2018年11月04日

小さい頃に買ってもらった万年筆の復活ばなし二話!

@01本日最初に持ち込まれたのは、いまやお宝となっているミッキーマウスの万年筆。

TDLだかミッキーだかの何周年かの記念モデル。

持ち主の女性の記憶では、小学校への入学祝いにディスニーランドで買ってもらったものだそうだ。

〔何でも買ってあげる〕・・・といわれ、〔じゃぁ、一番高そうだからこれ買ってぇ〜〕と言ったと何年か後に教えてもらったらしい。

@02ラメ入りインクを使っていたのでインクが詰まっていたのを、先週洗ったのだが、またしてもインクが出なくなったとのことで再調査。

インクが出ていなかったときに、出そうとして無理に力を入れたせいで、ペン先とペン芯が離れてしまっていたのを先週見過ごしてしまっていた。

先週は若い女性がわんさと調整部屋に入ってきていたので気が動転していたらしい。

本日もルーペのつもりで、ペットボトルの蓋でペン先を見ようとしてしまったわい。

おかしいなぁ、オッサンが前に座っているときにはそういう事はないのだがなぁ〜

ちなみに、この万年筆はぺんてるが作っていたらしい。売値は32,000円!これを選択する小学一年生というのもすごいな・・・

ペン芯は前の方が黒い樹脂、後ろの方が白い樹脂で出来ている。コンバーターとして、パイロットのコンバーター20が付属している。

ひょっとするとパイロットがOEMで作っていたのかもしれないな。


@03こちらは、昨日やさがしして見つけたというParker 75。男性からの持込品。

中学の入学祝いに父上がプレゼントしてくれたものを万年筆談話室に持ち込もうと捜したそうだ。

細いペン先のがなくて探すのが大変だった・・・と言って父上がプレゼントしてくれたらしい。

しばらくは使っていたのだが、使う機会が減ったので、空になったカートリッジを挿して保管していたのだとか。

真っ黒になるくらいに硫化が進んでいるが、このまま保存しておきたいとのことなので綺麗にならないように注意しながら部品交換をした。

@05交換したのはこちらのバネ部品。

キャップの中に押し込まれており、キャップと胴軸がパチンと綺麗な音をあげながら締まる際に必要な部品。

わんさか持っているのでちょうど良かった。

天冠がなかなか外れなかったのだが、ヒートガンでクリップの根元辺りを暖めてようやく外した。

いやぁ、古い万年筆に言うことを聞かせるのは難しいな。


@04しかし、感動話はここから!ペンポイントを見ると綺麗に仕上げられている。

あれぇ、これ誰かに調整してもらたぁ?〕 
〔いえ、何十年ぶりで発掘したので調整には出してませんよ〕
〔おっかしいなぁ〜、パーカー75の研ぎじゃないんだよなぁ〜〕
〔あれぇ?ニブの太さが62と彫られている。これ日本では売ってなかったはずだけどなぁ〜〕

〔日本じゃありません。海外出張の際に父が細い字幅を求めてさんざん探したと言ってました。(XFでも太いと思われたんでしょう)
〔いま調べてみたら、Accountant nib が62番ですね〕
〔え〜、本当にずいぶんと苦労して見つけてくれたんだぁ、嬉しいなぁ。今日帰って父に直った万年筆を見せて話してみます。ありがとうございました〜〕

長い間ペン先調整や修理をやっているが、こんなに喜んでくれたのは初めて!感動したぁ〜(小泉純一郎風)

首軸にも一切ダメージがなかった。本当におやじさんから貰ったのが嬉しくて、大切に使っていたものなのだろう。ペンを見れば人となりがわかるなぁ〜


Posted by pelikan_1931 at 22:54│Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
この記事へのコメント
5
Parker 75を一通り見ていただきありがとうございました。
昨夕は実家にて父と二人であの頃に戻ったように感じながら会話を楽しみました。
”もっと細いの”というのが伝わらず大変だったそうです。
子供だった私のために時間をかけてくれたことに感謝しました。

万年筆は実家から帰宅後、気のすむまで水の吸排出を実施しその後インクを入れました。
試し書きではたっぷりのインク出量と線の幅、ペン先の硬さのバランスに満足しつつ中学一年時に
感じた柔らかさを思い出しました。あの頃はびっくりするくらいの筆圧だったのでしょう。
今ではとてもそんな圧をかけるのは無理ですが、そういえば子供のころは読書感想文や
書き取りの宿題時に長く書いていると手のひら・指の筋肉が痛くなったのを思い出しました。
ここ久しく感じたことのない懐かしい思い出でした。

今日一日メモ、走り書きに使用しました。これまた心地よい使用感でした。
この万年筆が私の原体験だったのだと感じます。原体験を全く同じもので再度確認できました。
こんなに素晴らしく嬉しいことはここ久しくありませんでした。感謝します。

たこ吉様の、知識、お知恵及び技術とホスピタリティを惜しみなく供与される行為に対して敬服いたします。

これからもお元気に、私のような体験を他の方にも与え続けていただけますようお願いします。


Posted by Nakajima at 2018年11月05日 21:51
その後の情報から、あのミッキー万年筆はキャップと胴体がエボナイト製ということがわかりました。
まるでPilot 75の軸のよう。これが32,000円で発売できたのは奇跡かも?
Posted by pelikan_1931 at 2018年11月05日 10:32
5
こんばんは🌙*.。★*゚
今日はミッキー万年筆を復活させてくださり、本当にありがとうございました✨
せっかくの万年筆、末永く大切に付き合っていきたいので大事にさせていただきます✨
また談話室へと遊びに行かせてください🎶
宜しくお願いいたします✨
見事な洗浄、調整をしていただき本当に本当にありがとうございました✨
Posted by ちろる at 2018年11月04日 23:14