2017年08月08日

火曜日のアンケート調査 【 軸の素材は何が好き?】 in 2017

前回の定点観測は【何を萬年筆で書きますか?】という問い。
すなわち、萬年筆の用途を問う質問であった。

結果を集計すると・・・

18票 A:年賀状や葉書に縦書きで住所や宛名を書く
02票 B:原稿用紙に縦書きで清書する
13票 C:手帳に細かい予定やメモを丁寧に記入する
01票 D:経理の仕訳帳に清書する
00票 E:横書きの手書きレポートを清書する
00票 F:資格試験やその演習で、短時間に横書き文章を大量に筆記する
01票 G:実験ノートの改竄が出来ないように萬年筆で清書する
03票 H:上司や部下へのレポートや指示書を短い文章で速記する
12票 I:便箋に縦書きでお便りを書く
06票 J:便箋に横書きでお便りを書く
02票 K:みんなが閲覧する業務日誌を横書きで書く
03票 L:絵やデッサンをする
07票 M:構想図やアイデアを乱雑にまとめる
02票 N:プレゼン資料のストーリーや図の概略を書き込んでいく
13票 O:日記帳に横書きで書く
05票 P:日記帳に縦書きで書く
10票 Q:会議中に自分用のメモを取る(思いついたアイデアも書き込む)
00票 R:会議の議事録用のメモを細かく書き込む
01票 S:上司に指摘された事項をプレゼン用紙に追記する
04票 T:答案用紙を採点する
15票 U:いたずら書きする
00票 V:楽譜を清書する
01票 W:カリグラフィー
01票 X:写経する
00票 Y:俳句を書く
18票 Z: その他(具体的に)

どうやら萬年筆は自己表現の道具として使われるか、筆圧が無くても書ける楽な筆記具として使われる事が多いようだ。


今回のアンケート調査は 萬年筆の軸素材として何が好きかを問うもの。

それぞれの軸の特徴を理解した上で回答して頂きたい。
また全ての素材を提示するのではなく、素材としてポピュラーなものだけなので、あくまでも提示した範囲内で答えて欲しい。

それでは、以下の素材で好きなものを記載下さい

重さ/軽さ、手触り、見映え、痩せ具合、耐久性・・・など、数多くの観点が存在しそう・・・

 1:蒔絵           金属やエボナイトの軸に漆で下地を塗り、その上に絵柄を各種蒔絵手法で描いたもの。模様ではなく何らかの絵柄であること。

 2:螺鈿・蜻蛉塗り等     金属やエボナイトの軸に漆で下地を塗り、それを蜻蛉柄に加工したり、螺鈿を貼り付ける加工を施した物。
                金属を漆で貼りつける物も含む。

 3:漆塗り          金属やエボナイトの軸に漆を塗った物。溜塗りも含む。また鎌倉彫のような塗りも含む。               

 4:エボナイト(塗り無し)  エボナイトの削りだし。経年変化や温度変化での寸法の狂いが少ないが、日光や蛍光灯、熱で薄茶入りに変色する。

 5:木軸           ブライヤーやカエデ、黒柿、スネークウッドなどで軸の外壁を覆ったり、棒から削りだしたもの。汚れやすい、割れやすい、不潔・・・などの欠点はあるが、温もりがある。

 6:金属軸          純銀、金貼り、チタンなど。丈夫なのがポイントだが、あたり傷が出来やすいので、Vintageでは完品はほとんどない。

 7:セルロイド        綺麗で比較的安価だが、経年変化による寸法変化が激しい。Vintage Montblancのトラブルは素材がセルロイド製であることに起因している。

 8:アクリル         マーブル軸は実に綺麗に仕上がる。ただし旋盤を当てると小さな割れが無数に入る可能性が高く、スケルトン軸ではリスクがある。

 9:プラスティック(一般)  定番品は金型加工が出来るプラスティック軸を使うケースが多い。軸の製作コストがさげられるので、ペン先に贅沢できる。

10:その他          具体的に(カゼインなど)



なを好きな理由などもお書き下さい。  それでは  Go! 


Posted by pelikan_1931 at 21:25│Comments(32)
この記事へのコメント
お師匠様、おはようございます。

3.の漆塗り。中屋の十角赤溜を愛用しています。漆は色艶がとても良いし
 軸を握ると、指に伝わってくる感覚が何とも言えないほどしっとりとして
 最高です。パイロットのカクタム URUSHIの太字が欲しいです。

5.の木軸。セーラーの80周年と90周年のブライヤーを愛用しています。
 杢目の美しさとエイジングをんでいます。
Posted by うっちゃん at 2017年08月14日 08:42
1.蒔絵 です。
自分の所有する蒔絵、沈金の作者の方としばしば出会えるのが金沢暮らしの良い点です。

Posted by しげ at 2017年08月12日 14:14
お師匠様 お疲れ様です。

キャップをしないで書くのでバランスとモーメントがシックリくるビッグトレドが一番が書きやすい理由から 6になるのかな?
イエロー と レッド も欲しいです!

〇〇〇商店の M800 螺鈿も綺麗で使っていても気持ちよい。
これは、2になりますね。
Posted by Eu at 2017年08月10日 20:57
お師匠さま、こんちはー。

やっぱり
3.漆塗り
ですね!

Posted by ぽち at 2017年08月10日 19:33
木軸は外せませんね。
理由:ぬくもりです。体温がじわじわと伝わるような感覚が好きです。
ただし,ツルツルにしすぎるとあまり手にしなくなる…。見た目と手の感触の好みが乖離しています。
次はエボナイト。
理由:手に吸い付く感じが良いんです。
Posted by めだか at 2017年08月10日 14:34
プラスチックです.
尤も,プラスチックといってもピンからキリまでですが.
Posted by 継蓬 at 2017年08月10日 09:00
Viscontiのセルロイドに嵌っておりました。
ただここ一両日の猛暑で樟脳の香りを撒き散らしだしたので
アクリルに戻りつつあります。
Posted by COLNAGO at 2017年08月10日 05:22
7セルロイド、10その他 以外全部好きです。美しいと思える軸が好きで、たまたまいろいろな素材があると言った方が良いかもしれません。したがって、共通して理由は美しいから。
1蒔絵 プラチナ出雲八雲塗、パイロット88周年仁王が好きです。
2螺鈿等 ペリカンM1000彩星を特に美しいと思うようになりました。
3漆塗り 丸善(パイロット)カスタム845青漆 この青色、実にいいです。
4エボナイト エボヤ鏡花深海、セーラー105周年瑞青 色・質感にぞっこん
      です。
5木軸 プロフィット30周年 ブライアーが熟成してきて手放せません。
6金属軸 やはり純銀軸の風格は格別です。クラシックペンズCP7パシフィッ
    クの美しさは只者ではありません。
8アクリル パーカーモザイクブルー、DNA、クラシックペンズLB5TAIRIKU
amethyst mauve、アウロラ88ネブローザ・・・ため息の出る美し
さです。
9プラスティック パイロット70周年の凛とした佇まいがたまりません。

以上、どれも素晴らしくて決められません。
Posted by ロクリンパパ at 2017年08月10日 00:35
圧倒的に木軸です。
木の上で生活していた猿が、温暖化とともに涼しい地上に降りてきたワケですが、やはり地上は危険がいっぱい。
木の上の安心を、心の底が求めているようです。
Posted by さにう at 2017年08月09日 22:53
お師匠様 こんばんは

持っている数は少ないのですが
5 木軸
を推させていただきます。
カスタム一位の木がお気に入りです。
Posted by YEW at 2017年08月09日 22:37
お師匠様、皆様 こんばんは
新潟大会、楽しかったです。
昨年と同じで 6 金属軸です。セルロイド、エボナイト、漆塗り、アクリルどれも捨て難いですが、
パイロット シルバーン、ペリカン 1931ゴールド、同ホワイトゴールド、M750ロールシルバー、パーカー プリミエブラック、モンブラン トルストイ などを愛用しています。バランスが良ければ重さは気になりません。2年前に入手してから使うほどにトルストイに惚れこんでいます。
Posted by ももんが☆彡 at 2017年08月09日 21:59
遅くなりました(^_^;)

好きと言う観点だけでいくと
セルロイドです、ヴィンテージセルロイド。
トラブル多き、モンブランヴィンテージセルロイドですね(笑)
まぁ、その儚さ脆さ含めてロマンですから(^_^;)


Posted by 白星 at 2017年08月09日 20:32
皆様、こんばんは。
所有しているものでは「3:漆塗り(エボナイト)」です。重厚な
ようで軽く、漆の経年変化も楽しんでいます。
劣化でない経年変化を楽しめるという意味では「6:金属軸」の
純銀などでもいいのがあれば購入したいと思っています。
Posted by はろげん at 2017年08月09日 18:22
6 ですね。
金無垢,銀無垢,真鍮が良いです。それ以外の金属は軸の酸化が進むと直しようがないので嫌です。

4 も魅力的ですが。
Posted by monolith6 at 2017年08月09日 14:45
いつも楽しく拝見させていただいてます。

5の木軸です。変えがたい存在感があるのと、経年変化?を楽しめるのが理由です。シットリした感触だと尚良しです。
Posted by fun114 at 2017年08月09日 13:17
最近は、
1.蒔絵

が好きです。
実用性能と、芸術性が特に優れているものが有ると思います。

後、”良い”蒔絵が買える資金力さえあれば...とほほ。
Posted by ぼっちゃん at 2017年08月09日 11:20
師匠、皆様こんにちは。

私は木軸か漆になります。
乾燥肌が酷いので、秋と冬になると木軸等でないと、持っていることが辛く書きにくくもなります。
なので見た目や持ち味が1番しっくり来る自然系素材になります。
Posted by 万年晴 at 2017年08月09日 10:02
師匠。暑い日が続きますね。
私は3の漆塗りです。
指への吸い付き感といい、艶の美しさといい、たまりません。傷もつき難いと感じます。ナミキの50号( ペン先)黒色を入手以来、惚れ込んでいます。

Posted by KAZU at 2017年08月09日 08:29
師匠。暑い日が続きますね。
私は、3の漆塗りです。
指への吸い付き感!艶の美しさ。
傷も付きにくいと感じます。
ナミキ(50号)黒を入手以来、
惚れ込んでいます。
Posted by KAZU at 2017年08月09日 08:14
師匠。暑い日が続き ますね。
私は、の漆です。
あの指に吸い付く様な感じと、色艶がたまりません。
ナミキの50号(ペン先)を入手以来惚れ込んでいます。

Posted by KAZU at 2017年08月09日 08:04
おはようございます。

8:アクリル です。
万年筆の沼に足をツッコんだのは、ヴィスコンティのオペラのマーブル軸がきっかけです。
それ以降も軸が綺麗なものが好きなので…

他には
2:螺鈿 は憧れですが、所有していないので、実感に乏しいです。
5:木軸 はあまり興味がなかったのですが、スネークウッドで開眼したかな?
Posted by Piroshiki at 2017年08月09日 08:00
6の金属軸が好きです。銀色であればなんでも。

Posted by ヤッター万 at 2017年08月09日 07:44
おはようございます、お師匠様。

2:螺鈿です。
見て美しく、持てば漆塗りの触感。
Posted by Lady P Love at 2017年08月09日 06:50
8:アクリル  発色の美しさ。傷の付きにくさ、経年変化の少なさ。
        
Posted by うらしまたろう at 2017年08月09日 00:26
6の金属軸。それもスターリングシルバーで。経年変化を楽しめると共に薬品処理により新品に近い状態にまで戻すことも可能。しかも丈夫。
パーカー75シズレを首軸の痩せ対策した上で復刻して欲しい…。
Posted by すいどう at 2017年08月09日 00:26
Vintageの世界に踏み入れたきっかけは、Pelikan 400NNのキラキラした縞模様でした。

よって 7 : セルロイドとさせていただきます。
Posted by MB439 at 2017年08月08日 23:12
5
早速コメントさせていただきます。
手元にある軸が9(プラスチック)しかないです・・・・^^;
いま興味があるのはプラチナプラチナの銀無垢です。
どっしりとした重量感を体験してみたいです。
Posted by レイジ at 2017年08月08日 22:37
師匠、皆様、こんばんは。

きゃんでぃ小海老爺です。

(^o^)/

3 の漆塗りです。

字を書くのには
漆塗りが最良だと感じています。
Posted by きゃんでぃ小海老爺です。(^o^)/ at 2017年08月08日 22:36
手軽に、ガシガシ使えるプラスチック軸が今は重宝してます。
Posted by しんまん at 2017年08月08日 22:00
6の金属軸が好きです。ただし、メッキなどの被せものなしの軸が好きです。
丈夫さと素材そのものの質感が出ているところが好きです。
ただ、錆び手なので、メンテナンス性の高い物が良いです。
Posted by うにまる at 2017年08月08日 21:58
お師匠さまこんばんは!!

私はダントツで木軸でございます!
愛でれば愛でただけ育ってくれて、艶やかになる様が堪りませぬ。
雨天や手汗がつきすぎないよう注意が必要になるとはいえ、手触りや木目の魅力の前には些末なことでございます。

次点で、使用上のストレスがほぼないけど所有欲を満たしてくれる漆塗りでございます。
自然素材系はいいです。
Posted by 聿竹年萬 at 2017年08月08日 21:32
単に好きなだけですと、

6、の金属軸が好きです。

それも銀色のが...純銀軸かステンレス軸かその他の銀色かは問いません。

実用品としては

9、のプラスチック軸が好き。

何せ手軽なのが最大のメリットです。

持っていて楽しい、という意味で好きなのは

3と5。

塗りは手触りが好き。

木軸は特に最近は色々な木が増えて、持っていて楽しくなりました。
Posted by 二右衛門半 at 2017年08月08日 21:31