2020年06月16日

2020年度の萬年筆研究会【WAGNER】関連のイベント・スケジュールを変更しました!

COBID-19によるイベント自粛の影響で2020年は数多くの定例会・イベントが中止に追い込まれた。

特に年に一回の仙台、札幌、新潟、秋田の大会が中止になったのは非常に残念だった。

しかし、この自粛期間を経て、遠隔地でのイベント開催についての考え方が少し変わってきた。

拙者も今年の11月で68歳。毎週のように万年筆のイベントに出席していた2月までと比べると、明らかに遠征に必要な体力が衰えている。

遠隔地での大会を自分で主催し、大赤字になりながら毎回続ける気力が萎えて来ているのも事実。

その一方でインスタライブで万年筆やインクやガラスペンに関するイベントが行われ、多いときには200人以上が参加している。

COVID-19を経験して、楽しみ方にも変化が起きているのかもしれない。

ま、拙者はZoom飲み会には参加しないだろうが、過去には社内でTV会議普及の責任者だったこともある。

対面調整の補完として、リアルタイムで見せてもらった画像で質疑応答しながら調整の方向性を探ってから万年筆を送って貰うのは有りだと考えている。

たこ娘さんは、既に遠隔調整として、動画を元にペンポイントの姿を絵に描き、調整の方向性を納得してもらってから調整をする手法を用いている。

ペンポイントの状況は本物に当たらないと絶対にわからないので、たこ娘方式が究極の方向だと考えている。

しかし拙者は絵が下手なので無理じゃな・・・

2020詳細日程V12ということで、2020年後半は少し定例会を減らすと同時に、開催場所も実情に合わせて変えることにした。

たとえば、水道橋の会場は、建物が古くてトイレもそれほど清潔ではない。

また2階の会場までエレベーターが無く、重い荷物を持って登るのはかなりしんどくなってきている。

また参加者最大の定例会なので、収容人数の半分しか入れないとすれば冷暖房の無い廊下で待つことになる。これは厳しい!

そこで9月からオープンする東京都立産業貿易センター浜松町館の会議室へ10月以降の表定例会の会場を移すことにした。

また8月15日に予定していた水道橋大会は、大宮の裏定例会を開催しているビルの広い会議室で開催することにした。

また小倉と長崎の九州地区大会は、中止とすることにした。今年は今後一回も飛行機に乗らないことになるかも?

来年のスケジュールも見直し中だが、札幌大会だけは決定している。

2021年5月29日(土)札幌の大丸藤井セントラルの7階スカイルームで11:00〜16:00まで萬年筆研究会【WAGNER】北海道大会@札幌を開催する。

この札幌大会を除いて拙者が自ら主催する地方大会は、仙台/福島/名古屋/神戸/岡山だけになりそう。

その他の地方に関しては、地元で企画したオフ会に呼んでいただけるなら参加を検討という方向で考えたい。

遊びがてらの参加というのなら気が楽だが、イベントを主催するのにはけっこうなストレスがある。特に今回のような自粛騒ぎがあると心が折れてしまう。

ということで、来年の開催予定は、大幅に変わると考えて下され。

直前まで会場未定のイベントもあるだろうし、突然降って湧いたように地方大会があるかもしれない。

ま、そういうのが普通で、2年先までスケジュールを決めないと落ち着かないという拙者の方が変なのかもしれないな。


Posted by pelikan_1931 at 23:56│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
お師匠さま

いつもお世話になっております。
大会の主催、骨折りいただいてありがとうございます。

楽しい九州大会に参加させていただき、私の万年筆ライフが充実したことは、ひとえにお師匠さまをはじめとするWAGNERの方々のおかげと大変感謝しています(*^-^*)

なかなか本州の大会へは伺えないのですが、九州でも今までとは違う形で集える場が出来るといいなーと期待しています。
Posted by キサラギ at 2020年06月18日 09:03