2020年10月06日

Winter Night with スッポン・ペン先 付き ・・・これが第三弾!

@01胴体左側が昨日紹介した秋の泉筆五宝展限定万年筆第二弾。M800と比べるとキャップを挿しても閉めても2僂曚苗垢ぁ

そして右側が第三弾。第一弾としてアマビエのスチール製ブラック・ニブを搭載して50本発売した Winter Night 軸。

この軸に14金/18金のペン先を装着した。ペン先の刻印は過去最高にウケたスッポンが万年筆を咥えた図柄。


ペン先元々はペントレ記念万年筆の図柄としてプラチナのセンチュリー・ベースのペン先刻印だった。

ペントレでは、一度握った万年筆は、多少は迷いが出ても、絶対に離すな! という言い伝えがある。

それを一度噛みついたら雷が鳴っても離さないというスッポンに当てはめた図柄。

国内よりも海外で人気で、台南ペンショーでは何度もあの緑軸はまだあるか?と聞かれた。メールでも問合せも多かった。

@02ペン先昨日紹介した第二弾と同じタイプのペン先で、刻印が違うだけ。

ただし第二弾(昨日)はカートリッジ・コンバーター式のみ。第三弾(本日)はアイドロッパー式としても使える。

すなわち、ラメインクを入れて使っても大丈夫なモデルなのじゃ。

第三弾として販売するのは

14K-EF      10本
14K-F      10本
14K-M         10本
14K-B         5本
14K-Stub1.1弌
5本
18K-BB         9本

の合計49本。ただしTIPS と Kobe Pen Show 用にKeepする分があるので49本全てを会員向けに販売するわけではありませーん!

第二弾も第三弾もかなり長い軸なので、キャップをしないでしないで書く方が良いかもしれない。

が・・・真骨頂はデスクペンのように握って書く時だと思う。

実は、上記49本の他に五芒星のマークが付いた、14K Flex-EFのペン先付きもあったのだが・・・今は拙者が使っている。

特にFlexの書き味が好きではなかったはずなのだが・・・書く度によだれが出そうになるわぃ!


Posted by pelikan_1931 at 23:59│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック