2019年12月02日

曇った真鍮を綺麗にするという液体だが・・・

@04こちらは、曇った真鍮のくもりを取り除くという名目の液体、ブラスケア。

ピカピカにピカールで磨き上げた真鍮なら、その作業を繰り返せばピカピカの状態を維持できるので問題ない。

拙者がやりたいのは、ピカピカではなく、かつ曇りが無いという製造当初の真鍮の質感を取り戻したかったのじゃ。

真鍮製の軸の万年筆は、革や布などに振れたままにしていると部分的に変色することがある。

また指紋がついたりして一部が曇ってしまうこともある。

そういう部分的なくもりを取り除けることを期待して購入したのだが・・・・

最初に蓋を開けたときに、シルバーポリッシュと同じ匂いがした。その瞬間にこれはダメかな?という不安はあった。

シルバーポリッシュは、銀なら一瞬でくもりをとってくれるが、真鍮にはまったく効果がなかった。

大丈夫かなぁ〜、ダメかなぁ〜・・・うーん

少し綺麗にはなった気はするが、大きなくもりは残ったまま。シルバーポリッシュと違って綿棒でこすっても状況は変わらない。

ということで、たいそう期待したブラスケアではあるが、さして効果はなかった。

マット調のブラスの軸を、ピカピカに磨き上げないでくもりをとる方法はないものだろうか?


Posted by pelikan_1931 at 22:58│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック