2018年05月04日

第18回のペントレが終了しました。心は既に第19回へ!

5月3日、4日と開催された第18回ペントレが終了しました。参加された皆さん、応援して下さったみなさん、ありがとうございました。

今回の記憶が残っているうちに、次回へ生かすアイデアを記録しておかなければ!

^嫂泙靴震ではなかったが、お子様専用島が出来た。ずごい良い雰囲気で、皆の気持ちを和ませてくれたので、来年からは・・・

 糖尿病患者が集まる【ランゲルハンス島】を改め、【ひょっこりひょうたん島】とし、親子連れ専用コーナーとしたい。来年までひょっこりはんの人気が持つかな〜?

 机と椅子が良いのか、レジャーシートのような平面が良いのかはご意見を下され。

販売側の了解をいただき、初日は参加者側に椅子を置かなかった。
 これは常連さんが販売者の前に長時間居座り、初参加の人が声をかけにくい状態を防ぎたかったから。

 これは大正解というか、そうしていなかったら会場内の通路で大渋滞が発生しただろう。

 今年は萬年筆の販売ブースを減らし、アクセサリーやサービスやイベントのスペースを増やしたので室内平均滞在時間が長かったようだ。
 
 来年はまったく趣向を変え、物販中心の日には参加者側に椅子を設置することにした。

 その代わり、文化の日、物欲の日、参加型イベントの日の3日間にわたって開催することにした。

 物欲と知識欲を同じ日に満足させるためには、さらに広い会場が必要。そこで、開催内容を日によって変更し、それにふさわしいレイアウトに毎日変更することにした。

 これは数年前に実施し、主催者としては実に気持ち良かったのだが、文化の日のコンテンツがあまりに同質だったので参加者には少し苦しかったようだ。

 これは全ての参加者とテーマを拙者が考えてしまったから・・・ その反省から、次回は一部を除いて内容は講演者に決めていただくことにする。

 プラチナ創立100周年の年でもあるので、なにか関連する内容にしたいなぁ〜と考えている。

新進気鋭の作家が何人か登場した。海外の方も含め、発想力も腕もある人が集まったので面白かった。

 彼らにさらに活躍してもらえるような【場】にするには、事前の準備と、作家の人となりを理解していただく必要がある。

 そこで、二か月ほど前から少しずつ広報をするような仕掛けをBlogやSNSで作る予定。

 参加者に”欲しい”と開場前に思っていただく・・・という準備が必要だなぁと感じた。

 以前は参加前から販売物をBlogで公開していた。そこで開幕ダッシュがあったわけだが、公開を止めてからは、開場に足を踏み入れてから物色されるようになった。

 つまりは熱気が消えてしまっている。神戸ペンショーなどでは、お目当ての作家目指して女性が殺到していた。

 そういう作家の広報の場として、当Blogを使っていただき、盛り上げねばなぁ〜。どこか一箇所でも盛り上がると気持ちは伝染するからな。

IT化の推進。IT関係者が多いにもかかわらず、ずいぶんとアナログな運営となっている。

 手帳社中でやっているような、入場チケットをネット購入できる仕組みや、商品写真を綺麗に撮影して掲載する事前サポート。

 参加者情報の事前登録による入場の簡素化。また入場者カードのICチップ化やサービス料のデジタルチケット制やアンケートのオンライン入力(選択式)

 さらには今回は間に合わなかった、全ブースでカード決済が出来る仕組み。や領収書の自動印刷。

まだまだいろいろありそうなので、思いついたら、萬年筆談話室のコメントとして入れて下され!この記事へのコメントでも良いですよ。


Posted by pelikan_1931 at 23:50│Comments(13)
この記事へのコメント
お師匠さま、こんちはー。

ミキサブルインクの緑は強すぎて、混ぜると緑が延々と残ります。
青+黄色でも緑になりますが、淡い緑とか若い青竹等のリクエストには黄色:青=4:1といった割合で混合し、黄色を足して調整します。リクエストされた色味によって青はアクアブルーにするか、オーロラブルーにするかを選択しています。アクアブルーはターコイズブルーに近く、赤みが少なく明るいのですが、オーロラブルーはロイヤルブルーなどに近く、濃紺〜青紫っぽい色合いですので、少し赤みが混じってきます。ですので、青もこの両者を使い分けたり、両方の比率を変えながら調整しています。
黄色は元々色味として弱く、色合いを薄める役割として多用しました。結果として一番たくさん消費することになりました。
黄色を強調したい場合は黄色を単純に加えるよりもブラウンを混ぜていく方が黄色味がかった色合いになるようです。ミキサブルインクの場合、ブラウンは濃い黄土色という方が近い気がします。一般的なブラウンはミキサブルインクの場合、黄色(かなり多め)+黒(少量)+赤またはピンクで調製する方がよさそうです。

Posted by ぽち at 2018年05月17日 20:32
ポチさん

過去に珈琲のおかげで出入り禁止になりそうになた会場なので、あれだけは無理ですね。

黄色のインクは注文しました、1Lで。

ところで緑のミクサブルインクがありますが、緑は青と黄色混ぜた方が良かったんですか?
Posted by pelikan_1931 at 2018年05月16日 08:53
お師匠さま、こんちはー。

ペントレ、お疲れさまでした。
今年のインクブレンドは二日目に集中し、何人かの方をお待たせしてしまうほどでした。初日は万年筆購入に流れたせいか、比較的暇でした。
実際に自分でやったことのある方が、「自分でやってみたけど結局うまくいかなかった」とおっしゃっていたのが印象的でしたね。
試筆しているうちに、自分がどんな色にしたいのかがだんだんわからなくなってくることも多いようです。ボクもだいぶ慣れてきましたが、ズバリこの色!とピンポイントに調整は難しいです。
今年は緑系のリクエストが多く、一番消費したインクは黄色でした(緑=青+黄)。緑色の濃淡を黄色で調整することが多かったからです。師匠にせっかく青系統を1Lも用意していただきましたが、今年は青の消費は少なかったです。こういう傾向(流行?)は読めませんね。最初にインクブレンドした方が緑をベースにしたからかもしれません。試筆された色を見て、自分もこの色が、といった具合に伝染したのかも。でも一番多かったのは「コーヒー」でした。ww

Posted by ぽち at 2018年05月08日 12:18
うにゅ島長さん

よろしくお願いします!
Posted by pelikan_1931 at 2018年05月06日 23:52
島長任命ありがとうございます。
未来の愛好家のためにも頑張ります!(子育て父母の参加率向上のためにも・・・笑)
あれこれ考えて、定例会に持ち込めるようにしますね。
Posted by うにゅ at 2018年05月06日 22:30
うにゅ さん

ぜひひょっこりひょうたん島の島長として定例会に参加して下さい。具体的なアイデアをまとめましょう。おかあさんたちと!
Posted by pelikan_1931 at 2018年05月06日 10:45
MBBMさん

ぜひ福山大会人も!
Posted by pelikan_1931 at 2018年05月06日 10:43
タックーさん、Thank You!

どうしても主催者の視点になるので、参加者側からのご意見はありがたいです。

要は折り合いですね。影の内閣ブースとイベントブースを横に並べたことで、レイアウトが窮屈になったなぁ・・というのが反省です。

インスタ映えブースのように、小さなイベントは周囲に配置した方がいいように思いました。

鍍金と染色とデコを集めた改造ブース、インスタ映えブースはスペースも必要で参加者も多かったので独立ブース化がいいでしょう。

集中してやるイベントブースは初日と3日目にまとめて2日目はフリーにする。

時間帯によってブースの休憩時間を取る

注文生産ブースは椅子を入れる・・・などですかね。

そうそう、MCも入れようかな!
Posted by pelikan_1931 at 2018年05月06日 10:42
紙様さん ありがとうございます.思い出しました。

時節柄内容が堅かったですねぇ。講演している後ろの方で、子供の嬌声が出るなんて雰囲気にしたいですね。
Posted by pelikan_1931 at 2018年05月06日 10:32
一家四人でお世話になりました。ありがとうございます。
今日もデコカクノやおっちゃんコインで楽しんでいます。
ひょっこりひょうたん島について妻と話をしましたので、箇条書きになりますがご報告です。

1.レジャーシートを敷いて靴を脱いで自由に動けるほうが子どもとして楽しいだろう。
2.ミニテーブルがあると遊びやすい。
3.いろんな種類(色)のお試し用の紙や万年筆が配置してあると子どもは落書きが出来て、親はゆっくりと試し書きができてありがたい。
4.塗り絵大会とか、子どもイベント(参加人数によっては大人も参加可)があると盛り上がりそう。
5.万年筆の本当に本当の基礎講座。持ち方やインクの入れ方手入れの方法など。子ども予想を超えた使い方をしてくれます。ペン先が広がる位に力を入れるのは当たり前で、キャップは投げるし、ペン芯を持って手をインクまみれにしたり・・・親以外の中高生や大人が教えてくれると素直に聞いてくれるのかなぁと。万年筆学校(寺子屋)?

以上です。
ゆっくり試し書きがしたい親と、あれこれ新しいものを触りたい子どもの両方をカバーできるのではないかなぁと。
ご検討いただければ幸いです。
Posted by うにゅ at 2018年05月05日 22:33
5
ペントレ初参加出来ました。憧れのお師匠様に調整していただけました。帰宅してから最高の使い心地に酔ってました。ありがとうございました。
Posted by MBBM at 2018年05月05日 09:59
2日間参加しました。お目当ての万年筆をゲットするだけでなく、様々なイベントに参加でき、とても楽しかったです。思ったことをいくつか。

ヽ里に日程によって分けるのも手かもしれませんが、中には家族サービス都の兼ね合いで、1日しか参加できないという場合もあろうかと思います。ですから、完全に分けるのではなく、A:物欲、B:個別ブースごとのイベント、C:全体のイベントと3つに分け、それの組み合わせはいかがかと思います。1日目はAB、2日目はBC、3日目はACなど。聿竹さんやシロウさん主催の3時間以上の調整講座はすぐ満席になったとのことで、全体イベントは多少長い時間がかかるもの、個別ブースは30分程度のものと分けるのも手かと思います。

∈2鷭蕕瓩道臆辰気譴身稜筌屐璽垢諒が、色々見てみたかったとおっしゃっていたので、そんな出品者の方へのご配慮があると、いいのではと思います。お食事、お手洗いも儘ならないこともあったかもしれません。せっかく素敵なプロダクトをお持ちくださっているのに、それがきっかけで離れてしまうのは損失かと。

事前告知は賛成です。ツイッターでの告知もひとつの手かと。最近のツイッターでの情報拡散はものすごいものがあります。また、万年筆などの文具系のアカウントも多数あるので、自分のフォロワーさんでも、ペントレって何ですか?とか、気になる!といった方が数名いらっしゃいましたので。

以上です。販売者側になったことがないので、一方的な意見、的はずれの意見もあるかもしれませんがご容赦下さい。
Posted by タックー at 2018年05月05日 08:56
半一族の首脳陣が3人欠席で
不安でしたが
今年も愉しい2日間でした。

来年もよろしく お願いします。

>>来年は・・・文化の日、物欲の日、参加型イベントの日の
3日間にわたって開催する・・・<<

2014年 初日が講演のみ
この時のスケジュール ↓

http://livedoor.blogimg.jp/pelikan_1931/imgs/8/f/8ff682ce.jpg

面白かったです。
また やりましょう。
Posted by 紙様 at 2018年05月05日 08:53