2018年07月08日

萬年筆研究会【WAGNER】の第一回定例会&懇親会参加者

1萬年筆研究会【WAGNER】が発足したのは2005年12月17日(土)だが、この日の会合はkiyomiさんの部屋(万年筆談話室)のオフ会という扱いだったため、出席者の記録は無い。

正式に萬年筆研究会【WAGNER】として集まったのは2006年の1月14日(土)が最初。

発足時から、手紙やメールで伽藍鳥倶楽部(ペリカンクラブ)会員や Pen Collectors Of Japan 会員にお誘いしたため、発足時の会員数は51名だった。

そのうち、22名が1月14日(土)の研究会に参加し、懇親会に参加したのが19人。そのどちらかに参加した人の合計が25人。

登録会員の約半分が参加していたことになる。大阪や名古屋の会員もいたので、驚異的な参加率!

ちなみに、当時会員だった51名の内、2018年6末現在でも会員なのは21名。

ただし、一度も会員資格を喪失したことがない人は14〜5人だろう。

また当時からの会員で参加頻度が年に4回以上というのは、6人くらい。

現在の会員数に占める初期からの継続会員数の割合は(中抜けを期間のある方を含めても)3.5%でしかない。

当然のことながら、雰囲気や文化も大きく異なってきている。

昨日、万年筆&インクcafeのオフ会〔カツオカフェ〕に参加し、この第一回目の研究会の雰囲気とそっくりだったのに驚いた。

当時は、まだ萬年筆研究会【WAGNER】の文化は醸成されておらず、kiyomiさんの〔万年筆評価の部屋〕というHPの掲示板に集う仲間のオフ会の雰囲気が濃厚だった。

一方、
万年筆&インクcafe は facebook の 非公開グループなので、まさにオンの会。

そして〔カツヲカフェ〕をはじめとする各種オフ会が発足当初のWAGNER 定例会のイメージ。

過去に万年筆のオフ会を経験した拙者にとっては懐かしく、甘酸っぱい想いに再度浸る場となっている。

この頻度を少しでも高くしたいという想いで、万年筆談話室の中の談話スペースを 万年筆&インクcafe 参加者 と 萬年筆研究会【WAGNER】会員 に無料開放することにした。 お楽しみに!

注:上記表で会員番号が緑の方が、第一回当時と2018年6末時点の両方で会員。


Posted by pelikan_1931 at 23:59│Comments(0)