2018年02月23日

"ZUCA族" 募集中!

15ZUCA All TERRAIN の各種モデルの中から一番地味なのを選び、フル装備にしたのが左の前・横・後の画像。

本当は上に載っているCOOL ZUCA というクーラー・バッグは
All TERRAIN モデルには取り付けられないのだが・・・

マジックテープで強引に貼り付けたところ実に良い按配になった。さすが幅5僂離泪献奪テープは協力だわ!(写真はまだマジックテープを貼っていない状態)

本体内に入れられる量はFLYERモデルやスポーツとさほど変わらないのだが、付属品を取り付けると1.5倍くらいになる。

シートに取り付けるサドルバッグはキシメンや味噌煮込みうどんの4食セットが楽々と入るし、上のCOOL ZUCAにも小物が入れやすい。
萬年筆などは本体に入れると他の荷物と接触して壊れる可能性もある。またインク類は中で割れると困るので、COOL ZUCAの中が安全だろう。

この
All TERRAINには大きなタイヤが付いている。バルブは米式バルブ!自転車とは違うな・・・
こういうことも想定して、
米式バルブもついている空気入れも購入してあるのじゃ。

サドルバッグはマジックテープで本体に軽く固定してあるだけなので、新たに幅5僂離泪献奪テープ二個で本体と固定した。

またCOOL ZUCAもサドルバッグとマジックテープで固定した。サドルのように外せなくなってしまったが、大容量が第一の目的なのでかまわないのじゃ。

本日ZUCAの旗艦店に行ったら、未発表の傘立てを取り付けたモデルがあった。限定品好きとしては思わず手が出そうになったが止めておいた。

実際にこれで荷物を運んでみてから細かな使い勝手を改良しようと考えている。

拙者のZUCA歴は、SPORT、FLYER、ARTIST BACKPACK、ALL-TERRAINと来た。

元々は、長原Jr.先生が持っているのを見て、その機能性に惚れたから。

で、使ってみると、色々な要望や改善点も見えてくるのだが、そういうタイミングに合わせて新製品が世に出てくる。

今回のALL TERRAINは、拙者の列車での移動を想定した場合の最適解となる。日曜日の名古屋遠征で使ってみる予定。

階段の上り下りには便利だろうが、新幹線の通路を引っ張り回すのは無理だろう。

それも想定に入れて、座席はいつも行きは16号車15番のC、帰りはトイレを背にした1番のCと決めている。背もたれ部分に荷物が収納できるからな。

もし万一収納できない場合は大騒ぎ。マジックテープを剥がして棚に上げなければならない。そうならないことを祈ろう。

萬年筆研究会【WAGNER】ではZUCA族を募集している。いまのところメンバーは長原Jr.先生と拙者とソリトンさんだけ。

しかし拙者にとっては、既にSPORTとA
RTIST BACKPACKは不要になった。希望者がいらっしゃればお譲りします。無料じゃないけどね・・・

条件はZUCA族に入ること、そして買い足していくこと・・・最後には独自デザインの布地を作るのを目標とすることじゃ。

実現性は限りなく低いが、まだ認知度の低いブランドなので、融通はきくかも?


Posted by pelikan_1931 at 22:25│Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
了解しました。また,見せて下さい。
Posted by そりとん at 2018年02月26日 02:10
ソリトンさん

本日、ビジネスのバックパックを見たら、書類は入るが、工具類を入れるのには向かないとわかり、ARTIST BACKPACKを生かすことにしました。

また、日帰り台湾用にと、スキッパー・トラベルをネットで衝動買いしてしまいました・・・数時間前に!

こちらは、上に重ねるのではなく、単独で使います。長原さんは重ねてお使いでしたが・・・
Posted by pelikan_1931 at 2018年02月24日 23:28
もし引き取り手がいなければ,ARTIST BACKPACKを下さい。
Posted by そりとん at 2018年02月24日 23:18
実際の使用を前に気付いたことが一つ。

これタクシーに乗せられるのか?

トヨタ製の新型タクシーなら問題なく客席に入れられるが、普通のタクシーでは荷物室に入れるしかない。

出すときに大丈夫か?は今後の課題。明日タクシーで自宅から品川まで行くので試してみよう。
Posted by pelikan_1931 at 2018年02月24日 07:18