2018年08月09日

一日遅れで台北から帰国!

12当初は8月8日に日帰りで台北に行く予定でした。

従ってオンラインの入国証には Business Trip 欄にチェックを入れていたのですが、2日になったので、Sightseeing に変更。

しかたないので、さほど好きでは無い観光をやってみました。台北・松山空港から動物園駅までMRTで行き、そこからロープウェイに乗ることにしました。

付近のお土産物の行商で、麦わら帽子にパンダの絵が描いてあるものを大量に売っていて、うさんくさいなぁ・・・と思っていましたが、パンダの絵が駅に描いてあるのに今気がつきました。

パンダといえば、NAMIKIのPANDA!最近、米国ではとんでもない値段に値上がりしていますが、日本ではまったく人気がありません。

拙者が〔偏差値が低いパンダ〕とか〔うさんくさい顔〕とかこのBlogで書いたのが原因かも?おかげで、売れないまま所有しています。台南ペンショーで展示しようかな?

この小さなゴンドラに乗って4〜5kmくらいもゆっくりと進み、また同じ時間かけて帰って来るという観光でした。一言もしゃべらない3時間。これぞワガママな拙者流観光の醍醐味!

3今回の旅行の目的の一つが、上2本の軸色の確認。

構造は下の2018春の泉筆五宝展記念萬年筆の軸と同じです。

その軸をPANTONEのカラーチャートで指定して2種類作って貰いました。

2019春の泉筆五宝展記念萬年筆の軸色はこの2種類です。というか、1本に2種類の軸がつき、交換して楽しめるようにする予定!

2018年の泉筆五宝展記念萬年筆では尻軸は接着されていますが、2019年版は外して軸交換できる仕組みに!

もちろん、金属部分の仕様も変わり、少し細くて、軽くて、丸くて・・・・となる予定。まだ軸のサンプルは出来ていませんでした。

ペン先の素材はスチール、14金、18金と揃えますが、ペンポイントの太さは4種類程度。

スチールはStub 1.5 と ふででまんねん風のB、14金はM、18金はBBが基本。特に14金のMは2018年版は4本しか入手できなかったので自分でも欲しい!

もちろん、それ以外の特殊な太さのペンポイントも事前に申し込みいただければなんとかなりそう。

4ご案内は少し先になりますが、お楽しみに!

今回は真鍮むき出しの軸ですが、Kawecoよりは仕上げは良くしたいなぁ・・・

Kawecoでは、部品毎の真鍮の色が微妙に違うのが残念でならなかったのでなぁ。

4これは台湾で買ってきた木製のゴルフペンシル・・・といっても11僂曚匹△襦

1.18个凌弔鮖箸Δ里世、芯付きのセットはめちゃくちゃ値段が高かったのでこちらにした。一本1,000台湾ドル、約4,000円弱。

ものすごく良い木目が出ている。木の種類は下2本は忘れたが、一番上はウォールナットだったと思う。

ユーロボックスの1.18个4B芯を入れて使ってみることにする。


Posted by pelikan_1931 at 23:55│Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
この記事へのコメント
リンク先見ました。こういう色の濃いぃ(赤い)ゼブラウッドもあるんですね。
Posted by straw at 2018年08月10日 11:52
strawさん

https://www.ipenstore.com/wood-pens-pencils-1/

上のカタログのように、下の2個はいずれもゼブラウッドのようですね。
Posted by pelikan_1931 at 2018年08月10日 08:40
木製ゴルフペンシル、真ん中はココボロでしょうか? 木の種類。
Posted by straw at 2018年08月10日 01:42