2020年01月29日

〔コンコルドもどき〕や 〔ふでDEまんねん風〕に仕上げる時に使う道具

@01スチール製ペン先を〔コンコルドもどき〕や 〔ふでDEまんねん風〕に仕上げる際に拙者が使っている道具は左画像の物。

プロテクターがついているところがミソなのだが、通常はプロテクター無しを使う。

その方が左右のペンポイントの段差などがピシっと揃えられる。プロテクターの樹脂が無い分硬いのでブレが少ない。

一方で、曲げる際に必ずペン先に傷をつけてしまう。金ペン先ならば擦れば傷は取れるが、スチール製の場合は硬い分、傷が取りにくい。

そこで登場するのが、このANEXのプロテクター付きヤットコじゃ。ただし、上に曲げるときか、下に曲げるとき以外には使い道は無い。

例えば、片方のペン先だけ少し内側に曲げよう・・・なんて精度のいる加工には使えない。

それには同じ型でプロテクターの無いタイプを使う。握りの部分がグレーのやつね。

@02今回、〔コンコルドもどき〕や 〔ふでDEまんねん風〕加工を施すにあたり、道具箱から引っ張り出してみたら・・・

右半分のプロテクターもネジも無くなってる!どうやら移動中に落ちてしまったらしい。

こりゃいかん!とamazonで3個ほど購入したのだが、パッケージにはプロテクター一対とネジが2個ついていた。

やはりねじがとれやすいことは設計段階からわかっていたのじゃな。

残念ながら拙者は既にオリジナルのパッケージを捨ててしまっていたので、復活は出来なかった。

この器具を使うと、上に反らすにせよ、下に曲げるにせよ、大胆に力を入れても少ししか曲がらない。

これが非常に重宝する機能なのじゃ。ふでDEまんねん風に研がれたペン先を、コンコルドもどきに研ぐ際には、一度まっすぐな状態にしてから再び力を入れて下に曲げる!

それを硬いヤットコでやろうとすると表面が波打つ等にひん曲がる事があるのだが、このプロテクター付きを使い始めてからは皆無。良い買い物だったわぃ。


Posted by pelikan_1931 at 23:50│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック