2020年09月20日

秋の泉筆五宝展2020 で 人気があったものとは・・・

@02@01今回の秋の泉筆五宝展2020での〔深海〕人気は凄かった。

そもそも萬年筆研究会【WAGNER】の会員はインクでは冒険しない。

拙者がそうであったように万年筆に入れる常用インクは1〜3種類程度の人が多い。

その中で、真っ先に購入されたのが〔世界のコレクター〕S氏!

入口の最前列に並んで迷うこと無くまっすぐに〔深海〕に向かって歩いてこられた。

他の会員は、ほとんどが冷ややかな目で見ていたのだが・・・

インク女子 兼 WAGNER会員の方々、〔深海〕目的で訪問された純血インク女子の方々がどんどんとインクの山を崩していくではないか。

@03そういう方々の大半は、既に〔樹海〕をお持ちだったので、10個持っていった〔樹海〕インクは3個余った!

LichtopeさんのECショップで販売していただくのには数が少ないので、店舗限定商品としてくださるそうです。

製造個数が少ないといわれている〔樹海〕ですが、実はそう少なくはありませんでした。が・・・残り3個。

再生産の要望はありますが、次回作るとしても、(名前は同じとしても)インクの色やラメの配合は変わるので、この3個が最期のオリジナル〔樹海〕です。

@05〔萬年筆研究会【WAGNER】では売れないよなぁ〜、スチール製ペン先だから〕と思いながら50本作ったアマビエペン先でしたが・・・

会員以外の方に高人気で、とうとう49本まで売れました。

ペン先はスペアがあるので、Winter Night の軸をお持ちの方は、アマビエペン先を装着すれば、同じ万年筆が出来上がりです。

今回はスペアのペン先を2本付けるという荒技に出ましたが、ペン先だけもらっても・・・と当惑される方が多かった気がする。

拙者が小躍りするほど嬉しいだろうなぁ〜と思う企画も、一般の方にはさほど魅力が無いようじゃな。じじいになったら若い人の声に耳をかたむけなければいかんなぁ。


@12@06LichitopeのECショップに掲載されている限定万年筆(左)や、インク止め式のFLORAもたくさんお嫁に行った。

FLORAではほとんどが2.3个Stub。〔深海〕のラメを一番楽しめる万年筆なのがうけたのかな?

Lichtope限定万年筆は、たこ娘さんの調整が評判のようで、会場でもお嫁入りしてた。たしかに丁寧で上手だからなぁ〜


@03@02実は、こちらも予想に反して嫁入りが相次いだ万年筆。

春の泉筆五宝展2020用に作った軸を仕様変更し、それにアマビエの金ペン(疫病退散の文字入り)を取り付けたもの。

これは今後、会員へ紹介する予定のものだが、ペン先種類を各1本ずつサンプルとして展示したが・・・嫁入りしちまった。

この軸は長さ、太さ、重心位置まで全て拙者が自分で企画して作った。狙いはキャップを後ろに挿すとプラチナのデスクペンよりも長くなる万年筆!

ただ、意図に反してキャップを後ろに挿さない方が、はるかにバランスが良い。

スチールペンでも必要以上の書き味が出せるが、金ペンを装着すると、オオっという声を出すほど良い感じになる。

今後、会員の方にはご案内しますが、一般の方の目に触れるのは、TIPSとKOBE Pen Show のみ。

これは、これから数年間、軸の素材を替えながら継続的に販売することも考えている。

もちろん、拙者の愚考が入るのでショート軸とか、極太軸とかも出てくるかもしれませんが・・・

それは無いなぁ・・・と思ったら早めに止めて下さいね。虚心坦懐、耳を傾ける所存です(ウソ?)


聿竹くんが企画している次期万年筆が良かったなぁ〜、ショック! しかし、まだまだ若いもんに負けられんぞ! もうすぐ68歳だが・・・


Posted by pelikan_1931 at 23:58│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック