2018年07月05日

ペントノートの限定萬年筆をフライングゲット!

インスタグラムでこちらのような画像を見つけた。発売は7月14日と書かれているが聞けば5日に入荷とか!こりゃぜひ実物を見なくっちゃと思い福島へ新幹線で発った。

この日、福島に行くのには(元々)3つの必然性があった。

(1)頼んでおいた薫風のMを引取に行くこと
(2)9月7日と8日に予定されているペントノートのWAGNERのJoint Eventのプログラムの検討
(3)趣味文が本日ペントノートや文具の杜を取材するので、その記事の中にイベントの告知をお願いする

の三点。特に(3)のためには、少し編集長と副編集長を驚かす必要があるので、彼らが取材中に、突然拙者が店に入っていく・・・という設定にした。

それぞれ目的は達成して、予定より早く東京に戻ったのだが・・・見るだけのはずだったのに被弾した。

1その第一弾が〔pentonote NEW 第3弾オリジナル〕という味も素っ気も無い名前のペントノート限定品。

もうすこし気の利いた名前つけなはれ!と言いたいのだが、どうやらそういう〔いかにも売らんかなという姿勢〕が好きではないらしいのだ。

この仕様にするまでには相当紆余曲折があったらしい。プロギア・レアロではなく、プロフィット・レアロにしたのも忖度のたまものかな?

色は今年の流行色のターコイズ。しかし単なるターコイズではなく、超細かい銀ラメが入っている。これがなんとも言えない光沢を演出しているのだ。

2そしてペン先にも前回の限定品とは違うレーザー刻印がはいっている。なかなか垢抜けたデザインだなぁ。

ペン先は21Kで、ロジウムコーティングが施されている。凝っているのは首軸。実はこちらにもロジウムコーティングが施されている。

レアロの金属首軸モデルは、普通はクロームニッケル鍍金のはずなのだが、淡いターコイズの軸色、ロジウム鍍金のペン先とのバランスが良くないので、首軸にもロジウムコーティングを施したのだとか。

スキャナー画像だと黒っぽく煮えるが、実施には明るい銀色でピカピカに輝いている。

ペン先のバリエーションは聞き忘れたが、ZとMSが入っているので、おそらくはフルラインナップであるはず。

ただし50本限定なので、ペン先の種類によってはあっというまに無くなってしまう物もあるだろう。

価格は4万円+消費税。ペントノートさん、ペン先バリエーションをコメント欄に書いてね!

封印されていたプラスティック袋をハサミで切って、書き味を試そうとしたところ、薄い水色の液が少しだけ出た。

どうやら出荷前にインクを使って書き味を確かめ、洗浄してから封入し、出荷しているようだ。

ペン先の裏側にロジウム鍍金を施すと何故かインクフローが良くなると、昔から言われているので、なかなか良い感じのかきあじになりそうじゃな。

拙者はMSを選択したが、筆記角度が高く、A4用紙の書く位置によって捻りや筆記角度が変わる人には、(MSは)調整無しでは使えませんよ。

調整の目処が立っている人だけがMSを購入されるのが良いと思いますよ。

問題なく書けるように調整するのには、最大で30分ほどかかる。

それをさらに追い込んで魔法のような筆記具に変える〔追い込み調整〕を施すには、さらに1ヶ月ほどかかる。

MSやZやプラチナの超極太、パイロットのCなどの巨大なペンポイントを持つモデルは、追い込み調整のしがいがある。だれか試さないかなぁ・・・

ちなみに、もう既に販売可能だそうです。みなさんもこぞってフライングゲットしないと、好みのペン先が無くなってしまうかも?


Posted by pelikan_1931 at 22:07│Comments(3)
この記事へのコメント
私も1本予約しました!
14日に取りに行ってきます(^^)
Posted by Trp.KEI at 2018年07月06日 19:31
売らんかなが嫌い…
福島の人間は(知ってる範囲で)商売下手を自認し、誇っている節がある人間が多いようです。
食い扶持稼ぐのにコンビニでバイトする住職もおります。戒名は位牌の仕入れ代ぐらい。
それでファンになる人間もやっぱり福島の人間なんだなぁ。
Posted by 怪しい奴 at 2018年07月06日 00:26
5
万年筆&インクcafeの宮入です!
ペントノートさんオリジナル万年筆のレポ、ありがとうございます!
実は勝手にプロギアレアロ だと勘違いしておりまして…衝撃を受けています( 3⌓3)!!!
購入前に分かって本当に良かったです!!!
ありがとうございます₍₍ ( ᴗ̤ .̮ ᴗ̤ )₎₎ペコリ
Posted by miya at 2018年07月05日 23:23