2020年05月18日

ラメ入りインクを万年筆に使う時には・・・

@01春の泉筆五宝展2020で初公開した万年筆談話室限定インク第一号の【樹海】はラメ入りインク。

Tono & Lims の 通称トノさんが、真鍮古美仕上万年筆を見てインスピレーションが・・・ビビビ(松田聖子)で、提案して下さったインク。

万年筆研究会の会長がラメ入りインクを作るかぁ?と物議を醸したという噂もあったようだ。

拙者のスタンスは明確で、まずは使ってみよう。詰まったら分解洗浄して2度と使わなければ良い。

しばらく使ってインクが出なくなっても、何回か振ればインクが出るなら、そうやって使えば良い。

あれこれ想像して使わないドライブをかけるよりも、実際に使ってみて判断すればいいやというスタンス。

詰まったら持ってきなはれ。洗浄して元どおりにして差し上げまっせ!じゃのぅ。

@01ということで、まずは実験をしてみた。使ったペン先はスチール製でふでdeまんねん風に反らせてある。

これは超極太の字を高速で書いて、インクが追随するかの実験には最適じゃ。

通常状態で少しお辞儀しているペン先をふでdeまんねん風に加工するのは結構大変。

上に曲げた時点で、ペン先が開いてしまうから! だから安いふでdeまんねんはフラットなペン先から作っているのだろう。知らんけどな。

@02このペン先の状態で、10回ほど上下に強く振ってから書き始める。

2つめのサインでは少し掠れ、3つめになるとほとんど掠れている。

しかし、ここで上下に10回ほど振れば、また濃い字が書けるようになる。ゆっくり書くと1枚続けて書いても掠れない。

また小さなペンポイントを持つ万年筆に入れると、ほとんど掠れない。

Tono & Lims のラメ入りインクは超極太の高速筆記には対応が難しそう。

しかし、FやEFの字幅で満足出来るなら、JOWOのペン芯を使ったモデルでなら使える。特に細字系は!

で、詰まったら上下に強く振る!インクが吹き出したことは無し。

そうするとまた、詰まってたと思ってたインクが出てきます(超極太でも)

そう、ラメ入りインクは万年筆でも、(多少の不便さを我慢すれば)、十分に使えます。


Posted by pelikan_1931 at 23:53│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック