2017年03月20日

Pelikan M800 バーントオレンジは定番品かい?

1最初に一つお願い。左画像のNo.146/149用のピストンガイドは、左側が新しく右側が古い。
実は修理を依頼されていた萬年筆のピストンガイドが左側。ピンクで囲った部分をよく見るとねじが歪んでいる。
何か異物を挟んだまま強引に動かそうとしたのだろう。

自宅にある部品で修理できそうだと思ったのだが、自宅にあったピストンガイドは全てが右側の物。
これだと新しいNo.149には途中までしか入らない。困った・・・
もし左側のピストンガイドが部品箱にある方がいらしたら、右側のピストンガイドと交換して下され。お願いしまーす!

23今回はお互いに意図せず似ている萬年筆を紹介しよう。
わざと小さな画像にしているので、クリックして確認されたし。
左右とも、上が y.y. Pen Club の 2015年の限定品で、下がPelikan M800のバーントオレンジ。 

最初に見たときには、ヘミングウェイに似てるなぁ・・・と思ったが、実際にはさほど似ていない。
ヘミングウェイのオレンジに似ているのはバーントオレンジの方だが、ヘミングウェイの方が少しだけ濃い。

またバーントオレンジはヘミングウェイと同じく、キャップ、尻軸、首軸は濃い茶色だが、y.y. 2015 は黒となっている。

そして、(ここが重要なのだが)y.y. 2015 限定は樹脂部分が全てマット仕上げになっている。ちなみにy.y. 2016 限定は金属部分までマット仕上げ! 

4ペン先はどちらも18金・・・アレ?セーラーの現行品に18金ペン先ってあったかな?

そう、金の材質を変え、模様を排除したのが y.y. 2015 のペン先の特徴じゃ。

ペン先に打刻刻印を入れると若干硬くなると言われている。
逆に打刻刻印をレーザー刻印に変えれば多少柔らかくなるし、究極は無刻印だろう。

ちなみに右側のペン先には 18K/750 という刻印が入っているが、もちろんレーザー刻印!抜かりはないなぁ・・・
横に入っているH-Bの刻印は打刻だが、横なので柔らかさに影響は無い。

M800 バーントオレンジのペン先は、全くの未調整。ペン先とペン芯との位置調整すらなされていない。
一方のy.y. 2015 は既に調整済み。当然、この段階で書き味を比べるのはバーントオレンジにかわいそうだが・・・

ペン先を紙に落としたときの感触からしてまったくの別物。

未調整のペンポイントを好みの書き味になるまで書きまくる・・・というのを、まだ筆圧が300gくらいあったころ試してみた。

トレーシングペーパーに書いたり、ボール紙に書いたりしたが、1年経過したところでギブアップ。よけい書き味が悪くなってしまった。

そのころ聞いたのが・・・

あたしのパパは、ペリカンの緑の万年筆をサンドペーパーで削っていてよ。すんごく良い感じで書けるみたいよ。】 という台詞。

そこから一週間で何十本ものペン先を駄目にした。これが拙者の調整の原点。

でもこの慣らし・・・というのには実はあこがれていて、Parkerのインジェニュイティが出たとき、サインペンならすぐに慣らせるだろうとトライしたのだがすぐに飽きて駄目だった。

慣らしは、拙者にとってはロマンではなく【我慢 】。気短でワガママなたこ吉は、我慢は奥様に対してしかしたことがない。
やはり時間のかかるロマンは一生経験できないだろうなぁ・・・

ところで、バーントオレンジは定番品と聞いたが、amazonでも定価に近い値段で売られている。
定番品なら(定価6万税抜)なら4万円前後で売る店があってもよさそうなのだが・・・ 

本当にバーントオレンジやブラックストライプは定番品なのかなぁ・・・あまり見かけないけど。 

Posted by pelikan_1931 at 22:10│Comments(13)
この記事へのコメント
では、横浜で対策会議をば・・・
Posted by pelikan_1931 at 2017年03月22日 23:18
お師匠様、皆様、お疲れ様です。

バーントオレンジはアメ横で44000円位で購入しました(限定品らしく3割引でした)。
ここ数年の限定品のなかでも、バーントオレンジだけ人気が薄いように感じられます。
スーベレーンらしさが無いからでしょうか?
Posted by 副長 at 2017年03月22日 21:52
お師匠様 お疲れ様です。

緑や柿色のインクを使いたいと思っていたところ
今回の記事  買ってしまいました(笑)

仙台大会で美容整形をよろしくお願いいたします。

M800 大好きなのに、緑縞持ってない・・・
定番だからと思っていたからかなぁ〜
やっぱり買ってしまうんだろうと思います。
Posted by Eu at 2017年03月22日 17:32
時間が許されるのでしたら、横浜でいろいろ対策会議とか(笑)
大胆なアイデアはひとつありますが(笑)
Posted by 白星 at 2017年03月22日 13:00
旋盤師かロクロ師にネジを削り直してもらえば良いのでは?
Posted by 久 at 2017年03月22日 10:39
残念ながら、ストックありませんでした。
すみません。
Posted by 白星 at 2017年03月22日 08:59
三越の万年筆祭にも、置いてましたね。
Posted by 蓮覇fe500rs at 2017年03月22日 04:41
蓮覇fe500rsさん

バーントオレンジは限定品でしたか!
ブラックストライプと同じく定番だと思ってました。
数量限定なら値段がさほどさがらないのも納得!
Posted by pelikan_1931 at 2017年03月21日 21:27
おぉ,今まで全く気づきませんでしたが,ペリカンの方はインク窓がない!
しかも首軸等は茶色だったのですね。
段々と欲しくなって来ました。
Posted by monolith at 2017年03月21日 14:40
こちらのような田舎町では、バーントオレンジはまだ店頭に並んでます。M805ヴァイブラントブルーのEFなんかも普通に店頭にありますねえ。回転悪いから(笑)。
Posted by すいどう at 2017年03月21日 12:41
デュマから、ペン芯、ピストン、尻軸もセットで変更になってしまった90年代後半以降のやつだからガイドだけって、、厳しい(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)
期待薄ですが、帰ったら探して見ます。

Posted by 白星 at 2017年03月21日 12:34
バーントオレンジ定番?初耳です。限定だと思ってました。
日本では1,500本売る予定だと趣味文35号(2015年刊)には記載がありますけど。
どこぞの爆買いに、巻き込まれたんでしょうか。
Posted by 蓮覇fe500rs at 2017年03月21日 06:55
確かに、バーントオレンジの実物は店頭では見たことがありません。

実際に見たのは「丸善万年筆展」と「ユーロボックスさん」だけだったと思います。
Posted by MB439 at 2017年03月20日 23:43