2019年05月08日

風邪の日には Combo Pen Pencil がふさわしいかも?

@01@02本日の主役は左写真の上側。安そうな鉄ペン先の万年筆と、1.18个離撻鵐轡襪Combo Pen Pencil。一時は血眼になってeBayをあさったものだ。

今回紹介するのは、FIFTH AVENUE というモデル名だが、メーカー名は不明だが、胴軸には次のように彫られている。

MADE BY SAFFORD PEN COMPANY  おそらくはこれがメーカー名なのだろう。この刻印の上には FIFTH AVENUE というモデル名が彫られている。

@03@04左側画像のように、ペン先にも FIFTH ANENUE という刻印があるので、ニコイチではなさそうじゃな。

実にしょぼいペン先だ。ペンポイントすらなく、ペン先先端部をへこませて、逆側に飛び出た部分で書かせるという設計。

一番安く出来る手法で、いくら拙者でもこのペン先には興味がなかった。ただ、この軸色には抗えなかった。

COMBO Pencil は、あくまでも Pencilの方がメインで、萬年筆の方は添え物的・・・と考えていたのだが、例外もある。

シェーファーやコンクリンのペン・ペンシル・コンボには、14金ペン先付きの物もある。こちらは萬年筆がメインで、ペンシルは添え物だろう。

今回紹介した FIFTH AVENUE は明らかにペンシルがメインの筆記具で、萬年筆のペン先もペンポイントもしょぼい。

ただし、このスチール製ペン先の書き味は侮れない。もちろん、ガサガサの書き味なのだが、何故か気持ちよい。

背中側を押してペンポイントを腹側に押し出しただけなので、ペンポイントの腹にペーパーをかけようとするとペンポイントに穴があいてしまう。

萬年筆としては、懐かしく古〜い書き味で、ノスタルジーしか感じないのだが、ペンシルとしては超一流。

やや短い軸が実に持ちやすいし、太さも拙者の好みにピッタリ!非常に軽くて握っている感じがしないほどなのだが、1.18 4Bの実力は半端ない!

萬年筆としては20年くらい使ったことはないが、ペンシルとしては現役で。しょっちゅうペンケースから引っ張り出されて酷使されている。

それにしても喉が痛い。季節の変わり目、どなた様も健康に気をつけられたし!


Posted by pelikan_1931 at 23:37│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
この記事へのコメント
僕は一時、コンボが好きで三本はあるかな。
Posted by しげお at 2019年05月11日 07:45
SaffordのFifth Avenue ペンの情報はココにあります。
https://munsonpens.wordpress.com/tag/fifth-avenue-pens/

SaffordはParker社の創業者のミドルネームに因む名前で、
Safford FIFTH AVENUEは1930年代の不況期に雇用機会を
提供するための苦肉の策としてParker社員よりも低賃金
の労働者を雇って低価格品を製造販売するために
立ち上げたサブブランドだったことがわかります。
他にも興味深いことがいろいろ書かれています。
Posted by Mont Peli at 2019年05月09日 07:18