2017年03月12日

上の階の家族が変わったら・・・

たこ吉は学生時代の実験では聴力が犬並み・・・と言われるほど耳が鋭敏だったが、聞いた内容を理解できないことが多かった。
聞こえはするが、興味ない音はシャットアウトして脳に入らないようにしていたのだろう。

おかげで上の階に子供が来て、ドンドンと音を立てていたり、油の切れた電動シャッターがキーキーと音を立てて開け締めしていても言われるまで気づかない。

奥様は左耳の聴力が少し落ちているはずなのだが、上の階の音やシャッター音には敏感で、すぐに反応される。

向かいのビルのシャッター音などには、管理会社に【周りの方々から苦情が出ているようなので対処された方がよろしいのでは?】と親切なふりをしてアドバイス?されている。

20年ほどまえには、上の階で夫婦が取っ組み合いのけんかしてドタバタやっていた時には、庭から物干しで竿で2階の窓をバッコンバッコン突きまくって抗議したこともあった。

最近では技を覚えられたようで、マンション内の音被害に関しては住民アンケートをまとめる形で、管理会社に提案されているようだ。
(奥様は理事長なので)管理会社は提案されたら動かざるをえない。自身が恨まれることなく目的を達成するにはそれが一番かも?
管理会社としても住民アンケートがあれば動きやすい。

そのせいか、管理会社にも、苦情をかかえる住民の方にも非常に評判が良いようだ。ただ、たこ吉には騒音問題は管理会社マターなの?という疑問もあるが・・・

昨年末、上の階を賃貸されていたご夫婦が引っ越しされる時に挨拶においでになり、

お姉様にはずいぶんとお世話になりました〜】と言いながら長々と立ち話され、奥様はかなりうんざりとされていた様子。

なんでアタシがお姉様にならなくちゃいけないの?それに一度庭に落ちた洗濯物を届けた時にしか話したことないのに・・・】と不思議そうにされていた。

先日、新しく引っ越してこられた若い夫婦が挨拶に来られた。小さなお子さん2人と一緒に。

あの小さな子供だと飛び跳ねるからうるさいでしょうねぇ、怒っちゃだけですよ!】 と奥様に注意すると・・・

挨拶に来られた時にいただいたお菓子を見れば、あのご夫婦がちゃんとした方だとわかるわ。大丈夫よ、ちゃんとお子さんにはしつけが出来ているはずよ】とおっしゃっていた。

最近たまに上の階の音に耳を澄ませてみるが、まったくといって良いほど音が聞こえない。小さなお子さんも静かに暮らしているようだ。

先日奥様が、管理人さんに

今度上の階にいらした方は良い方よ。褒めていたってさりげなく伝えておいてね】と言っているのを聞いた。なるほど褒める時は人づてにする方が効果が高いのか。

そういえば南麻布に引っ越すとおっしゃってたけど、ご存じ?】 と奥様が聞くと、管理人さんは困った顔をされて・・・

いや、あの方が出て行った直後から、全国のいろんな警察署の方が訪ねてきて、あの人はどこへ行った?と聞かれるんです。引っ越されたのではなく、逃亡されたのかもしれませんよ。】 と声を潜めて話したとか。

もし逃亡だとすると、なぜ挨拶に来られたんだろう?捜査を攪乱するための工作だろうか?都会のマンションには奇々怪々な事があって面白い。 

Posted by pelikan_1931 at 09:41│Comments(0)