931 at 2017年02月18日 23:06
 レターパックプラスなら集荷に来て貰えますけど、
普通のはポストか窓口か・・・都心だからこそ可能
なワザですね。田舎だと投函にクルマが必要です。
Posted by つきみそう at 2017年02月18日 10:57
深夜の徘徊&投函郵便物の引き抜き?怪しいなぁー。(大笑)---LOL(laugh-out-loud)?
Posted by Mont Peli at 2017年02月18日 07:32