2018年07月09日

NAMIKI Vanishing Point の 修理

本日、万年筆談話室に大学の同じ学科だった友人の訪問があった。

学生時代からつるんでいた6人組の中心人物で、今月末に実施する同窓会の仕掛け人。

実は前々回の同窓会時に、万年筆を修理したら、その後何本も購入したのことだったので、前回の同窓会時にNAMIKI Vanishing Point を書き味調整して贈った。

それが稼働しなくなって2年間放置してあったとかで今回修理可能かどうかを確認にやって来たのじゃ。

1壊れていたのはコンバーター20の押さえる部分。どうやら押す部分の金属が外れている。

これが外れてしまったため、使わないでインクを入れたまま2年間が経過し、コンバーターも抜けなくなっていた。

そこで、パワーレンチでコンバーターを捻りながら抜いたところ、洗っていたにもかかわらずドロドロのインクの滓が噴出!

ところがいくら洗っても綺麗にならないので、ペン先ユニット(右下)と首側胴軸ユニット(右上)を500mlのペットボトルに入れて振ったところ・・・

あっというまに真っ黒に!しかもドロドロの濃い液体に変わった!気持ち悪い〜

水を替えてまた振り、汚れたら水を替えてまた振り・・・というのを6回繰り返してもラチが空かないので、アスコルビン酸水溶液で2回。

さらには超電解水を入れた試験管で5回。それでも完全には洗いきれない。

最後は熱湯に溶かした洗剤革命水溶液(通常の100倍の濃度)の中でコンバーター40を後ろにつけて吸入を50回ほど繰り返してやっと黒い液が出なくなった。

今まで生きてきた中で、もっとも手強いインクだった。でもブルーブラックじゃなくて、ただのブラックです。おそらくはPilot製・・・。

壊れていたのがコンバータ 20で、しかもキャップレスには詳しくないので、N御大に電話しコンバーター40も使えるよと聞いたのでコンバータ 40を使った。

ついでに中に入っているバネも洗浄しておいた。

この型のキャップレス / Vanishing Point が廃版になって現行型に変わった理由は首側胴軸先端部の金属部分の加工コストがかさみもうけが出なくなったからであーる!という噂を、その昔米国から聞いた。

2最後に1万本作ってもう作らないから買っておいた方が良いよ・・・というので、青、緑、赤の角軸を各100本購入したはずだが、手元には既に各2本しか存在しない。

しかも行方不明。万年筆談話室を作る際に万年筆の隠し場所をあちこち移動したのだが、その過程の中でどこかに置き去りにされているのであろう。

海外では今は Vanishing Point という名称は使われていないように思うのだがどうなんだろう?

エラボーを Falcon と名付けたり、キャップレスを Vaninshing Point と名付けるセンスは素晴らしいと思うが、すぐに姿を消してしまうようだ。

現地の素晴らしいネーミング・センスを日本が殺しているのでない事を祈る!

エラボーの語源が〔選ぼう〕だという噂があるが、それが本当なら首をうなだれてしまうなぁ。Falconにしようよ、Falconに!だって隼に似てるじゃん!頭の格好が・・・


Posted by pelikan_1931 at 23:59│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
この記事へのコメント
『falcon』名は、確かに惹かれます。

同時に、樹脂軸がコンバーター70対応にもなったとしたら・・。

さぞや名に恥じぬ、軽快な魅力的アイテムと成れたでしょう。

金属軸のゆったり感も良いですが、颯爽と書くのも楽しみなのです。
Posted by DP500Z。 at 2018年07月10日 10:29
このキャップレスの清掃性の悪さのため、拙者は絶対に使わないなぁ、最近は。

特にシャッターから前の部分は洗っても洗ってもインクが出てきてこまりますわぁ。

本当ならシャッター部分も清掃したい。
Posted by pelikan_1931 at 2018年07月10日 10:07
elaborateなら〔苦心して作り上げた〕という意味のほうが近いでしょうが、いずれにせよメーカー視点の言葉ですね。

頭の部分は獲物を狙って急降下するハヤブサそのものです。Falconが良い!
Posted by pelikan_1931 at 2018年07月10日 10:04
キャップレスは
ペン先ユニット(インキ溝と空気孔)に
インキが詰まり易いにもかかわらず
分解できないのが欠点です。


 .ぅ鵐を入れたまま 放置しない。
 

◆,發卦佑泙辰燭蕁.撻鸚茱罐縫奪箸
  アスコルビン酸などで 気長に洗浄する。
 
 自分は急ぐ時は ハイターなど漂白剤に
 漬込みます。

パイロットへのお願い・・・

ペン芯が抜ける構造にして下さい。
Posted by 紙様 at 2018年07月10日 06:52
大事な部分が抜けてました。
『エラボー』の名前についてです。
Posted by DP500Z。 at 2018年07月10日 00:15
こじつけかどうかは知りません。
『精巧な』
と言う意味の英語、
『elaborate』
これをもじったものではありませんでしたっけ?
Posted by DP500Z。 at 2018年07月10日 00:13