2017年06月30日

【携帯マルチハサミ】が調整道具セットに入った!

@01ステーショナリー ディレクター 土橋正氏 の pen-info は定期的にチェックしているHPなのだが、そこの掲載されている【携帯マルチハサミ】に惹き付けられた。

小ぶりな鋏を捜していた拙者はすぐに飛びついてamazonで購入した。土橋正氏の記事のとおり小さいが握りの部分は大きく持ちやすい。

M800系のルネッサンス・ブラウンと比較すれば、その小ささと、持ち手の大きさがわかるだろう。

これに刃先をカバーするキャップが付いている。値段は送料込みで827円。けっこう高い!

@023この鋏の特徴は、刃の背中部分にダンボールのテープを開ける際に便利なギザギザが付いていること。

また力を入れないですーっと切れるのが特徴のカーブ刃加工が片側だけされている。

このカーブ刃加工は紙に関しては見事に切れるのだが、透明ビニールで覆われたダイレクトメールの袋が切れにくいという特徴がある。

4左画像下の コクヨ の 切れ味長持ち エアロフィットサクサ チタン・グルーレス刃 も透明ビニールを切るのが苦手だったので気になっていたのだが・・・

やっぱり全然切れなかった。ただし紙ならサクっと切れる。支点から握りまでの距離が短いのにこの切れ味は見事!

また細い針金ならスパっと切れる!

期待していたダンボールのテープ切りだが・・・土橋さんのようにハサミの片側で切っていた人には夢のような切れごこちだろう。

しかしOLFAのブラック刃を使う大型カッターで切っていた拙者を満足させる切れ味ではなかった。はっきりいってカッターとは比べるのが酷!

6それでも拙者が、これを購入して良かったぁ・・・と思うのはその小ささ!

左は拙者が調整セットに入れている独逸製ヘンケルの小型ハサミ。

このハサミは切れ味抜群なのだが、右手の親指と中指の2本での操作となる。

それに対して【携帯マルチハサミ】は右手の人差し指と中指を添えてリングに入れられ、親指と合わせて三本の指で操作するので力を入れて切る事が出来る!

そして何より丈が短いので満杯の工具箱にも入れやすい。

ま、奥様に言わせると・・・【鼻毛切りの親分みたいな豚子(ぶたご:不細工)な鋏】となってしまうのだがな。


Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(0)